※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


  『教師たちの臨海学校』


――七月初旬。

薔薇学園の二年生は、毎年恒例の臨海学校に来ていました。
鄙びた海辺には、学園所有の研修寮があったのです。
今日は、その初日。長距離のバス移動でくたびれていた生徒や教員は、
寮内に怪しい雰囲気が漂い始めた事に、全く気付いていませんでした。

 「梅岡先生。今夜辺り、どうです?」

内山田教頭先生が、厨房で片付けをしていた梅岡先生に声を掛けたのは、
生徒達の昼食も終わって、一段落ついた頃でした。

 「ブラッドレイ先生と、レイザーラモン先生も行くそうですよ」
 「あ、例の件ですか。勿論、参加しますとも」

竹刀を振るようなポーズを取った教頭先生に、
梅岡先生は当然と言わんばかりに何度も頷きました。
この二人、実は教頭が主催する親睦会『薔薇学釣遊会』の会員なのでした。
勿論、教頭の口から出た両名も会員です。

 「ふふふ……この先の岬は、絶好の磯釣りポイントですからね。
  私なんか、これが楽しみで臨海学校に来てるようなもんですわ」
 「ほっほっほ。それは私も同じですよ」

二人は、今夜の釣果に期待を寄せて、ニンマリと笑ったのです。




――その夜。
夜中の磯場に瞬く四つの明かりが、潮風に揺れていました。
今夜の釣果はいつになく好調で、みんな上機嫌でした。


  マ…………ス・カ? ……キ・マ…………カ?


鼻歌混じりに暗い水面のウキを眺めていた梅岡先生は、
潮騒に紛れて人の声が聞こえた気がして、隣にいた教頭先生に話しかけました。

 「山ちゃん、なんか言いました?」
 「は? 私は何も言っていませんよ。梅ちゃんの空耳じゃないですか?」

教頭先生は怪訝な顔をして、頚を横に振りました。
因みに、山ちゃんとは内山田教頭のことです。
釣り場ではニックネームで呼ぶ事が、薔薇学釣遊会での慣例となっていました。

もしかしたら、ブラッドレイ先生かレイザーラモン先生の鼻歌が、
潮風に乗って聞こえたのかも知れない。
そう考えて、梅ちゃんが再び釣りに専念していると、今度はもっと明瞭に、
先程の声が聞こえたのです。


  マ・キ・マ・ス・カ? マ・キ・マ・セ・ン・カ?


流石に気味が悪くなって、梅ちゃんは辺りを見回しました。
すると丁度、山ちゃんが市販の配合餌とオキアミを混ぜ合わせたコマセを、
スコップで愉しそうに掻き混ぜているのが見えました。

 「撒きますか~♪ 撒きませんか~♪」

お前かよ、ヂヂイ! 
梅ちゃんは心の奥で、山ちゃんに罵声を浴びせました。
幽霊の正体見たり、枯れ尾花――と、川柳にあるように、
正体が判ってしまえば何も怖くありません。
梅ちゃんは安堵に胸を撫で下ろし、コマセを投下しながら、
山ちゃんに倣って独り言を呟きました。

 「撒きますよ~。ついでにリールも巻きますよ~」

その直後、梅ちゃんのロッドが勢い良くしなりました。
どうやら、なかなかの大物みたいです。
梅ちゃんは歓声を上げながら、懸命にリールを巻きました。

けれど、何か様子が変です。
普通ならブルブルと魚が暴れる感触が伝わって来るのですが、全くありませんでした。
流木でも引っかかったのでしょうか?

ゆらり――と、漆黒の水面に金色の煌めきが揺れていました。


 「な、なんだこれ? 山ちゃん、網! 網もって来て」
 「ほいほいほい。梅ちゃん、もっと岸に寄せて」

山ちゃんに言われて、梅ちゃんはグイッとロッドを立てました。
すると、砕けた波の泡が漂う海面を割って、海藻を被ったモノが現れたのです。
海岸には色々なゴミが漂着します。多分、そんな何かを引っかけてしまったのでしょう。
かと言って、仕掛けを切る訳にもいかず、山ちゃんは網で掬い上げました。

 「や、山ちゃん……これは」
 「なんとなんと。こんな物まで……」

それは、精巧な造りのビスクドールでした。可哀想に、右眼が破損しています。
元々は奇麗な深紅だったと思われる衣装も、長く海に沈んでいたせいか、
ピンクに色褪せていました。

 「こんな物まで海に捨ててしまうなんて。悲しくなるねぇ、梅ちゃん」
 「全くですよ、山ちゃん。ウチの生徒には、もっと自然を大切にするよう
  教育しなきゃいけませんね」
 「ほっほっほ。では、最終日には海岸のゴミ拾いをしましょうか」

梅ちゃんが人形を抱き上げると、人形の服から何かがこぼれ落ちました。
それは青く錆びた、小さな鍵でした。

 「梅ちゃん。それ、この人形のゼンマイなんじゃないの?」

そう言った山ちゃんの瞳は、何かを期待する様に輝いていました。
俗に言う、wktk目線です。

 「あ、あのぉ――」
 「……………………バッチコイ♪」
 「はあぁ? ちょっと、山ちゃん――」
 「……………………ガッツだぜ♪」
 「つまり…………巻け、と?」

聞いてはみたものの、逃れる術が無いことを、梅ちゃんは知っていました。
これ以上、渋っていては冬の賞与の査定に響いてしまいます。


ごくり――


口の中の乾きを覚えながら、梅ちゃんは生唾を呑み込み、
人形の背中に鍵を差し込み、ゆっくりと回しました。
海に沈んでいたのだから、内部のゼンマイは錆びて動かないのでは?
梅ちゃんの密かな願いは、残念ながら直ぐに裏切られました。


  きりり……きりり……きりり……

ゼンマイを巻いて、梅ちゃんは人形を岩に座らせました。
けれど、何も起こりません。やはり、海水で内部機構が浸食されている様です。
なぁんだ。梅ちゃんは胸を撫で下ろし、山ちゃんは小さく舌打ちしました。

 「うえぇぇえぇ…………ぎも゛ぢわ゛る゛い゛」

突然、真夜中の磯に不気味な声が流れました。
勿論、梅ちゃんが言ったのでも、山ちゃんが悪ふざけした訳でもありません。
顔を見合わせ、二人は揃って、人形に目を向けました。

 「アタシを起こしたのは、アナタ?」
 「ひえっ!」
 「ウホッ!!」

いきなり喋りだしたのが人形と判って、山ちゃんと梅ちゃんは抱き合って、
ガタガタと震えました。
でも、本当の恐怖はこれからだったのです。




人形を岩場に置いたまま、山ちゃんと梅ちゃんは他の二人を促して寮に逃げ帰りました。
勿論、本当のことは誰にも話せません。
言ったところで、失笑を買うのが目に見えていたからです。

もう寝よう。梅ちゃんは風呂にも入らず、浴衣に着替えました。
ところが――

 「うひぇっ!」

布団に脚を突っ込んだ途端、ぐっしょりと濡れたナニかが転がっていて、
梅ちゃんは奇声を上げました。
隣で寝ていたアーカード先生が、梅ちゃんの声を聞き付けて目を覚ましました。

 「どうした、梅岡先生?」
 「ふ、ふ……布団の中に、ナニか濡れた物がっ!」
 「は? 何なんだ、一体?」

どれ……と、アーカード先生は掛け布団を捲りました。
そこには大きな水たまり以外、何も有りませんでした。

 「…………梅岡先生。おもらしですか?」
 「ちっ! 違う違う! 本当に、何かが転がってたんですよ!」

懸命に否定する梅岡先生でしたが、その必死さが余計に胡散臭さを募らせていることに、
気付いてはいませんでした。




――夜には、各部屋の見回りがあります。
生徒達は普段と違う環境に来て、ついついハメを外し過ぎてしまうのです。

懐中電灯を手に廊下を見回っていた梅ちゃんは、
部屋の中からヒソヒソと話す声を聞き付けて立ち止まりました。
扉に近付いて耳をそばだてると、どうやら怪談話で盛り上がっている様子でした。

 「たとえばぁ、こぉんな光景を思い浮かべて下さぁい……」

水銀燈か。梅ちゃんは溜息を吐くとノックをして、扉を開けました。

 「こら。消灯時間は過ぎてるんだぞ。早く寝なさい」
 「えぇ~。でも、先生……まだ十時でしょぉ」
 「この頃では、小学生でも深夜番組を見ているのだわ。ねえ、蒼星石?」
 「そうそう。最近は深夜に面白いアニメやってて、つい見ちゃうんだよね」
 「お、お前ら、屁理屈ばっかり言って……」

ここは一つ、ガツンと叱ってやる。梅ちゃんは拳骨を振り上げました。
すると、生徒達は急に表情を強張らせ、悲鳴を上げて布団に潜り込んだのです。
減らず口を叩いていても、撲たれることを怖れるところが子供らしい。
梅ちゃんは「はやく寝るんだぞ」と念を押して、部屋を後にしました。


その頃、室内では――

「ねぇ…………先生の背後から覗いてた人形……あれ、ナニ?」




梅ちゃんは背筋に寒気を覚える様になっていました。肩凝りも酷くなる一方です。
周囲の眼も、何だか余所余所しく感じられました。避けられているみたいです。
けれど、それが何に起因しているのかは、相変わらず解っていませんでした。

朝――昨日と同じ様に、梅ちゃんは不快感で目を覚ましました。
枕と布団が、ぐっしょりと濡れているのです。
若い女性を彷彿とさせる金髪が、枕に付着していました。

 「なんなんだろうなぁ……この気怠さは」

臨海学校も、今日で終わりです。そう思うと、梅ちゃんは何故か急に、
磯で見たあの人形が気になり始めました。
あれ以来、磯には近付いていません。
もしかしたら、波に浚われてしまったかも知れない。

本来なら厄介払いできて清々するところでしょうが、なんとなく、
罪悪感に苛まれていました。第一、海に投棄するなど以ての外です。
海岸で生徒達がゴミ拾いをしている光景を横目に、
梅ちゃんは夜釣りをした磯へと、独り向かいました。




あの日と変わらず、人形は岩に腰掛け、水平線を眺めていました。
梅ちゃんは、不思議と胸のトキメキを感じました。
まるで、かつての恋人に再会するような気恥ずかしさと、微かな不安。
……少しだけ、脚が重くなりました。
  
梅ちゃんの足音を聞き付けたのか、人形の頭が梅ちゃんの方へ向きました。

 「来てくれたのね」

あの夜の様に人形が話しかけてきましたが、梅ちゃんは少しも恐怖を感じませんでした。

 「今日、帰るのね」
 「ああ。そういう予定だからね」

見た目は不気味なジャンクでしたが、会話してみると、人形はとても理知的でした。
二百年ほど、海の中を漂い続けていたそうです。

 「ワタシの初恋の人に似ているわ、アナタ」
 「そうなんだ? いつの話だい、それ?」
 「レディの過去を詮索するなんて、デリカシーがないわね」
 「ははは……手厳しいな」

頭を掻き掻き、梅ちゃんは人形に問い掛けました。

 「一緒に来るかい? 探せば、キミを奇麗に修理できるところが見付かるかも」
 「地上は煩くてキライなの。ワタシはまた、海の中を気儘に泳ぎ続けるわ」
 「そうか。残念だな。もう少し、話をしていたかったんだが」

もう、帰る時間です。梅ちゃんは立ち上がって、腰を伸ばしました。


 「それじゃあ、もう行くよ。元気でな」
 「アナタもね。あと、鼾が酷いから耳鼻咽喉科に行くことを奨めるわ」
 「えっ?」
 「さよなら…………素敵な思い出を、ありがとう」

そう告げて、人形は海に飛び込み、見えなくなってしまいました。




人形は海流に揉まれながら、張り裂けそうになる胸を必死に押さえていました。
本当は、梅ちゃんと一緒に居たかったのです。
でも、自分と違って彼には天が定めた寿命があります。
かつて恋心を抱いた人のように、いつかは自分の元から去ってしまいます。
あんなに辛い想いをするくらいなら、いっそ最初から知らない方がマシでした。
しかし、一度でも『恋』という甘く切ない禁断のリンゴを口にしてしまった人形は、
それを求めずにはいられなくなっていたのです。


人形の側に、イルカが近付いてきました。

 「いいところへ来たわ。ワタシを遠くまで運んでちょうだい。何処へ? 
  そうね……アナタに任せるわ。取り敢えず、今は遠くへ行きたい。そんな気分なの」

イルカは人形を背に載せると、ゆったりと海の中を泳いでいきました。




研修寮では、生徒達が荷物をバスに積み込んでいました。
岬の方から砂浜を歩いてくる梅ちゃんを見付けて、水銀燈が話しかけました。

 「先生、何処へ行ってたんですぅ? ゴミ拾いの時も居なかったし」
 「ん? ああ、ちょっと散歩をな」
 「? あの……先生。目の下、汚れてますよ」
 「これは……向こうで、砂が目に入っちゃってさ。ははは――」

水銀燈がそっと差し出したハンカチで、梅ちゃんは目元を拭ったのでした。
こうして、臨海学校は今年も無事に終わりました。



――翠星石のお話は、これで終わりですぅ。ご静聴ありがとうございましたです。