※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
  ―如月の頃 その2―  【2月4日  立春】


日付が変わり、二月四日を迎えた頃――
救急病院の、薄暗く、うら寂しいロビーに、二つの人影があった。
どちらの影も、常夜灯が点された真下のソファに腰を降ろし、項垂れている。

「なんという事だ…………まさか、翠星石が……」

両手で頭を抱えて、柴崎元治は嘆息した。
鎮痛剤を飲んで就寝していたところを、事故の知らせに叩き起こされたのだ。
事故を起こしたバイクのライダー共々、救急車で運び込まれた翠星石は、
いま、治療と精密検査を受けていた。

「あの子に、もしもの事があったら、儂は……かずきに合わせる顔が無い」
「お祖父さん――」

彼の妻、柴崎マツは、悲嘆に暮れる亭主の背中に、そっと手を当てて囁いた。

「しっかりして下さい。きっと、大丈夫ですよ」

ついさっき、担当の医師に簡単な説明を受けたばかりだ。
目立った外傷は無く、大きな骨折も見られないという話だった。
けれど、接触の衝撃で全身を強打しており、意識不明の状態である……と。

息子夫婦が残してくれた愛娘の快復を祈り続ける老人たちの元に、
看護士が一人、近付いて声を掛けた。

「柴崎さん。お孫さんの容態について、なんですが――」




なにやら……真っ白な世界に、彼女は立ち尽くしていた。
ここは、どこ? 自分は、いつから……ここに居るの? なんの為に?

――解らない。何も。

自分の名前すらも思い出せない。喉元まで込み上げている言葉を、吐き出せない。
何をすれば良いのか。何をすべきなのか。
答えを探しても、思考はすぐに、アタマの中に立ち込めた白い靄に撒かれてしまう。

(私は…………何かを……してた?)

よく覚えていないが、何か、とても恐ろしい物――例えば怒濤のような――から、
逃れようとしていた気がする。
思い出そうとすると、心臓が早鐘のようにドキドキして、今にも張り裂けそう。
ざわざわと肌が粟立って、身体の芯から震えが湧きだしてくる。

(何が、どうなってるです?)

だが、見渡しても、恐ろしい物は何一つ無い。身の危険を感じさせる者も居ない。
真っ白な空間に、独りぼっち……。
こんな時には、いつも誰かが、側に居てくれた。そんな憶えがある。
あれは…………誰だっけ?

『こんなところで、何をしているんだい?』

いきなり背後から話しかけられて、彼女は軽く1センチほど飛び上がってしまった。
誰も居ないと思っていたのに、いつの間に、近付いていたのだろうか。
彼女が振り返った先には、穏やかに微笑む、スーツ姿の青年が立っていた。

(…………誰、です?)

おっかなびっくり誰何する。けれど、なぜか、この青年を知っている気がした。
どこかで出会っている。漠然と……でも確かに、見憶えがあった。

『もう忘れてしまったかな? まあ、無理もないか。
 最後に会ったのは、お前たちがまだ、こんなに小さかった頃だからね』

言って、青年は中腰の姿勢になり、足元から80センチくらいの高さに掌を翳した。
何歳くらいの時かは解らないが、子供の頃だと言うことは把握した。

(私を知ってるですか? 私は……誰なのです?)
『お前の名前は、翠星石だよ。そして、蒼星石という双子の妹が居るんだ』
(そう……せい、せきぃ…………そ、蒼星石っ!?)
『思い出したかい? それなら、お前はもう、ここに居てはいけないよ。
 記憶の断片を手に入れた以上、みんなの元へ帰るんだ。
 お前を待っている、みんなの所へ――』
(でも、どうすれば良いです? 私には、ここが、どこなのかも解らねぇですぅ)
『ここは、9秒前の白……という世界なんだ』

青年は白い歯を見せて笑うと、翠星石の両肩に手を置いて、クルリと向きを反転させた。

『でも、心配はいらない。お前は、絶対に迷ったりしないから。
 ほら、聞こえるだろう? お前を呼ぶ声が』


  ――翠星石。帰ってきておくれ。

  ――戻ってきてちょうだい、翠星石。


ハッキリと聞こえたソレは、祖父母の声。
とても必死で、とても悲しげな呼び声だった。
翠星石の胸が、キュッと締め付けられる。
帰らなければならない。なんとしても戻りたい。優しい祖父母の元に。

『さあ、行くんだ、翠星石。あの声が、お前を導いてくれる』

青年が、翠星石の肩を軽く押した。促されるまま、翠星石は歩き始める。
一歩一歩、遠ざかる翠星石を、青年の声だけが追い掛けてきた。

『僕の代わりに、父さんたちの心を癒してあげておくれ』

その一言で、翠星石は思い出した。あの青年が、誰であったかを。
道理で、見憶えが有ったハズだ。毎朝、仏壇で顔を合わせていたではないか。
むしろ、今の今まで思い出せなかったコトの方が不思議で、申し訳なかった。

(お父さ――)

嬉々として振り返ったものの、呼びかけた言葉は途切れ、笑顔が俄に曇った。
そこは、何もない、誰も居ない、音も聞こえない、真っ白な世界。
また…………独りぼっち。

(どうして? こんなのイヤですっ! お父さん、お母さん……蒼星石。
 なぜ……みんな、私を置き去りにしてしまうですか?)

じわりと熱を帯びる目頭を、指先で擦った。
涙が溢れてしまわないように、瞼を閉じて、手で覆い隠す。
けれども、彼女の細い指の間を抜けて、涙は手の甲へと滲み出してきた。
翠星石はその場に座り込み、小さな少女に戻って泣きじゃくった。

(私は、そんなに悪い娘なのです? 足手まといですか?)

誰にともなく問いかけた矢先、また、祖父母の声が聞こえた。
さっきよりも近くで、はっきりと。


  ――儂らにはもう、お前たちしか居ないのじゃ。

  ――貴女たち姉妹が、私たちの生き甲斐なのよ。


それで、気が付いた。泣いている場合ではない。
帰らなければ! 自分の居場所に!
翠星石は立ち上がって涙を拭うと、瞼を閉じて、聴覚を研ぎ澄ませた。
こんな真っ白な世界では、目を開けていたって仕方がない。
むしろ、見えるばかりに、変な幻に惑わされかねなかった。

(おじじ……おばば……すぐに、会いに行くです)

自分を必要としてくれる人たちが居る。
その人たちの心を満たしてあげられるのは、自分しか居ない。
……だから、行かないと。たった今、父に託された想いと共に。

とても意外だけれど、目を閉じたまま歩いても、全く恐怖は感じなかった。
日常の街角では、恐ろしくて1メートルと歩けないのに。
躓いたり、ぶつかったりする物が何も無いと解っているからだろう。
翠星石は、祖父母の声がする方へ、どんどん進んでいった。

途端、彼女の足が、宙を掻いた。慌てて両目を見開き、両手をバタつかせたが、
掴む物など何もない。有るのはただ、真っ白な空間だけ。
翠星石の身体は、上下左右も解らない空間で落下し続け、奔流の中に墜ちた。

激流にもみくちゃにされて、翠星石は洗濯機で洗われる衣服になった気分だった。
けれど、なぜか息苦しくない。どうやら、普通の水ではなく、概念的なものらしい。
水と思えば、奔流。風と思えば、突風になる。
流れがあるのは、時間そのものが流動的だからか。

では、目の前に出口が在ると思ったら、どうなるだろう?
目を閉じて、扉を思い浮かべる。そこを潜れば、祖父母の元に行けると信じて。


翠星石は、徐に、瞼を開いた。緋翠の瞳に映るのは、一枚の扉のみ。
巧くいったようだ。翠星石は躊躇いもなくドアノブを回して、扉を開いた。
扉の向こうは、こちらと対照的な、真っ暗な世界。
でも、翠星石はもう怖がらずに、闇の中へと歩き始めた。




――微かに鼻を突く医薬品の臭いで、翠星石の意識は覚醒した。
霞む視界を、何度か瞬きしてクリアにする。
……と、薄明かりに照らされた、祖父母の青ざめた顔が見えた。
明かりは窓から差し込んでいる。夜が、白々と明け始めたのだろう。

「お……じじ? おばば……」
「お、おお。おおおっ!」
「すっ……翠ちゃ――」

祖父母は顔をくしゃくしゃにして、医療用ベッドに横たわる翠星石に、縋りついてきた。
この光景、どこかで見た憶えがある。
そう……あれは、両親の通夜の席でのこと。
弔問客が帰って、しんと静まり返った深夜――
二人は棺を前にして、こんな風に肩を寄せ合って悲しんでいた。


  『僕の代わりに、父さんたちの心を癒してあげておくれ』


父の言葉が、脳裏に甦る。翠星石は、祖父母の肩に両腕を回し、力を込めた。
祖父母の悲しみは、きっと癒してみせる。
独りでも、きっと――



今日は立春。暦が、春に変わる日である。
祖父母の心に蟠る冬も、今日を境に、春に変わってくれたらいいのに。
翠星石は、嗚咽する祖父母の肩を優しく抱き寄せながら、そうなる事を願った。