※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
  ―卯月の頃―  【4月5日  清明】


四月に入り、長かった春休みも、残すところ数日。
三月末まででバイトは終了しているので、今は四年目の大学生活に向けて、
あれこれと準備を進めているところだ。
就職か、修士課程への進学か……それも迷っていた。

「早いもんですぅ。もう四年生になっちまったですね」

翠星石は、自室の壁に掛けたカレンダーを眺めて、しみじみと独りごちた。
もう、四月。蒼星石が海外の大学の編入試験に合格して、この家を出てから、
半年以上が過ぎたことになる。

留学というと、費用面など諸々の問題で、大概は半年間を選択する。
しかし、蒼星石が選んだのは、一年間のコースだった。


  『半年で学べる量なんて、高が知れてるでしょ。
   だから、ボクは一年間、勉強してくるよ。
   中途半端な留学なら、しない方がマシだと思うから』


そんな台詞を残して、彼女は海外へと飛び立って行った。

毎日、電子メールが送られてきて、時々、祖父母宛に絵葉書が届く。
でも、蒼星石は帰って来ない。
自分の信念を貫いて、一年間は、一度も帰国しないつもりなのだろうか。
会えない寂しさを紛らすために、翠星石は今日も、ノートパソコンに向かう。

「あ、新着メールが来てるです」

アドレスで、蒼星石からだと分かった。昨夜の内に、着いていたらしい。
逸る気持ちを抑えようともせず、翠星石はメールを開いた。
内容は、いつも通りの近況報告だ。今日も元気に、頑張っているみたい。
短い文面には、異国の地での苦悩など、全く見て取れなかった。
半年以上を過ごして、異国の生活リズムに慣れてきた証拠だろう。

本来なら、蒼星石の努力を賞賛すべきなのだが――


(また……ちょっとずつ遠ざかっていくですね)

最愛の妹が、更に手の届かない遠くへと行ってしまうみたいに思えて、
翠星石は、素直に喜ぶコトが出来なかった。
不謹慎だけれど、蒼星石の身に何かが起きて、緊急帰国する必要が生じたなら、
きっと、翠星石は心の中で拍手喝采したに違いない。
つい、そう思ってしまうくらい、彼女の寂寥感は募っていた。

「……会いたいですよ、蒼星石」

ポツリと呟きながら、ふと添付ファイル欄を確認すると、
珍しく、画像ファイルが添付されていた。
月が変わったから、四月の誕生花である藤の花を、添付してきたのかも。

何気なくファイルを開いた翠星石は、思いがけない写真を眼にして、
思わず、ひぅっ! と息を呑んだ。


  『姉さん。新学期から、新しいルームメイトが出来たよ』


写真の添え書きには、そうあった。
大学の構内で撮影されたのだろうか。花壇を背にして、穏やかに微笑む蒼星石。
その隣には、鮮やかな金髪の娘が肩を寄せて並び、はにかんでいた。
服装は、変に飾りっ気のない、清楚な感じ。面差しも大人しげで、可愛らしい。
ハッキリ言って、なかなかの美人である。

「ルームメイトって……同居人ってコトじゃねぇですかっ!
 こいつは何者ですっ?!」

娘の名前は、書き忘れたらしくて、どこにも記載されていない。
けれど、名前なんて、この際どうでも良い。
一番の問題は、この娘が、蒼星石と同じ部屋で寝起きしている――と言うこと。
この娘が、蒼星石の隣で微笑み、寝食を共にして、一日の大半を共有している。
そう考えるだけで、翠星石のココロは千々に乱れた。

「こ、この娘が……蒼星石と…………買い物したり、食事したり?
 まさか、まさか……一緒にシャワー浴びたり、一緒のベッドで寝たり?
 き、きぃ――っ!! ゆゆゆ、許せねぇですぅ! 呪い殺してやるですっ!」

錯乱気味に、なにやら物騒なコトを翠星石が口走った直後、
パソコンの脇に置いてあった携帯電話が鳴った。通常着信だ。
翠星石はビクッ!? と肩を震わせて、電話に出た。

「も……もしもし、ですぅ」
「翠ちゃん? おっはよーなのーっ!」
「うっ……朝からテンション高ぇですね。鼓膜が痺れたですぅ」

電話の相手は、朝からムダに元気な雛苺だった。
雛苺は、何やら興奮気味に声を弾ませて、話を続ける。

「聞いて聞いて! ヒナね、今朝、すっごい発見をしちゃったのよー♪」
「おバカ苺。『すっごい』と『発見』の間に『下らない』が抜けてるですよ」
「ああっ! なんてヒドイこと言うのー? 信じらんないのっ」

だって、いつものコトだから。
ココロで思っても、無論、決して口にはしない。
それが大人のレディの対応ですぅ、と胸裏で呟き、口では雛苺を宥めた。

「そう拗ねるなです。話くらい聞いてやるですから、とっとと話しやがれですぅ」
「……なんで、そんなに偉そうなのか解らないけど……特別に教えてあげるのよ。
 耳の穴かっぽじって、よぉ~く聞きやがれ、なのー」
「雛苺こそ、最近、ヤケに口が悪くなったですぅ」

その理由が自分に有るとは、夢にも思わない翠星石だった。

「今朝、目が覚めたときのコトなのっ。
 実は、今日って陰陽師の、あべのせいめいの誕生日だったのよー!」
「な、なんだってー!? ですぅ。でも……どうして解ったです?」
「カレンダーを見ると、清明って書いてあるのっ」
「…………おバカ」
「うよ?」
「清明って言うのは二十四節気のひとつで、春分から十五日目のコトですぅ。
 おまけに、字が違うです。安倍晴明は、晴れの字、清明は清いの字ですよ」
「…………そ、それは……そう! こーめーの罠なのよー!」

見苦しい言い訳をする雛苺に、翠星石の声は自然と大きくなった。

「間違ったクセに開き直るなんて、言語相談ですぅ!」
「それを言うなら、言語道断なの」
「……と、とにかく、下らない電話して、私に迷惑かけた罪滅ぼしをするですっ」
「うゅ~。解ったのよ。ヒナは、どうすれば良いの?」
「とりあえず、今日の遊行費は雛苺が持つですよ」

少しばかり悄気てしまった雛苺に、翠星石は遠慮会釈なく言い放った。
だがモチロン、半分は冗談だ。自分が遊ぶ費用くらい、自分で出す。
もう半分の本音とは、いささか遠回りに過ぎる言い方なのだが、
『これから一緒に、遊びに行こう』との誘いだった。

しかし、そこは付き合いの長い雛苺のこと。
すぐに翠星石の真意を悟って、了承の返事を返してきた。




それから数時間後、翠星石と雛苺は、新副都心の方をブラブラと散策していた。
これといった当てを決めず、一日乗車券を使って散歩するのも、なかなか楽しい。
けれど、どこに行っても、翠星石のココロは晴れなかった。
蒼星石のメールで見たルームメイトの娘が、どうしても気になってしまう。




結局、丸一日を費やして、雛苺と遊び倒したのに、気分は重いままだった。
翠星石は、自宅へ帰るなり、パソコンに向かってキーボードを叩いた。
人の気も知らないで、なんてメールを寄越したんだろう。
やり場のない腹立たしさが、ついつい、タイピングを荒っぽくさせる。


  『蒼星石のバカちん! ルームメイトの娘の名前が、書いてねぇです』


マウスカーソルを、送信ボタンへと滑らせる。
翠星石は「バカぁ」と涙声で呟いてから、そっと……左クリックした。