イン礼

このページを編集する    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イン礼(インレイ)字は徳嗣。
若くして郡に務め19歳で呉県の丞の代理に就いた。戯れごとは好まず深い見識を備えており、加えて占いにも通じていた。孫権が呉王となると郎中に昇進した。のちに張温とともに蜀に使者として派遣され、 諸葛亮にも高く評価された。零陵太守まで昇進して在官中に亡くなった。在官中、司馬氏の専横で弱った魏を襄陽、寿春、徐州の三方から攻めるべきだと孫権に進言したが取り上げられなかった。
残念ながら演義に登場する事はないが、孫権に
「今までのようにちまちまと魏を攻めているだけではジリ貧におちいるだけです」
と進言しているところを見る限り、それなりの発言力と物怖じしない性格だったと思われる。当時の呉はまさにそのような状況だった。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

訪問者数

&counter(オプション)