ユナン

  • CV.石田彰
「谷の守り人」と名乗る青年。
大きな羽の付いた三角帽子をかぶり、長い髪を三つ編みにしている。
暗黒大陸に存在する大峡谷の谷底に住居を構えており、谷の中と両岸の音全てを聞くことができる。
シンドバッド曰く「地獄耳」で、シンドリア王国中の会話も全て聞きとれているらしい。

現代に存在するマギの一人で、生前の意識を残したまま、何度もマギとしての生を生きている。
現在の身体では9回目。

30年近く前 *1 から現在とまったく変わらぬ姿で居るらしいほか、姿を消したはずのファナリスたちの行方を知り、「大峡谷の向こう岸にいる」と断言したり、大峡谷で長い時間を過ごしていた様子を示しながらも遠く離れた煌帝国での最近の出来事を知覚し、どの「型」にも当てはまらない全く別の系統の魔法を操って見せるなど、その能力と言動には多くの謎が見られる。

過去には第一の迷宮バアルを始め、世界各地を放浪ながら迷宮を出現させていた。
しかし本人曰く、ジュダル煌帝国贔屓で出した迷宮を「引っ込めた数の方が多い」とのこと。

14年前、故国の在り方を嘆くシンドバッドに「君が王になるべきだ」と助言を残し、迷宮攻略の道を示した。
ただし現在シンドバッドのことは「あんまり信用してない」「怖い」と断言しており、あまり良好な仲ではない様子。


外伝版のユナンについてはこちら→ユナン(外伝)

技能