上杉隆 wiki

キラ☆キラ降板問題


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

include_js plugin Error : ファイルの読み込みに失敗しました。URLの指定が正しいかどうか確認してください。

キラ☆キラ降板問題とは

上杉隆はTBSラジオの番組「小島慶子キラ☆キラ」で番組内のコーナー「コラ☆コラ(旧名:サウンドパティスリー)」の火曜コラムニストを担当していた。上杉は2011年3月にこのコーナーを降板したが、その理由が何であったのかという問題である。

この降板理由・経緯・時期について、上杉自身が複数の異なる主張をしている。一方、番組関係者による証言はすべて上杉の主張とは異なっている。

上杉が主張する降板理由の一つに「震災後、2011年3月15日の放送で東京電力を批判したところ、番組終了後に突然降板を言い渡された」がある。この主張は国外にも報道され、東京電力によるメディア支配の事例として紹介された。

一方、複数の番組関係者が降板理由・時期について「上杉による『平野官房長官ネコババ発言』により端を発したTBSラジオとの確執(ネコババ発言問題)による降板であり、降板は震災前の2011年2月に決定していた」と証言している。TBSラジオは東電からの圧力を否定しており、番組パーソナリティの小島慶子は東電からの圧力は一切受けていないと発言している。

上杉は本当の降板理由について町山智浩などツイッターユーザーから説明を求められているが、ツイッターでは説明をせず自身の発行する有料メールマガジンVol.102以降で「反論」をしている。しかし、上杉はVol.102では「自分から降板を言い出した」と主張し始め、依然として「震災後、2011年3月15日の放送で東京電力を批判したところ、番組終了後に突然降板を言い渡された」ことの真偽は不明のままである。(2012年2月8日現在)

目次

上杉の主張 概略

現時点(2012年2月8日)で上杉は以下の主張をしている。
  1. 理由は判然としない(『週刊金曜日』2011年4月15日号より)
  2. 自由報道協会を設立したからかもしれない(『だからテレビに嫌われる』大和書房刊 2011年9月16日発売 より)
  3. 震災後の放送で東電批判をしたところ、番組終了後に突然降板を言い渡された(シュピーゲルその他 詳細は後述する)
  4. 自分から降板を申し出た(東京脱力メールマガジン Vol.102 より)

上杉の主張 詳細

理由は判然としない

『週刊金曜日』2011年4月15日号の記事『TBSラジオを降ろされた真相―東京電力・電事連がもたらす「大本営発表」』

上杉は当該の記事で次のように書いている。
3月まで私は、TBSラジオの番組「小島慶子 キラ☆キラ」に出ていました。
そこで東京電力や電事連(電気事業連合会)に関して、「情報隠蔽(いんぺい)しているんじゃないですか」と、15分間のコーナーで話しました。
生放送が終わった後、番組のプロデューサーが来て、「上杉さんちょっといいですか、今月いっぱいで辞めてください」と突然言われました。
2週間前には「4月以降もよろしくお願いします」と言われていた。
理由は判然としません が、いきなりの降板であることは事実です。

参考:実際の誌面
http://www4.atwiki.jp/shatteredglass/pub/images/wKin-youbi20110415.png

上杉によるTBS批判 / ネコババ発言 / 記者クラブ問題 / 東京電力批判 / よくわからない

『報道災害【原発編】』(幻冬舎新書 2011年7月28日発売)

この新書は上杉と烏賀陽弘道の対談を書籍化したものである。対談が行われたのは2011年4月27日、2011年4月28日、2011年5月27日と本書冒頭に書かれている。本書内第一章『繰り返された悪夢 ― 70年目の大本営』第二節『3・11で露呈したこと』内の『番組を降ろされ、スポンサーは降りた』には次のように書かれている。


この記述の中で、「TBS批判」と「平野官房長官の官房機密費の問題」を別々の問題のように話しているが、これは一連の出来事である。詳しくはネコババ発言問題を参照。

また、
先週の番組で『東電批判とかすると降ろされちゃうんですよね』って言ったばかりだし、今日の番組でも言っちゃったじゃないですか
という発言がある。この「先週の番組」とは降板が告げられたとされる2011年3月15日の前の週、つまり3月8日の放送であると考えられる。なお、2011年3月8日の放送では前原誠司の外務大臣辞任がテーマであり、『東電批判とかすると降ろされちゃうんですよね』などという発言はない。なお、3月1日は地方政治の話2月22日は小島慶子が司会をした自由報道協会記者会見と小沢一郎の話をしており、いずれにも該当の発言はない。

震災後の放送で東電批判をしたところ、番組終了後に突然降板を言い渡された

Time Out Tokyo『上杉隆 緊急インタビュー』(2011年3月29日)

このインタビュー記事で、上杉は次のように語っている。

上杉隆 緊急インタビュー
http://www.timeout.jp/ja/tokyo/feature/2754 (日本語)
http://www.timeout.jp/en/tokyo/feature/2776 (英語)
事故発生当初から「東電は事故に関して隠している、嘘を言っている」、「政府は騙されている。メディア、記者クラブは、東電が最大の広告主、クライアントだから遠慮して言えないのではないか」と、自分の出演しているメディアやラジオ番組で言い続けていました。すると、番組終了後にプロデューサーが来て「今月末で番組を降りてくれ」と言われて番組を降ろされました。別の番組でも東電を批判したら、そちらでも「降ろせ」となって。しかし、その番組のプロデューサーは強い人で、逆にスポンサーなしで番組をやったんです。他にもいくつかあるんですが、そういう民主主義国家とは思えない状況が起こっていて、 TEPCO(東電)や電事連(電気事業連合会)を批判すると、どんどんメディアを降ろされる。もちろん、他のフリーランスも同様です。テレビや新聞にとっては、東電は最大の広告主だから一切黙ってしまっている。

2011年4月6日 鳩山由紀夫主催の勉強会

上杉はこの勉強会で次のように発言している。

pt3 上杉隆氏ら自由報道協会による「原発事故」取材の報告
http://www.youtube.com/watch?v=o91IDAxrNG8#t=4m35s
3月に私はTBSラジオの『キラ☆キラ』というレギュラーを××××(聞き取れず)2年間やっていました。そこで、東京電力・電事連に関して「情報隠蔽してるんじゃないんですか」という風にずっと15分間のフォーラムで言って、生放送が終わった瞬間にプロデューサーが来て、「すいません、上杉さん。ちょっといいですか」と。「はい、なんですか」と。「えー、今月いっぱいで辞めて下さい」…突然言われました。
2週間前には、「4月以降もよろしくお願いします」と言われたんですね。ところが、いきなり「××××(聞き取れず)」と。
その前の週には、え、その次の週には、電事連スポンサーの『ニュースの深層』というですね、番組の、朝日ニュースターの、キャスターをやっているんですが、そこに電事連の方から、上杉隆の火曜日、葉千栄の木曜日、上杉隆は広河隆一を出した。それからですね、中釜さんというですね、映画監督、これは上関原発の映画を作った人だと、を出した、と(註)。葉千栄に関しては、広瀬隆という、これはチェルノブイリ、そのジャーナリストを出した、と。翌日には、共産党の吉井さん、を出したと。
これによって、とてもスポンサーをできる状態じゃないんで、彼らを番組から降ろしてくださいという依頼が来ました。で、朝日ニュースターは、岡崎局長は、それを拒否して、電事連さんが4月からスポンサーを降りてください、ということで、ここは助かったわけですが、ただ私はその時は無広告放送をしました。要するに広告なしでやったと。で、4月からも、今スポンサーなしです。
で、これが実は、この、一人の人間でこれです。他の人も相当圧力かかってます。
今来てる岩上さんも『とくダネ!』フジテレビ、降ろされましたけど、このことが理由かどうかわかりませんが、番組を終わらせられています。
つまり…
(以降はリンク先の動画を御覧ください)
(註)この「中釜さん」は正しくは鎌仲ひとみと思われる

ジャーナリスト保護委員会(CPJ)の記事「Freelance, online reporting discouraged on nuclear threat」(2011年4月14日)

当該の記事では上杉について次のように書かれている。

Freelance, online reporting discouraged on nuclear threat
http://cpj.org/blog/2011/04/japan-discourages-freelance-online-reporting-on-nu.php
"I have been frustrating TEPCO, government and all the Kisha Club media," Uesugi told CPJ by email. Appearing in his weekly guest slot on the local TBS radio station on March 15, he launched into a strong criticism of the power company. The station asked him not to come back. "I was removed from my slot on the TBS program permanently," Uesugi wrote.

キネマ旬報 2011年5月上旬号 『映画作家、ジャーナリストと考える原発、これからのエネルギー問題 本橋成一×鎌仲ひとみ×上杉隆』

当該の記事で上杉は次のように語っている。
民法は東電がスポンサーですから悪口は言わない。言っていても、絶対に番組では使わない。実際、僕はTBSラジオ『小島慶子キラ☆キラ』から降板を告げられました(註1)。
(註1)この降板事由については、上杉氏の東電批判によるものとは確定していない。

参考:実際の誌面
http://www4.atwiki.jp/shatteredglass/pub/images/kinejun201105joujun.png

先見経済 2011年5月15日号 清話会セミナー講演録『この国は報道から滅びゆく』

この記事は2011年4月15日に上杉が講師をした講演の講演録である。ここで上杉は次のように語っている。
先々月、2年間レギュラーを務めていたラジオ番組「小島慶子 キラ☆キラ」で東電と電事連(電気事業連合会)の情報隠蔽に関して言及したところ、放送直後にプロデューサーがやってきて降板を告げられた。
その前週には、スポンサーである電事連の圧力で、「ニュースの深層」という報道番組のキャスターを降ろされそうになっている。朝日ニュースター側が拒否してくれたおかげで降板は免れたが、結局、私の担当日は無広告放送になってしまった。

参考:実際の誌面
http://www4.atwiki.jp/shatteredglass/pub/images/senken-keizai201105.png

「シュピーゲル」誌(2011年5月23日号) 「原子力国家」

上杉隆公式サイトに掲載されている記事(ドイツの週刊誌Der Spiegelに掲載された記事の翻訳)に、以下の記述がある。

「シュピーゲル」誌(2011年5月23日号) 「原子力国家」日本語訳
http://uesugitakashi.com/?p=917Web魚拓
3月15日、彼は午後1時にTBSの生放送に出演した。そこで彼は、どうやら放射能が三号炉から出ている模様で、それが海外でも報道されている、と述べた。「本当は自明なことだったのですが」と彼は語る。しかし放送終了後テレビ放送局の上司から、番組を降ろされたことを伝えられたのだった。これ以降、上杉氏はTBSの仕事はしていない。TBSの番組制作のスポークスマンは、「内部では上杉氏を降ろすことは以前から決まっていたのだ」と説明している。東電からの圧力に関しては否定した。

上杉氏はその釈明を信じてはいない。それからまもなく、別のテレビ番組でもトラブルが生じたからである。「朝日ニュースター」でも、上杉氏が原子力に批判的なゲストを自分の番組に招待しようとしたら、電事連が当番組のスポンサー提供を終了した。放送局は、電事連のスポンサリングはもともと終了することが決まっていた、という。東電スポークスマンは、東電が上杉さんのようなジャーナリストに圧力をかけるなど、考えられない、と語った。
(注:引用箇所に「テレビ放送局の上司」という表現があるが、これは誤訳である。原文(ドイツ語)ではテレビともラジオとも書かれていない。文脈上これはTBSラジオのことになる)

2011年8月19日放送『宮崎哲弥のトーキング・ヘッズ』朝日ニュースター

上杉は当該の番組で次のように発言している。

宮崎哲弥のトーキング・ヘッズ「国家と情報 Part2」8/19(金)
http://www.youtube.com/watch?v=iIGNBk6iryQ#t=5m40s
3月11日、これはメルトダウンが起こる、ということで、私翌日にはもうツイッターで書いてラジオで言い出したんですが、まあデマ扱いされて、えーまあここではないですけど他の番組を降ろされたりするわけですね。

Voice. 2011年9月号 『ジャーナリスト休業宣言(第1回)既存メディア、震災報道の「嘘」を暴く』

この記事で上杉は次のように書いている。
 そのようなスポンサーがいること自体はかまわない。問題は、今回のような事故が起こった時のメディア側の対応である。これまで述べたように、三月~四月上旬までは、既存メディアは東電会見ではほとんど批判的な質問も、批判的な報道も行わなかった。
 それどころか、東電を批判する人間を、次々と表舞台から排除していったのだ。 筆者はラジオなどで東電批判をした途端に降板となり 、テレビで東電批判を口にしたフリージャーナリストたちも次々と番組降板を余儀なくされた(局側が告げた理由は違うものだったが、東電批判が理由であるのが明らかな事例もある)。
スポンサーのいない公共放送であるNHKでさえ、ある解説委員が東電批判を行ったところ、その後、彼をテレビで見ることはなくなった。
 念のためにいうと、東電が「批判するな」と圧力をかけたのではない。すべてはメディア側の「自重」「自主規制」によるものである。

参考:実際の誌面
http://www4.atwiki.jp/shatteredglass/pub/images/Voice201109_1.png http://www4.atwiki.jp/shatteredglass/pub/images/Voice201109_5.png

自由報道協会を設立したからかもしれない / よくわからない

『だからテレビに嫌われる』(大和書房刊 2011年9月16日発売)

上杉は当該書籍(この書籍は対談を収録したものである)の56~58ページで次のように語っている。
堀江 でも、テレビに出なくなっても、今、全然いいじゃないですか。
上杉 うん。楽しい。あっ、そうだ。また、今年もTBSラジオのレギュラーを降ろされたんですよ。
堀江 今度は何やったんですか。
上杉 何もやってないですよ。以前は官房機密費がマスコミに流れていた問題に突っ込んで揉めたんだけどね。
堀江 それでなんでレギュラー降ろされるんですか。
上杉 実はTBSラジオとは、2011年4月から1年間、毎週火曜日の『小島慶子キラ☆キラ』にレギュラーで出る再契約をしていたんです。だからその時間は他の仕事を断っていたんですね。ところが2011年の1月に自由報道協会を作ったがために、「これは今のメディアシステムを破壊するものだ」って民放連の一部で大騒ぎになったみたいなんです。
堀江 自由報道協会では、僕も記者会見をやりましたよね。
上杉 そう。それで実は内部から告発があって、「上杉さん、アウトです。今後、TBSラジオのレギュラーはありません」と言われたんですよ。ビックリしましたよ。「そんなこと言っても、1カ月前にもう契約しちゃってるよ」と言ったのに、「上が決めたことだから」の一点張りらしい。
堀江 へー、そんなことになってたんだ。
上杉 TBSのほうこそ、契約違反で業務妨害ってことになるけどね。でも逆に「上杉は自由報道協会を立ち上げた。あれは既存メディアにとって、特に放送局にとって営業妨害、業務妨害だ。その首謀者で代表である人間と契約するわけにはいかない」と、上層部の人間が言っていたと別の人が言うんです。
堀江 いろんな理由があるんですねえ。
上杉 TBSラジオに関しては、自由報道協会を立ち上げたことが直接の原因になるかもしれない。 まあ、使いにくいってことはあったかもしれないけど、なんらかの理由で降板させたかったんでしょう。 それが何なのかはよくわからない。 記者クラブか、官房機密費か、電事連か……。ちなみに記者クラブ問題については、テレビで自分から言ったのは『ムーブ』での1回しかないんです。たとえば『たかじんのそこまで言って委員会』や『TVタックル』も降ろされてるけど、これも自分から記者クラブ発言を言い出したわけじゃない。同じ番組に出演していた三宅久之さんがいきなり僕に対して、「私は取材を受けていない。なんだあのインチキな記事は!」って官房機密費の記事のことを言い出したから、反論したんです。「それは週刊ポストの取材チームが取材したものでしょ」って。そうしたら、三宅さんじゃなくて僕が降ろされた。そもそも三宅さんのほうが勘違いしていたのに、ですよ。とにかくテレビでは「記者クラブ」「官房機密費」「クロスオーナーシップ」とか、彼らの既得権益に絡むことに関しては放送禁止用語だから言ってはいけないんです。

自分から降板を申し出た

上杉は自身の発行する有料メールマガジン『東京脱力メールマガジン』のVol.102(2012年2月1日発行)で以下のように書いている。
また、その間にも、新潟やフクシマでの講演、ゴルフの撮影と取材、連載とこなし、それゆえ、 1年前のTBS降板 、あるいは2年前の官房機密費問題に関して再度調べることは物理的にも精神的にも、後回しにしていたのだ。
(中略)
だからこそ、私はそれを容認し、汚れたカネと権力と癒着し続けるTBSに容赦しなかったのだ。だから、これは初めて明かすのだが、それゆえに、 最初に「番組降板」を言い出したのは私自身の方である。

関係者の証言

小島慶子による証言

『キラ☆キラ』のメインパーソナリティーである小島慶子は上杉とのコーナーの最終回で、上杉に対して 2011年3月4日に上杉の降板決定を聞いていた と明かしている。3月4日は震災発生前であり、震災発生後の上杉による東電批判が降板の理由ではないことになる。以下がその発言である。

小島慶子 キラ☆キラ 2011年03月29日 上杉隆 出演部分
http://www.dailymotion.com/video/xoqcgt?start=1125
私はねえ、実はね、もうツイッターにも書きましたけど 3月の4日の時点で聞いていたんですよね。プロデューサーから。
上記発言の「ツイッターにも書きました」とは次のリンクを参照のこと。ここで 小島は上杉の降板理由も述べている。

上杉隆氏(@uesugitakashi)TBSラジオ 「小島慶子のキラ☆キラ」降板について小島慶子氏が語る
http://togetter.com/li/112151

また、東電からの圧力については次のように否定している。

2011年04月12日(火)キラ☆キラ オープニング☆トーク
http://www.youtube.com/watch?v=SXm1wkZ-Vqw#t=10m

水道橋博士による証言

『キラ☆キラ』金曜パートナーである水道橋博士はツイッターで 上杉の降板は2月末(震災前)にTBS上層部で決定しており、上杉とTBSラジオの間では「平野官房長官ネコババ発言」に端を発する確執があった ことを明かしている。この発言については以下のリンクを参照のこと。

上杉隆、『小島慶子 キラ☆キラ』の3月いっぱいの降板を告げられる
http://togetter.com/li/111983

K DUB SHINEを通した宇多丸による証言

ヒップホップMCのK DUB SHINEは『キラ☆キラ』の水曜日パートナーである宇多丸の友人である。宇多丸の発言として以下をブログに書いている。

リスナーならご存知のことだと思われますが、3月末で噂のジャーナリスト・上杉隆氏が『キラ☆キラ』を降板させられたでしょ? ネットを見る限りでは、番組で東電批判したのが降板の主な理由みたいで、オレはそういう上杉さんの姿勢が大好きだから、宇多丸がその件についてどう思ってるのか、聞いてみたかったんだよね。同じ番組に出てるんだから、深い内部事情とかも知ってるだろうし

でも、オレがその話を持ちかけたら 「降板はもっと以前から決まってた」とか「上杉さんなりの筋書きがあるんだ」 とか、まるで番組のプロデューサーみたいな答えしか返ってこなくてさぁ。オレがしつこく突っ込んでったら、挙句の果てには「知らねえよ!」みたいな感じでキレられて

その他上杉の発言

上杉は前掲したもの以外にも降板の時期・経緯・理由について話したり書いたりしている。

2011年03月29日の上杉の発言

最後のキラ☆キラ出演(2011年03月29日)で上杉は、次のように発言している。

小島慶子 キラ☆キラ 2011年03月29日 上杉隆 出演部分
http://www.dailymotion.com/video/xoqcgt?start=1105
自分から辞めてないですよ。

小島慶子 キラ☆キラ 2011年03月29日 上杉隆 出演部分
http://www.dailymotion.com/video/xoqcgt?start=1150
一週間前に、そういう噂も入ったんです、確かに。いろんな形で。
一週間前とは、3月15日の一週間前、つまり3月8日(震災及び原発事故の前)のことであり、「そういう噂」とは、上杉降板のことである。従って、上杉は2011年3月15日の東電批判と降板は関係ないことを知っていたということである。

メールマガジン内での記述

上杉は自身の発行する有料メールマガジン『上杉隆の東京脱力メールマガジン』のVol.043及びVol.103で次のように書いている。

当初、私の降板については様々な憶測が飛び交った。番組プロデューサーの三条毅史氏(http://twitter.com/#!/radiosanjo)はあくまで個人的なものとしながらも、おそらく「上杉さんのTBS批判が理由ではないか」との見解を示した。
TBS側からは「東電批判」が理由とは言われていないということである。また「TBS批判」の内容が語られていないが、これは週刊ポストに掲載された上杉によるTBSラジオ批判のことを指す。詳しくはネコババ発言問題を参照。

 実は、私自身の耳にも、先々週までには「上杉降板の噂」が届いていた。ただし先週も書いた通り、来年度の契約を更新した直後だったので、さすがにそれはないだろう、と高を括っていたのである。
これは2011年3月15日の2週間前、つまり3月1日までには降板を正式な形でないにせよ聞いていたということである。前掲の「一週間前に、そういう噂も入ったんです」とズレがあるが、いずれにせよ上杉は3月15日の放送内容と降板には関係がないことを知っていたことになる。

2011年3月15日の放送内容

上杉はあたかも2011年3月15日にラジオで話した東電批判が原因で即日番組を降ろされたかのように一部で話しているが、その放送内容は次のものである。

小島慶子 キラ☆キラ 2011年03月15日 上杉隆 出演部分
http://www.dailymotion.com/video/xoq8j2

また、放送は有志により以下に文字おこしされている。

3月15日 TBSラジオ キラ☆キラ 15時台 サウンドパティスリー 上杉隆 1
http://ameblo.jp/touch-0329/entry-10833771757.htmlWeb魚拓

3月15日 TBSラジオ キラ☆キラ 15時台 サウンドパティスリー 上杉隆 2
http://ameblo.jp/touch-0329/entry-10833771052.html((Web魚拓

3月15日 TBSラジオ キラ☆キラ 15時台 サウンドパティスリー 上杉隆 3
http://ameblo.jp/touch-0329/entry-10832390623.htmlWeb魚拓

実際は放送では具体的な東電批判はほとんどなく、しいてあげれば3ページ目

要するに全部、東京電力のTEPCOのコマーシャル入ってるかなんか知らないけれど、誰一人質問しない、批判はしない。

それも東電と保安院の会見に入ってフリーランスとかがやっと質問し出してからなんですよ。

くらいである。これは前掲の鳩山由紀夫主催の勉強会で言っているようなものでもなく、TBSラジオの他の出演者、例えば神保哲生宮台真司らに比べても特に強い批判というわけでもない。

補足 岩上安身の『とくダネ!』降板について

前掲の『pt3 上杉隆氏ら自由報道協会による「原発事故」取材の報告』で上杉は以下の発言をしている。

今来てる岩上さんも『とくダネ!』フジテレビ、降ろされましたけど、このことが理由かどうかわかりませんが、番組を終わらせられています。
岩上安身が『とくダネ!』を降板になったのは、震災や原発事故とは無関係である。なぜなら 岩上自身により『とくダネ!』を降板になったことが震災前(2011年3月11日の午前中)に公表されている からである。岩上はさらにその一週間前から降板について『とくダネ!』担当プロデューサーと話し合っていたことを明かしている。

補足 朝日ニュースターへの電事連による圧力について

前掲の「pt3 上杉隆氏ら自由報道協会による「原発事故」取材の報告」で上杉は電事連から朝日ニュースターへの圧力があり、朝日ニュースターがそれを拒否したために電事連は4月から番組スポンサーを外れたと説明している。しかし前掲のシュピーゲルの記事では、朝日ニュースターによる説明として、 電事連がスポンサーから外れることはもともと決まっていた 、と書かれている。