※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


――それから、事件は、どうなったと思います?

女子高生失踪事件の被害者に、一人の男子生徒の名が、加えられました。
警察も八方手を尽くして捜索しましたが、彼女たちの足取りは杳として知れず、
半年も経つと、事件は風化し始めていたんです。
マスコミは、すぐにセンセーショナルな話題に飛び付きますからね。


やがて、15年の歳月が過ぎて、事件は公訴時効を迎えました。
事実上の迷宮入り。
私は罪に問われることもないまま、人目を憚るように暮らしてきました。
それが正解だったのか、誤答だったのか……。
今も、苦しみが続いていることから察すると、やはり過ちだったのかも。


ずっと――
私の人生には、あの6月が付きまとっています。
だからなのでしょうね。
時々、こうして誰かに、ヒミツを打ち明けてしまいたくなるんです。
身体中にこびり付いた重石を、そっと誰かに預けて、少しでも楽になりたいから。



あら? 随分と……怠そう。
ごめんなさい。やっぱり、お話が長すぎて、疲れてしまったようですね。
え? そんなこと無いですか?
ああ…………よかったぁ。

どうでしょう。お紅茶をもう一杯、いかがですか?
お帰りになるにしても、眠気覚まし程度に、もう一杯だけ。ね?



さあ、どうぞ。
……あらら、零しちゃいましたね。
どうしました? カップが持てないくらい、手が震えてますけど。
そんなに、私が恐ろしいですか?
殺人を犯した、この私が――


ふふふふっ。

逃げようとしても、もう手遅れですよ。
そろそろ…………お薬が効いてくる頃ですものね。
ヒミツを知った貴方を、帰すわけないでしょう?
ほぉ~ら。もう、満足に歩くことも出来ない。ウフフフフ……。



疲れたのなら、思う存分、お眠りなさい。
あっちの世界で、永久に――――





新しい獲物は、身体が麻痺しかかっているのに、這い蹲って逃げようとしている。
なんて往生際の悪さだろう。虫酸がはしり、薔薇水晶の瞼が、ピクリと脈打った。
だけど……それは喜ぶべきことかも知れない。
嫌悪感が強くなればなるほど、排除したときの爽快感もいや増すというものだから。


薔薇水晶は、みっともなく足掻く獲物を冷たく見下して、残忍に唇を歪めた。

「白崎さん」
「お呼びでしょうか、薔薇水晶様」
「いつものように、処理してちょうだい」

白崎は恭しく一礼すると、黒革の手袋をして、ベストの内からワイヤーの束を取り出した。
それを躊躇なく、のたうち回る獲物の首に巻き付け、じわり……と力を込めていく。

――そして、呆気なく……本当に他愛なく、その命を断った。
蜘蛛が、巣に掛かった昆虫に毒針を刺すように。
はたまた、食虫植物が、獲物の身体を融かして養分とするように。
ゆっくりと……しかし、確実に息の根を止める。

一切の迷いがない、手慣れた動作。もう何度も繰り返されてきた儀式。
そう…………全ては、三人の遺体を埋めた、あの日から始まったことだ。


薔薇水晶は両腕を掻き抱いて、身体の芯から滲み出す喜悦の震えを、鎮めようとした。
今際のきわの、苦悶に歪む獲物の顔を思い出すたびに、ゾクゾクしてしまう。
生け贄の表情は、今まで彼女が抱いてきた恐れと苦しみの具現。
彼女にまとわりついていた重石が、犠牲者へと手渡された証明。
獲物の死によって彼女の辛苦も失われ、その分だけ、薔薇水晶は気持ちいい安らぎを得られるのだった。
そう……たった今、深い悦楽を感じているみたいに。

宙を仰ぎ、恍惚の微笑を唇に湛えた薔薇水晶の身体が、ひくひくと痙攣する。
頬を桜色に染めて、少しの間、熱っぽい呼吸を繰り返していた。


ああ――――なんて素晴らしい魔法なのだろう。
これだから、人の死を看取るのは止められない。
禁じられた遊びほど、背徳の念を募らせ、興奮を煽る。
目の前がチカチカして、頭の芯が痺れ、思考が真っ白になる。


気が狂いそうなほど、楽しすぎて――
全てを忘れるくらい、愉しすぎる――





車の後部座席に新しい遺体を押し込めて、白崎は今夜も、ハンドルを握る。
深夜のドライブは、いつだって雨の日を選んで行われていた。
フロントガラスで砕けた雨を、ワイパーが無情に押し退けていく様子を眺めながら、
白崎は人差し指でリズムを取り、鼻歌を奏でる。
ルームミラーで後方を気にしながらも、口の端には、微かな笑みすら浮かべていた。
その様子を、助手席の薔薇水晶が、ちらりと一瞥する。


「随分と上機嫌なのね」
「くく……楽しいですからねぇ。実に愉快ですよ」
「人を殺めるのが、たのしい?」

その問いに、白崎は「いいえ」と、抑揚のない口調で応じた。
「殺すことには、何も感じませんね。
 まして、罪悪感を抱くなど……無意味なことです」

人の命は、花。
愛でるも、摘みとるも、暴力で散らすことさえも、薔薇水晶の意のまま。
それこそが、白崎にとって意義のあることだった。


「僕にとっては、貴女に臣従している時間こそが、至福のひとときなのですよ」

初めて薔薇水晶に会った日から、白崎の心には、ひとつの想いが生き続けていた。
この娘に、自らの人生をメチャクチャにしてもらいたいという、病的な願望が……。
今や、それは現実となって、彼を取り巻いている。

彼が思い描く究極の目標は、薔薇水晶の便利な道具に成り果てること。
彼女の命令に従い、彼女の希望を叶え、彼女の意志を代行する。
いつまでも側に控えていて、どんな災いからも護り抜く盾となること。
その為ならば、自らの人生を捨てることに、躊躇いなど無かった。



  『どうして、そこまで尽くしてくれるの?』


かつて一度、薔薇水晶が彼に訊ねたことがある。
不思議そうに小首を傾げる少女に、白崎は臆することなく、即座に答えた。


  『僕は、貴女のとりこ……ですから』


これから先、彼女がどう変わろうとも、白崎の想いは変わらない。
影のように寄り添い、奉仕し続けることが自分の存在理由だと、信じ切っていたから。


彼女を護るためにも、殺人の証拠を、全て抹消せねばならない。
失敗の許されない、この上なくスリリングな展開に酔いながら、白崎はアクセルを踏み込む。
スピードという油を注がれ、二人の胸に灯った興奮の炎は更に燃え上がった。



「今夜はまた一段と、素敵なドライブが楽しめそうです」
「ええ……どこまでも深い闇ね。深淵の漆黒って純粋で……最高に、きれいよ」



風を切り、雨を裂いて猛進する車の中で……
二人はずっと、声を殺して笑い続けていた。




    お姉ちゃん、寂しかったでしょ?

    また、新しいお友達を紹介しに行くからね。

    これからも、どんどんお友達を増やしてあげる。


    そうね、差し当たって、次は――――




    ヒミツを知ってしまった、あなたの番かしらぁ♪





 《 追伸 》

 三年前、別荘の裏庭に植えた桃の木に、今年は初めての実がなりました。
 大ぶりで、瑞々しくって……とても甘い実です。


 やっぱり、肥料が良いと、育ち方も違うみたい。

 うふふふふ…………。



  ~終劇~