※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  『ひょひょいの憑依っ!』Act.5


夕闇が迫る下町の風景は、どうして、奇妙な胸騒ぎを運んでくるのでしょう?
どこからか漂ってくる、夕飯の匂い。お風呂で遊ぶ子供の、はしゃぎ声。
車のエンジン音と、クラクション。遠く聞こえる電車の警笛。その他、様々な雑音――
闇が世界を塗りつぶしていく中、人影の群は黒い川となって、足早に流れてゆきます。

毎日、繰り返される平穏な日常の、何の変哲もないワンシーン。
なのに、ジュンはそれらを見る度に、家路を急ぎたい衝動に駆られるのでした。
黄昏時は、逢魔が刻。
そんな迷信じみた畏れが、連綿と魂に受け継がれているのかも知れません。


――などと、しっとりとした雰囲気に包まれながら、ジュンは、ある場所を目指していました。
それは……ズバリ、近所の銭湯です。
タオルやボディソープ、シャンプーなど、入浴に必要な物はバッグに詰めて、背負っています。
にしても、自宅に浴室があるにも拘わらず、何故わざわざ銭湯なのでしょうか。

キッカケは、金糸雀の「銭湯って中華風スープのコトかしら?」という爆弾発言でした。


「ちょ、おま……広ーい風呂のことだよ。開放感たっぷりで、けっこう気分いいものだぞ。
 なんだったら、連れてってやろうか?」

ボロアパートから、徒歩で5分くらいの場所にありましたので、ジュンが提案したのです。
金糸雀は、ジュンの親切さに感激して、ぜひ連れてってとせがみました。
しかし、ただの親切心から誘ったワケではありません。
全ては、金糸雀に意趣返しをする作戦なのでした。



銭湯と言えば、当然の事ながら、男湯と女湯に別れています。
そして、金糸雀はジュンにくっ憑いていないと、自由に外を出歩けません。
つまり――

そうです。このままでは、ジュンと一緒に男湯に入らねばならないのです。
もしも金糸雀が銭湯というものを熟知していたなら、絶対に憑いてこなかったでしょう。
その場合には、真紅や笹塚くんと連絡とりホーダイになる予定でした。
しかし、金糸雀は「みんな水着きてるから大丈夫」というジュンのウソを信じ切っていたのです。

「おっ! 金糸雀よ、あれがフロ屋の煙突だ……って、語呂が悪いな」
『わぁお♪ あれが銭湯なのね。露天風呂とか、あるのかしら~』
「無いだろ普通。お前、この町に住んでたくせして、本当に知らなかったのか?」
『だってぇ……家にお風呂が有るんだもの。わざわざ行く必要なんて、ないかしら』

などと、和やかに語らいながら、銭湯の入り口に辿り着きました。
いよいよ、スーパーおいなりさんタイムまでの秒読みが、開始されます。
ここまで来てしまえば、もう押しの一手。引き返すつもりは、毛頭なし。

お金を払って、脱衣所へ……。
ここに至り、金糸雀もやっと異変に気付き慌てましたが、聞く耳など持ちません。

『ちょ、ちょ、ちょっ! ちょーっと待つかしらぁーっ!』
「天が呼ぶ、地が呼ぶ、人が呼ぶ。風呂に入れと僕を呼ぶ」
『呼んでないっ! 誰も呼んでないから、考え直すかしらっ! あっ――!』

メガネを外したジュンは、電光石火の早業で、広い浴場へ踏み込みます。
夕方という時間帯のせいか、老若男男で、たいそう賑わっておりました。

『は……はわ……はわわわわっ』

金糸雀が奇妙な声を発し始めましたが、キニシナイ。
ジュンはナニ食わぬ顔で、身体を洗うのでした。




30分ほど、ゆっくりと入浴した帰り道。
少しばかり、のぼせ気味の肌を、弥生の夜風が心地よく撫でていきます。

『キノコの山~は食べざかり~……かしら~』

ジュンの頭の中に流れる、音程ハズレのCMソング。
さっきから、金糸雀は壊れたステレオのように、繰り返し歌い続けているのでした。
幽霊と言っても、うら若い女の子。メテオ級のショックを受けて、茫然メイデンになったようです。
真紅を傷つけた仕返しのつもりでしたが……
こうなると、ジュンもさすがに、可哀相になってしまいました。

「おい、大丈夫なのかよ」
『あへぁ? き……キノコの……』
「ダメだ、こりゃ」

ジュンは肩を竦めて、アパートに急ぐのでした。


部屋に着くなり、金糸雀は気分転換と称して、浴室に閉じこもってしまいました。
あの調子では、暫く出てこないかも知れません。
来月のガス代と水道代の請求額が、そこはかとなく恐ろしげです。

(しかし、待てよ……これって、チャンスじゃないか)

いま、金糸雀はジュンの身体から離れています。
つまり、誰かに連絡を取ってもバレないし、独りで出かけることも可能です。
となれば、千載一遇の好機を、ボサッと見過ごす理由はありません。
ジュンは浴室の様子を窺いながら、携帯電話を操作しました。

「……あ、もしもし」
『やあ、桜田くん。どうしたんだい』

1コールで電話に出た相手は、モゴモゴとくぐもった声で喋りました。

「すまん、笹塚。晩飯の最中だったのか。もう少し後にかけ直すよ」
『気にしないでいいよ。どうせ、独り暮らしの侘びしい食卓だからね~。
 それで……用件は、なんだい?』
「実はさ、霊能者の知り合いとか居ないか、訊きたかったんだ」

笹塚くんは、ジュンと一緒に下宿先を探した経緯から、即座に事情を察したようです。
『……なるほど。その部屋、やっぱり出たんだね?』
「ああ。とんでもなく姦しい自爆霊がな。なんでか、真紅を目の敵にしてさ。悪さするんだ。
 それで、どうだろう。居るのか? 居ないのか?」
『答えは……どっちとも言えないな』
「どういう意味だ、そりゃ?」

てっきり、ジュンは「No!」という返事を予想していました。それが普通です。
それなのに、どちらとも言えない――とは?
訝るジュンに、笹塚くんが話しかけてきます。

『柿崎さんを憶えてるかい? 昨日の歓迎会に来てくれた、女の子なんだけど』
「えぇっと……黒髪の人だったか」
『そうそう。彼女、彼女』

ここで、ジュンは一旦、浴室に目を向けました。ドアが開く気配はありません。
再び、声を潜めて、笹塚くんとの会話に集中します。

「柿崎さんが、霊能者なのか?」
『いや、そこまでじゃあ、ないらしいんだけどね。
 彼女さぁ、子供の頃、かなり長いこと入院生活してたんだって。
 ……で、何度か幽霊を見てる内に、霊感体質になっちゃったらしいんだな、これが』
「なるほど。つまり、彼女に相談してみたらって言うんだな?」
『ご明察。今から出てこれるかい? 柿崎さんには、僕が連絡しておこう』
「え? でも……夜だぞ。いいのかなあ」
『急を要するんだろ? だったら、遠慮なんか、してられないよね』

笹塚くんの言い分は、至極もっともです。
ジュンは彼に謝意を述べると、落ち合う場所を決めて、通話を切りました。
そして、金糸雀に悟られないよう注意しながら、アパートを脱出したのです。




駅前の居酒屋『きらき屋』にジュンが到着した時には、みんな揃っておりました。
笹塚くんと、めぐ、水銀燈の三人です。各自、料理を頬張りながら、飲酒しています。
食事の手を止めた笹塚くんが、お座敷席に、ジュンを手招きしました。

「やあ、来たね。先に、いただいてるよ」
「お待たせ。いいさ、別に。晩飯どきに約束したのが悪いんだし」

めぐと水銀燈に軽く会釈して、ジュンは席に着き、料理を注文しました。もう腹ペコです。
その際、なにげなく、あの眼帯娘を探しましたが、シフトに入っていないのか見当たりません。
元々、彼女に会いに来たワケでもないので、ジュンは早速、本題を切り出しました。

「いきなりで申し訳ないんですけど……柿崎さん。
 真剣に、僕の話を聞いて欲しいんです」
「え~? 改まって、な~にぃ。ひょっとしてぇ……私をぉ、口説くつもりぃ?」
「あらぁ、聞き捨てならないわね。私のめぐに、ちょっかい出そうってのぉ、ボウヤ」
「……違います。真面目な話なんだから、茶化さないでください」

急に、ジュンは心配になりました。めぐさん、かなり酔っています。水銀燈も赤ら顔。
二人とも、既に相当量のアルコールを摂取しているようです。
こんな状態で、真っ当な返答を期待できるのでしょうか?
笹塚くんに目配せしましたが、彼もまた、すっかり出来あがっているご様子。
ジュンは顰めっ面を浮かべ、こめかみを指でグリグリしながら、口を開きました。

「実はですね、僕がいま住んでる部屋……事故物件なんですよ。
 それで、その…………アレが出ちゃいましてね。どうしようかなーと」
「引っ越しちゃえばぁ? あ”ー、焼酎うめぇ」

アッサリ言って、グラスを呷るめぐ。キャハハと笑いだす水銀燈。笹塚くんは食べてばかり。
とてもではありませんが、まともに取り合ってもらえなさそうです。
やはり、最後に頼れるのは自分、ということなのでしょう。
ジュンは諦めの溜息を吐いて、運ばれてきた料理をヤケ食いするのでした。




駅前から、アパートまでの帰り道。閑散とした商店街を歩くのは、ジュンだけです。
それほど遅い時間でもないのですが、殆どの店はシャッターを降ろしていました。
そんな中、一軒だけ明かりが漏れている店が……。

店構えはクラシックな雰囲気で、感じのいい喫茶店を思わせます。
廂の『Enju Doll』の白文字が、柔らかい照明を受けて、夜闇に浮かび上がっていました。

「ドール……人形を売ってるのか。こんな店があるなんて、知らなかったな」

知ったからと言って、興味がなければ、何の意味もありません。
ジュンは、足早に店の前を通り過ぎようとしました。
――しかしっ! 次の瞬間っ!

「? うぉわぁっ?!」

ドアの隙間から飛び出してきた白い腕が、ジュンの襟首を掴みました。
しかも、もの凄い力で、店に引きずりこもうとするじゃあーりませんか。
まったくの不意打ちでしたので、ジュンは抗うことも出来なかったのです。

「おひとりさま……ごあんなーい」

自分の身に何が起きたのか解らず、尻餅をついたまま、キョトンとするジュン。
そんな彼の頭上から、降ってくる声。
声のした方を見上げたジュンの目に飛び込んできたのは、あの――眼帯娘でした。
毎度のことながら、神出鬼没です。

「ま、またかよっ! なんで、こんなとこに居るんだっ」
「ここ…………お父さまの……お店。私の、お父さま……人形師」
「人形師? それって、人間国宝とか、重要無形文化財みたいな?」
「そこまで……偉くない。せいぜい……おいなりさんに、毛が生えた……程度」
「どういう喩えだよ、そりゃ」

どの程度なのか、さっぱり見当がつきません。
あるいは、この娘のことです。故意に、はぐらかしているのかも――

「まあいい。とりあえず、僕を連れ込んだワケを聞かせてもらおうか」

ジュンに強い語調で詰め寄られても、眼帯娘は顔色ひとつ変えず、商品棚を指差しました。

「お人形……買って」
「やだよ。飾っとく場所もないし、要らない」

訪問販売は、キッパリと断ること――ジュンは、のり姉ちゃんの教えを忠実に守ります。
すると、眼帯娘は両手で顔を覆って、シクシクと泣き出してしまいました。

「お人形……売れないと……生活できない」
「泣き落としか? そんなこと言われたって、買わないからな」
「うぇーん……もう……一家心中するしかない。そしたら…………化けて出てやる」
「はあぁ? 冗談じゃないぞ」

幽霊は、金糸雀だけで充分です。「解った! 買うよ。買えばいいんだろっ」
それを聞いて、眼帯娘はケロリと泣き止み、ニコニコ顔になりました。
なんとまあ、変わり身の早い。現金なものです。

「でもさぁ、こういう人形って高いんだろ?
 僕は、クレジットカード持ってないんだけど」
「心配……いらない。今なら決算セール中で……どれも1万円ポッキリ。
 イイ娘が……揃ってますぜ……ダ・ン・ナ」
「なんなんだよ、そのアヤシイ売り文句は」

やっぱりワケ解らないです。ジュンは会話を諦めて、ぐるりと店内を見回しました。
どの人形も可愛らしい女の子で、精巧な造形が、目を惹きつけて離しません。
その中に、おしゃれなパラソルを手にする、快活そうな人形がありました。
利発そうな広いオデコと、ハートを象った髪飾りが、妙に印象的です。
なんとな~くココロ惹かれるものがあって、ジュンはその人形に決めたのでした。
他にも、レジの脇に並べられた、人形用の素敵なブローチが目に留まります。
人が身に着けても不自然ではなさそうなので、プレゼント用に、ひとつ購入しました。

「これ、プレゼントしたら、あいつも機嫌を直してくれるかなぁ」

思いがけず良い買い物ができたと、ホクホク顔で店を出て歩き始めたところに、
眼帯娘の唄うような調子の声が、追いかけてきました。

「恋は錯覚……愛はまやかし。眠れる稚児を……起こさぬように。
 ねんねんころりよ、おころりよ……」

「どういう意味だ?」と、ジュンが振り返った時にはもう――
店のシャッターは降ろされ、眼帯娘も姿を消した後でした。




ビスクドールを納めた専用カバンを携えて、ジュンは、とある場所を目指していました。
期せずして手に入れたプレゼントを、一刻も早く、渡したかったからです。
カバンは軽めでしたが、大きいのでかさばり、歩きづらくさせます。
ですから、やっとの思いで目的地に到着した時には、小一時間が過ぎておりました。

「あいつ、居るかな」

荒い呼吸を整えながら、ブザーを押して待つこと、暫し。
カチャリとロックの外れる軽快な音がして、ドアが僅かに開かれました。

「はい、どちら様――って、ジュン?」
「よ、よお……真紅」
「……何の用なの? こんな時間に、連絡も無しに来るなんて、失礼じゃないかしら」

来訪者がジュンと判って、真紅の表情が、少し堅くなりました。
彼女はツンと澄ました態度で、前髪に指を通しながら、ジュンの顔を見つめてきます。
ちょっと前までシャワーを浴びていたのか、艶やかな金糸は、ほんのり湿っていました。

臆することない真紅に影響され、ジュンも意を決して、正面から向き合いました。
そして、さっき買ったプレゼントの小箱を、差し出したのです。

「あのさ……これ、受け取ってくれないか。ブローチなんだけど」
「なぜ急に? プレゼントされる理由がないわ」
「僕が、そうしたいんだ。それだって立派な理由だろ」
「……理由と言うより、屁理屈ね。強引だわ」

真紅は、真意を探るように、ジュンの瞳を真っ直ぐに覗き込んできます。

「これって……昼間のコトの、お詫びって意味なの?
 物で釣って、仲直りして、いつまでも良い友達でいましょう――と?
 ……ねえ、ジュン。私は、そこまで都合のいい女じゃないつもりよ」
「別に、そんなつもりじゃない。僕は――」

ちょっと躊躇いましたが、伝えたい意気込みの方が勝ちました。
「僕は、お前が好きだから」

言って、ジュンは声を失い固まっている真紅の手に、小箱を握らせました。
「いらないなら、捨ててくれて構わないよ。じゃあな」
「待って! その……来客をもてなさずに帰すのは、礼儀に反するわ。紅茶でも……どう?」
「……いや。今日はもう遅いし、気持ちだけ頂いとくよ。じゃ、また明日な」

ジュンは、精一杯の冷静を装って別れを告げ、足早に立ち去りました。
本当は、すごく嬉しかったのです。それはもう、ギュッと彼女を抱き締めたくなるほどに。
ただ……だらしなく赤面した姿を、彼女に見られるのが恥ずかしかったから……。


恋は錯覚……愛はまやかし。ふと、眼帯娘の言葉が甦ります。
ですが、それは温かく幸せな気持ちに溶かされ、どこかへと流れていくのでした。