※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
  ―皐月の頃 その2―  【5月5日  端午】前編


みっちゃんのお供で、蒼星石の留学先を訪れて、早三日が過ぎ――
明日には帰国の途に就かねばならないのに、翠星石は依然として、
蒼星石に会えずにいた。

日中は、みっちゃんの手伝いでキャンパスに詰めているから、
昼食時や休み時間などに、ひょいと再会できると思っていたのだが……。


「……どうにも、私の考えが甘かったみてぇです」

雛苺と、みっちゃんに挟まれ、食堂のテーブルに着いていた翠星石が、
白いソーセージの付け合わせであるザワークラウトをフォークで突き突き、
憮然と呟いた。それを聞きつけて、みっちゃんがチラと視線を向ける。

「どうかしたの、翠星石ちゃん? もしかして、ザワークラウト嫌い?
 まさか、ヴァイスブルストが苦手ってワケないよね」
「好き嫌いはダメなのー。だから、翠ちゃんはアタマに栄養が回らなくて、
 肝心なところで間が抜――痛ったぁ~い!」

暴言を吐いた雛苺の脳天に、めぎゃっ! と強烈な手刀を叩き込んでから、
翠星石は、みっちゃんの疑問に答えた。

「食事の好みとかの話じゃねぇですぅ。
 みっちゃんの手伝いだと聞いてたから、もっと簡単な雑用で、
 それが終われば自由時間になると思ってたです」
「あれぇ? ひょっとして、遊び感覚だったのかなあ、君は」

みっちゃんは、からかうように眼鏡の奥の目を細めて、翠星石の頬を指でつついた。

「いけませんなあ。これも講義の一環なんだってば」
「あ痛たっ! みっちゃん、爪が刺さるですぅ!」
「ええ~? そんなに尖らせてないわよお?」

と戯けながらも、指を除けるみっちゃん。
間違っても、女の子の顔に傷を付けるような真似はしない。
殊に、写真映えするカワイイ女の子なら、尚更である。

「まあ、冗談はさておいて……なにか、済ませたい用事でも有るの?」

さり気なく、翠星石の皿からソーセージを奪取しつつ、みっちゃんは訊ねた。
その問に答えたのは、訊かれた本人ではなく、雛苺だった。

「実はね、翠ちゃんの妹の蒼星石って娘が、この大学に留学してるの」
「私の、双子の妹ですぅ」
「っ?! マジで? それなら、きっと良い被写……げふんげふん。
 あ~……つまり、その子に会いに行く時間が無い――と、こういうワケね」
「流石は、みっちゃんなの。話が早いのよー」
「んふふふ…………まぁねぇ」

みっちゃんは、新しい玩具を見付けた子供みたいに、にへら……と笑った。
だが、すぐにキュッと表情を引き締めて――

「そう言う大事なことは、予め報告しておくものよ。
 どんなコトも、意志の疎通が大切なんだからね」
「は、はい……ですぅ」
「まあ、話は解ったわ。今日の午後は、もういいから、会って来なさいな」
「っ!! ほ、ホントです? ホントに良いですか?」

予期しない答えに、素っ頓狂な声を上げる翠星石。
みっちゃん、ウインクしてサムズアップ。

「その代わり、今夜、妹さんを紹介してねぇ~♪」




思いがけず時間を得た翠星石は、雛苺に付き添ってもらって、蒼星石を探した。
キャンパスは考えていた以上に広く、どこがどこだか分かり難い。
帰国子女にして語学に堪能な雛苺の協力なしに、探すことは困難だった。

「ねえ、蒼ちゃんって、どの学科を専攻してるのー?」

それを知らずして、探し当てる事など出来ない。
翠星石は、訊ねる雛苺に答えた。

「私にも、詳しい名称は分からねぇですぅ。大まかに、植物学くらいしか」
「それじゃ大まかすぎるの。まあ、学科棟は絞り込めると思うけど――」
「そうそう、新種の植物の研究とか、栽培をしてるみたいですぅ。
 最近の地球環境の変化で、人知れず絶滅してゆく植物は、たくさんあるですよ。
 それを保護して、未来へ伝えていくのが、蒼星石の夢なのです」
「うよー……それって、凄くスケールの大きいお話なのよー」
「後世に知識を残すための、大切な仕事です。素晴らしい夢ですよ、ホントに」

私も、蒼星石の隣で手伝えたら……どんなに嬉しいだろう。
蒼星石と、同じ夢を追いかけられたら……どんなに幸せだろう。

翠星石は、そう思わずにいられなかった。

(でも…………私まで家を出るワケには、いかねぇです。
 おじじも、おばばも、きっと寂しがるです。
 寿命が縮んで、きっと三日でポックリ逝っちまうですぅ)

今は、まだ……別々の道を歩み続けるしかない。
けれど、いつかは二つの道を一本に纏めて、二人並んで歩いていきたい。



そんな願望を胸に、翠星石はキャンパス内を見回っていた。
だが、次の瞬間っ! 急に狼狽えて、雛苺の背後にコソコソと隠れた。

「うゆ? どうしたなの?」
「しぃっ! や、や、ヤツですっ」
「ヤツ?」
「オディールですぅ!」

翠星石は、雛苺の耳元で囁き、ある一方を指差した。
雛苺が、彼女の指先を眼で辿っていくと、そこには可愛らしい金髪の娘が、
友達と愉しげにお喋りしながら歩いていた。

「あの娘なのね。翠ちゃんが話してた、蒼ちゃんのルームメイトって」
「そ、そうですっ。あの泥棒猫に間違いねぇですっ!」
「泥棒って……証拠もないのに、人聞き悪いのよ~。
 とりあえず、ヒナがお話してくるの。
 あの娘に聞けば、きっと、蒼ちゃんの居場所が判るのよ」

雛苺は「ちょっと、待っててなの」と告げて、翠星石を残し、
オディールの元へ駆け寄って行った。

なにやら、外国語で話しかけている雛苺。
どうやら言葉が通じたらしく、雛苺とオディールは、にこやかに談笑し始めた。
……が、なかなか、本題に入っていない様子だ。


「ああ、もう。おバカ苺ったら、なぁ~に雑談なんかしてるです!
 さっさと蒼星石の居場所を聞き出しやがれですっ」

翠星石は焦れったそうに、親指の爪を、がじがじと噛んだ。
すると、翠星石のフラストレーションが伝播したのか、
不意に雛苺は振り返って、翠星石の居る方を指差した。
オディールも、雛苺の示す方に顔を向ける。
一瞬、彼女と翠星石の眼が合った。


「はわわわわっ! な、なんで、こっちを指差すですかっ?!」

慌てた翠星石は、手近な木の陰に飛び込み、隠れた。
いざとなると、どうしても人見知りしてしまう。
まして、オディールとは初対面。何から話して良いのか、ちっとも解らない。
キッチリと話を付けてやるつもりだったのに…………膝が震えていた。

「うぅ~。ここまで来ていながら、竦んじまうなんて情けねぇですぅ。
 こーなったら、対話なんて間怠っこしいです。
 ひと思いに、ヤツの後頭部を、岩でガツンと――」
「もぉー。翠ちゃんったら、なんで隠れちゃうのー?」
「ひぅっ?!」

いきなり声を掛けられて、翠星石は五センチほど飛び上がった。
よからぬコトを企んでいたので、尚のことである。

「お、おバカ苺っ! 驚かすなで……でで……ですうぅ?!」

いきり立った翠星石が振り返った先には、不思議そうな面持ちの雛苺と、
彼女の背後に佇むオディールの姿があった。

「こんにちは。貴女が、蒼星石のお姉さんね」

いきなり蒼星石を呼び捨てにされて、ムッと眉を吊り上げる翠星石。

(な、馴れ馴れしいヤツですぅ!
 なんです、その『蒼星石は俺の嫁』みたいな態度はっ。
 気に入らねぇですっ! この泥棒猫をヌッ殺して、私も死ぬですぅ!)

翠星石は、獲物を前にした豹のように、襲いかかるタイミングを計り始めた。


一方のオディールは、翠星石の殺気には全く気付かず、笑顔で話しかけてくる。

「初めまして。私はオディール=フォッセー。
 もう御存知でしょうけど、蒼星石のルームメイトよ」
「……し、し、知ってるです。メールで……写真を見たですから」
「私も、貴女のこと知ってるわ。貴女の姿は、毎日、目にしてきたのよ。
 蒼星石の机の写真立てに、貴女のブロマイドが飾られているんだもの」
「そ、そうなの……です?」
「ええ。蒼星石の、一番の宝物なんですって。とても大切にしているわ」

そんな話をされては、翠星石も満更ではない。
翠星石は単純にも、それまで抱いていた殺意を、すっかり忘れてしまった。

(うんうん。やっぱり、蒼星石は私のことを一番に想ってくれてるですぅ。
 モチロン、私は蒼星石のコト、信じてたですぅ~♪)

そうと解れば、あとは妹との再会を楽しむのみだ。
翠星石は上機嫌で、オディールに蒼星石の所在を訊ねた。

ところが、オディールは「それがね――」と表情を曇らせ、
言い辛そうに続けた。「蒼星石は、今……この街に居ないのよ」


「……え?」
翠星石の笑顔が凍り付いた。「どういう…………コト、です?」

「今月の初頭から、教授のお手伝いで採取チームに同行しているの」
「そんなっ! いつです? 蒼星石は、いつ戻るです?」

縋りつく翠星石に、オディールは沈痛な面持ちで告げた。

「採取調査は、一週間の予定よ。多分……早くても七日の午後になるわね」
「そんなっ!!」

翠星石たちは、明日、この国を去らなければならない。
でも、蒼星石が帰ってくるのは、明後日。
たった一日の差で、会えないだなんて――

「そんなのって…………ねぇです」

へなへなと、力無く膝から崩れ落ちる翠星石を、雛苺とオディールが支える。
翠星石の瞳から、ぽろ、ぽろ、と悲しみの雫が落ちて、アスファルトを濡らした。

「こんなヒドイ話はねぇです!
 やっと、ここまで来たのに……なぜですかぁっ!」
「本当に、急に決まった話なのよ。蒼星石も、貴女に再会するのを心待ちにしてた。
 でも、慌ただしく出発することになって……。
 蒼星石も、なんとか貴女に連絡しようと試みていたのよ」
「でも……時差の関係で、間に合わなかったのね。翠ちゃん、可哀想なの」


――蒼星石も、再会を心待ちにしてくれていた。


オディールの口から語られた、その事実だけが、翠星石にとって唯一の慰めだった。
切望していただけに落胆も大きいけれど、これが今生の別れではない。
あと数ヶ月すれば、夏休みが始まるし、蒼星石の留学期間も終わる。
会おうと思えば、まだまだチャンスは作れるのだ。
お互いが、会いたいと願い続ける限り――

翠星石は、人差し指の背で涙を拭うと、自分の足で、気丈に立ち上がった。
けれど……


未練は涙となって、あとからあとから……翠星石の頬を濡らし続けた。