ランサーエボリューションIXMR(CT9A)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

LANCER Evolution IX MR (CT9A)


排気量:1997cc
最高出力:280ps/6,500rpm
駆動方式:4WD
ミッション:6速
車長:4455mm
車幅:1770mm
車高:1450mm
車重:1410kg
性能:★★★★★

第3世代のランサーエボリューションの最終モデル。エンジンにマイベック機構が追加され、これまで以上にリニアなアクセルレスポンスを体感することができる。また、耐久レースからフィードバックされた形状のフロントバンパーは低速域から高速域まで破綻のない走行性能の一助として機能する。GDB-Fは同世代の好敵手的な存在。


エアロA:ガンダ・・・いや、ロボットっぽいですね。思い切ってエッジを立てたメカニカルなデザインが、ジャパニーズモンスターマシンを強調しています。ダートよりも高速道路が似合います。
エアロB:ライトポットでラリーのイメージですね。コレがエアロパーツなのか?という意見も有りますが。ラリー好きディレクター内田の陰謀でライトポットが入っています。
エアロC:まさにラリーカーのイメージですね。特徴的なリヤウィングも再現しています。是非このエアロにワークスステッカーで決めてください。
エアロD:ボディ下部に空力パーツを装備した機能重視のデザインです。ウイングは純正より低めのタイプになっています。
エアロE:開口面積の大きなダクト、2重に配置されたカナードやリアのディフューザーなど、本気度の高さを感じさせるエアロセットです。速そうです。
車種別ウィング:普通のランサーのウィングです。凄みを利かせるのとは逆に、外し技のカッコ良さで決めて欲しいですね、こういう外しネタが使いこなせたらドレスアップ上級者?
更新カラー:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。