IS03(BB05まで)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

IS03のroot化


is03のroot化(BB08対応)

1.SHBreak.apkをインストール。
2.SHBreakを起動。
3.「Break!」をタップしてから、本体裏面の近接センサーを手で覆います。
これでTemp root(一時Root)を取得できます。
4.ae2BreakでNAND Lockを解除
5.recoveryにboot.imgを焼く
以上でroot化の完成です。




下記の情報は2011年5月頃の情報です。
BB01.01. 05 まで対応しています。
最新の状態(BB08やBB06には対応していません)



・事前に準備するソフト

Android SDK
http://developer.android.com/intl/ja/sdk/index.html
(root化にはadb.exeが必要です。)





・adbのpathを通す

解凍したandroid-sdk-windowsをDドライブ直下に置きます。
adb.exeは D:\android-sdk-windows\tools\の下に置きます。

環境変数のパスを変更します。
Windowsのスタートメニューの【プログラムとファイルの検索】のところに
【環境変数】と打ち込みます。
『コントロール パネル(2)』→「環境変数を編集」をクリックして、
「path」を選択して「編集」をクリック。
変数値の最後に【;D:\android-sdk-windows\tools】を
入力してOKをクリックして環境変数を閉じます。

adb.exeが使えるか確認します。
コマンドプロンプトを開き、adb.exeを入力してエンターを押す。
英語が長々と出てくれば成功!
日本語が出てくればエラーです。adbのpathをやり直してください。

・root化

IS03をPCに繋ぎます。
(事前にIS03のUSBドライバをインストールし、
デバッグモードにチェックが入っているか確認して下さい。)

コマンドプロンプトに【adb devices】と入力しEnter。
下記表示がされればIS03を認識しています。
【List of debices attached】
【~~~~~ device】 ~~~の部分は機種により異なります。


rootkit_is03_0430(Goroh_kun氏製作。)をDLします。
https://docs.google.com/leaf?id=0B8LDObFOpzZqYWY4OGIwZGUtZWUxYy00NTUzLWE2OTgtNzZjMWIwZjBiNmNk&hl=ja
解凍したファイルをC:\users\xxxx\配下に移動します。
xxxxはPCのユーザー名です。

次に、コマンド プロンプトに下記の全てをコマンドプロンプトへ貼り付けます。
adb push data_local /data/local/
adb shell chmod 755 /data/local/is03break
adb shell chmod 755 /data/local/autoexec.sh
adb shell chmod 755 /data/local/busybox
adb install jackpal.androidterm.apk
adb install Superuser.apk
adb shell /data/local/is03break

これでTerminal emulatorとSuperUserのアプリが
IS03本体にインストールされます。

今度は下記のコマンドを貼り付けてエンターを押します。
/data/local/tmp/sh
cd /data/local
cat local.prop > /data/local.prop
reboot

終わると自動的にIS03が再起動します。


IS03 root switchを使うことにより
root化のON/OFFを切替できます。




root化状態では、キャリアメール(~~~@ezweb.ne.jp)が使えません。
メールを受信するとエラーになります。
メールソフトを起動すると不正なアプリが入ってると怒られます。。。
































.
ツールボックス

下から選んでください:

トラックバックをみる リンク元をみる 新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。