※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

殷模(インボ)

孫権の代の校尉。

彼はある時、孫権の怒りに触れ、処刑寸前まで行ったのであるが、諸葛瑾の言葉により、その罪を許された。
その言葉の中に、『我々(諸葛瑾と殷模)は、郷里が壊滅し、生き物が根絶やしになるという事態に遭遇した』
とある。

これが徐州大虐殺を指すのであれば、彼もまた徐州から難を逃れて長江を渡った名士の一人か?

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

訪問者数

&counter(オプション)