※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
  ―弥生の頃 その2―  【3月3日  上巳】 後編


真紅、金糸雀と相次いで轟沈する中、三番手に名乗りを上げたのは、水銀燈。

「それじゃあ、口直しに、私の甘酒を召し上がれぇ」
「あぁ、助かったです。これは、まともそうですぅ」
「本当ですわね。良い香りですわ」
「うっふふふふ……当然よぉ。私の辞書に、不可能の文字なんてないわぁ」

ちらり……。萎れている真紅と金糸雀を横目に見遣って、
水銀燈はニタァ……と、口の端を吊り上げた。

「真紅や金糸雀みたいな、薔薇乙女ならぬバカ乙女なんかとじゃあ、
 端っから勝負になるワケないじゃなぁい♪」
「……き、聞き捨てならないのだわ」
「でも、反論できないかしらー」
「二人とも、そう落ち込まないでなの。とにかく、飲んでみるのよー」

雛苺のフォローで、全員が「では――」とコップを手に取り、口元に運ぶ。
見た目、良し。匂い、良し。あとは、口にしてみるだけ。
みんな一斉に、ぐいっ……と、呷る。

そして、一斉に噴き出した。一人、水銀燈を除いて。

「ちょっ……なんですか、これはっ! メチャクチャ強烈ですぅ」
「甘酒を蒸留して、ブランデーを、ちょびっと垂らしたのよぉ。
 何も足さなぁい、何も引かなぁい……ってねぇ」
「なんで、ムダに蒸留なんかしてるですかぁっ!」
「思いっ切り、足してるじゃないの! 貴女もバカ乙女の仲間入りよ、水銀燈っ」
「なっ!? まさか、私がぁ? そんなぁ~」
「…………銀ちゃん。おバカさぁん」

薔薇水晶に口癖を奪われ、へなへなと頽れた水銀燈を、
真紅と金糸雀が、おいでおいで……と手招きする。
能面の『若女』を思わせる笑みを、満面に貼り付かせながら。

水銀燈は、フラフラと二人の元に引き寄せられていった。

「私も……バカ乙女だったなんてぇ。ショックぅ~」
「まあまあ、そう気落ちしないで下さいな。
 ご自身の愚かさを自覚できたのですから、ケガの功名というものですわ」
「……お姉ちゃん。フォローになってない」
「平然と、奈落の底に突き落としやがったです。
 きらきー……怖ろしい子ですぅ」
「銀ちゃん、可哀想なのよ。じゃあ、四番手はヒナ――」

雛苺が名乗りを上げようとした矢先、狼狽えた様子で、翠星石が立ち上がった。

「つつ、次はっ、私の番ですよっ! これぞ正統派の味で勝負ですぅ」
「うゅ……翠ちゃん、割り込みはダメなのよ」
「良いじゃないの、雛苺。主賓は、最後に登場するものなのだわ」

真紅にそう言われては、雛苺も返す言葉がない。
不承不承、といった風に頷いた。
四番手が決まり、全員が、翠星石の名前が書かれたコップを手にする。
見た目も、香りも、これぞ甘酒という出来映えだった。

「ミルキーはママの味。甘酒はおばばの味。さぁ、イッキにいくですっ!」

お祖母さんの味と言われると、なんとなく、郷愁を誘われる。
しかも、翠星石の作った甘酒は、仄かな甘みと、優しい味で、
懐かしい記憶を呼び覚ましてくれる一品だった。
口に含むなり、みんな、しんみりと黙り込んでしまうほどに……。

「はぁ……美味しいわぁ。なんだかぁ、優しい気持ちになれるわねぇ」
「本当に、お世辞抜きで美味なのだわ」

水銀燈と真紅を始め、誰もが口々に褒め称えた。
これなら優勝は間違いない。翠星石が「きしし……」と、ほくそ笑む。
しかし、そうはさせじと、さり気なく金糸雀の妨害工作が入った。

「でもねぇ、美味しいけど、普通すぎて特徴が無さすぎかしらー」
「言われてみればぁ……その通りよねぇ」
「…………平凡かも。だから、保留」
「なっ!? なんで、そうなるですっ!」
「気にしたら負けですわ。次は、私の甘酒を召し上がって下さいな」

五番手は、雪華綺晶。こちらもまた、見た目だけは、至って普通。
翠星石の後というコトもあって、全員、なんの警戒心もなく口に含んだ。

そして――――吐いた。

「み、皆さん?! どうなさったのですか?!」

一人、狼狽える雪華綺晶に、みんなの非難が殺到した。

「どうしたも、こうしたも……しょっぱいのだわ!」
「そ、そんな……私は、ちゃんと砂糖を――ゴブファーッ!」

砂糖を加えた筈が、塩でした! という、お約束のオチらしい。
真紅、金糸雀、水銀燈のバカ乙女トリオが、雪華綺晶を手招きした。
お前も、こっちの人間だ。そう言わんばかりの笑みを浮かべながら――

「みんな……ダメダメ。次……私の」
「六番手は、薔薇しぃですか。いい加減、まともなヤツを頼むです」

薔薇水晶の名前が書かれたコップを持ち上げ、みんな、ヤケ気味に呷る。
ヒドイものばかりなので、誰もが、投げ遣りな感じだ。
もう、どうにでもして! そんな雰囲気が、室内に漂っていた。

直後、部屋の空気が一変する。誰の瞳も、驚愕に見開かれていた。

「こ、これって、お酒かしらー?!」
「間違いないわぁ。甘酒じゃなくて、どぶろくよぉ」
「どーいうコトです、薔薇しぃ!
 本物の酒を出すなんて、正気の沙汰じゃねぇです!」
「……らぷらす印の濁り酒……おいしいよ? 秘密の酒屋さんで売ってる」
「確かに、口当たりがまろやかでぇ、んまぁ~い……って、ヤバいでしょぉ!」
「これって、密造酒……よね。しかも密売だなんて、犯罪なのだわ?!」
「そ、そう言えば……最近、執事さんを見てないかしらー」
「ば……薔薇しぃ。ラプラスさんは、今どこに居るです?」

狼狽える一同に、薔薇水晶と雪華綺晶は、コトも無げに、こう言った。

「…………連れて行かれた。もう……三日も留守」
「一人でバカンスなんて、ズルいですわよねぇ」

そりゃ逮捕されたんだよ……とは、誰も言わない。言えるワケがない。
どんよりと重苦しい空気に包まれて、雛苺を除いた六人は、がっくりと項垂れていた。
けれど、まだ終わりではない。
最後の審判が下される瞬間が、訪れようとしていた。

「それじゃあ、いよいよ、ヒナの甘酒を飲んでもらうのよー!」

しかし、その色は薄桃色で――

「あー。なんとな~く、味の予想が付いちまうですぅ」
「どう……なさいます?」
「主賓の出してくれたものは、戴くのが礼儀だけどぉ」
「じゃあ、銀ちゃん……お先にどうぞ、ですぅ」

ご機嫌を窺うように、みんなで雛苺を一瞥する。
彼女は無邪気な笑みを浮かべて、自分の甘酒を飲んでもらえる瞬間を、
今か今かと、心待ちにしている様子だった。


(早くっ♪ 早くっ♪ 感想、聞っかせて欲っしいのよー♪)


誰の耳にも、雛苺のココロの歌が聞こえていた。アタマに電波が飛んできた。
正直、飲みたくない。でも、飲まなければいけない。
拒否できない空気が、場を占めていた。

「貴女たち、覚悟は良い? 遺書は書いたわね?
 じゃあ…………みんなで一斉に飲むのだわ」

それでは……と、
真紅の音頭で、誰もがギュッと目を閉じ、コップの中身を呷った。


予想どおりの味? いいや、もっとヒドイ。
雛苺の甘酒には、すり下ろした苺が、たっぷりと溶け込んでいたのだ。
殺人的な甘さに、誰もが口元を抑えて、目に涙を浮かべていた。
正確には、雛苺と、薔薇水晶を除いた五人が――

「ウォォ~、アンマァ~。とっても美味しいのよー♪」
「……うん。おいしいね」
「薔薇しぃ、おかわりなら、いっぱい有るのっ」
「それじゃあ…………マヅイ~っ! もう一杯ぃ!」
「ええっ?! 美味しいって言ってくれたのは、ウソだったのー?」
「…………言葉のアヤ。気にしちゃダメ」

やおらコントを始める二人を余所に、真紅たちは口直しにと、
翠星石の作った甘酒をガブ飲みしていた。


ある程度、酔いが回ってくると、だんだん味も解らなくなってくる。
結局、金糸雀の漢方甘酒だけが売れ残り、他は全て、飲み干されてしまった。
その中には、水銀燈と薔薇水晶の、本物の酒も含まれていたワケで――
泥酔した乙女たちは、思い思いの姿勢で、眠りに就いていた。




ふと、目を覚ました翠星石は、座布団を敷いて寝転がっている雛苺を見遣った。
楽しそうに微笑みながら、眠りこけている。みんなの寝顔も、幸せそうだ。
今年の雛祭りに、蒼星石が居なかったのは残念だけど……
これはこれで、面白かった。
心安らぐ、ひととき。たまには、こんな雛祭りも良い。


翠星石は、ふ……と、鼻先で微笑すると、
再びテーブルに突っ伏して、夢の世界に旅立っていった。