※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
  ―睦月の頃 その3―  【1月5日  小寒】


やけに冷え込む朝だった。
けれども、目が覚めてしまったのは、寒さのせいではない。
朝の早い祖父母に合わせて朝食を摂るため、早起きの習慣がついているのだ。

翠星石は寝惚けつつ、枕元で喧しく鳴り続ける目覚まし時計を黙らせるべく、
布団の中から右腕を伸ばした。
しかし、一度では時計を捉えられず、二度、三度と腕が宙を彷徨う。
漸くにして目覚まし時計のアラームを切った時には、
彼女の右腕は、すっかり冷たくなっていた。

(んん……なんてぇ寒さですかぁ。起きたくねぇですぅ)

今はまだ、冬休みの真っ最中。ムリに起きる必要も、用事もない。
ベッドの中に冷えた腕を引っ込めて、もそもそ……と寝返りを打つ。
右腕が体温を取り戻していくにつれて、翠星石は再び、眠気に襲われていた。
とろん、と微睡む感じが、どうしようもなく心地よい。
二度寝の誘惑に些かも抗おうとせず、翠星石は緋翠の瞳を、瞼で隠した。

(……ぬくぬく♪)

根拠と呼べるほどの理由は無いが、なんだか、幸せな夢が見られそう。
そんな気分だった。

(蒼星石に会えたら……良いな……ですぅ)

ウトウト、と……。
双子の妹を想いながら、翠星石の心は眠りの世界へと落ちていく。
瞼の裏に、ぼんやりと人影が浮かんできた。
背を向けて立っている、小柄な人物――あれは、誰だろう?
輪郭がハッキリしないが、ブルー系の服を着ているコトは判る。

(う~ん? もうちょっと、近付いてみるです)

夢の中で、翠星石は歩き始めた。
割と近くに居る筈なのに、人影との距離は一向に縮まらない。
もどかしい。逸る気持ちに衝き動かされて、翠星石は走り出した。
徐々に、距離が狭まる。
人影の正体が、さらさらの栗毛をショートカットにした娘だと判ってくると、
翠星石は胸がキュンっとなるのを感じた。

(ああ……蒼星石っ! 会いたかったですぅっ。
 昼も夜も、寝ても醒めても、私は――)

走りながら、腕を伸ばす。
あと僅かで、この手が届く。蒼星石の華奢な身体を、包み込んであげられる。
そう思っただけで、翠星石の心臓は、はしたないほどに躍動した。

翠星石の指が、蒼星石の撫で肩に触れる。
やっと、捕まえた! 
喜びのあまりに、つい、妹の肩を目一杯の握力で掴んでしまった。
なのに、蒼星石は何の反応も示さない。「痛いよ」と文句を言いもしない。
不審に思った翠星石は、肩を握りしめたまま、妹の前へと回り込んだ。


そして――愕然とした。
蒼星石だと確信していた人影は――精巧な造りのマネキン人形だった。




「蒼星石ぃっ!」

叫びながら、翠星石は布団を撥ね除けて、半身を起こした。
心臓が、早鐘のように脈打っている。耳の奥で、鼓動が聞こえた。

「……ヒドい夢。それに……ひでぇ妹です」

両手で顔を覆って、翠星石はポツリと呟いた。
その囁きは、涙声。

「こんなに私を悲しませるなんて、ホントに姉不幸者ですぅ」

やるせない気持ちを宥めるように、翠星石は……少しだけ、泣いた。




寝覚めは最悪。
洗面所に赴いた翠星石は、心なし腫れぼったい目元を、ぬるま湯で丹念に洗った。
こんなコトなら、二度寝なんかするんじゃなかったと、僅かに後悔しながら。

暖められた台所に行くと、石油ストーブの臭いと、味噌汁の匂いが、
渾然一体となって翠星石の鼻腔を刺激した。

「おはようですぅ」

ムリヤリ気分を変えて、翠星石は努めて、明るく挨拶する。
祖父は読んでいた新聞を降ろして、翠星石の顔を、まじまじと眺めた。

「おはよう、翠星石。なにか、厭な夢でも見たのかい?」
「へっ?! な、なんで……そう思うです?」
「いやなに……ちょっと、不機嫌そうに見えたんでのぉ」
「おじじの、気のせいですよ」

翠星石がムスッとした態度で応じると、祖父はバツ悪そうに顔を伏せ、
新聞に視線を戻した。
世間一般の、年頃の娘を持つ父親とは、こんな感じかも知れない。
日毎に気難しくなっていく娘に、どう接して良いか判らなくなるのだ。
こういう時は、女ゴコロの機微が解る分、母親もしくは祖母の方が有利である。

「おはよう、翠ちゃん。早くお座りなさいな」

祖母に促されるまま、翠星石は食卓に着き、温かい味噌汁に口を付けた。
たっぷりのモヤシに卵を落としただけの、簡素な作りだ。
でも、とても優しい味で、翠星石は子供の頃から、祖母の味噌汁が大好きだった。

「そうそう、今日はヒナちゃんがお勉強しに来るって言ってたわねえ」
「午後からです。冬休みの宿題を、一緒に済ますですよ」
「おやつは何が良いのかしら?」
「とりあえず、苺に関連した物なら何でもオッケーですぅ。
 あいつは苺に含まれるストロベリノーゼという麻薬物質の中毒患者ですから」
「まぁ……実は、苺の過食って怖いのねぇ」

勿論、口から出任せで言った事なのだが、祖母はすっかり信じ込んだらしい。
祖母が近所で、こんなガセビアを吹聴して回ったら困りものだけれど、
翠星石は敢えて、放っておくことにした。

「おいしかったぁ。ごちそうさまですぅ」

自分で使った食器を洗い桶に浸して、翠星石は身支度を整える為に、自室に戻った。




午後になり、完全防寒装備の雛苺が、柴崎宅を訪れた。
もこもこに着膨れた様子は、さながらダルマである。
一目見るなり、翠星石は吹き出し、腹を抱えて笑い転げた。

「もう! いきなり爆笑するなんて失礼なのよー!」

暖房を入れたばかりで、未だヒンヤリとしている翠星石の部屋に入った途端、
雛苺が憤懣を炸裂させた。

「だぁって、いきなりデブ苺が登場しやがったですよ?
 丸々と膨れるまで着込むなんて、どうしようもねぇ、おバカですぅ……くくっ」
「いやいや、笑ってねぇですよ? 変な言いがかりは止すですぅ」
「……んもぅ。でも、今日はホントに寒いのよ」
「そりゃあ冬だし、暦の上では『小寒』なのですから、当然です」

小寒とは、24節気(太陽の黄道を24等分したもの)のひとつ。
冬至の後の15日目を指している。一般に、寒さの厳しい時期とされていた。

「ショウカン?」

聞き慣れない言葉だったのだろう。雛苺は首を傾げた。
そんな彼女に、翠星石は詳しく教えてあげようとして……
結局、いつものように悪ノリのウソを教えた。

「小寒とは、一年に一度、冬将軍と呼ばれる赤い服を着たジジイがやってきて、
 使い魔の雪女を召喚する日なのですぅ~」
「う……うょ」
「召喚された雪女はぁ~、午前零時に成るまで、贄を求めて彷徨うです~。
 そして夜中、独りで歩いてる者を捕まえて、ガッチガチの氷漬けにするですよ。
 ひぃーっひっひっひぃ!」
「……そ、それで、氷漬けにされちゃった人は、どうなるの?」
「冬将軍の保存食になるですぅ~。早い話が冷凍食品ですね。
 アタマから痛快丸囓り。ムシャラムシャラと喰われちまうですよぉ」
「あうぅ~。よ、よーし! は、早く宿題を片付けちゃうのよ~」

雛苺は、すっかり翠星石のホラ話を信じたらしい。
日暮れまでに帰りたいという雛苺の思いが、ひしひしと伝わってきた。



とまあ、お喋りもそこそこに、二人は宿題を始めた。
時に教え合い――英語は雛苺の方が得意だ――どちらか先に終わった方が、
家庭教師役となった。この時ばかりは、翠星石もウソを教えたりしない。

おやつの時間には、祖母が紅茶と、切り分けた苺のタルトを持ってきてくれた。
翠星石は愉しく語らいながら、雛苺の頬に付いたホイップを指で拭ってあげたり、
何かと彼女の世話を焼いている自分に気付いて、ハッとなった。

今朝は寝覚めが悪くて不機嫌だったのに、今では全く気にならない。
癒されている。妹のような雛苺に、蒼星石の居ない空虚を満たして貰っている。
それが、実感できた。




結局、宿題は日暮れまでかかってしまい、翠星石は雪女の影に怯える雛苺を、
自宅まで来る羽目になってしまった。口は災いの元……と言うところか。
雛苺を無事に送り届けて、寒々とした冬の夜空の下を、独り歩く。
低く垂れ込めた雲が、否応なく、翠星石の気分を消沈させる。

雪でも降りそう……。
そう思った矢先、翠星石の鼻先に、白い物が舞い降りてきた。
目にしてしまうと、余計に寒さが強まる。
腕を掻き抱いて、ぶるっと身震いした翠星石は、小走りに家路を急いだ。



その晩、翠星石は日本より北緯の高い国に居る蒼星石に、
短い俳句調の、電子メールを送った。


【妹よ、そちらも今日は、雪ですか?】