※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
  ―文月の頃 その2―  【7月7日  小暑】


暦の上で小暑を迎えて、本格的な暑さに見舞われる時期が訪れたものの、
今年の梅雨は未だに明けず、連日、曇天が続いていた。

世間では小暑よりも、五節句のひとつ、七夕と呼ぶ方が一般的である。
駅構内や、駅ビルの地下街、ショッピング・モールも、七夕一色。
金曜日ということもあって、道行く人の足取りは軽く、どこか楽しげだ。

それも、そのはず。
駅前の商店街では毎年、市の協賛で、七夕祭りが盛大に開催されるのである。
しかも、今日は午後から雲が切れ始めて、久しぶりに陽が降り注いでいた。
案外、2、3日の後には、梅雨明けなのかも知れない。



翠星石と雛苺も、午後三時には大学の研究室を後にして、街に繰り出していた。
正しくは、人混みが苦手だからと渋る翠星石を、お祭り大好き娘の雛苺が、
有無を言わせず引っ張ってきたワケだが――
二人が到着した時には、多くの露店が夜を待ちきれず営業を始めており、
おいしそうな匂いを風に乗せて、彼女たちの鼻先をくすぐってくれた。

「まだ夕方なのに、もう、こんなに混雑してやがるですぅ。
 今年も、様々なイベントが行われてて、活況を呈してるですねぇ」
「ヒナにとってのメインイベントは、もう決まってるの。
 子供の頃から、不死屋のチョコ苺を食べるのが楽しみなのー」
「そう言えば……おめーはいっつも、アレを買い食いしてやがったです」

チョコバナナならぬチョコ苺とは、文字通り、大粒の苺を三つほど串に刺して、
カラフルなチョコにダボ漬けした激甘な一品である。
駅前商店街の不死屋で、七夕にのみ販売される、レアな菓子だった。

「蒼星石は、割と気に入ってやがるですけど、私の口には合わねぇです」


味は悪くないが、食べた後に必ず喉が渇くので、翠星石は苦手だった。
言いながら、喉に絡み付く甘さを思い出したらしく、うえっ……と舌を見せる。
渋面を浮かべる翠星石に、雛苺は人差し指を立てると、チッチッと横に振った。

「翠ちゃんは子供なのねー。チョコ苺は、違いの解る女のゴールドブレンドなのよ?」
「……ワケ解んねぇです。あんな物を、ありがたがって食べる方が子供の証拠ですぅ」

翠星石が、雛苺に流し目をくれて、ふふん……と、鼻先で笑う。
それを受けて、雛苺もカチンと表情を強張らせ、可愛らしく頬を膨らませた。

「ひっどーい。そうやって、すぐヒナのこと子供扱いするんだから!」
「怒るのは、図星だからですぅ?」
「違うのっ! 大体、翠ちゃんだって毎年、冥路屋のすもも飴を食べてるでしょ!」
「チョコ苺ごときと一緒にすんなです。あれは大人の『すうぃーつ』ってヤツです。
 水飴の甘さと、すももの酸味が複雑玄妙な味わいを醸し出して……。
 そう…………例えるなら、ファーストキスみたいな甘酸っぱさですぅ」

頬に手を当てて、はふぅ、と熱っぽく吐息した翠星石をジットリと睨め付けながら、
雛苺が小声で「ただの色ボケなのっ」と口走ったから、さあ大変。
忽ち、雛苺のアタマは翠星石の握り拳に、真横からガッチリ挟み込まれてしまった。
雛苺は四肢を振り回して暴れたが、グリグリと締め上げてくるので、逃れられない。

「もう遅い! 脱出不可能よッ! 無駄無駄無駄無駄無駄ァ――ッ、ですぅ」
「痛たたたたっ! ごめんなさいっ! ごめんなさいなのぉっ」
「謝っても遅ぇです。今日という今日は、きっちり教育してやるですよ」
「ひえぇ――ん」

徐々に増え始めた人の群を気遣いもせず、じゃれ合う二人。
彼女たちの背に呆れた声が掛けられたのは、その直後のコトだった。


「……お前ら、なにやってんだよ。通行の邪魔になるだろ?」

聞き慣れた声に、翠星石と雛苺が振り返ると……
そこにはジュンと、浴衣姿の巴が立っていた。
二人もデートがてら、七夕見物に来たのだろう。
巴は、どこかの出店で買った綿菓子を手に、彼女たちの仲良しぶりを見て微笑んでいる。
幸せそうな巴をちょっとだけ羨ましく思いつつ、翠星石は渋々と雛苺を解放した。

「しゃーねぇです。ジュンと巴に免じて、おバカ苺の教育は、またの機会にしてやるです」
「余計なお世話なのっ。翠ちゃんこそ、その性格を叩き直してもらった方が良いのよ?」
「ぬなっ! こぉんの……」
「きゃあっ。トモエー、助けてなのー」
「ダメよ、二人とも。こんな混雑してる所でケンカしちゃあ」

雛苺が素早く巴とジュンの背後に隠れると、巴は彼女を庇って、翠星石を宥めた。
巴の言い分は至極当然のことなので、翠星石も怒りを堪えるしかない。
押し黙った彼女に、巴の穏やかな口調が届く。

「それに……今日は、一年に一度、織姫と彦星が出会える日なんだもの。
 啀み合いなんて、似合わないでしょう?」

翠星石は、織姫と彦星を、自分と蒼星石に置き換えてみて、少し、反省した。
感動の再会を喜んでいる脇で、誰かにケンカなんかされたら興醒めしてしまう。

「そうですね。今日になって、やっと空が晴れたのに、
 二人の再会を楽しく祝ってやらねぇと呪われるです」
「やっぱり、お祭りは楽しまないとね。
 折角だから、イベントにも参加してみない?」
「? 何のイベントです?」

翠星石が頚を傾げると、巴は「これなんだけど」と、帯に挟んでいた団扇を差し出した。

その団扇は、駅前で祭りの実行委員が配っていたものだ。
手に取ってみると、七夕恒例ベストカップルコンテストなる印字が……。

「実はね、わたしと桜田くんも参加するの。二人でパフォーマンスを披露するのよ」

さり気なく二人の仲を自慢しているのかと穿った解釈をしながら、
参加賞の欄を走り読みしていた翠星石の目が、一点で止まった。


  優勝 『国内旅行ペアチケット』


たまには祖父母に、感謝の気持ちを贈りたいなと考えていた翠星石にとって、
コレは、なかなか魅力的な言葉だった。
祖父母も、国内旅行なら気楽に行けるだろう。
それに、ジュンと巴に、これ以上の良い目を見させるのも癪に障った。
飛び入りで優勝をかっさらい、彼らの悔しがる顔を見るのも、また一興だ。

「雛苺っ! 私たちも、コンテストに参加するですよ」
「うよ? でも、女の子同士じゃ出られないと思うのよ?」
「おめーが男装すればいいですぅ」
「そ、そんなのムリなのーっ」

雛苺は、あたふたと両腕を振って、ムリムリと必死の形相でアピールする。
……が、翠星石は立てた人差し指を、ちっちっ! と揺らした。

「おめーは髪が短いですから、後ろで束ねれば、ちったぁ凛々しく見えるです。
 胸にはサラシ巻いて、顔もメイクで誤魔化して、
 上背の低さは……ゲタでも履いて底上げすりゃバッチリですぅ」
「なるほど、その手が有るか。どうせ舞台の上だし、遠目には判らないかもな」
「宝塚っぽくて面白いかも知れないわね。雛苺、やってみれば?」

翠星石の案に、ジュンと巴も興味を示して煽ったため、雛苺は孤立無援となり、
男装せざるを得なくなってしまった。

「で、でもぉ……男の子の格好しても、声は変えられないのよー」
「へーきですぅ。声でバレるなら、喋らなきゃいい道理ですよ。
 受け答えは、ぜーんぶ私に任しとけですぅ」

最後のささやかな抵抗も、翠星石がアッサリと粉砕した。




エントリーを済ませ、貸衣装で変装もカンペキ――かどうかは兎も角。
準備万端の二人は、ステージの後ろで待機していた。意外に、参加者が多い。

「どいつもこいつも、優勝賞品に釣られた『クマー!』な連中ばっかりですぅ」
「……翠ちゃんだって他人のコト言えないの」
「なんとでも言えです。参加した以上は、絶対に優勝してやるですよ」
「ここまで来たら、ヒナも覚悟を決めたのっ。ガッツだぜ、なのよ。
 でも、どうやって会話なしで話を進めるの?」
「サイレント映画みてぇに、身振り手振り、表情の変化で、感情を表現するです。
 そもそも、天の川なんて幅の広ーい川の両岸に立ってたら、声なんて届きっこねぇですよ」
「そう言われると……そんな気もするの」
「納得したですぅ? そんなワケで、雛苺の演技力が試されるですよ。
 私もフォローするですから、一世一代の大芝居を演じやがれです」
「……出資者は無理難題を仰る、なのー」


大まかな打ち合わせをしている内に、審査は進んでいき、遂に二人の番となった。
互いの瞳を見詰め、力強く頷き合うと、勢い良くステージに駆け出していく。
そして、バックスクリーンに描かれた天の川が二人を隔てて見える位置に着いて、
翠星石の扮する織姫が、対岸の彦星に祈りを捧げる場面からパフォーマンスが開始された。


祈りを終えた翠星石は、歓喜の笑みを満面に湛えながら、頭上で右腕を大きく振る。
対岸に立つ雛苺も、それに答えて両腕を振って見せた。
だが、天の川を渡ろうと、雛苺が一歩を踏み込むや、流れに足を取られて転倒。
二度目の挑戦では、腰まで水に浸かった所で下流に流され、あわや溺れそうになった。
その様子を、対岸でハラハラしながら見詰める翠星石は、
痺れを切らして、手旗信号で応援メッセージを送る始末だ。
彼女たちのコミカルな演技に、観客席がドッと湧いた。

彦星に成りきった雛苺は、どうやって川を渡ろうかと、腕組みして首を傾げたり、
結跏趺坐の姿勢で瞑想を始めたり、いきなり三点倒立して思案に明け暮れた。

――そして、キュピーン! と閃いた。
なんと! 雛苺は徐に取り出した木の板をサーフボード代わりにして、
天の川に飛び込み、パドリングを始めたではないか。
観客席から「おおっ!」というどよめきが発せられた。


対岸に陣取る翠星石も、雛苺に息を合わせて、ある筈のないロープを必死に引っ張る仕種をする。
『あいとー!』『一発ぅ~!』的なノリで、
観客席に向けて鷲のマークの栄養ドリンクを突き出す演技も忘れない。
全てアドリブのパフォーマンスだけに、よほど気の合ったコンビでなければ、
こうはいかなかった。まさしく阿吽の呼吸。

いつしか湧き起こっていた観客の応援に後押しされて、二人は遂に再会を果たした。
互いの手を取り合い、見つめ合う。長かった一年間。
どんなに、この瞬間を待ちわびたことか……。

静かに、二人の距離が縮まり、抱擁が交わされ――


――ると思いきや、やおら雛苺が腕時計に目を落とし、

『ごめん。もう帰る時間だから。また来年~』

と、笑顔で手を振り、帰りだしたではないか。
見事なまでのダメ男っぷりに、観客席からも「おいおい……」と呆れた声が飛んできた。
流石に、これで終わっては元も子もない。
翠星石は、どこからかタライを持ち出してきて、パドリングで去って行く雛苺を追いかけ始めた。
だが、天の川の真ん中でタライがひっくり返り、溺れかける翠星石。
観客たちも「彦星ー! うしろうしろ!」と野次を飛ばす。
彼女の大ピンチに気付いて、取って返した雛苺に助けられ、二人は一緒に彦星の家がある岸に上陸した。

『死ぬかと思ったです。もう、この川を渡りたくねぇですぅ』
『じゃあ、所帯を持って、一緒に暮らそうぜなのっ』
『この甲斐性なし、やっとプロポーズしてくれたです』
『これってつまり、美人局なのねー』
『それを言うなら押し掛け女房ですぅ!』
『うよ? でも、嬉しいの♪ ふつつか者ですが、ヨロシクなのよ』
『……こ……こちらこそ、お願いするですぅ』

と、仕種だけで、一言も喋らずに会話を表現してゆく。
そして、恥じらいながらも抱擁を交わしてラストを飾った。
観客の盛大な拍手に、両手を振って応えながら、二人はステージを降りた。




「はふぅ~。あんな大勢の前で演技なんかしたから、緊張しまくったですぅ」
「そうなの? 翠ちゃん、すごーく生き生きしてたのよ?」
「見かけだけです。ホントは冷や汗ダラダラ、膝ガクガクだったですよ。
 それより、おめーは意外に演技派ですね。ちょっとだけ見直したですぅ」
「ヒナもビックリしてるの。きっと、翠ちゃんが相方さんだったから出来たのよ」
「……私も、同じかも知れねぇです。
 雛苺だからこそ、アドリブで演じ切れたのかも」

気心の知れた仲と言うなら、翠星石にとって、蒼星石が一番だった。
今までだったら、こんな風に、妹以外の誰かとアドリブ劇を演じるなんて、
考えもしなかっただろう。
雛苺との交流で、翠星石の社交性も、僅かずつながら育まれているらしい。


「ムリヤリ、付き合わせたワケですから、御礼はしなきゃいけねぇですね。
 審査結果が発表されるまで、まだ時間があるし……なにか食べに行くです。
 チョコ苺くらい、好きなだけ奢ってやるですよ」
「ホントに?! あ……でも、この格好で行くの? ちょっと胸がキツイのよー」
「どーせ、結果発表の時にはステージに並ばなきゃいけねぇですから、
 いちいち着替えるのも面倒臭ぇです。ささ、素早く行って来るですぅ」

翠星石は、渋る雛苺の背中を乱暴に突き飛ばして、賑わう雑踏の中に飛び出していった。




――――そして。

コンテストの結果は、審査員の全員一致で、翠星石たちの優勝に決まった。
参加ペアの中で唯一、コメディ風だったことも、印象を深くしたらしい。
翠星石は帰りがけに、どうしてチケットを欲しがったのか、理由を話して聞かせた。
すると、雛苺は笑って、

「ヒナは、お祭りを楽しめただけで満足なのー。
 そのチケットは、翠ちゃんにあげるのよ」

と、快く譲ってくれたのだった。
喜び勇んで帰宅した翠星石は、早速、祖父母に旅行のチケットを手渡した。

「ぐ……偶然っ、手に入っちまったです。ホントですよっ!
 だけど、私は予定が合わなくて行けねぇから、おじじ達に譲ってやるですぅ」
「はっはっは。ありがとうよ、翠星石。
 それで、祖母さんや。どこ行きのチケットなのかな?」
「下北半島・恐山の旅だそうですよ、お祖父さん」


「……天の川の代わりに、三途の川を見に行くのも一興かもしれんのぉ」



今年の七夕は、例年になく平穏だったそうな。