※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

韓当(カントウ)字は義公。

弓や馬に巧みで力も強く、孫堅に従って各地を転戦した呉の古参武将。孫策に従って各地を転戦し二千の兵を授けられ、劉勲や黄祖を討伐した。山越たちは韓当の武を恐れて彼の威光に従ったという。
中郎将として周瑜らと共に赤壁に参戦し、呂蒙と共に南郡を攻撃してこれを奪取した。この功績で偏将軍・永昌太守に昇進した。夷陵では陸遜・朱然に従って蜀軍を攻撃し、大いに活躍。威烈将軍に封じられた。曹真が南郡を攻めると、街の東南部分を守って曹真を寄せ付けなかった。『敢死軍』という呉の特殊部隊を率いて反乱者を討伐している。
遠征に出ると配下を励まして心を一つにして戦い、法令を遵守する韓当を孫権は愛したという。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

訪問者数

&counter(オプション)