※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

――例えば、こんな状況を思い浮かべてみるですぅ。


仲の良い友達と出かけた、愉しいドライブ。
その帰り道で……

ほんの一本、道を間違えて、山道に迷い込んでしまったです。


日が暮れて、うら寂しい山道は、どんどん狭くなっていくですよ。
でも、方向転換しようにも、細い一本道なので出来ないですぅ。


直進しか出来ない一本道。
やがて、ぽっかりと黒い口を開いたトンネルに差し掛かったです。


そのトンネルが……曰わく付きのトンネルだったとしたら――


これは、そんな不思議な体験をした姉妹の物語ですぅ。
ちなみに、語り口調が稲〇〇二に似てるのは、気のせいです。



  『コワイ話』




その日、翠星石は妹の蒼星石が運転する車で、ドライブを愉しんでいた。
免許を取ったばかりとは言え、危なっかしいところは全くない。
基本に忠実という、蒼星石の性格的な部分も、多分にあるのだろう。
まあ、それでも……
本当に細々した難点を挙げれば、法定速度を遵守しすぎるところか。



ちょっと観光地で遊んだ後、明るい内に、帰途に就いた二人。

朝、早起きしてお昼のサンドウィッチを作った事もあってか、
アシストシートの翠星石は、ついウトウトと居眠りを始めてしまった。
そんな姉を気遣って、蒼星石もカーステレオの音量を下げる。

この和やかな雰囲気のまま、夕方までには帰り着ける……ハズだった。



突然、タイヤを鳴らして車が急停止。翠星石は、眠りの世界から呼び戻された。
車窓の外は、暗い。もう日が暮れてしまったらしい。


「蒼星石ぃ、ここ何処ですぅ?」

寝ぼけ半分に問い掛ける姉に、蒼星石は地図を片手に、申し訳なさそうに呟いた。

「ごめん、姉さん。道を、間違えちゃったらしい」

間違えた……で済まされても困る。
こんなコトなら、カーナビを装着しておけばよかったと思っても、後の祭り。
ヘッドライトに照らし出される景色は、不気味に静まり返った木々。
光の及ばない先には、暗い闇が、ひっそりと息を潜めている。
疎らに点在する街灯が、余計に心細さを募らせるのは、皮肉としか言いようがない。
翠星石は不安げに頬を強張らせて、困り顔の妹をせっついた。

「気味が悪いですぅ。早く、引き返すですよ」
「そうしたいのは山々なんだけどね。ここ……狭い一本道なんだよ。
 何度か切り返してみたけど、ちょっと方向転換は無理だね」

確かに、右側は山の斜面。左は、谷間。
木々の枝に遮られて下は見えないが、かなり落差がありそうだった。
ムチャをして、ガードレールを突き破りでもしたら、それこそ一巻の終わりだ。

「もう少し走れば、その内、転回できる場所があると思うよ。
 こう言うときは変に心配しないで、気楽に行こう」
「うぅ……解ったです」

通常、こういった山道には、故障車を停める待避所が設けられているものだ。
そこまで辿り着ければ、こんな暗い山道とも、お別れできる。


――けれど、更に進んでみても、待避所は無かった。



街灯の数は、進むにつれて、どんどん少なくなっていった。
さっき相談した時から、擦れ違う対向車すらない。山道は、闇に沈んで行く。
そんな寂しさを紛らしたくて、楽しい話をしようと思うのだけれど……
翠星石も、蒼星石も、ココロまで夜闇に閉ざされてしまったように、
明るくて楽しい話題を、見つけられなかった。
ラジオをつけても、山間と言うこともあって、ノイズばかり。
結局、翠星石がノリの良いCDを選んで、カーステレオに放り込んだ。



やがて、道幅は更に狭まり、林道かと思えるほどになった。
二人とも敢えて口には出さないけれど、不安に駆られているのは明らかだ。
車内の空気が、重い。
垂れ流しのディスコミュージックが、ヤケに白々しく聞こえた。


――不意に。
ヘッドライトの光芒に、古びたトンネルが浮かび上がった。
色褪せたコンクリートは、苔や雑草に呑み込まれようとしている。
しかもトンネル内は、やはりライトが設置されていないのか、真っ暗だ。
今どき、舗装されている道で、こんなトンネルは珍しい。


「蒼星石ぃ~。あそこ、通るですか?」
「確かに、薄気味悪いけど……仕方ないよ。さっさと通り抜けちゃおう」

オドオドと声を震わす翠星石は、今にも泣き出さんばかりの顔をしている。
彼女は、こういったコワイ話系が苦手なのだ。
おっかなびっくりの姉を宥めながら、蒼星石は、トンネル内に車を滑り込ませた。
そして、トンネルの中程くらいまで進んだとき――

それまで全く異常なかったエンジンが、ぷすん……と、停止してしまった。


「なっ、なななな……なに悪ふざけしてるですかぁっ!」
「ちょ! グーで撲たないでよ! ボクのせいじゃないってば。
 変だなぁ……急に、どうしたって言うんだろう?」

ガソリンは、まだ半分以上も入っている。ガス欠ではない。
蒼星石は、何度もキーを回してみたが、セルは始動しなかった。
ヘッドライトは点いたままなので、バッテリーが上がった訳でもない。

「何してるですっ! 早く、出発するですぅっ!」
「分かってるよ! だけど、エンジンが、かからないんだってば!」

どうして?
蒼星石は焦りで我を忘れそうになったが、ここは一回、深呼吸。
改めて、エンジンスタートの手順を、アタマの中で辿ってみる。
……と、ギアが『D』のままだった。

「あ、ゴメン。これじゃセルが回る筈ないや」
「もぉっ! なにやってるですか、バカチンっ! 脅かすなですっ!」
「だから、ゴメンってば」

苦笑しながら言って、蒼星石はギアを『N』に戻し、キーを回す。
今度は、セルも一発で始動した。
翠星石が、ホッと息を吐くのが聞こえて、蒼星石は思わず吹き出した。
本当に、怖がりなんだからなぁ。

さて、早く抜けてしまおう。
そう思った矢先、今度はルーフが、どぉんと鳴った。
これには、流石の蒼星石も小さな悲鳴を上げて、ビクリと肩を震わせた。
後から、じわじわと肌が粟立ってくる。

「なな、なんです、今の音は?」
「落石……かなぁ? 古いトンネルだからね。有り得るかも」

ちょっと見てくる、とシートベルトのバックルに添えられた蒼星石の手を、
翠星石は素早く握りしめて、必死の形相で引き留めた。

「行くなですっ! 確かめるなら、トンネルを出てからにしやがれですっ」
「……うん。解ったよ。早く抜けてしまおう」

蒼星石は静かにアクセルを踏み、ゆっくりと車を走らせ始めた。


ごとん! べこん! ごん!

幾らも走らない内に、またルーフが鳴った。
今度は、誰かが叩いているように、何度も、何度も。
ばかりか、掌でリアウインドゥを叩いているような、ビタビタという音まで!
カーステレオさえも、メチャクチャな旋律を吐き出している。

背後に――リアシートに、ナニかが居る。
気配は感じているのだが、二人とも振り返ろうとはしない。
蒼星石も、努めてバックミラーを見ないようにしていた。

「ぅひぃぃ! な、なんです! なんなんですぅ!」
「わ、解らないって。ボクに聞かないでよっ!」

とうとう、翠星石は泣き出してしまった。
蒼星石が、ぐいとアクセルを踏む。
エンジンの唸りが、トンネルの中に、おんおんと響き渡る。
ぐんぐんとスピードが増し、トンネルの出口が、仄かに見えてきた。

「あっ! 出口だよ、姉さん!」
「もうイヤですっ! 早く出るですぅっ。早く早く早くっ!」

すっかりパニック状態の翠星石に急かされ、蒼星石は床に着くまでアクセルペダルを踏んだ。
そして――



車は風を切って、やっとトンネルを抜けた。
だが、今度はすぐ前方に、ライトに浮かび上がるコンクリートの壁が見えた。

右曲がりの急カーブ。壁の先は奈落の闇が広がっている。
このスピードでは、とても曲がりきれない。
ライトの光芒が、狭い路肩に、風化した花束や供物を映し出した。

「バカバカバカバカっ! 停まるですぅっ!」

慌てる翠星石に対して、蒼星石は――
なぜか、異様なほど穏やかに、こう告げた。

「ごめん――ダメなんだ」
「なぜですっ!」
「だって…………ボクの両脚、誰かに掴まれてて……
 動かせないんだもの」

ウソっ!
運転席を見た翠星石は、妹の足元にしがみつく白い腕を眼にして、絶叫した。

「ひいぃいぃいぃっ! イヤですうぅっ!」

翠星石は咄嗟に、サイドブレーキを握り締め、思いっ切り引き上げた。


山間部に轟き渡る、四つのタイヤが立てた悲鳴。
蒼星石は懸命に、姿勢を立て直そうとハンドルを操作する。
だが、横滑りした車体は、容赦なくコンクリートの壁に急接近していく。
……助手席側を、先にして。

「い、イヤあぁぁぁぁ――――!!」





突然、肩を叩かれ、翠星石はビクン! と飛び上がった。

「どうしたのさ、姉さん。そんなにコワイ顔しちゃって」
「えっと……いま、インターネットで名前変換ホラー小説を読んでたですぅ」

蒼星石がパソコンのディスプレイを見ると……
なるほど、グロテスクなイラストが貼り付けられた黒い画面に、
白いテキストが、ちまちまと躍っていた。

「これ、凄く怖ぇですぅ」
「しょうがないなぁ、姉さんは。
 こう言うの苦手なクセに、どうして見たがるんだろうね?」
「うぅ…………今夜は眠れねぇですよぅ」

蒼星石は溜息を吐き吐き、ポリポリと頭を掻いた。

「まあ、自業自得だからね。ボク知~らない」
「そ、そんなっ! 待つですぅ、この薄情モノ!」

アハハと笑って立ち去る蒼星石の後を負って、翠星石は部屋を飛び出した。


……が、暗い廊下に、蒼星石の姿は無かった。
五秒と経っていないのに、妹は居なくなっていた。
本当に、煙のように……跡形もなく。


「蒼……星石?」

翠星石を怖がらせるために、急いで自室に駆け戻ったのだろうか?
だが、それなら足音や、ドアを開閉する音が聞こえても、よさそうなもの。
少なくとも、翠星石は難聴などではない。
そんな物音を聞いていないというコトは、蒼星石が部屋を出た途端に、
忽然と消えたことを意味していた。


「そんな……ウソです」

翠星石が、部屋の前で茫然と立ち尽くしていると、

「あれ? そんなところで、ナニしてるのさ」
洗い髪をバスタオルで拭きながら、階段を昇ってくる蒼星石に話しかけられた。

「そそ、蒼星石っ?!」
「? なんなの、そんなに驚いちゃって。ボク、なにか変かな?」
「そうじゃなくって……えと…………今まで、ナニしてたですか?」
「ナニって、見て分からない? お風呂に入ってたんだよ」
「今まで……ずっとです?」
「うん。ずっとだよ」

キョトンとした顔で受け答えする蒼星石の態度に、わざとらしい素振りは無い。
そこまで妹が演技上手でないことは、双子の姉として承知していた。
入浴中だったのは、疑いないだろう。


……では、ついさっき部屋で、翠星石の肩を叩いたのは……誰だったのか?


「あう…………あう…………」
「大丈夫なの? 青ざめた顔してるよ、姉さん」
「そ、蒼星石……ここ、今夜一晩……特別に、私が側に居てやるですよっ」
「え? いや、別にいいよ。宿題しなきゃいけないし」
「私の部屋でやりゃいいですっ。言うこと聞きやがれですぅ!」
「……んもぅ、強引だなぁ。解ったよ。一緒に居てあげるから」
「それでこそ蒼星石ですぅ。いー子いー子♪」

ぽふぽふと、妹の洗いたての髪を軽く叩き、部屋に戻った翠星石は、
ベッドの端に腰を降ろして、勉強道具を手にした蒼星石が来るのを待った。

……が、5分経っても、10分経っても、蒼星石は来ない。
変だな? 忘れてるのかな? 時間が、かかりすぎだ。
そんなコトを思った時、翠星石はやっと思い出した。
今夜、蒼星石は友達の家に泊まりに行って、不在だということに。


怪を語れば怪至る――という。


掌にはまだ、生乾きの髪の感触が、生々しく残っている。
確かに存在していたアレは、一体……誰だったのか?!

「お……おじじーっ! おばばーっ!」

翠星石はガタガタ震えながら、それこそ転がるように階段を駆け下り、
這々の体で、祖父母の元に逃げ込んだ。



その晩、何年かぶりで祖母の隣で床に就いたが、
翠星石は結局、朝まで戦々恐々として、眠れなかったという。



「もう、コワイ話なんか懲り懲りですぅ」