※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
  ―皐月の頃―  【5月2日  八十八夜】


早朝、みっちゃんの自宅に集合してから、タクシーと電車を乗り継ぎ、
やっとの思いで空港まで到着した頃には、既に八時を回ろうかという時刻だった。

「ほらほら。貴女たち、急いでね~」

空港のロビーを進む足取りも軽く、みっちゃんは付き従う娘たちに発破をかける。
娘たちとは、翠星石と、彼女に誘われて参加することとなった雛苺である。
軽装のみっちゃんとは異なり、二人とも両手にスーツケースを引きずっていた。

「急げと言われても、こう荷物が多いと、歩くのも儘ならねぇですぅ」
「殆どが、みっちゃんの持ち物なのよー」

ぶーぶーと、文句たらたらな二人。道中ずっと、こんな感じである。
二人の手荷物は、数日間の着替えや愛用の化粧品など、身の回りの物だけ。
それとて、大して多くないから、ボストンバッグひとつで事足りている。
翠星石と雛苺は、みっちゃんのスーツケースを運ばされていたのだ。

「こんなに沢山あるなら、先に空輸しとけば良かったじゃねぇですか!」

みっちゃんは、翠星石の言葉を受けて、それまで浮かべていた微笑を引っ込め、
やおら真剣な面持ちで、二人に語りかけた。

「そうは行かないわ。いい? これは、機密保持……ってヤツよ」
「機密……そ、そんなに重要な物を、ヒナたちは運んでるの?」
「ま、まさか……奪われたらヤバイ代物ですぅ?」
「そうよお。解ってくれたなら、くれぐれも、取り扱いには注意してね♪」

最後の最後にウインクして、茶目っ気を見せたものの、
みっちゃんの眼は笑っていなかった。
翠星石と雛苺は、顔を見合わせて、ごくりと生唾を呑み込んだ。

「二人とも、そんなに気負わなくても平気よ。もっと気楽に気楽に~」
「そうは言っても……な、なんだか、きき……緊張しちまうですぅ」

ただでさえ、初めての海外旅行でドキドキしていると言うのに、
重要機密品の輸送だなんて、心臓に良くない。
常に気を張っていないと、うっかり失神してしまいそうだった。

加えて、蒼星石に会える喜びも、翠星石の情緒を掻き乱している。
とても嬉しい反面、必然的にオディールと顔を合わせるのが、とても怖かった。
ただのルームメイトだ……と、蒼星石はメールで言っていたけれど、
そんなこと、実際に会って、話してみなければ判らない。

(もしも…………もしも、です)

蒼星石とオディールが親密な関係になっていたら――
どんな顔をして、会えばいいのだろう?
今までどおりの笑顔を浮かべることは、ちょっとどころか、かなり難しそう。

二人を隔てた距離と時間は、亀裂どころか、とても大きな渓谷となって、
翠星石の前に立ち塞がっている。
その谷間に架けられた、一本の細い吊り橋。それが、蒼星石との絆。

もしかしたら、渡っている最中に、壊れてしまうかも知れない。
あるいは、誰かの手によって、切り落とされてしまう――とか。


それでも、行くしかない。ここまで来て、引き返すつもりなんて無い。

(なに、弱気になってるですか、私はっ! 
 双子の姉妹という、特別な絆を信じるです。
 蒼星石は必ず、私を選んでくれるですぅっ!)

二人の絆は、とてもとても強い縁。だから大丈夫。きっと大丈夫。
翠星石が、胸裏で呪文のように呟いたところに、雛苺が話しかけてきた。

「大丈夫。きっと大丈夫なのよ?」
「えっ?!」

あまりにタイミングが良すぎたので、翠星石は一瞬、
雛苺にココロを読まれたのかとドギマギした。
けれど、続く彼女の台詞で、それが単なる偶然だったと判明する。

「普通を装っていれば、大切な物を運んでるなんて判らないのよー」
「……あ、ああ。そういう意味ですか」
「うよ? なんだか……元気ないの。具合が悪いの?」

翠星石の沈鬱を、鋭敏に察知した雛苺が、心配そうに顔を覗き込んでくる。

「そ、そんなコトねぇですよ」彼女は明るく誤魔化し笑いをして、
雛苺の背中をバシンと叩いた。「ちょっと、気疲れしただけですぅ」

「あ痛っ! もぅ、翠ちゃんってばヒドイのよー!」
「元気だってところを証明してやっただけですぅ」
「ほら、ふざけてないで。もうすぐチェックインカウンターだから。
 荷物運びは、あそこまでの辛抱よ。二人とも、頑張ってね」

みっちゃんに応援されながら、翠星石と雛苺は、スーツケースを運び続けた。




飛行機に搭乗してから、12時間以上が経過して漸く、目的地に到着した。
その後も、入国手続きやら小銭の両替やら、煩瑣な作業に追われて、
ホテルにチェックインするや、翠星石はベッドに寝転がってしまった。
本当は、今すぐにでも蒼星石に会いに行きたい。
でも、こんな体調では、それも厳しかった。

これから数日間、雛苺と一緒に、この部屋に宿泊する予定である。
雛苺が、自分の荷物を置きながら、翠星石に声をかけた。

「やっぱり、かなり疲れちゃってるのねー」
「……ったりめーです。おめーは、どうして相変わらず元気なのです?」
「機内でも寝てたし、ヒナはよく家族で海外旅行に行くから慣れてるの。
 それに、子供の頃は、フランスで暮らしてたコトもあるのよー」
「……そう言えば……そうだったですね」

雛苺と知り合ったのは、小学校の五年生の頃だった。
日本に帰ってきた時期が悪かったため、帰国子女なのに私立の学校には行かず、
翠星石や蒼星石、真紅、巴たちが通う県立の小学校に転校してきたのだ。
あれから十年以上が過ぎ、当時の級友たちの名前なんて、殆どを忘れてしまった。
そんな中で、ずぅっと友達で居続けてきたなんて、驚くべきことだろう。

「とりあえず、時差ボケとかも有るし、ゆっくり休んだ方が良いのよ。
 みっちゃんには、ヒナが話しておくから心配いらないの」
「……すまねぇです。頼んだですぅ」

了承の返事をして、雛苺が部屋を出ようとした矢先、ドアがノックされた。
表情を硬くする、雛苺。安易に、施錠を解いたりはせず、まず誰何する。
廊下からの返事を聞いて、みっちゃんだと判ってから、やっとドアを開けた。
なかなかに、用心深い。でも、海外ならば、そのくらいが普通なのだろう。

みっちゃんは頸にデジカメを下げ、あのスーツケースを携えていた。
部屋に入るなり、ベッドで仰向けに寝転がっている翠星石に気付いて、
あらら……と独り言を呟いた。

「翠星石ちゃん、随分とバテてるね。まあ、最初は誰でも、そんなものか」
「みっちゃん……手伝いに来ていながら、申し訳ねぇです」
「構わないって。この程度は予測の範疇よ。
 今日はもう、出かける予定も入れてないから、ゆっくりしてね~」

その辺りの配慮は、流石の一言に尽きる。
翠星石が感心していると、みっちゃんは徐にスーツケースを横たえて、
鼻歌混じりにダイヤル錠を回し始めた。

「みっちゃん、何を始めるつもりなのー?」
「あ、もしかして、明日からの予習ってヤツですか?」

スーツケースには重要機密が納められていると、みっちゃんは語っていた。
であれば、当然、翠星石の予想どおりの展開になるだろう。
みっちゃんは言葉で答える代わりに、スーツケースを開いて見せた。


そこに納められていたのは、綺麗に折り畳まれた大量の服だった。
しかも、普段着とは思えない物ばかりである。
みっちゃんは、その中から紺色の和服に、茜たすき、菅の笠などを取り出して、
雛苺と翠星石に、ずいっと差し出した。

「うよ?」
「なんです、この服は?」
「これに着替えて! 今すぐに!」

有無を言わせぬ語気の強さ。そして、なにやら妖しい瞳の輝き。
翠星石も、雛苺も、僅かに残る野生の本能で、身の危険を察した。

――大人しく従っておかないとヤバイ。

部屋のカーテンを閉めて、二人は手早く、みっちゃんの用意した服に着替えた。
その服装は、いわゆる茶摘み娘ルック。茜たすきで袖を上げ、菅の笠を頭に頂く。
夏も近付く八十八夜……と、歌にも織り込まれている描写だ。

みっちゃんは、着替えを終えた二人を一瞥するや鼻血を流しながら、
デジカメで写真を取り始めた。

「あの……みっちゃん。これって、今日が八十八夜だからです?」
「まぁねぇ~。他にも、多種多様な服を持ってきてるから、愉しみにしてて♪
 バッチリ撮影させてもらうわよ~」
「……その前に、鼻血を拭いた方が良くねぇですか?」

スーツケースの中身は、殆どが服であるらしい。
な~にが重要機密なんだか、と翠星石が白い眼を向け、呆れている隣で、
雛苺は指を折って何かを数え「うよ?」と頸を傾げた。

「ねえねえ、翠ちゃん。どうして今日が八十八夜なの?
 一月一日から数えると、五月二日は百二十二夜なのよー。
 絶対に、おかしいのっ。間違ってるのっ」
「おバカ苺。間違ってるのは、おめーのアタマですぅ」
「あああっ! なんてヒドイこと言うのー?! 信じらんないのよ」 

翠星石は「ホントのコトですぅ」と鼻で笑い、んべっ! と舌を突き出した。

「いいですか。耳の穴かっぽじって、よ~く聞きやがれです。
 八十八夜とは、立春から数えて八十八日目というコトなのですぅ。
 今日、摘んだ茶葉は一番絞りと呼ばれて――」

と、そこまで言って、翠星石は口を噤んだ。
みっちゃんの前で、うっかりウソをブチ撒けたりはできない。
不自然に言葉を切った彼女に、みっちゃんと雛苺の視線が注がれる。

「一番絞りが、どうしたって言うのー?」
「それ、あたしも聞きたいなあ。何か、凄~い効能でも有るのかなぁ?」
「……べ、別に……ねぇですよ」

じろじろと注目されて気恥ずかしくなったか、翠星石は赤面した顔を背ける。
途端、みっちゃんの眼が光を放った。

「シャッターチャンス!! その顔、もらったわ」
「っ?! や、やめるですっ! こんな顔、撮るなですぅ!」

菅の笠で顔の下半分を隠した翠星石に、みっちゃんはニタリと笑い掛けた。

「あ~ら、残念ね。もう撮っちゃった♪ これをネタに脅……げふんげふん」
「ちょっ! いま、ナニ言いかけたですっ!」
「気のせい気のせい。あたしは、なぁ~んにも言ってないわよー」
「…………みっちゃん、実は腹黒いのよー」
「だから、気のせいだってば。人聞きの悪いこと言っちゃダメダぁメ。
 それよりも、次は――この服に着替えて撮影よ!」
「ま、まだ続けるですぅ? 大体、なんてぇハレンチなデザインですかっ」
「うゅ……この服、すんごいハイレグなのぉ」


こうして、みっちゃんのペースに振り回されっぱなしの初日は、
時差ボケを吹っ飛ばすほど、賑やかに過ぎゆくのだった。