※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
  ―葉月の頃 その3―  【8月13日  混家】後編


作者の名前を、じぃ……っと眺めていた蒼星石の唇が、物思わしげに動く。

「これって――」

そこは、ジュンと巴と、翠星石の時が止まった世界。
三人が三人とも、塑像のように固まったまま、続く蒼星石の言葉を待っていた。
心境は、さながら、裁判長の判決を待つ被告人といったところか。
本心では聞きたくないと思いながらも、
彼らは現実逃避――耳を塞ぎもせず、その場から逃げ出しもしなかった。

カラーコピーの表紙を眺めながら、蒼星石が口にしたのは――

「外人さんが書いたマンガなんだね」

途端、硬直していた三人が、詰めていた息を吐き捨て肩を落とす。
翠星石は引きつった笑みを貼り付かせつつ、蒼星石の手から冊子をかっさらった。

「そそ、そうですぅ。きっと、ジュンたちは……えぇっと、そう!
 雛苺の参考になればと思って、持ってきたですよ。
 そ う で す よ ね?」
「お?! お、おう」
「ええ、ええ。勿論そうよ。ねえ、桜田くん? あはは……」

いきなり話を振られたにも拘わらず、ジュンも巴も、コクコクと頚を縦に振った。
かなり不自然な態度だったのだが、蒼星石は不審に思った風もなく、得心して頷く。
雛苺だけが、ワケが分からず『?』という顔をしていた。


長話をしてボロが出る前に、場所をかえるのが得策というものだろう。
翠星石は、コピー本を巴に返すと同時に、雛苺の本を一部ずつと、
ジュンのマスコット人形全種もヒョイヒョイと手にして、渡した。

「折角だし、これだけ買っといてやるですぅ。
 受け取ったら、そろそろ行くですよ、蒼星石。
 あんまり商売の邪魔しちゃー悪いですしぃ~」
「うん、そうだね。いい加減、オディールも探してあげないと」

巴が商品を袋に詰めている間に、翠星石はジュンに紙幣を差し出した。
お釣りと商品を受け取って、雛苺たちに別れを告げ、その場を後にする。
そして、歩くこと数分――
蒼星石が、翠星石の肩を掴んで、力強く引っ張った。

「あ……姉さん! あそこに金髪の女の子がいるよ」
「あれ、オディールです? 人垣に邪魔されて、後頭部しか見えねぇですぅ」
「行ってみれば判るでしょ」
「それも、そうです。じゃあ――こうして行くですよ」

翠星石は、すっ……と手を伸ばして、蒼星石の手を握った。
返事の代わりに、キュッと握り返される手は、温かく、柔らかい。
会場の熱気も手伝って、掌は直ぐに汗ばんだけれど、二人は、手を離そうとしなかった。
寧ろ、互いの汗がひとつに混ざり合うことに、喜びすら感じていた。


前後左右から押し寄せてくる人の流れをかいくぐり、やっと思いで、
金髪娘の元まで到達した彼女たちが目にしたのは――


「…………セーラームーンのコスプレイヤーさんだったね」(;゚д゚)
「…………しかも、男が女装してやがったですぅ」(゚д゚;)


この世には【あなたの知らない世界】というものが実在するのだと、
あらためて認識したのだった。




その後も東館を隈なく回ってみたものの、それらしい人物は発見できず終い。
蒼星石いわく、オディールは大人しそうな外見に似合わず行動的とのコトなので、
もう別の場所に移動しているのかも知れなかった。


二人は行き交う人々の中に彼女を捜しつつ、正面ゲートまで戻ってきた。
周囲の日陰には、大勢の人間が、グッタリと座り込んでいる。
眠っている者。買い漁った同人誌を読んでいる者。携帯電話を耳に当てている者。
種々雑多、思い思いの行動を採っているが、
誰の顔にも、共通して疲労困憊の色が濃く現れていた。

「うわぁ……みんな、疲れ切った顔してるなぁ」
「死屍累々ってヤツですかね。この暑さじゃ、無理もねぇですぅ」
「そうだよね。ボクたちも、ちょっと外で涼んでいこうよ。
 館内は蒸し暑かったからさ、汗かいちゃった」
「それじゃあ、冷たいジュースでも飲んで、一服するですよ」

カフェテリアやラウンジは幾つかあるが、この調子では、どこも満席だろう。
だったら、自販機で買った方が早い。
照りつける陽光を避けるように日陰を渡り歩き、やっと見付けた自販機で、
翠星石がジュースを買おうとした矢先、それは耳に飛び込んできた。

「ああ、喉乾いたわねえ。貴女は、なに飲むー?」

……と、どこか聞き覚えのある声。
自販機の陰から、ひょいと顔を覗かせた翠星石の瞳に映ったのは、女性二人組。
一人は大学でいろいろと世話になっている講師。
そして、彼女の後ろには――探していた人物が立っていた。

「みっちゃんに、オディールっ!?」
「あら、翠星石ちゃんも来てたのね。
 おっ? そっちの彼女、ウワサの蒼星石ちゃんか。話をするのは初めてね」

みっちゃんは自販機から取り出した缶をふたつ、ほいほいとオディールに放り投げ、
やおら頸に下げてあったデジカメを手にしてシャッターを切った。

「やったね、双子のツーショット。いきなりゲッチュ♪」




コスプレ会場は、華やいだ衣装に身を包んだプレイヤー達で溢れ返っていた。
現実離れした世界。日常から、かけ離れた幻想空間。
片隅に陣取った4人は、賑々しい雰囲気を眺めつつ、ジュースの缶を口元に運ぶ。

どれほどか経って……最初に口を開いたのは、蒼星石だった。

「……なんて言えば良いのかな。
 陳腐な表現しか思い浮かばないけど……ボクね、今とっても感激してる」

蒼星石の隣に座っていたみっちゃんが、眼鏡の奥で、興味深そうに瞳を輝かせた。

「ふぅん? そりゃまた、どうして」
「だってさ、みんな、すごく情熱を傾けている。心から楽しんでるんだもの。
 会場全体が、創造する喜びとか、熱意に満ちあふれてる。すごいと思うよ。
 こんな風に感じるのは、初めてコミケに来たからなんだろうね」
「それは違うなぁ。足を運んだ回数なんて、関係ないって。
 あたしなんか毎回来てるけど、その度に感激してるもの」

みっちゃんは一旦、言葉を切って、コスチューム・プレイヤーたちを見遣った。
ここを、神々が集いし巨大な社と見るなら、
彼ら彼女らは、晴れ着を纏った神官であり、巫女。
心の奥底に刷り込まれている原始的な自然信仰の記憶が、心を躍らせるのかも知れない。
しかし、その祭典も――――もうすぐ幕を下ろす。
翠星石の瞳に映った彼女の眼差しは、どこか夢見るようであり、
また、どこか寂しげでもあった。

……が、みっちゃんはすぐに気を取り直し、
手をひらひらさせながら、気恥ずかしそうに微笑んだ。

「まあ、とにかく……お祭りの雰囲気って、ステキよね。
 こんなにも胸が躍ることなんて、普段の生活じゃあ、そうそうないから」
「あったらあったで、困りもんですぅ。
 四六時中、心臓バクバクいわせてたら早死にしちまうですよ」

にべもない翠星石の返事に、他の三人は一斉に苦笑した。
そんな空気を払拭するかのように、今度はオディールが口を開いた。

「実を言うと、私……ちょっと馬鹿にしてたの。ただHな本を売ってるだけじゃないのって。
 でも、違った。それだけじゃあ、ないのよね。
 暑苦しくて、汗まみれの腕がくっついたりして気持ち悪くなったりもしたけど、
 今では……来て良かったって思えるわ」

言って、彼女は清々しく笑った。
丁度、今日のような青く晴れ渡った空のように。

「そよ風が立てる漣に揺られて、静かに微睡むのも良いけれど、
 時には、津波や渦潮みたいな、激しい刺激を嗜むのもいいわね」

穏やかな日常と、祭りの華やぎ。ケ(褻)と、ハレ(晴れ)。
それは、人類が文明に目覚めた日から連綿と受け継いできた、魂の営み。
この雰囲気に身を任せ、一時でも現実を忘れるのが、ある意味、自然な行為だろう。
結果的に、オディールも、祭りを楽しめたようだ。




みっちゃんはジュースを飲み終えると、デジカメに手を遣って、
撮影した画像をディスプレイで確かめながら、誰にともなく語り始めた。

「あたし……ね。今でこそ大学の講師なんて仕事に就いてるけど、
 学生の頃まで服飾関係の方に、すっごく興味もってたのよ。
 友達のコスプレ衣装とか、何着か縫ってあげたりもしたっけなぁ」
「それで、今でも、こうして?」

オディールの問いに、みっちゃんは頚を縦に振る。

「詮無いこととは解ってるんだけどねぇ……
 ついつい、ここに足を運んで、あの頃の夢を思い返すのよ。
 服飾関係に進んでたら、今頃どうなってたかなぁって。
 そんなパラレルワールドの自分に、想いを馳せてみたり――ね」

そう告げたときに、みっちゃんが垣間見せた遠い眼差しは、
さっき翠星石が見た、あの寂しげに夢を見つめるような目だった。

あの時、ああしていれば――なんて、考えるだけムダ。
実際、そのとおりかも知れない。
過去に戻って、人生をやり直すことなど、神様にだって出来はしない。

だが、翠星石は、必ずしもムダだなんて思わなかった。
過去を振り返る……それは、実験をして得られた結果に対する考察。
それが、これからの人生を、より良く生きていくための指針となるのだから。

「みっちゃん。生きるってコトは、常に実験の連続なのだと、私は思うです。
 一つの動作に、一つの考察。
 人は、試行錯誤を繰り返しながら、成長していくですよ。
 だから……夢を見つめなおすコトは、決して詮無いことじゃねぇです」

それを教えてくれたのは、蒼星石だ。
彼女が目の前から去り、独りになって、翠星石は色々と考えさせられた。
結果、あの頃の自分よりも、色々と変われたと思う。
寂しがって泣いてばかりじゃないし、友人たちとの付き合いも、頻繁になった。
ただ単に『慣れ』なのかも知れない。
けれど『慣れ』もまた『成長』の証なのだ。

「人生の成否なんて、死ぬ寸前にならなきゃ分からねぇですぅ。
 記憶のアルバムをひっくり返して、最後に舞い落ちた写真が幸せな思い出だったなら、
 きっと、人生という実験に成功したってコトなのですよ」
「……ふぅん? なかなか面白い発想ねえ、それ。
 レポートだったら最高点を付けてたかも。
 あーあ。教え子に諭されるなんて、あたしも年寄りってコトなのかしらん」

みっちゃんは溜息を吐きながらも、屈託なく笑って、
翠星石の頭を、ぽふぽふと叩いた。

「さってと、休憩おーわり。閉会まで、ラストスパートいくわよぉ!」
「ええっ? まだ見て回るですか?」
「モチロン! いろんな衣装を撮影したいしね~」

呆れ顔で訊いた翠星石に、みっちゃんは陽気なウインクを返した。

「今日は、貴女たちと話が出来てよかった。結構、有意義な時間だったわ。
 オディールちゃんにコスプレさせられなかったのが、唯一の心残りだけどぉ」
「……それなら、ボクたち三人の集合写真を、撮ってもらえない?
 オディールのコミケ来場記念に、ね」
「なるほど、蒼星石ちゃんナイスアイディア。それじゃあねぇ――
 オディールちゃんが真ん中にしゃがんで、二人は後ろに並んで中腰になって。
 ……そう、そんな感じ。じゃあ、一枚目いくわよー」

足を揃えて腰を降ろしたオディールが、スカートの裾を整え、
翠星石と蒼星石は、膝に手を衝いて、肩を寄せ合う。
全ての準備が終わったところで、シャッターが切られた。
三人が一斉に、ホッ……と、詰めていた息を吐く。

「みんな、表情かたいなぁ。もうちょっと笑って。もう一枚いくわよー」

みっちゃんの合図で、再び同じポーズをとる。
今度は、ちょっとだけ、微笑んで。
そして、シャッターが切られる寸前――


翠星石の頬に触れる、柔らかな感触。


蒼星石にイタズラでキスされたのだと理解するまでに、翠星石は暫しの時間を要した。
理解すると、今度は言葉が思い浮かんでこなくなった。
耳まで朱に染めて、馬鹿みたいに、口をパクパクさせるだけ。

「な、なな……なにしやがるですかっ!」
「いいじゃない、記念なんだしさ」

やっとの思いで放った声に返される、素っ気ない台詞。
その言葉を紡ぎだした唇の主も、頬を上気させて、はにかんでいた。
自分の頭上で何が行われたのか判らず、不思議そうに二人を見上げるオディール。
そして、みっちゃんは…………デジカメを構えたまま、鼻血を噴き出していた。




帰りの電車は、幸いにして空いていた。
翠星石を真ん中にして、三人はシートに座った。
蒼星石とオディールを隣り合わせにさせない為だったが、
そのオディールは、今や翠星石の肩にもたれ掛かって、寝息を立てている。
慣れない人混みに揉まれて、流石に疲れたのだろう。
かく言う翠星石も、安堵から気が緩んで、ウトウトし始めた。

と、そこへ――蒼星石の囁きが。

「今日は、来て良かったよ。思いがけない収穫もあったし♪」
「それって……雛苺の本のコトです? それとも、ジュンの?」
「……あのコピー本ってさぁ」
「っ?! そ、蒼星石……おめー、まさか――」
「ボクが気付かなかったとでも、思ってたの? 
 ふふ……姉さんの弱み、握っちゃった。みんなにバラしちゃおうかなぁ」
「あううぅ――――そ、それだけはぁ」

羞恥のあまり紅潮して、涙ぐんだ姉の顔を、蒼星石は上目遣いに覗き込む。
そして、ニッコリと笑いかけた。


「じゃあ、当分の間、ボクの頼みを聞いてくれるよね……姉さん♪」
「…………好きに……しやがれです」
「ふふっ。今度の旅行が楽しみだなぁ」


姉の肩にアタマを預けて、蒼星石は幸せそうに微笑んでいた。