アルシオーネSVX(CXD)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ALCYONE SVX Version L (CXD)


排気量:3318cc
最高出力:240ps/6000rpm
駆動方式:4WD
ミッション:4速
車長:4625mm
車幅:1770mm
車高:1300mm
車重:1590kg
性能:★★★★

流麗なスタイルから今でも根強いファンの多い、当時のフラッグシップモデル。高速ロングドライブでも疲れない安定した操作性を持つスペシャリティーカーだが、GDB型インプレッサに搭載されているDCCDの元となるデバイスを搭載するなど走りのマシンでもある。車重からくるコーナーリングのクセは多少あるが、安定した操作性から最高速の伸び、安定性は1,2を争う。


エアロA:引っ込みがちな下回りを張り出させる事で力強い印象になっています。ウィングの造形も太めで力強さをアピールしています。
エアロB:カバーされたフロントグリルで本来の姿とは随分と異なった印象ですね、カバーされたリヤのテールランプにスバルエンブレムが付いているところがオシャレです。
エアロC:当時の純正オプションのウィングです。これをつけているアルシオーネSVXは多かったですね。前田もこれがついているシルバー/ガンメタリックツートンが今でも欲しいです。
エアロD:なんとなく飛んでいきそうな雰囲気ですね。リアタイヤ周りのボリュームを大きくとることで、力強く加速するイメージを表現しています。
エアロE:ワイド&ローなデザインのエアロセットです。大柄なボディがさらに大きく見えますね。
車種別ウィング:インプレッサのウィングが強引についていますね・・・。
更新カラー:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。