※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  ―睦月の頃 その1―  【1月1日  元日】


一年の計は元旦にあり。
物事は出だしこそ肝心だから、しっかり計画を定めてから事に当たれという訓戒だ。
――しかぁし。

柴崎夫妻が台所で、おせち料理や雑煮の準備をしていたところに、
寝癖だらけの髪を振り乱した翠星石が、どたどたと踏み込んできた。

「し、しし……しまったですっ! 寝坊したですぅ!」
「あらまあ、大変。ヒナちゃんとは、何時の約束だったの?」
「……五時半ですぅ」

初日の出を見に行こうと、待ち合わせの時間を事前に決めていた訳だが、
時計は既に、六時近くなっている。年明け早々、とんでもない大失態だ。
こんな事では、今年一年が思いやられる。


取り敢えず、自室に戻って、雛苺に電話で謝りつつ、素早く身支度を整える。
部屋の中はかなり寒いが、構ってなどいられない。
パジャマを乱雑に脱ぎ捨て、下着姿で震えながら、適当な服を見繕った。
どうせ、御来光を眺めに行くだけだ。質素なカラーの服でも構わない。
鏡台の前に座り、髪を梳る。なんだか……今朝は、櫛の通りが悪い。
ドライヤーと整髪料を使ったものの、思う様に寝癖が直らない。

「あ~もうっ! やめやめ! もう、これで良いですっ!」

翠星石はブラシを投げ捨て、簡単に化粧を済ませると、部屋を飛び出した。



軽いステップで階段を降り、台所の祖父母に声を掛けて、玄関へ――
ジーンズのポケットをまさぐり、財布と、車のキーが有ることを確認。
見送りに来たお祖母さんにマフラーを受け取り、コートの上から襟に巻いた。

「それじゃ、行って来るですぅ」
「気をつけてね。いってらっしゃい」

祖母の笑顔に送り出されて、翠星石は玄関を潜り、ガレージへ向かう。
シャッターを開けて車に乗り込み、キーを回すと、エンジンは一発で始動した。
現在時刻は、AM5:51。
約二十分の遅刻だけれど、日の出の予定時刻には小一時間ほど余裕がある。
翠星石はアクセルを踏み込み、雛苺との待ち合わせ場所へと急いだ。



「もう! 翠ちゃん、遅いのー!」

寒い中、辛抱強く待っていた雛苺に、開口一番、叱られてしまった。
翠星石に非があるのだから、謝るしかない。

「寝坊したのは悪かったですよ。文句は車の中で聞くから、早く乗るです」
「うぃ。解ったなの。まだまだ言いたいコトは、沢山あるぜ……なの~」
「……なにげに怖ぇですぅ」

雛苺が助手席に乗り込み、シートベルトを着用したのを確認して、翠星石は、

「ちょっとばかり飛ばすですよ。しっかり掴まってやがれですぅ」

と告げて、やおらエンジンを唸らせた。




目的地に到着するまでの四十分、翠星石の運転する車は、絶叫マシーンと化した。
雛苺は恐怖に青ざめ、文句を言うのも忘れて助手席で身を強張らせていた。

「よっしゃあ! 日の出の五分前に着けたですぅ」
「じゅ…………寿命が一週間ほど、縮まったのよ」

彼女たちが訪れたのは、遠くに海を望む丘の上。
いわゆる穴場スポットで、殆どの見物客は、混雑する海沿いに行く。
実際、彼女たちの他には誰も居なかった。これなら落ち着いて見物できる。

朱に染まりゆく東の空を、感慨深げに眺めていた翠星石は、
ふと、しゃがみ込んでいる雛苺を見て、心配そうに声を掛けた。

「どうしたです?」
「…………酔った」
「はぁ? 乗り物酔いするほどの、乱暴な運転は――」

してた……かも知れない。速度超過は朝飯前。山道では久々にドリフト走行も……。
翠星石は失笑を禁じ得なかったが、放っておく訳にもいかない。
隣に屈み込んで、雛苺の背中を優しく撫でてあげた。

「大丈夫ですか? しっかりするです」
「ぅ~……アタマ痛い……気持ち悪いの~」
「少し、車のシートで寝てると良いです。肩を貸してやるですよ」

雛苺の肩に手を添えて、立ち上がらせる。
彼女は翠星石の胸元にしがみついて、弱々しく微笑んだ。
しかし、次の瞬間、雛苺の喉でゴボッ! と嫌ぁ~な音が――
振り解く暇など……無い。

「うぉえぇぇーっ!」
「ひぃぎゃあぁぁぁ――っ!」

新年の朝日と雛苺の吐瀉物を浴びながら、翠星石の新年は幕を開けた。




「あ~もう! ゲロ浴びるわ御来光を見逃すわ……
 最低、最悪の年明けですぅ」

被害がコートと足元だけに留まったのは、不幸中の幸いだったが、
心理的なショックは計り知れなかった。

とは言え、雛苺に非は無い。いきなり具合が悪くなるのは、良くあることだ。
それに大元を辿れば、自分が寝坊したせいである。
時間的な余裕を失って、つい荒っぽい運転をしてしまい……
結果的に、車酔いさせてしまった。真の被害者は、雛苺の方である。

信号待ちの合間に、助手席に目を向ける。
そこには、リクライニングシートを倒して眠る、雛苺の姿。
やや眉を顰めた彼女の寝顔を一瞥して、翠星石はポツリと呟いた。

「年明けから、ヒドイことしちまったですね。ゴメンナサイです」

雛苺が眠っていたせいか、翠星石は素直に、想いを言葉に出来た。
普段だと、どうしても気恥ずかしさから、憎まれ口を叩いてしまう。
本当は…………そんな事、言いたくないのに。


往路とは打って変わって、復路は安全運転を心がけてハンドルを操る。
道は空いていたけれど、必要以上にアクセルを踏み込まなかった。
その為か、雛苺が途中で目を覚ますことは、なかった。
彼女の家の前で静かに停車して、翠星石は雛苺の右肩を、そっと揺さぶる。

「着いたですよ。起きるです、おばか苺」
「ふぁっ?!」

ビクンッ! と身体を震わせて、雛苺は瞼を開いた。
熟睡していたから、目覚めても寝惚けているらしく、ポケ~っと前を見ていた。
そして、また徐に眠りに落ちる。
翠星石は条件反射的に、雛苺の頭をペシっ! とひっぱたいた。

「バカちんっ! 寝直して、どうするですっ!」
「あいたっ。ふぇぇ……翠ちゃん、乱暴なのぉ~」
「あ……悪かったですぅ。つい、蒼星石の時みたいに、やっちまったです」
「うゅ。やっちまったよ八街市なの?」
「そのダジャレは、千葉県民にしか解らないんじゃないかと……ですぅ」

雛苺は「えへへぇ……」と、はにかんだ。
だが、それで目が覚めたらしく、直ぐに真顔に戻って翠星石に訊ねた。


「そう言えば、蒼ちゃんも初詣に行くの? お正月だから帰ってきてるでしょ」
「……帰ってきてねぇです」

翠星石の表情が、サッと翳った。悪いことを訊いたらしい。
なんと声を掛けていいか戸惑う彼女に、翠星石が、ふっ……と微笑みかける。

「いいですよ、別に。蒼星石は、後期からの編入組ですからね。
 履修日程の遅れを取り戻すために、一生懸命、頑張ってるですよ」
「そう……残念なの。久しぶりに会えるの、楽しみにしてたのに」
「ガッカリしてるのは、おめーだけじゃねぇですよ」

――私だって、会いたい。空を飛べるなら、今すぐにでも、会いに行きたい。

衝動的に吐き出したくなる一言を、翠星石はグッ……と呑み込み、堪えた。
言ってしまったら、募る想いを止められなくなる。きっと……泣いてしまう。
だから、絶対に言わない。寂しいだなんて言葉は。


少しだけ硬さを増した空気の中で、彼女たちは、夕方から初詣に行く約束を交わした。