※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



  『色褪せない思い出を』


朝の登校時間が、薔薇水晶の気に入りだった。
銀色の髪を風に靡かせて歩く彼女と、一緒に居られるから。

――二人だけの時間。二人だけの世界。

隣に並んで歩いているだけでも充分に楽しい。時が経つのも忘れるくらいに。
まして、言葉を交わそうものなら、天にも昇る心地になるのだった。
どうして、こんなにも水銀燈の事が愛おしいのだろう。
記憶を辿っても、これほどに他人を好きになった事は、生まれて始めてだった。

 「ねえ……銀ちゃん。今日、帰りがけにケーキ食べて行かない?」
 「また『えんじゅ』のケーキバイキング? 薔薇しぃも好きねぇ」
 「育ち盛りだから…………えっへん」

悪戯っぽく胸を反らす。制服が押し上げられ、ふくよかな双丘が強調された。
水銀燈には及ばなくとも、薔薇水晶だって日に日に大人へ近付いている。
背の伸びは流石に止まったけれど、ボディラインはなだらかに成長中だ。

 「まぁ、いいけどねぇ。あそこのケーキは、しつこい甘さじゃないからぁ」
 「ホント? じゃあ、約束だよ♪」

楽しく過ごす、ひととき。こんな時間が、もっと続けばいいと思う。
今日の放課後もまた一緒に居られると考えると、薔薇水晶の心は躍った。

――そこに、薔薇水晶の浮かれた心に冷や水を掛ける様な声が届いた。

 「もう帰りの予定を立てているの? まだ学校にも行っていないのに」

真紅の声を受けて、水銀燈は徐に振り返った。
子供みたいに無邪気な笑顔。真紅と話す時、水銀燈はいつも、そんな顔をした。
薔薇水晶には、ただの一度も向けたことがない笑顔――

 「あらぁ? 珍しいわねぇ、真紅ぅ。貴女が遅刻なんてぇ」
 「ちょっと、目覚ましの調子が悪かったのだわ」
 「本当かしらぁ。実は、二度寝して大慌て……ってトコじゃないのぉ?」
 「ばっ……ばか言わないでちょうだい! この私が、そんな無様な――」

慌てて否定する真紅。水銀燈は、並んで歩きながら談笑を続ける。
薔薇水晶の脚が、止まった。二人の姿を見ていると、間に入るのが躊躇われた。
なんだか、言いようのない感情が心の奥底から沸き上がってくる。
たかが幼馴染というだけで、すんなりと水銀燈の隣に収まってしまう真紅が、
疎ましくさえ思えた。

 「どうしたのぉ、薔薇しぃ。置いてっちゃうわよぉ?」

水銀燈の声にハッと顔を上げると、二人は随分と先まで進んでいた。
あんなに先まで…………私の存在なんか、すっかり忘れられてたのね。

 「あ、待ってよ~。銀ちゃ~ん」

笑顔を見せて、駆け出す薔薇水晶。けれど、それは作り笑いでしかなかった。
心は笑っていない。ちっとも面白くなかった。
さっきまでは、あんなに幸せを感じていたのに……。

――どうして…………こんな気持ちになるの? 教えてよ、銀ちゃん。




教室でも、昼食の時でも、薔薇水晶は水銀燈の側に居た。それこそ、影の様に。
彼女の呼吸を感じるだけで安堵できる。ここは薔薇水晶にとって、特別な場所。
水銀燈の側に居るためなら、他のことなど蔑ろにしても構わなかった。

 「ちょっと、薔薇しぃ……幾ら何でも、授業中にくっ付きすぎよぉ」
 「だって……こうしてるのが好きなんだもん」

授業のノートも取らずに、薔薇水晶は隣の席に座る水銀燈の左手を、
ぎゅっと握りしめていた。
楽しい。こうしているだけで、凄く愉しい。
授業も成績も、どうだっていい。銀ちゃんと、色褪せない思い出を紡げるなら。




――休憩時間。
トイレから戻った薔薇水晶は、教室に入ろうとして、
愉しげに話す真紅と水銀燈を見るなり立ち止まった。
扉の陰に隠れて、思わず聞き耳を立てる。一体、何を話しているのだろう?

 「薔薇水晶に、随分と好かれているのね。でも、さっきの授業中の態度はなに?
  あまり関心はしないのだわ」
 「そうは思うのよねぇ。でも、薔薇しぃも悪気があってやってる訳じゃないし。
  あんなに懐いてくれると、私としても悪い気しないのよねぇ」
 「もう少し、素っ気なくしてもいいと思うわよ? 薔薇水晶の為にも」
 「確かに、私にべったりなままじゃあ、他の誰とも仲良くなれないわねぇ」

なにそれ。私のため? よしてよ、冗談じゃない。
私は今のままで充分に幸せなのに……どうして、そんな事を言うの?
薔薇水晶は扉の陰で、唇を噛み締め、拳を握った。




水銀燈が話しかけてきたのは、六限目が終わって、帰ろうとした矢先の事だった。

 「薔薇しぃ。今朝の約束なんだけどぉ……ごめん」
 「ダメなの?」
 「今日、急な用事が入っちゃったのよぅ。本っ当に、ごめんなさぁい」

両手を合わせて謝る水銀燈に、薔薇水晶は「いいよ」と応じた。
そりゃあ残念だけれど、急用ならば仕方がない。
駄々をこねて嫌われるのも厭だ。

 「その代わり、今度なにか奢ってね」
 「うんうん。そりゃあもう、何でも御馳走してあげるわぁ」
 「嬉しいっ! 期待してるからね」
 「ちょっ……んもぅ、すぐ抱き付くんだからぁ」

温かい。水銀燈の体温を感じているだけで、心が安らいだ。
ずっと、こうしていたい。このままで居させて。
けれど、薔薇水晶の願いは水銀燈の腕によって、やんわりと拒絶された。

 「あ…………」
 「ごめんね、薔薇しぃ。そろそろ行かなきゃ。待ち合わせてるからぁ」
 「う、うん…………じゃあ……また明日ね」

水銀燈は薔薇水晶に微笑みかけて、鞄を手に、教室を後にした。
小走りに駆けて行く彼女の背中は、なんだか嬉しそうだ。
誰と待ち合わせているのだろう。ちょっとだけ、心が痛かった。



――ひとりぼっちの帰り道。
偶然、ショッピングモールへ消えゆく彼女たちを見かけた。

水銀燈と…………真紅。

酷い。私との約束を反故にして待ち合わせていたのは、彼女だったなんて。
ちらりと見えた二人の横顔は、とても愉しそうだった。

 「真紅…………貴女は何故、私と銀ちゃんを引き離そうとするの?」

真紅のせいで、銀ちゃんは私との約束を守らなかった。
薔薇水晶は自分の中で、羨望が妄執に変わっていくのを感じた。
貴女と、銀ちゃん。
幼馴染みという関係を、どれだけ私が羨んだか……貴女には解る?
きっと、解らないわよね。解る筈がない。
貴女にとって、それは息をするほどに自然な事なのだから。

 「貴女が羨ましい。当たり前のように、銀ちゃんと並んで歩ける貴女が」

私も、水銀燈の隣に収まっていたい。今の、真紅みたいに。
出来るものならば、私と真紅の立場を入れ替えてしまいたい。
そうすれば、きっと私の心は救われる。銀ちゃんも、私だけを見てくれる。

 「そうよ…………そうすれば、きっと――」




その日の夜、薔薇水晶は学園裏の城址公園に、真紅を呼び出した。
手には、長細い紙包み。それを両腕で覆い隠すようにして、胸に抱え込んでいた。

 【薔】渡したいものが有るの……午後九時ごろ、城址公園に来て下さい。

メールの内容は、それだけ。
送信した後、真紅からメールが何回か届いたけれど、すべて無視した。
電話がかかってきても、全く無視。

真紅は、来るだろうか? 来てくれるだろうか? 来てくれないと困る。

腕時計を確認すると、あと十分で九時になるところだった。
薔薇水晶の身体が震えた。冷たい夜風のせいか。
それとも、これから自分がしようとしている事への戦慄きか――

ざっ――

薔薇水晶の背後で、砂利を踏む音がした。


 「待たせたわね、薔薇水晶。渡したいものって、何なのかしら」

真紅は一人だった。周囲には自分たち以外、誰も居ない。

 「ありがとう、真紅。ごめんね……こんな時間に呼び出したりして」
 「構わないのだわ。それより、どういう事なの?
  電話にもメールにも返事が無いから、何か有ったのかと心配したのよ」
 「別に、何も。それより…………渡すもの……あるから」 

それは、一瞬の出来事だった。

ざっ――

砂利を蹴って真紅の正面に飛び込みながら、薔薇水晶は紙包みを破り捨てて、
鋭利な輝きを放つ凶器を取り出していた。
そのまま、驚愕のあまり硬直した真紅に、身体ごとぶつかっていく。

鈍い衝撃。薔薇水晶の手に、生々しい手応えが伝わってきた。
真紅は茫然と、目の前の少女を眺めていた。お腹が、灼けるように熱い。
刺されたのだと解ったのは、五秒以上も経った頃だった。
握り締めていた携帯が、指の間から滑り落ちた。

 「ば…………ら、水晶?」
 「…………真紅……貴女に渡したいものって…………引導なの」

細身の刺身包丁は、真紅の鳩尾に深々と突き刺さっていた。
薔薇水晶が手首を捻ると、胃を切り裂いたのか、真紅は吐血した。

 「どう……し……て?」
 「ゴメン…………真紅…………邪魔なのよ、貴女が」
 「?!」
 「貴女が居ると、銀ちゃんは私を見てくれなくなる。だから……消えて!」

思いっ切り、刺身包丁を引き抜く。
そして、渾身の力を込めて、再び真紅の腹を刺した。

 「消えて! 私の前から消えて! 銀ちゃんの前から消えてよっ!」




真紅は、仰向けに横たわったまま、虚ろな眼差しで夜空を眺めていた。
もう動かない。真紅の服は、彼女の名を示すように、紅く染まっている。

 「貴女が悪いのよ、真紅。私の居場所を……奪おうとしたんだから」

夜風に温もりを奪われていく真紅の亡骸を見下ろしながら、薔薇水晶は呟いた。
糸の切れた操り人形みたいに倒れている真紅。
不意に、喉の奥から酸っぱいモノがこみ上げてきて、薔薇水晶は吐き散らした。
ホントに、これで良かったの? そんな思いが、胸に去来する。

 「良かったのよ、これで。当たり前じゃないの」

自らの弱気を振り払うように、薔薇水晶は吐き捨てた。
今更、後戻りなんて出来ないんだから。
これからは、私が真紅のポジションに入るのよ。誰よりも、銀ちゃんの近くに。

まずは、真紅の遺体を片付けなければならない。
私が犯人だと言う事は、誰にも知られてはならない。

死体を埋める穴は、前もって掘ってある。シャベルも置きっ放しにしてあった。
後は、そこに運ぶだけ。速やかに埋めてしまうだけ。

 「さあ……真紅。あっちに、行こう?」

薔薇水晶は真紅の傍らに跪いて、眠った子供を起こすように囁きかけた。

その時、一筋の光芒が薔薇水晶を照らし出した。
驚いて振り返った薔薇水晶の眼を、眩い光が刺激した。闇に慣れた目が眩む。
こちらからは影になって、相手が誰か解らなかった。
声を、聞くまでは――

 「真紅っ! 薔薇しぃ!」
 「銀……ちゃん」
 
どうして、彼女が此処に? 薔薇水晶は狼狽えた。
最も見られたくなかった相手が、よりにもよって、最も初めに来てしまうなんて。

 「銀ちゃん…………何故、ここに?」
 「真紅が電話してきたのよ。これから、薔薇しぃと城址公園で会うから、
  一緒に来てくれないかって。これは一体、どういう事なのよぉ!」
 「こ……れは、……えっと」
 「どきなさい! 真紅っ! しっかりするのよ! 死んじゃダメぇ!」

水銀燈は服やスラックスに血が付着する事も構わずに、真紅の身体を抱き上げた。
脈は無い。呼吸も停止している。
水銀燈は力無く弛緩した親友の顔に頬を摺り寄せて、はらはらと涙を流した。

 「そんな……真紅ぅ…………真紅ぅ……私、こんなの……イヤよぉ」
 「銀ちゃん……私……」
 
――ごめん、銀ちゃん。真紅を殺したのは、私なの。
本当のことなど、絶対に言えない。何とかして、誤魔化さなければ。
でも、動揺を抑えきれない。焦れば焦るほど、思考は空回りしてしまった。

水銀燈が、思い出したように携帯を取り出した。

 「ぐすっ……とにかく…………通報……しなきゃ」

通報?! ダメだよ、そんなの。
警察に知られたら、凶器に残った指紋から、私が犯人だとバレてしまう。
もう、銀ちゃんの側には居られなくなってしまう!

――それだけは、厭! 絶対にイヤだ! 折角、真紅を追い払ったのにっ!

次の瞬間、薔薇水晶は水銀燈の手を叩いて、彼女の手から携帯を跳ね飛ばしていた。
そして、水銀燈が言葉を発するより早く、彼女の肩を抱き締めていた。

 「ダメだよっ! 通報なんかしちゃ、絶対にダメよ!」
 「……え。薔……薇……しぃ?」
 「お願いだから、通報なんてしないで! 誰にも言わないで!」
 「――っ! まさか、貴女が……真紅を?!」

どんっ!

水銀燈は薔薇水晶を突き飛ばして、後ずさった。
怯えた眼差しで、薔薇水晶を凝視している。

薔薇水晶は、血だまりに落ちていた刺身包丁を拾い上げて……。

 「お願い…………ずっと、私の…………側にいてよ」




衝動的に、二人を殺してしまった。取り返しの着かない事をしてしまった。
薔薇水晶は足元に転がる二人の亡骸を、茫然と見下ろしていた。
私は一体、何をやっているの? 

二人の身体から流れ出した血液が、砂利の上で一つに混ざり合っていた。
この二人は、死して尚、一緒に居ようとするのね。
結局、私がしたことは二人を永遠に結び付けただけ……。

 「だけど…………私は…………諦めない!」

――何時までも、何処までも、一緒に居たいと願ったから。

薔薇水晶は、自らの喉に、包丁の切っ先を突き付けた。
私の魂は、二人と同じ場所へは行けないかも知れない。
だけど、せめて…………この世界では、一つに成りたかった。
一つに混ざり合って、お別れしたかった。

腕に、力を込める。
自分の身体から溢れ出す血が、二人の血だまりへと流れ落ちていく。
薔薇水晶は、心からの微笑みを浮かべた。


――私も、混ぜてよ。銀ちゃんと真紅の血液に。




意識が途切れる直前、薔薇水晶は一陣の風が自分を包み込むのを感じていた。
なんだか、とても温かくて、懐かしい感覚。
これは、一体――


 「これはまた……随分と、直情径行の強いお嬢さんですね」
 「だ、誰? どこに――」
 「貴女の後ろに居ますよ。お嬢さん」

そう話しかけられて振り返った薔薇水晶が目にしたのは、
タキシードを着て、小さなシルクハットを被ったウサギの紳士だった。

 「あなた……誰なの?」
 「日常と非現実を渡り歩く道化に、名など有りませんよ。
  ワタシはただ、お嬢さんの希望を知って、お節介を焼きに来ただけです」
 「私の希望?」
 「ええ。あの二人と、一緒に居たい……と、願ったはずですよ」 

そう。確かに、そう! 私は、二人と一緒に居たいと思った。
血だけでも、一つに混ざり合いたいと願った。
だから、私は…………自ら喉を刺し貫いた。

薔薇水晶は、そこで違和感を覚えた。
刺した筈なのに。さっきまで、もの凄く痛かったのに……。
気付けば、傷は無かった。

 「まさに間一髪、でしたね。今回は流石に肝を冷やしました」

道化ウサギは額に手を遣って、汗を拭う仕種を見せた。
ふっ……と、薔薇水晶の頬が緩んだ。

 「私は、罪を償うまで死ぬ事を許されない…………と言うの?」
 「そうです。アナタは自分の過ちに気付き、贖罪しなければならない」

私の過ちは……銀ちゃんの側に居たいが為に、安易な解決策を採ってしまったこと。
色褪せない思い出が欲しくて、真紅を邪魔だと思ってしまったこと。
あの二人の絆に、考えを巡らせたりはしなかった。

 「結局、色褪せない思い出なんか無かったのね」
 「心の中で美化し続ける事は可能でしょう。
  けれど、それは最早、最初に感じた美しさとは違います。
  継ぎ接ぎだらけの形骸にすぎない」
 「思い出は、生きていればこそ紡ぎ続けられていくもの……か」
 「その通り。殺してしまったら、新たな思い出を作ることも出来ません。
  ただ、過去を偲び、楽しかった思い出を美化して行くだけです」

それが、私の…………本当の過ち。
思い出を守り、これからも作り続けたいなら、二人の絆に飛び込むべきだったのだ。
二人の絆に溶け込んで、やがて一つになれるまで、徹底的に付き合うべきだった。

 「やり直せたら…………良いのに」
 「チャンスは、誰にでも与えられるものですよ。勿論……アナタにもね」

道化ウサギは目を細めて笑うと、懐中時計を取り出して、針を動かし始めた。




――朝。
執事に起こされて、薔薇水晶の一日は始まる。

 「お嬢様。お急ぎになられませんと、水銀燈お嬢様を待たせてしまいますぞ」

水銀燈とは、毎朝、待ち合わせをしている。
薔薇水晶は顔を洗っても寝ぼけ眼のまま朝食を摂り、身支度を始める。
歯を磨き、制服に着替えて、髪を梳く。
今日の授業日程を見ながら、鞄に教科書を詰め込んでいく。やばい、もう時間だ。

 「いってきま~す!!」

弾丸のように玄関を飛び出し、約束の場所へ――
銀ちゃんはもう、来ているだろうか。早く会いたい。会いたくて仕方なかった。

いつもの待ち合わせ場所で、彼女たちは雑談をしていた。
銀ちゃんと、真紅。とても仲がよさそう。
薔薇水晶の脚が、止まる。けれど、次の瞬間には全力疾走していた。
そのまま、水銀燈と真紅に飛び付いて、ギュッと抱擁する。

 「おっはよーう!!」
 「ちょっと、薔薇しぃ…………朝からテンション高すぎよぅ」
 「まったくだわ。貴女、その抱き付き癖、なんとかならないの?」

えへへ……と照れ笑いながら、薔薇水晶は二人にしか聞こえないほどの小声で、そっと囁いた。

 「二人の事が…………大好きだからだよっ♥」




 「やれやれ……本当に、世話の焼けるお嬢さん達ですねえ」

道化ウサギは、屋根の上から三人の薔薇乙女を見下ろしていた。
その眼差しは優しい。まるで、愛娘を見守る父親のようだった。

 「手の掛かる子ほど可愛い……というのも、あながち間違いではないようです。
  まあ、この調子なら三人の絆が一つになるのも、そう遠くないでしょう」

さて……と、道化ウサギは両腕を天に突き上げて、背筋を伸ばした。

 「道化は早々に退散すると致しましょう。そうそう。お節介ついでに、もう一つ。
  薔薇乙女達に、尽きる事なき幸福が訪れんことを」



祝福の言葉を残して、道化は一陣の風と共に消えた。