※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
  ―文月の頃 その3―  【7月20日  夏の土用入り】


いよいよ、待ちに待った夏休みが目前と迫ってきた、7月下旬の晴れた日。
多くの大学では、この時期に前期日程の期末考査が行われる。
講義の履修状況によっては、日に三つ四つと試験を受ける羽目になるのだが、
四年次ともなると必修科目も殆どなくなり、その数はグンと減る。

翠星石と雛苺も、十教科くらいしか履修しておらず、しかも、
その内の幾つかはレポート提出で単位がもらえる講義だから、気楽なものだ。
今週の火曜日から試験が始まり、既に三教科を済ませているので、
以後のスケジュールは一日に一教科のペースでよかった。


「お待たせ~。遅くなって、すまねぇですぅ」

午前の試験終了後、やや息を切らせ気味に学食へと駆け込んできた翠星石は、
既に待ちかまえていた親友に、片手をあげて挨拶した。
向かい合わせに座った翠星石に、雛苺は水を汲んだコップを差し出しながら、
にこやかに訊ねた。

「随分と遅かったのねー。何か、急用でもあったの?」
「来る途中、みっちゃんにとっ捕まって、長話に付き合わされたですよ」
「うよ……災難だったのね」
「そう気軽に、過去形に出来たら良いですけどね」

まるで、まだ災難は終わっていないとでも言いたげだ。
なにやら意味深長な翠星石の口振りに、雛苺が「?」マークを頭の上に浮かべる。

雛苺が説明を求める前に、彼女の態度でそれと察したらしく、
コップの水を一息に呷った翠星石は、ノートで顔を扇ぎながら語り始めた。

「どこで聞きつけたんだか、夏休みの旅行の予定を訊いてきたですぅ」
「……それで、どうだったの?」
「なし崩し的に参加することが決定したです。
 ホントに、誰がペラペラと喋りやがったですかねぇ」
「…………」

一瞬の、気まずい沈黙。探るように、じっとりと雛苺を見つめる翠星石。
雛苺は引き攣った笑みを顔に張り付かせたまま、全ての動きを止めてしまった。
彼女の行動が意味するところは――

「やーっぱり、おバカ苺が喋りやがったですね?」
「ごめんなさいなの。つい、口が滑ったのよー」
「……まあ、しゃーねぇです。それに、デメリットばかりでもねぇですから。
 みっちゃんも、車を出してくれるって話ですぅ」

旅行は夏休みの後半、お盆休みを避けて、山奥の温泉に行く予定だった。
しかし、参加人数に比して車の台数が確保できない問題があったため、
公共の交通手段で移動することになっていたのだ。
そのため、出費の中でも交通費の占める割合が、大きくなっていた。

無論、車の場合でもガソリン代が必要となるが、頭割りで換算すれば、
列車を使うより安上がりである。運行ダイヤに縛られないという利点もある。
長時間のドライブで疲れるコトさえ我慢すれば、予算的におトクだった。

「旅行の件は、蒼星石が帰ってきて、出発日が近付いたら煮詰めるとして……
 まずは昼食にするです。一科目だけとは言え、アタマ使ったら腹減ったですぅ」
「ういー!」




今日は土用入り。
丑の日は三日後なのだが、鰻の蒲焼きを宣伝する幟が、あちこちで風に翻っている。
気温が30度を超す中、暑気対策と称して激辛カレーを平らげた二人は、
汗を拭き拭き、帰宅途中に駅前の商店街を歩いていた。
珍しく、雛苺の方から、寄り道していかないかと誘ってきたのだ。
なんでも、画材を買いたいとか……。

芸術に関心の薄い翠星石にしてみれば、
雛苺が画材を選んでいる様子を隣で眺めているのは、面白みに欠けた。
なにか退屈しのぎになるモノを探して、きょろきょろしていると、
店先を並んで歩く、水銀燈と真紅のサッパリした夏服姿が――

これ幸いと、翠星石は彼女たちに旅行の件を話してくると、雛苺に告げた。
雛苺としても、つまらなそうにしている翠星石に、申し訳なく思っていたのだろう。

「じゃあ、ヒナは買い物してるから、どこかで待ち合わせするの」
「私のケータイに電話してくれりゃいーですよ。それじゃ、また後で」


手を振り合って一時的に別行動に移ると、翠星石は真紅たちの元へと駆け寄った。
どうやら、彼女たちもショッピングの途中らしい。

「銀ちゃ~ん、真紅~、ナニを買ってやがるですぅ?」
「あら、翠星石。こんな所で会うなんて、奇遇ね」
「今日は、真紅の旅行鞄を選ぶのに、付き合ってあげてるワケぇ」

今度の旅行に使う鞄だろうか? 
しかし、彼女たちが見繕っているのは、どうみてもスーツケース。
山奥の温泉宿に持って行くにしては、大きすぎる。

翠星石が怪訝な表情を浮かべるのを見て、水銀燈は笑いながら、彼女に用途を教えた。


「実はねぇ、真紅が就職内定もらったからぁ、お祝いにカナダへ旅行するのよ」
「カナダですか。もしかして、オカナガン湖にオゴポゴを探しに行くです?」
「なによ、それぇ。オカナガンって、ブリティッシュコロンビア州でしょぉ?
 私たちが行くのは、アルバータ州のカルガリーよ」

水銀燈の話によると、カルガリーまで飛行機で飛び、カナディアンロッキーや、
ジャスパー国立公園、バンフ国立公園を巡る予定らしい。
自然が豊かで、眺望も素晴らしい、世界的にも有名な観光地だ。
ここで一旦、水銀燈は話を区切って肩越しに振り返り、真紅の様子を窺った。

真紅は店員に説明を受けている最中で、水銀燈と翠星石には注意を払っていない。
水銀燈は、鬼の居ぬ間に――とばかりに、コソコソっと翠星石に耳打ちした。

「なぁんて言うのは、表向きの理由よぉ。本当の目的はねぇ、カルガリーの西、
 バンフの南に位置するアシニボイン山に登るコトなのよ」
「あ、足に……ボイン?」
「アシニボイン山よ。標高3618mもあるんですってぇ。富士山なみよねぇ」
「……ははぁん、読めたですぅ。大方、銀ちゃんが調子に乗って、
 『インディアンの伝説で、この山に登るとボインになれる』
 とでも言ったですね。そんなウソを、真紅が真に受けたってトコですか?」
「そうなのよぉ。でも、良く分かったわねぇ」
「銀ちゃんの考えそうなコトぐらい、察しがつくですぅ」

水銀燈は、素直に驚きの表情を見せたが、それも一時のこと。
すぐに、ニンマリと笑って、翠星石の首に腕を回し、肩を組んだ。

「私たちって、意外に気が合うわねぇ。前世では、姉妹だったりしてぇ」
「それも、どーんと七人姉妹だったかも知れねぇですぅ」
「ふぅん? 面白いわね、それ。
 でもぉ……何人姉妹でも、やっぱり長女は私よねぇ♪」
「あるあるwwですぅ。それじゃあ、次女は――
 しっかり者の秀才と見せかけて、実はドジっ娘とかですね」
「なにげに有り得そうだわぁ。だったら、三女は、どんなタイプぅ?」

水銀燈の問いに、翠星石は、意味もなく胸を張って答えた。

「そりゃあモチロン、私みてぇな才色兼備のキャラですぅ。
 四女は、寂しがりのクセに他人と打ち解けるのが苦手って、不器用なヤツですね。
 五女くらいになると、生意気で高飛車なタイプが出てくるです」
「幾つか疑問点はあるけど、まあ……ありがちな設定かしらぁ。
 そうなると――六女は、みんなのマスコット的な存在ぃ?」
「……と思わせておいて、実はエグいキャラだったりするですぅ。
 で、七女ともなると、存在感の薄い、空気みたいなヤツになるですよ」
「きゃはははっ! 居るわねぇ。そぉいう、お地蔵さんみたいなキャラ」




――その頃の雪華綺晶と、薔薇水晶――

「くちゅん! くちゅん! 嫌ですわ、風邪でしょうか」
「お姉ちゃん。くしゃみ二回だと……誰かに誹られてるんだよ?」
「そうなの? でも、薔薇しーちゃん。
 私、他人に悪口を言われるような振る舞いなんて――」
「……じゃあ、夏風邪。夏風邪はバカがひく」

「…………ハイヒールキックっ!」
「痛っ! ちょ……お姉ちゃ……ヒール刺さっ…………痛たぁ!」
「いつから、そんなに口の悪い子になったのでしょうね?
 お仕置きですわ。えいっ! えいっ!」
「ひぃっ……やめ……痛いっ…………あっ……でっ、でも……」
「え?」
「痛いの……き…………気持ち……いい。もっと……踏んで」(;´Д薔)ハァハァ
「はあぁっ?!」( §д゚)




――そして、また水銀燈と翠星石――


「あらぁ? 真紅の買い物、終わったみたいねぇ」
「タイミングいいです。私の方にも、雛苺から電話が掛かってきたですぅ」

翠星石は携帯電話を取り出して、まだ水銀燈たちと一緒に居るところだと伝えた。
すると、雛苺が水銀燈に会いたがったので、「これからお茶でもどう?」
という流れとなった。

子供の頃から、雛苺は水銀燈にベッタリなところがあった。
なぜ、そこまで懐いているのかは定かでないが、どこかウマが合うのだろう。
袖振り合うも他生の縁……というヤツかも知れない。
それが、違う大学に通うようになり、めっきり会う機会が減ってしまったので、
雛苺も随分と、寂しさを募らせていた。


五分と経たずに、雛苺は待っていた三人の元に駆け込んでくる。
正確には、笑顔を輝かせながら両腕を広げて待つ、水銀燈の元へ――

「ヒナちゃぁーん。二ヶ月ぶりねぇ」
「銀ちゃーんっ! ひっさしぶりなのーっ!!」

嬉々として飛び込んでいく様は、まさに飼い主にじゃれつく子犬状態。
真紅も、翠星石も、やれやれと肩を竦めて苦笑った。

――が、次に瞬間、その笑みは驚愕に凍り付く。


  ズンドコ~ッ!


「あぐぅっ!」

あまりに勢いよく抱きついた為、雛苺の頭突きが水銀燈の顎にクリティカルヒット。
しかも、明らかに故意と解る右膝が、水銀燈の鳩尾にメリ込んでいた。
真紅と翠星石のアタマから、音を立てて血が退いていった。

「う、うよ~。銀ちゃん、大丈夫なのー?」

しおらしく謝りながらも、雛苺は水銀燈の耳元で、ぼそりと……。

「真紅とばっかり仲良くしてちゃ、めっめっ、なのよぉ?」

囁いて、微かに口の端を歪めた。
先手を取られた挙げ句、文句を言う前にスゴまれては、
さしもの水銀燈といえど気勢を殺がれてしまった。

「銀ちゃん、お返事は?」
「…………はぁい」
「よく出来ましたなのっ。今度は、いっぱいヒナと遊んでなの」
「まったく……敵わないわねぇ。痛たたぁ」
「うふふっ。銀ちゃん、だぁい好きぃ~」

全く悪びれた素振りも見せず、ニコニコと水銀燈に抱きつく雛苺。
水銀燈も、いつもみたいに激情を炸裂させたりせず、彼女の気の済むようにさせている。


そんな二人の様子を、少し離れた場所から眺めていた真紅と翠星石は――

「実は、雛苺こそ最凶最悪の存在に思えてきたですぅ」
「貴女と意見が合うのも、珍しいわね。私も、同感なのだわ」
「そのスーツケース……雛苺くらいなら、押し込めば入るんじゃねぇですぅ?」
「まさか、カナダに捨ててこい、と? そんな事、出来っこな――」
「悪い話じゃねぇですよ? よぉーく考えてみるです。
 雛苺が居なくなれば、次回から第2部、紅×翠の『マターリ歳時記』が始まるですぅ」
「……………………おいしい話ね、それ。ホントにやっちゃうわよ、私」

ヒソヒソと、冗談とも本気ともつかないコトを、囁きあっていた。



夏休みが待ち遠しくて――

――みんなの心は、ちょっとだけ暴走気味だった。