※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


「どぉしたのぉ、真紅ぅ?」

これが全ての発端だった。
年の瀬も押し迫って、冬休みを目前に控えた、最後のHRが行われている時のこと。
通信簿が配られ、騒がしい教室で、机に頬杖をついてる暗い顔の真紅を見た私は、

「あらぁ、大して可愛くもない貴女の沈んだ顔って、見るに耐えないわねぇ。
 さては……散々な成績だったから、首を吊りたくなったとかぁ?」

例によって、幼なじみで小生意気な金髪の娘をからかう。
普段の彼女ならば、すぐに噛み付いてくる筈だけれど――

真紅は、顔を向けるどころか、チラッと目を動かしもしなかった。
拍子抜けというか、なんとなくシカトされたみたいで癪に障る。
この水銀燈さんを小馬鹿にするなんて、いい度胸してるじゃないの。
背後に回り込んで頸を絞めると、真紅は呻き声を放って、やっと反応を見せた。

「なにするのよ、水銀燈っ!」
「だぁってぇ~、真紅が無視するんだもぉん」
「……それは……ごめんなさい」
「? 随分と、しおらしいじゃないの。な~んか気持ち悪いわねぇ。
 ははぁ~ん。さては、彼とケンカでもしたってワケぇ?」
「……別に。ジュンは関係ないわ」

成績のことでも、彼氏のことでもない。と、すると――?
いくら真紅が紅茶ジャンキーだからって、朝の紅茶を飲まなかった程度では、
こうも落ち込まない筈だ。

気丈な彼女を、こうも失意の淵に追いやるほどだから、つまらない原因とも考え難い。
もしかして、家庭の問題かしら? 私は腕組みして、頸をひねった。

すると、真紅は苛立たしげに私の肩を掴み、ぐいと引き寄せ、ひそひそと耳打ちしてきた。
彼女の吐息が耳元の髪を揺らして、ちょっと……くすぐったい。

「……あぁん♪」
「ちょっ! ヘンな声ださないでちょうだい。まじめに聞きなさいよ!」
「だぁってぇ」

私の弁解など聞く耳持たずといった感じで、真紅は言葉を続けた。

「実は、私――――インターネットで、とんでもない失敗をしてしまったの」
「ふぅん? あ……さては、ワンクリック詐欺に遭ったのね。
 真紅ってば、ホントにおばかさぁん♪」
「違うわ。そんなんじゃないのよ」
「ん? じゃあ、調子こいたコト書いたブログが、炎上したとか?」

真紅は唇を引き結んだまま、ただただ頸を横に振るばかり。
じゃあ、一体なんだというのだろう。
訝る私の前で、真紅はこめかみに指を当てて、悩ましげに眉を寄せた。

「水銀燈、貴女……煮chって知ってる?」

もちろん、知っている。私も、しょっちゅう利用しているもの。
誰でも気軽に書き込めることが売りの、大規模なインターネット掲示板だ。
名前の由来は、参加者の意見を鍋の具に例えて『ごった煮』にする場所ってコトだとか。
話の流れからすると、どうやら、真紅は煮chで失敗したらしい。

でも、どんな失敗をしたのかしらん?
私は「常識でしょ」と頷き、顎をしゃくって続きを促した。

「……じゃあ、お金が掛かるってコトも?」
「はぁあ? それ、本気で言ってるのぉ」

基本、煮chは無料。課金制度があるなんて、聞いたこともない。

「誰に吹き込まれたんだか知らないけど、そんなデマを信じるなんてね。
 貴女って、私が思ってた以上のおマヌケ――」
「金糸雀に教えてもらったのよ。あの子、コンピュータ関連に詳しいでしょう。
 証拠も見せられたわ。だから、私も驚いたし、焦っているの。
 ウソだと思うなら、自宅のPCでこの操作をしてみなさい」

言って、真紅は私にメモ書きを突き出した。
ざっと走り読んだ限り、大して難しい手順でもない。
まあ、百聞は一見にしかずと言うし、試してみるのも一興かもね。
どうにも釈然としないまま、私は紙片を受け取った。



HRが終わるや、脇目もふらず自宅に戻り、真紅に教えられたとおりの手順を踏んだ。
その結果、煮chの名前欄に表示された数字は――


  【586920円37銭】

私は両手で瞼をゴシゴシこすって、もう一度、まじまじとディスプレイを覗き込んだ。

「……ウソでしょぉ? なによ、これぇ」

いくら見直しても、結果は同じ。細かい金額が、リアルすぎて怖い。
まさか、ホントに有料だったの? 信じられない。信じたくない。
とにかく、真紅に電話しなきゃ。
私は携帯電話で、彼女に連絡を入れた。

「あ、もしもし、真紅ぅ? 出た! 確かに金額が表示されたわよっ!」
『言ったとおりでしょう。私の方でも、もう一度、金糸雀に問い合わせたの。
 そうしたら、スレ立てや書き込みをする毎に課金されてるんですって』
「あわわわ……どうしよう。私、そんなこと知らなかったから――
 調子に乗って【ヤク中姉ちゃんが…】スレ立てて1000まで全レスしてたし、
 【H・O・T】スレ立てて、バシバシAA貼りまくってたわよ」
『いやだわ。あのヤクルト中毒スレの>>1って、貴女だったのね。
 ところで【H・O・T】って、なんなの?』
「えっと……HYPER OCHINCHIN TIMEの略なんだけどぉ」

電話の向こうで、ブフォーっ! と液体を噴き出す音が聞こえた。
多分、食後の優雅なティータイム真っ最中だったのね。悪いコトしちゃった。

「もしもーし、真紅? 聞いてるぅ?」
『あああ! ディスプレイとキーボードが紅茶まみれに……って、なんなの?』
「貴女の方は、いくらって表示されたの」
『……82633円よ。貴女は?』
「586920円37銭ですって。あうぅ…………どうしたらいいの?
 こんなことが、お父様に知れたら叱られちゃうわ、私ぃ」
『それは、私も同じよ。こうなったら、私たちが選ぶべき道は、ふたつ。
 両親に撲たれるのを覚悟で泣きつくか、請求がくるまでに、バイトで稼ぐしかないわ』

確かに、真紅の言うとおりだ。
でも、両親に泣きつくというのは、私のプライドが許さない。
自分の不始末だもの。親に尻拭いをしてもらうほど、私は子供じゃないわ。

「いいわ、真紅。私と一緒に、バイトしましょう!」
『簡単に言うわね。アテはあるのかしら?』
「巴が働き手を探してたのよ。あの子の親戚って神社だから、初詣の時は毎年、
 巫女のバイトが必要なんですって。今から電話すれば、まだ間に合うかも」
『本当? だったら、お願い。巴に連絡してみてちょうだい』
「任せておいて。話が決まったら、また電話するから……ばいばぁい」

真紅との通話を切って、私は震える手を必死に抑えながら、友人の巴に電話をかけた。


――そして、私は真紅とともに、柏葉神社で巫女のバイトをすることになった。


  ~  ~  ~

その夜のこと。

「もしもし、カナちゃん? ありがとう、まんまと人足をゲットできちゃった♪」
『くっくっくぅ~。カナの知略を以てすれば、この程度のこと楽勝かしら。
 それでね、巴ちゃん……報酬の方だけど――』
「用意してあるわ。ヨード卵『光』一年分でいいのよね」
『モチロン♪ あんたのたーめでしょ、かしらー♪』
「うふふふ。懐かしいね、そのコマーシャルソング」

二人の策略だったことを、真紅と水銀燈は知る由もない。


  おわり