※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  
  プロローグ


  ―師走の頃―  【12月22日  冬至】


クリスマスも差し迫った年の瀬に、夜更けの街を歩く、独りの影。
その周囲を、疲れた顔のサラリーマンや、OL、若いカップルが流れていく。
彼等の間を縫うようにして、翠星石は背中を丸めながら、歩いていた。

特別、行きたい場所があった訳ではない。
と言って、なんとなく、まだ家に帰る気にもなれずにブラついていた。


凍てつく真冬の風に吹き曝されて、ぶるっと身震い。
翠星石は歩きながら、羽織ったコートの襟元を掻き寄せて、重い溜息を吐いた。
吐息は白い霞となって棚引き、夜の闇の中に流されていく。

冬という季節は、どうにも陰気なイメージで、昔から好きになれない。
とりわけ、今年の冬は憂鬱だった。

「蒼星石……」

俯きながら、ポツリと妹の名を呼ぶ。彼女の呼びかけに応える者は、居ない。
去年の今頃は、隣を歩いていた蒼星石。
彼女は今、遠い異国の地で、姉とは違う人生を歩んでいる。
自分の夢を追うために、家族の元を離れ、留学してしまったのだ。

「蒼星石……私は、寂しいですぅ」

ふと立ち止まって、夜空を見上げる。
半分ほどに欠けた月が、皓々たる銀の光を降り注いでいた。
けれど、街の照明の方が明るくて、和歌に詠まれる風情などは感じられなかった。

今夜は、冬至。一年で、昼が最も短くなる日だ。
裏を返せば、夜が長いと言うこと。
蒼星石の居ない家で、長い長い夜を、持て余すだけと言うこと。

どう過ごせば、この退屈を紛らすことが出来るだろう?
そんな事は、さんざん試した。
本を読んだり、祖父母と話をした。友人たちから借りたCDを聞いたりした。
映画のDVDを視たり、編み物にも手を出してみたり。
週末や祝祭日には、料理やハーブティーの研究もした。

が、どんな事をしても、途中から気分が萎えていく。ちっとも愉しくない。
お菓子を作っても、その後に続くものが無ければ……
一緒にお茶して、お喋りしてくれる人が居なければ、張り合いがないのだ。


そんな状況で、翠星石の唯一の娯楽は、毎晩のインターネット。
決まった時間に、蒼星石とチャットすることだった。
けれど、それも時差の都合などで、僅かな時間しか出来ない。
愉しみにしていた分、回線を切った後の寂寥感は、得も言われぬ胸の痛みを生んだ。
蒼星石は時折、向こうでの生活を映した、動画メールを送ってきたりもした。
ディスプレイの中の蒼星石は、いつも元気そうに動き、笑い、話している。
それを視た夜には切なくなって、涙で枕を濡らした事も有った。

だから、最近では、蒼星石との定時連絡を終えると、
気分転換に、夜更けの街を散歩するのが翠星石の習慣になっていた。
自室で蒼星石の写真を眺めながら、クヨクヨ悶々してる自分が、イヤだったから。
もっとも、近頃めっきりと冷え込んできたので、散歩も楽じゃないけれど。


「うぅ~。流石に冷え込んできたですね」

心ばかりか、身体まで寒くなって、翠星石は身震いした。
いつもより少し早いけれど、そろそろ帰ろうか。
コートの襟を立て直して、彼女は俯きがちに歩き始める。
途端、前から歩いてきた誰かに、ぶつかってしまった。

「うひゃっ!」
「あっ! ご、ごめんなさいですぅ」

翠星石は、ぺこりと頭を下げた。
危ない。ちょっと、ボサッとしすぎていたらしい。
年の瀬に怪我をして、病院で年越しだなんて馬鹿げているし、なるべく遠慮したい。

「うゅ? 翠ちゃん……なの?」

平謝りするだけの翠星石に、ぶつかった相手が、話しかけてきた。
喋り方から、すぐに雛苺だと解った。
子供の頃には随分とイジメたものだが、今では仲のいい親友だから、縁は異なモノ。

「ナニしてるの、翠ちゃん? こんな時間に」
「それは、私の台詞ですぅ。おめーこそ、ナニ夜中にほっつき歩いてやがるです」
「ヒナはね、巴の家に行ってたのよ。翠ちゃんは?」
「え? わ……私は、ちょっと……コンビニまで買い物に行ってただけですっ」

雛苺は「ふぅん」と、小首を傾げた。
買い物に出た割に、翠星石が荷物を持っていないことを訝ったのだろう。
しかし、すぐにいつもどおりの屈託無い笑顔を浮かべて、翠星石に訊ねた。

「ねえねえ、翠ちゃん。もし良ければ、一緒に帰ろ? 夜道って怖いのよ」
「怖いなら、こんな時間まで巴の家に居なくてもいいじゃねぇですか」
「えへへ……ちょっと話し込んじゃって、お夕飯も頂いてきちゃったの♪」

まあ、そういう日もあるだろう。翠星石は、一緒に帰る事に同意した。

「ねえ、翠ちゃん。手を繋いでも良い?」
「はぁ? なんでですか? 子供じゃあるまいし、やーですぅ~」
「うゅ~。ダメ、なの?」

雛苺に潤んだ瞳で見詰められて、翠星石は言葉に詰まり、
照れ臭そうに顔を背けながら、そろそろと手を差し出した。

「まあ……たまには……お情けで、手を繋いでやるですよ」

仕方ないから、繋いでやる。あくまで、そんな役を演じる翠星石。
雛苺は嬉しそうに笑って、ギュッと握ってきた。

「翠ちゃんの手、冷たいのよ」
「そりゃあ、こんな真冬に手袋もしてなかったですからね。
 雛苺だって、氷みたいに冷たい手をしてやがるじゃねぇですか」
「えへへ~。そうなの。だから、翠ちゃんと手を握りたかったの~」
「……なるほど。じゃあ、こうしてれば……
 もうちょっとだけ、温かくなるですよ」

翠星石は雛苺の手を握り返して、自分のコートのポケットに差し入れた。
狭いポケットの中が、二人分の体温で満たされてゆく。
たった生地一枚とはいえ、夜風に晒されなくなった分、暖まるのは早かった。

「ホントだぁ~。翠ちゃんの手、温かぁいの」
「ふふっ。今夜だけは特別に、家に着くまで、こうしててやるですぅ」

なんだか、不思議と安心する。
雛苺と並んで歩いている内に、翠星石の悲しみは、薄らいでいた。
手の掛かる子ほど、愛情が募るものだと聞く。
雛苺の無邪気さに、母性本能を擽られたのかも知れない。
きっと、そのくらいのコトなのだと、翠星石は納得しようとした。



歩きながら、他愛ない話に花を咲かせていただけ。
なのに、翠星石は楽しんでいた。時間の経過を、忘れるくらいに。
もっと、この娘と、お喋りしていたい。ココロから、そう思った。

でも、雛苺の家は、もう目の前に在る。
翠星石は、たったいま思い出したような素振りで、しれっと訊ねた。

「雛苺は元日、初詣に行くです?」
「ううん、行かないの。巴の都合が悪くて、行けなくなっちゃったのよ」
「へぇ。他の誰かと、行けばいいじゃねぇですか」
「うん……ホントはね、すっごく行きたいの。ヒナは、お祭りって大好き♪
 でも、一人で行くのは……ちょっと不安なのよ」


落胆する雛苺を見ていると、なんだか翠星石も、暗い気持ちになってしまった。
本当の翠星石は、とっても寂しがり屋さん。
日頃、明るく振る舞って見せても、ちょっとした事で涙が出てしまう。
そして、ソレは雛苺にも言えることだった。

だからこそ――相通ずるナニかがあるワケで。
気付けば、翠星石は雛苺に、我ながら驚く提案をしていた。


「だったら、私と行かないですか? 初詣」
「えっ?! 良いの?」

途端に、雛苺の表情が、パッと輝きを取り戻した。
夜だというのに、まるで太陽みたいに明るく、眩しい笑顔だった。

「行くの行くの行くのっ! ヒナ、翠ちゃんと一緒に、初詣に行くのっ!」
「わわ、解ったから、ちょっと落ち着きやがれです。近所迷惑になるですぅ」
「うぃ……ごめんなさい。でもねでもねっ、ヒナ、とっても嬉しいのよ?」
「そんなの、見ただけで判るですよ」

翠星石は苦笑した。分かり易い娘だ。まるで、子犬みたい。
でも……そこがまた可愛くて、ついイジメてみたくなるのは、悪い癖。

「じゃあ、約束です。大晦日にでも電話して、時間を決めるですよ」
「うん。じゃあね、翠ちゃんっ。お休みなさいなの」

手を振って雛苺と別れ、翠星石も帰途に就いた。
もう、さっきまでの心細さや寂しさは、雲散霧消していた。
それどころか、雛苺と話をして、温かい気持ちにすらなっている。


「叶うものなら、今すぐにだって、蒼星石に会いたいです。
 けど……も少し、前向きに頑張ってみるですよ」

蒼星石だって、独りで頑張っているのだから。

――私も、強くならないと。


翠星石はココロの中で、自分自身を励ました。