阿会ナン

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

阿会ナン(演義)(アカイナン)
演義で諸葛亮が行った南征で登場する、孟獲配下・三洞元帥の一人。

五万の軍を率い蜀を攻撃するも、趙雲・馬忠の夜襲に敗れ、張翼に捕らえられる。後、諸葛亮に諭された上で釈放され、自洞に帰るも、孟獲に呼び出されてやむなく出陣。盧水で蜀と対する。阿会喃は董荼那の側面援助として沙口を守るが、董荼那は馬岱に
「命を助けてもらったのにまた出てくるとは!この恥知らずめ!」
と罵られ、恥じて軍を引き上げる。この事を恨んだ董荼那が阿会喃等と相談して、孟獲を捕らえて諸葛亮に引き渡した。しかし、諸葛亮が孟獲を釈放してしまったため、阿会喃は董荼那等と孟獲に誘い出されて殺され、遺体を谷に捨てられる。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

訪問者数

&counter(オプション)