※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
  ―文月の頃―  【7月2日  半夏生】


夏至から11日が過ぎても、依然として梅雨が明けない、七月最初の日曜日。
翠星石は、週末恒例ゆるゆる朝寝を楽しんだ後、机上のノートパソコンに向かい、
文月の名に相応しく、蒼星石からの電子メールを確認していた。
この作業も、すっかり日常生活に織り込まれてしまった感がある。

「うふふ……今日も来てるですね。流石は、私の妹。律儀で感心ですぅ」

気忙しく、新着メールを開く。
ここ数日の話題は、専ら、夏休みのことばかりだった。
気が早いとアタマで解っていても、会いたい気持ちは抑えられない。


【おはよ、姉さん。そっちは、もう梅雨明けした?
 こっちでは、だいぶ気温が上がって、夏らしくなってきたよ。
 昨日は、オディールが――】

そこまで読むと、翠星石は眉間に深い皺を刻んで、メールを閉じてしまった。
昨夜から、心待ちにしていたにも拘わらず、である。


  何故?


理由は単純で、他人からみれば、至極つまらないことだった。
つまりは、二人だけのナイショ話にオディールの名前が割り込んできたから。
それで、どうにも気分が悪くなったのだ。
例えるなら、我が家の居間に土足で上がられたような――


最近、メールの中で頻繁に、彼女の名前を見かけるようになった。
それは取りも直さず、蒼星石とオディールの親密度が増したコトを意味する。
実際、彼女たちはルームメイトであり、同じ大学に通う学生なのだから、
仲良くなるのも当然の帰結と言えよう。
メール以外に時間を共有する術を持たない翠星石では、
一日の大半をリアルタイムで過ごせるオディールに、太刀打ちできる訳がない。
翠星石が、一刻も早く蒼星石と会いたがったのには、そういう焦りも関係していた。

実際に会ってみて、悪い娘ではないと判ったものの、彼女が蒼星石の側で、
同じ空気を呼吸していると思うと、心が乱れて平常心を保てない。
翠星石の脳裏に、歪な妄想が拡がり始めていた。


《以下、名無しにかわりましてmのフィールドがお送りします》:sage:2006/07/02(日)

 二段式のベッドで、ほぼ同時に目覚める蒼星石と、オディール。
 上で寝ていたオディールが身を乗り出し、蒼星石の居る下の段を覗き込んで、
 おはよう、と囁く。
 彼女の肩から、プラチナブロンドが滝のように流れ落ちた。

 だが、次の瞬間っ!
 寝惚け半分だったオディールが、体勢を崩して上の段から落下してきた。

 『危ないっ!』

 叫ぶが早いか、蒼星石は飛翔して、彼女の身体を空中で捕らえる。
 その勢いのまま、自らをクッションにすべく背中から床に倒れ込んだ。

 『痛たたぁ…………随分と派手な起こし方をしてくれるね、オディール。
  ん? 心配しなくていいよ。ボクなら平気……だから、もう泣かないで』

 泣きじゃくって謝る彼女の台詞を、蒼星石は、そっ……と重ねた唇で遮った。


 ・・・続くですぅ><




「だぁ――――っ! なんなんですかっ!
 その同人誌にありそうな、ベタでエロリーメイトな展開はぁっ」

束の間、妄想に支配されていたアタマを両手で抱え込んで、翠星石は身悶えした。
冗談じゃない。今のは単なる絵空事。現実に起こり得るワケがない。
翠星石は必死の思いで、自分に言い聞かせていた。

そんな彼女の動揺に付け込み、怪しくも妖しい妄想が再び、押し寄せてくる。


《以下、名無しにかわりましてmのフィールドがお送りします》:sage:2006/07/02(日)

 早朝。真新しい陽光が溢れるキッチンは、清潔そのもの。
 二人は談笑しながら、朝食に添えるサラダを並んで調理をしていた。
 慣れた手つきでフレンチドレッシングを作っている、オディール。
 その横で、蒼星石は、新鮮なレタスを適当な大きさに千切って、
 サラダボウルに盛りつけていく。
 
 鮮やかなレタスの緑を、トマトとタマネギのスライスで覆って色付けし、
 飾りとしてプチトマトを、ちょこんと乗せる。
 おいしそうね、と微笑むオディール。
 蒼星石は、余ったプチトマトを摘むと――

 『キミの可愛らしい唇だって、とっても美味しそうだよ』

 オディールの横顔に甘く囁いて、プチトマトを唇に銜えた。
 そして、悩ましげに目を細め、オディールに顔を近付けていく。
 
 オディールは羞恥で頬を朱に染めながら、瞳を閉じて…………
 雛鳥が親からエサを貰うかの様に、蒼星石が銜えたプチトマトを啄んだ。

 ・・・まだ続くですぅ><




「うひいぃ――――っ! もう止めるですぅ!」

思わず口を衝いて出た叫び声が、翠星石の意識を、現実に引き戻した。
恐るべし、mのフィールド。
胸に抱いた微かな不安を、こうも歪めて増幅・投影されるとは、予想だにしていなかった。
あのまま破滅的な妄想に曝され続けていたら、毒電波の侵蝕によって、
翠星石は思考ばかりか、人格までジャンクにされていたかもしれない。

「……はぁはぁ……このまま悶々としてたら、また……
 mのフィールドに捕まっちまうです。
 今度つかまったら、逃げられるか判らねぇですぅ」

二度あるコトは三度ある。家の中で、ウジウジと腐っていたら危ない。
気分転換に、誰かを誘ってウィンドウショッピングでもしようか?
しかし、窓の外は雨。出掛けるのは億劫だ。足元が濡れるのも気持ち悪い。

「あ! そう言えば、みんなで旅行する目的地を決めてなかったですよ。
 丁度いいから、雛苺を呼んで、相談するですぅ」

翠星石は携帯電話で雛苺と約束を取り付けると、そそくさと身支度を始めた。




昼食を摂り終えて三十分ほど経った頃、翠星石は雛苺の到着を待ちつつ、
インターネットで候補地の検索を行っていた。
だが、懸命に探している時ほど、意外に目的の物は見付からないもので……
翠星石は溜息を吐いて、椅子の背もたれに体重を預けた。

食後ということもあり、何の前触れもなく、翠星石の元に睡魔が忍び寄ってきた。


うとうと……と、船を漕ぎ始める。とろんとした微睡みが、なんとも心地良い。
翠星石は午睡の魅惑に抗おうともせず、ノートパソコンを押し退け、机に突っ伏した。

そこへ、またもや忍び寄る、妖しい影。mのフィールドの気配。
早く、眼を覚まさないと!
アタマでは解っているのだが、どうしてか、自発的に覚醒できなかった。


《以下、名無しにかわりましてmのフィールドがお送りします》:sage:2006/07/02(日)

 薄暗い空間。カーテンの隙間から射し込む、一筋の月明かり。
 月の女神ルナが、淡い蠱惑の光芒で指し示すは、狂気の精霊に取り憑かれた二人。
 シングルベッドの中で、窮屈そうに身を寄せ合う、彼女たち。
 あられもなく剥き出された柔肌は、じっとりと汗ばみ――
 



(い、イヤっ! そんな光景、見たくねぇですぅ!)

妄想の中だというのに、翠星石は必死に顔を背けようとした。
けれど、これは自分の邪推が生み出す、歪んだ妄想。
どこまで逃げても、切り離せない影と同じ。
逃れる術は、目覚めるより他にない。
それも、更なる衝撃映像を見せられてしまう前に。

(こうなったら…………力尽くでも起きてやるですっ)

翠星石はギュッと目を瞑って、力一杯、自分の頬を引っ叩くために両腕を広げた。
弓弦を引き絞るように、ゆっくりと……確実に……。


彼女の身体が激しく揺さぶられたのは、今まさに、夢の中で頬を叩こうとした時だった。




ビクゥッ! と跳ね起きたため、あわや椅子から転げ落ちそうになった翠星石を、
誰かの腕が力強く支えた。
祖父母の頑丈な腕とは異なり、ほっそりと華奢でありながら、とても頼もしい腕。
うっすら小麦色に日焼けした、思慕の情を掻き立てる懐かしい腕。

(あれ? この感触…………蒼……星石?)

――違う。とても似ているけれど、僅かに、蒼星石の腕とは違う。

じゃあ、これは誰の腕?
翠星石は、肩を支えてくれた誰かの腕に両手を添えて、静かに頚を巡らした。
すると、驚くほどの至近に、雛苺の気遣わしげな顔があった。

「間一髪だったの。転んでたら、ケガするところだったのよー」
「……雛苺。おめーが、揺すり起こしてくれたですか?」
「ヒナが来てみたら、翠ちゃん、うんうん唸って、凄くうなされてたのよ?
 もうビックリしちゃって、つい……チカラの加減ができなかったの。
 ホントなのよ? ワザとじゃないのよー」
「ふん……おバカ苺がしでかしそうなコトは、百も承知してるですぅ」

雛苺の腕を無愛想に振り解いて、翠星石は大仰に肩を竦めた。
が、素っ気ない態度とは裏腹に、ココロの中では深く感謝していた。
もしも彼女が起こしてくれなかったら、今頃、どうなっていたか判らない。

口を開けば、また諍いの種を蒔くだけだろう。
ならば、なにも言葉に限る必要なんて無かった。
気持ちを伝える術は、多種多様。一挙手一投足でも、意志の疎通はできる。

翠星石は席を立つと、悄気返っている雛苺のアタマを、愛情込めて叩いた。


「…………ありがとです。来てくれて……そのぉ…………
 か……感謝……してやるですぅ」
「うよ?! 今日の翠ちゃん、不気味に素直なのっ。な、なに企んでるのー?」
「ぬなっ!! なんにも企んでやしねぇですっ!」

額にビキビキと青筋を浮き上がらせた翠星石は、猛然と腕を振り上げた。
そのまま、雛苺の脳天に手刀を叩き込……もうとして、寸止めする。
頚を竦めていた雛苺は、衝撃と激痛が、いつまで経っても訪れないことを訝しんで、
怖々と双眸を開いた。

すると――

「止ぁめ止め。じゃれ合う暇があったら、さっさと旅行先を決めちまうですぅ」

翠星石は既に、ノートパソコンに向かっていた。
そして、どこから掻き集めてきたのか、パンフレットの束を、雛苺に手渡した。

「雛苺は、ここから良さそうな場所をピックアップしとけですぅ」
「う、ういー。翠ちゃんの希望は、山奥の鄙びた温泉なのね?」
「美味しい特産品があれば、なお良しです」
「らじゃーなの。ヒナ、張り切っちゃうのよー」
「張り切るのは勝手ですけど、空回りすんなですぅ」

軽口の応酬を続けながら、二人は旅行の計画を煮詰めていった。
所要時間や費用など、大雑把なドンブリ勘定だったが、あれこれ考えるのは面白い。
あるいは、実際に旅立つよりも、計画を立てている時の方が楽しいのかも知れない。
二人の娘は、終始笑顔のまま、夕暮れ時を迎えたのだった。


輝かしい夏の記憶が、二人の胸にしまってある日記に、書き加えられてゆく。
一生に一度しかない、楽しくて、かけがえのない思い出が、また一つ……。