※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
  ―葉月の頃―  【8月8日  立秋】


蒼星石がオディールを連れて帰宅してからは、あっと言う間の14日間だった。
祖父は、もうずっと浮かれ気味で、はっちゃけた日々を送っている。
三人の娘たちと一緒に料理をする祖母の顔にも、幸せそうな笑みが浮かぶ。
今まで口にしなかっただけで、本当は、祖父母も寂しかったのだろう。

「若い娘たちと一緒に暮らしていると、ついハッスルしてしまうのう」
「あらあら、お祖父さんたら……ほどほどしませんと」

朝食の席で、今日も張り切りモード全開の祖父、元治。
穏やかな口調で窘める祖母の額に、ビキビキと筋が浮かんだのを、
翠星石は見逃さなかった。

隣に座るオディールが、祖父母の会話に耳を傾けながら、
翠星石に小声で話しかけてくる。

「楽しいお祖父様たちね。とても賑やかで、素敵な家族だわ」
「……年甲斐もなく、はしゃいでるだけです。
 今夜あたり、血の雨が降りそうですから、レインコートを用意しとくですぅ」

この二週間、一緒に暮らしてみて……
翠星石のオディールに対する拒否反応にも、免疫が出来つつあった。
人見知りの気が強い彼女にしては、早く慣れた方だ。
普段ならば、臆病な猫のように物陰に隠れて、そぉ~っと様子を窺う日々が続くのだが、
やはり言葉が通じれば、女の子同士、気心も知れやすいのだろう。

幼少の頃は日本に住んでいたと言うだけあって、オディールは日本語が堪能だった。
柴崎家に、すんなり打ち解けたのも、言葉の壁が低かったからだ。


そもそも性格の悪い娘ではないし、なによりも、蒼星石を慕う気持ちにおいては、
柴崎家の面々と相通じるところがある。
蒼星石にベッタリなのは相変わらずで、思わず眉を顰めてしまうコトもあるが、
その点さえ我慢すれば、翠星石としても嫌う理由はなかった。

問題があるのは、むしろ、蒼星石の方だった。
帰宅してからと言うもの、何かにつけて他人行儀な振る舞いが目についた。

「さぁて。ハッスルおじじは放っといて、食事を済ませちまうです。
 早くしねぇと、雛苺が来ちまうですよ」
「えっと……確か、9時の約束だったよね、姉さん」
「大変。あと一時間もないじゃない。急がないと」

翠星石に促されて、蒼星石とオディールは、炊き立てのご飯を頬張った。
朝からお騒がせな娘たちに向ける祖父母の眼差しは、温かく、優しい。




約束の時間の五分前に、玄関のチャイムが鳴る。
その頃には、三人の娘たちも出発の準備を整えて、玄関前に待機していた。
翠星石がドアを開けると、麦わら帽子をかぶった雛苺が、額に汗を浮かべ、立っていた。
籐製の小さなバッグを肩に掛けている。

「みんな、おはようなの。今日も、すっごく暑いのよ~」
「言われなくとも解るです。屋内に居ても、汗が滲み出てくるですから」
「翠ちゃんは髪が長すぎるのよ。蒼ちゃんみたいに、バッサリ短くしたら良いのに」
「やーですよー。髪は女のイノチ。人形は顔がイノキですぅ」
「……姉さん。寒いギャグなんか言ってないで、早く出発しようよ。
 車に乗っちゃえば、エアコンが効くから涼しくなるって」

蒼星石の冷淡な一言に一刀両断された翠星石は、シュン……と項垂れながら、
ガレージのシャッターを開け始めた。


乗り込んだ彼女たちを待っていたのは、炎熱地獄。
アクリルの屋根で覆われただけのガレージなので、締め切った車内には、
真夏の熱気が閉じ込められていたのだ。
今日は立秋。暦の上では秋に変わるけれど、暑さは今が真っ盛り。

「あちちっ……フロントガラスに断熱シートを広げておかなかったから、
 ハンドルが焼けてるですよ。とても握れたもんじゃねぇです」

運転席に座った翠星石が「アチチ・アチ」と、郷ひろみの歌の振り付けをする。
アシストシートの蒼星石は、苦笑しながら、お茶目な姉に濡れタオルを差し出した。

「エアコンが効いてくるまで、暫くは、これを巻いておきなよ」
「ありがとですぅ♪ それじゃ、出発するですよ」

翠星石はサングラスをかけると、イグニッションキーを回した。
一発でエンジンが呻り、送風口から、生暖かい風が吐き出されてくる。
走り始めると、薄く開けた窓からも、勢いよく風が吹き込んできた。
談笑する双子姉妹のやりとりを、後部座席から眩しげに眺めていたオディールは、
「やっぱり仲が良いわね」と、隣に座る雛苺に囁きかけた。

「私には姉妹とか兄弟って居ないから、とても羨ましい」
「……ヒナも一人っ子なのよ」

窓からの風で涼んでいた雛苺が、オディールの方に頸を巡らす。

「だから……なのかな。なんとなぁく、お姉さん然とした人に憧れちゃうのー」
「そうなの? 私は逆ね。しっかり者の妹が欲しかったわ」

言って、蒼星石を見つめるオディールの視線は、妙に熱を帯びていた。




翠星石の荒っぽい運転に戦々恐々としながら、やっと辿り着いたのは、
広々とした海――


――の側の、プールだった。



浜辺のイモを洗う状態を、翠星石が嫌ったためである。
しかし、プールと言っても、その辺の小学校のプールとはワケが違う。
幾つものアトラクションに分かれた、大型レジャープールだった。
駐車場に車を置き、受付を通って更衣室に向かう、道すがら――

「お祖父さんが特別招待券を持ってて、本当にラッキーだったよね」
「まったくです。おじじも、たまには役に立つですぅ」
「……あんまり、お祖父さんのことを悪く言うもんじゃないよ、姉さん」

翠星石の毒舌に反応して、蒼星石は表情を固くした。
そんな妹の変化に、翠星石が意地の悪い笑みを浮かべる。

「へぇ~。随分と、おじじを擁護するですねぇ、蒼星石は」
「蒼ちゃんは昔っから、おじいちゃん子だったのよねー」
「そうそう。中学生になっても、おじじと一緒にお風呂はいってやがったです。
 蒼星石には、乙女の恥じらいってヤツが、根本的に足りねぇですよ」
「ちょっと! なに言い出すのさ! いい加減にしてよね」

蒼星石は顔を真っ赤にして怒鳴ると、ポカ~ンとしている翠星石を余所に、
オディールの手を掴んで、足早に歩き始めた。

「行こう、オディール」
「え……ええ? あの――」

二人が去った通路で、翠星石は呆気にとられたまま、
ハニワのように立ち尽くすのみだった。




水着に着替えて、プールサイドに置かれたデッキチェアに俯せる翠星石は、
誰が見ても不機嫌だと解る顔をしていた。
ビキニ姿が眩しい彼女をナンパしようと、若い男が何人か近付いたものの、
翠星石の鋭いひと睨みで、悉くが退散していく。

彼女の視線が辿る先には、楽しそうに遊んでいる蒼星石と、オディールの姿。
すぐ隣のデッキチェアでは、雛苺がストローでトロピカルジュースを吸い上げつつ、
翠星石の様子を見守っている。癇癪を起こしたら、即座に止めるためだ。

「うぅ~。蒼星石ったら、なんであんなに怒るですかぁ」

言って、翠星石は、いじいじと親指の爪を噛む。
雛苺は溜息を吐いて、翠星石の背中に声を掛けた。

「さっきのは、翠ちゃんが悪いのよ。調子に乗って、余計なこと言うんだもの」
「あんなの、ただの冗談じゃねぇですかっ! 目くじら立てるコトでもねぇですぅ!」

翠星石は、ガバッと身体を起こして居住まいを正すと、雛苺に詰め寄……
るかと思いきや、膝の上で拳を握って、俯いてしまった。

「きっと……蒼星石は、留学して人が変わっちまったのです」
「うよ? そんなコトないと思うのよ」
「雛苺には分かんねぇです! ウチでの態度だって、どこか余所余所しくって――
 オディールと仲良くなったから、私のことなんか、もうどーでも良くなったです」
「…………あのね、翠ちゃん」
 
雛苺は身を乗り出して、小刻みに震える翠星石の肩を、優しく叩いた。
元気づけるように、そっと――


「近くに居すぎるから、盲点になるコトもあるのよ?」


目に涙を浮かべ、黙って話を聞いている翠星石に、雛苺は言葉を続けた。

「例えば、マンガを目の前まで近付けたら、何が描いてあるのか解らないし、
 台詞も読めないでしょ? ヒナはね、人間関係も同じだと思うの。
 少し距離を置いて初めて、真実の姿って見えてくるものじゃないかなって」
「じ……じゃあ、また離ればなれになれって……言うですか?」

指の背で目元を拭う翠星石に、雛苺は「そうじゃないの」と微笑みかけた。
少し情緒が不安定になっている彼女を落ち着かせようと、
温かい手で、長い髪と……背中を――――滑らかな素肌を撫でる。
そして、頃合いを見計らって、穏やかに話しかけた。

「距離なら、もう充分に置いたでしょ? その時、翠ちゃんは、どう思ったの?
 蒼ちゃんが居なくなって、清々したの?」
「そっ、そんなワケねぇですっ! どうしようもなく、会いたかったですよ!
 空を飛んでいきたいって、何度も思って、何度も……そんな夢を見たです」
「だったらね……蒼ちゃんも、きっと同じなのよ。
 ホントは翠ちゃんに会いたかったし、甘えたいの。
 だけど、照れくさいから――変なところで突っ張ってるのよ」

雛苺の言葉は、不思議な余韻を伴って、翠星石の胸に染み込んできた。
よくよく思い返してみると、余所余所しく見えていた仕草も、
裏を返せば、照れくささの現れだったように感じられてくる。
翠星石は、曇天に一筋の光明を見た気がした。

「それが真相なら、私は一体、どうすれば――」
「簡単なの。翠ちゃんの想ってることを、言葉にするだけで良いのよ。
 人の想いってね、心で温めてるだけじゃ伝わらないの。
 だから、人類は文字や言語を産み出し、活用して、理解を深めてきたのよ」
「……でもぉ」
「大丈夫! 翠ちゃんと蒼ちゃんの想いは、きっと同じなのっ!」

元気だすのっ! と、雛苺は、渋る翠星石の背中をビタンと叩いた。
時期的に早すぎる紅葉が、ひとつ……彼女の白い肌に舞い落ちる。

「あ痛ぁ……何しやがるです、おバカ苺っ!」
「景気付けなのよ。あいとォー!」
「いっぱーつっ! ……って、何をやらせるですか」
「いいからいいから。頑張って、蒼ちゃんと仲直りしてくるのー」

雛苺に背中を押され、気合いを入れてもらったお陰で、翠星石は目が覚めた。
悄気て、ウジウジと腐っていては、本当に嫌われてしまう。
そんなのはイヤ。
だったら、すべきコトは、ひとつだけ。




でも、どうやって近付けば良いのだろう? 
蒼星石は意外に強情っぱりだから、普通に近寄っても、素っ気なく遠ざかるハズだ。
どうしたものかと思案しながら歩いていた翠星石は、ウォータースライダーで遊ぶ、
オディールと蒼星石の姿を見かけた。

「そうですっ!? この手があったですぅ」

これだったら、滑り出してしまえば、否応なく終点で顔を合わせることになる。
寸分の躊躇いもなく、翠星石はウォータースライダーの階段を登り始めた。
いつもなら、途中で足が竦んで引き返してしまうところだが、今の彼女は怯まない。
最愛の妹と絶交状態になってしまう怖れに比べれば、他の事など毛ほども怖くなかった。
ウォータースライダーの頂上に立った時でさえ、膝は震えていなかった。


「蒼星石……いま、会いにゆくです」

一足先に蒼星石が滑り降りていったのを見届け、ぺたりと腰を降ろして、直滑降。
――が、予想以上の降下速度に、翠星石は堪らず、悲鳴を上げた。

「ひいぃぃぃ――っ!? そそ、蒼星石ぃ――っ!! ひ…………ふにゃぁ」
「ん? いま、姉さんが――って、えぇっ!?」

着水直前、翠星石の声を聞いた気がして、蒼星石は水面に頭を出した。
彼女の眼に飛び込んできたのは、もの凄いスピードで滑り落ちてくる姉の姿。
しかも、どうやら失神しているらしく、身じろぎひとつしない。
彼女は即座に、人の間を縫って、翠星石の着水場所まで泳いでいった。

豪快に上がった水飛沫とは対照的に、力無く沈んでいく翠星石。
水中で姉の身体を抱きかかえると、蒼星石は近くのプールサイドに泳ぎ着いた。
そこには既に、バスタオルを手に、雛苺が待ちかまえていた。
雛苺の手を借りて、デッキチェアまで運んだものの、翠星石が目を覚ます気配はない。

「ど……どうしよう。着水の衝撃で、後頭部とか打ってるんじゃあ――」
「落ち着くのよ、蒼ちゃん。こういう時は、アレしかないのっ!」
「アレって、なに? 電気ショックとか?」
「またまたぁ、ご冗談を。こんな場合には、人工呼吸しかないのよ?」
「じっ…………じ ん こ う こ き ゅ う?! ボクがぁ?」
「他に誰がするの? ガッツだぜっ、なの!」
「…………わ、解ったよ」(ファースト・キスなのに……)

蒼星石は、顔ばかりか全身を紅潮させながら、小さく頷いた。
まず、頭を仰け反らせて、気道を確保。そして、翠星石の鼻を摘んで……重ねられる、唇。
雛苺は、にへら……と笑いながら、二人の様子を、携帯電話のデジカメで撮影していた。




程なく、翠星石は何事もなかったかのように目を覚ました。
そして、すぐ隣で頬を上気させ、モジモジしている妹の姿を認めると――
少し躊躇した後、半身を起こし、意を決して話しかけた。

「あ…………あの……ですね。なんて言うかぁ、そのぉ……
 蒼星石…………さっきは悪かったです。私……ホントは、すごく不安だった。
 最近、蒼星石の態度が余所余所しく思えて、とっても寂しかったのです。
 それで……構って欲しくて、あんなコトを――」
「……姉さんは、昔っから寂しがり屋さんだったからね」

言って、ふ……と鼻で笑った蒼星石は、
やおら姉の肩に両腕を回して、ギュッ! としがみついた。

「でも――知ってた? ボクも、姉さんに負けないくらい、寂しがりなんだよ。
 本当は、弱虫で……そんな自分を変えたくって、外の世界に飛び出したんだ。
 それなのに……やっぱり、ボクは――」
「蒼……星石」
「ねえ。もう少し、このままで…………居させて?」
「ふふっ……とんだ甘えんぼですね、蒼星石は」

翠星石は慈愛に満ちた微笑みを浮かべて、妹の、生乾きの髪を撫でた。

「いいですよ。好きなだけ、甘えればいいですぅ」
「うん。温かいね……姉さんって」

居心地よさげに目を細め、蒼星石は幸せな夢想に身を委ねた。
やがて、安堵しきった彼女が、健やかな寝息を立て始めるまで、
翠星石は溢れる愛情で、ちょっぴり意地っ張りな、鏡写しの自分を包み込んでいた。



(――あらためて、お帰りなさいです。蒼星石…………大好きですよ)