練白龍

れん はくりゅう
年齢 身長 趣味 特技 弱点 出身地 CV
16歳→17歳 165cm→169㎝ 料理 槍術 冗談 煌帝国 小野賢章
煌帝国第四皇子。ただし前皇帝の三男(第四子)であり、現皇帝は叔父にあたる。
白瑛の実弟。

顔面の左半分を覆うほどの大きな火傷跡と、母や兄姉と共通の口元の黒子が特徴。
二人の兄(白雄白蓮)の死後、その損失を補おうと兄の人となりや立ち居振る舞いを意図的に模倣している。

母親代わりの姉によって身の回りのことはなんでもできるようにと育てられた。
白瑛をたった一人の姉弟として大切に思っている。
勇猛な初代皇帝の面影が色濃く、ジュダルには早くから器を見込まれていた。

好みのタイプは姉上のような凛々しい女性。
幼少期の軟弱伝説を青舜に握られている。

幼い頃に二人の兄とともに大火に巻き込まれ、左半身の大火傷はその時に負ったもの。
当時は二ヵ月間、意識不明のまま生死の境をさまよっていた。

練白雄練白蓮の死後、帝位継承権は本来紅徳よりも白龍の方が上であったが、幼さと上記の怪我を理由に練紅徳へと移譲されてしまった。
紅徳が前帝を疎んでいたという理由から、以降は姉ともども城の片隅で監視を受けながら過ごす。
また「皇子」という肩書は保たれていたものの、実際に国政に関わり得る官位や軍位、領地等は何一つ与えられず、紅徳の実子である皇子たちと比べると、その権限は冷遇されていた。

以下に物語の重要なネタバレを含みます。

+ ネタバレ