※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
  ―弥生の頃―  【3月3日  上巳】 前編


世間一般に、雛祭りと呼ばれる日の朝。
翠星石はパジャマの上にカーディガンを引っかけ、PCを起動していた。
今日は金曜日。大学は春休みでも、バイトに行かなければならない時間だ。
にも拘わらず、翠星石は落ち着き払って、電子メールの確認などしている。

階下から、祖母の「起きなさ~い、翠ちゃ~ん」という声が届いた。
そう言えば……と思い出して、翠星石は席を立ち、ドアを開ける。
ひょこんと顔を覗かせると、階段の下で、祖母が見上げていた。

「何してるの? お仕事に、遅れるわよ?」
「言い忘れてたです。今日は、バイトが振り替え休暇になったですぅ」
「振り替え?」
「先週の土曜日に、休日出勤したですよね」
「ああ! そうだったわね。じゃあ、今日はお休みなのね?」
「だ~から、そう言ってるですぅ~」

若者と老人の会話は、少しばかり、時間と意志の疎通にズレが生じる。
毎日、会話しているから慣れているものの、翠星石は痺れを切らして、
扉を閉めてしまった。
ほんの少しの間だったのに、廊下から流れ込んでくる冷気で、
足の先が、痛いくらいに冷え切っていた。

「あぁ、もう。こうなりゃベッドに潜り込んで、ネットするですぅ」

手軽に持ち運びできるのが、ノートパソコンの利点だ。
生憎、ベッドの近くにコンセントは無いが、バッテリーで充分に事足りる。
LANケーブルの長さだけ気にしながら、翠星石は枕元にパソコンを置き、
ベッドに潜り込んで肘を突き、背を反らせた。

「んん~。ぬくぬく……ですぅ」

準備は万端。タッチパッドでカーソルを操作して、電子メールの着信を調べた。
一通、蒼星石から届いている。
履歴を見ると、翠星石が床に就いた後、昨夜遅くに着信したコトが判った。

「今日は、どんなメールの内容ですかねぇ。wktkですぅ」

逸る気持ちを抑えて、ファイルを開く。
内容は、蒼星石の近況と、桃の節句にちなんだ画像が貼り付けてあった。

「桃の花……そこはかとなく、意味深ですね」

桃の花言葉は『天下無敵』『チャーミング』『あなたのとりこ』だ。
最初の天下無敵はともかく、後ろの二つは、非常に気になるところだった。

「蒼星石は、私を魅力的だと想ってくれてるです? それとも……」


  『姉さん。ボクは、姉さんのとりこ――だよ?』


「イ、イヤです、蒼星石ぃ~。なに言いやがるですか~」

脳内で蒼星石の音声を再生して、翠星石はベッドの中で身悶えした。
ひと頻り悶絶しかけて、ファイルを閉じようとした時、ふと――
翠星石は、添付ファイルの存在に気付いた。

「? なんですか、これは?」

ファイル名は“Triffids.jpg”紛うコトなき、画像ファイルである。

「トリフィド? ……はっはぁ~ん。
 この前のイタズラの、仕返しって魂胆ですね。
 大方、私を怖がらせようとして、グロ画像でも貼り付けてあるです」

バレバレですぅ、と得意げに呟き、翠星石はファイルを閉じ……
……ようとして、ちょっと考えた。
今なら外も明るいし、グロ画像と言っても、そんなに気持ち悪くはならないだろう。
それに、怖いモノ見てみた~い、という厄介な好奇心が、頭を擡げ始めていた。

「ちょっとだけ……ちょっとだけです。
 怖かったら、すぐに消してやるですよ」

ぐびびっ……と、生唾を呑み込み、アイコンをクリックすると――

「!? はぅあっ! こここ、これはっ!?」

液晶ディスプレイに表示された画像は、
ティランジアみたいな観葉植物のクローズアップ写真と、
蒼星石のバストアップ写真を合成したものだった。
下着姿の蒼星石が、巨大な植物の蔓に絡み付かれているような構図だ。
僅かに眉を顰めた蒼星石の顔が、やけに艶めかしく、エッチな表情に見えた。

【姉さん、事件です。ボク、トリフィドに襲われちゃったよ♪】

そんなメッセージが、添え書きされている。

「ば、ばっ、バカですか、蒼星石はっ!
 こんな合成写真なんかっ、も……も、萌える……ですぅ」

顔が熱を帯びていくのを感じながら、蒼星石の半裸を凝視しようと、
身を乗り出した次の瞬間!

ぽた……ぽたぽた……ぽたっ。
ノートパソコンのキーボード部分に、深紅の薔薇が咲いた。


「はわわわわわ……はは、鼻血でたですぅ!」

慌ててティッシュを取ろうとして、翠星石はベッドから転げ落ちてしまった。
騒ぎを聞き付けた祖母が、階段を駆け昇ってきて、ノックもせず扉を開けた。

「どうしたのっ、翠ちゃんっ!」
「お、おばば……なんでもな――!!」

祖母の視線が、ベッド上のパソコンに釘付けとなっているのを見て、
翠星石は慌てて、ノートパソコンを閉じた。
その際に、思いっ切り指を挟んでしまったが、痛みを堪えて笑みを作る。

「翠ちゃん…………今のって……」
「な、なんでもねぇですっ。ただの、映画のポスターですぅ」
「そうなの? って、大変! 鼻血が出ているじゃないの!」
「あ……忘れてたです」
「パジャマ、早く脱ぎなさい! 洗濯しなきゃあ」

祖母に促されて、翠星石は鼻にティッシュを詰めてから、パジャマを脱ぎ始めた。




朝からドタバタしたせいで、すっかり目が冴えてしまった。
もっとも、二度寝するつもりは無かったので、構わないけれど。

翠星石は着替えを済ませると、ちょっと遅めの朝食を摂った。
洗面所で歯を磨き、自室に引き上げるべく、電話の前を通り過ぎたとき、
その瞬間を見計らったかのように、電話がけたたましく鳴り出した。

「ひぇっ! な、なんです。電話のクセに、脅かすなですっ」

悪態を吐きながらも、翠星石は受話器を取って、もしもし……と応じた。

「翠ちゃん、おっはようなのーっ!」

受話器の向こうから届くハイテンションな声が、翠星石の鼓膜を刺激する。
翠星石は反射的に、受話器を遠ざけていた。
耳から二十センチは離れているというのに聞こえる、雛苺の声。

「あー、おバカ苺? もう少し、静かに話しやがれです。
 おめーのキンキン声で喚かれると、アタマが痛くなるですぅ」
「うょ……ごめんなさいなの」
「別に、謝る必要はねぇですよ。それより、今日は、どうしたです?」
「もぉ~。忘れちゃったの? 今日はねぇ――雛祭りなのよーっ!
 それで、翠ちゃんを招待しようと思ったのっ!」

静かに話すように諭した側から、このテンション……。
翠星石は、キーンと高周波な耳鳴りを堪えながら、受話器に向かって話しかけた。

「わ~かったです。すぐに行くですよ」

それだけ告げて、受話器を置いた。耳鳴りは当分、治まりそうにない。


自宅と一体化した時計店で開店準備をしていた祖父母に、出かけてくる旨を伝えて、
翠星石は、雛苺の自宅へと向かった。




今日は三月三日。五節句の一つ、上巳。
またの名を雛の節句、桃の節句とも言う。

雛苺の家では、毎年、この日に盛大な雛祭りが執り行われる。
愛娘に贈る、両親の心づくしであるのは疑いない。
けれど、翠星石には『普段、あまり構ってあげられないコトへの罪滅ぼし』
という性格が、強く感じられる行事でもあった。
見かけは華やかでも、中身が空虚な……
まるで、過剰包装のお中元みたいな、どこか虚しさが漂うお祭り。
雛苺という主賓は居ても、両親という主催者が不在では、興も醒めるというものだ。

だから、翠星石を含めた賓客は、持ち回りで主催者を務めて、
毎年、いろいろとアイデアを出し合っていた。

「今年は、真紅がホスト役ですね。どんな催しを考えたのやら」

去年の雛祭り――
薔薇水晶がホストで、コスプレパーティーとなった記憶が、まざまざと思い出される。
クジ引きで、アッガイの着ぐるみを着せられ、屈辱的な写真まで撮られたのは、
青春という名の日記に残された、苦い経験の1ページ。
まあ、ファンタジーRPGにありがちな、肌の露出度が高い衣装の蒼星石を見られたから、
結果的には満足だったのだけれど……。


「ガチガチ真面目な真紅だから、変なコトにはならねぇハズですぅ」

とは思うのだが、真紅も時々、ウケを狙いすぎたボケを、かましてくれる。
どうなるかは、着いてからのお楽しみだった。




翠星石が雛苺の家に到着した頃には、主立った面々が、もう勢揃いしていた。
水銀燈と、金糸雀、真紅に、雪華綺晶と薔薇水晶の姉妹も。
けれど、1番の親友である巴の姿はなかった。都合が悪かったのだろうか。

「みんな、今年も来てくれて、ホントにありがとうなのっ!」

雛苺の挨拶で、宴は賑々しく幕を開ける。
ジュースで乾杯の後、ホスト役の真紅が、優雅な仕種で立ち上がった。

「えぇと。それでは……私こと真紅が、今年の進行役を――」
「前置きは良いから、さくさく始めるかしらー」
「うるさいわねっ! 話には枕があるのだわ」
「……ヒナも、早くして欲しいのぉ」
「ま、まあ……主賓がそう言うなら、前置きは割愛するのだわ。
 と言うワケで、早速、みんなで『レッツ! 利き茶』としゃれ込むわよ!」

その一言で、座は一気に興醒めした。
この、紅茶バカ一代――
口には出さないが、誰の顔にも、そんな想いが、ありありと現れていた。

このまま終了? そんな空気が漂い始めた時、救いの女神が降臨する。

「やぁよぉ~。そんなの、つまんなぁい。
 どうせならぁ、みんなで甘酒を作って、コンテストをしましょうよぉ」
「おおっ、銀ちゃんナイスっ! その企画でGOかしら!」
「面白そうですぅ。おばば直伝の甘酒、とくと味わってもらうですよ」
「薔薇しーちゃん。私たちも頑張りましょうね」
「まかせて、お姉ちゃん。……ラプラス秘伝の裏ワザで……勝ちに行く」

意気揚々と台所に向かう、面々。
真紅は独り、ぽつねんと取り残されてしまった。

「ちょっ! 貴女たち、待ちなさいっ!」




それから、なんやかやワイワイと、甘酒造りは行われて……。

一時間後、全員の前に、各人の名前が書かれた七つの紙コップが置かれていた。
中身はモチロン、ほかほかと湯気の立ち上る甘酒。
――の筈なのだが、妙な色をしているものも、ひとつ、ふたつ。

「それでは、甘酒コンテストを開始するのだわ。
 こけら落としは、私の甘酒よ。さあ、じっくりと堪能しなさい」

言われて、全員が真紅と書かれた紙コップを手に取り、くいっ……と呷る。
直後、誰もが珍妙な顔になった。

「なぁに、これぇ……変な味がするわぁ」
「薫り付けに、ダージリンを混ぜたのだわ」
「…………真紅、失格」
「薔薇しぃの言うとおりですぅ。こんなの、甘酒なんて認めねぇですっ。
 それ以前に、マトモな人間の飲むものじゃねぇですよ!」
「し…………失……格? この、私が? そんな……コトって」

どーん! と意気消沈して、跪いた真紅に代わり、金糸雀が立ち上がる。

「次は、カナの番かしら。ふっふっふ……
 最強にして、妙なるハーモニー。とくと味わってもらうかしらー」
「……うぇ。ヒドイ臭いですっ! なんなんですか、これはっ」
「ショウガ・ニンニク・麻黄・唐辛子・ガラナなどの生薬を、ふんだんに――」
「あっきれたぁ……空前絶後の、おばかさぁん。第一、ガラナって生薬ぅ?」
「…………金糸雀……問っ! 題っ! 外っ!」
「薔薇しーちゃんの言うとおりですわね。
 ドクターペッパーの方が、よっぽどマシですわ」
「も……問題外?! 以前、本で読んだとおりに……作ったのに」
「それって、民明書房の本なんじゃねぇですかぁ?」

哀れ、金糸雀も轟沈。
けれど、乙女たちの宴は、まだ続くのだった。