※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
  ―葉月の頃 その5―  【8月23日  処暑】②


高速道路で二度目のサービスエリアに入るや否や、
弾かれたように車を飛び出した翠星石は、タオル片手にトイレへと駆け込み、
ぽぉ~っと熱を帯びた顔をすぐにも冷やしたくて、ざぶざぶ洗った。

なんだか、まだ身体中がムズムズして、気分が落ち着かない。
それもそのハズ。『もふテク』108式すべてを体験してしまったのだから。
思い返すだけで、翠星石の背筋に悪寒が走り、顔から火が出そうだった。


「あー、ヤバかったですぅ。危なく溺れ乱――」
「なにで溺れそうになったのですか?」

タオルで顔を拭いながらの独り言に、背後からタイミング良く問い返されて、
翠星石は、わたわたと両腕をバタつかせた。一瞬にして、総毛立っていた。
ぎしぎしと頸椎を軋ませながら、翠星石が顔を向けた先には……

「?」顔の雪華綺晶が、翠星石のことを見つめていた。
彼女の右後ろには、守護霊のように寄り添う薔薇水晶の姿も。

「なにやら、お顔の色が赤いですわね。車酔いでしょうか?
 それとも、軽い暑気あたりとか――」
「おk……把握。私、おクスリ持ってる」

と、薔薇水晶がウエストポーチから取り出したのは、プリザエース。
いったい全体、どういう発想で、なにを把握したというのか。
あまりにもお約束すぎて、翠星石はもう怒る気も失せ、長い息を漏らした。

「気持ちだけ、受け取っておくです。大したコトじゃねぇですから」
「……そう。入り用になったら……いつでも言って」

薔薇水晶は、さも残念そうに睫毛を伏せて、錠剤をポーチに戻した。
その隣で、雪華綺晶が物思わしげな顔を作っている。

「でも、とりあえず、涼をとった方が良いかも知れませんわね。
 ソフトクリームでも、ご一緒にいかが?」

翠星石は、腕時計に目を落とした。集合時間までは、いくらか余裕がある。
ソフトクリームくらいなら、さくっと食べてしまえるだろう。
それに、折角の気遣いを無碍に断るのも、礼を失するというものだ。

そう考えて、翠星石は、雪華綺晶のお誘いを受けることにした。




お盆休みシーズンを過ぎたとは言え、まだまだ結構な混み具合だ。
売店でソフトクリームを買った三人は、カンカン照りの室外に出ると、
ちょうど空いていたパラソル付きのテーブルで、車座になった。

「さあ、いただきましょう」言うや、雪華綺晶はパクっ! と頬ばって、
唇に残るクリームを、艶めかしく舐め取る。「うふふ……アンマァ~」

彼女の満足げな声に、翠星石は、ギクリ。
まさに【パブロフの犬】的条件反射。ついさっきまでの刺激が強烈すぎて、
どうにも『アンマァ』という響きに過敏な反応を示してしまう。
そんな翠星石の微々たる変化を、目敏く捉えていた者が、ひとり。

「どうか……した?」

薔薇水晶は訊ねて、翠星石の顔を、じぃ……っと見つめている。
なにか答えない限り、ずっと見ているつもりだろうか。
翠星石は「なんでもねぇです」と、素っ気なさを装って視線を逸らし、
バツの悪さを隠すように、自分のソフトクリームに口を付けた。

「はもはも……ん~。冷たくて、美味しいですぅ~。
 くどくない甘さで、舌の上でサラッと溶ける感じが、また格別ですぅ」
「原料の鮮度が、味の決め手なのかも知れませんわね。
 カウンターのところに、ポスターが貼ってありましたもの。
 この近くに牧場があって、そこから搾りたてのお乳を仕入れているとか」

再び、笑顔を凍り付かせる翠星石。明らかに、意識しすぎている。
そして今度もまた、薔薇水晶は些細な変化を見逃していなかった。

「お乳……搾りたて」

今度は、ニヤッと嗤って、これ見よがしに指をわきわき動かしている。
彼女の隻眼が向けられているのは、翠星石の……胸。
翠星石は、かぁ~っとアタマに血が昇って、耳まで熱くなるのを感じた。

「なっ、なっ…………なに、おバカなこと言ってやがるですか!
 おめーには根本的に、乙女の恥じらいってモノが足りねぇですぅっ」
「……どうして、そんなに怒るの?」
「暑いからと言っても、ちょっとカリカリしすぎですわね。
 翠星石さん、貴女……きちんと乳酸菌を摂っていますか?」

薔薇水晶の問いを受け、雪華綺晶までもが、訝しげに翠星石を見る。
じろじろと二人の視線に晒されて、言葉に詰まった彼女は――
赤らんだ顔をぷいっと背けて、黙々とソフトクリームとコーンを完食した。

しかし、このまま何も喋らずに立ち去るのも、逃げ帰るみたいで癪に障る。
角が立たないほど自然で、適当な口実は、なにか無いものだろうか?

(……あ。そうですぅ)

あれこれ考えていたところに、ふと、天啓が降りてきた。
翠星石は、薔薇水晶が食べ終わるのを見計らって、身を乗り出した。

「ねえ、薔薇しー。よく効く眠り薬って、持ってねぇです?」
「眠り薬なら……そこで売ってる」

言って、薔薇水晶が指差した先には――

「缶ビールの自販機じゃねぇですか、おバカ水晶っ!」
「軽い冗談……怒っちゃダメ。ちょっと待って…………ほい、コレ」

と、彼女が差し出したのは、なにやら不可思議なタブレット。
1ダースの錠剤がパッキングされていて、裏面には製品名らしき印刷と、
製薬会社のマスコットキャラと思しい吊り目の白ウサギが、見て取れた。

「nft……っていうですか、このクスリ。なんか小室ファミリーみてぇです」
「trfちゃうねん。『n field tripper』の略称。
 効くよ……コレ。飲めば一瞬で……ユメの世界にトリップできる」
「おお……なんか凄そうです。そんな強力な効果で、副作用は心配ねぇのです?」
「まったくもってモウマンタイ。二度と目覚めないコトも……よくある」
「メチャクチャ問題ありまくりじゃねぇですかっ!」

大声を出したものの、それ以上の狼藉は働かずに、翠星石は二人と別れた。
ただし、nftは貰っておいた。モチロン、自分で服用するワケではない。

「このクスリで、おバカ苺を眠らせちまえば、もう安心ですぅ」

だが、雛苺だって、こんなアヤシイ錠剤を素直に飲みはしないだろう。
となれば、飲み物や食べ物に混ぜて、飲ませてしまえばいいのである。
翠星石は売店に入って、雛苺が食べたくなりそうなモノを探した。
すると――

「お! 雪苺娘じゃねぇですか。これは、お誂え向きですぅ~。きししし」

冬限定の代物のハズだが、どうして真夏に売っているのやら。
首を傾げつつも、翠星石は迷わずゲットする。それも3つ。
ひとつだけだと警戒されかねないが、人数分なら変に思われまい、との配慮だ。

会計を済ませた翠星石は、人目を気にしながら、そそくさと物陰に入った。
そして、もう一度ぐるり見て、誰にも見られていないことを確認。
手早く(だが丁寧に)パッケージを開き、雪苺娘の底面から錠剤を埋め込んだ。

「はふぅー。準備完了……っと、ヤバっ! もう出発時間じゃねぇですか!」

時計を見て慌てた翠星石は、咄嗟にクスリ入りの雪苺娘をレジ袋に放り込んで、
炎天下を全力疾走した。




「ご、ごめんなさいですぅ!」

息せき切らせた彼女を、水銀燈と雛苺が出迎える。二人とも眉を集めていた。

「もぉ。遅いのよー、翠ちゃん」
「ナニかあったのかと心配するじゃない。あらぁ……なにを買ってたのぉ?」
「……実は、こんなモノを見つけたから、一緒に食べようと思ったですぅ」

と、翠星石が、手にしたレジ袋から雪苺娘を恭しく取り出すと、
二人の態度と表情はコロッと変わった。
特に、雛苺のはしゃぎようは、もはや異常と言ってもいいくらいだった。

――が、事ここに至って、翠星石は自らの過ちに気づいた。

(うっ! 走ってきたから、袋の中でゴッチャ混ぜになって、
 どれがクスリ入りだか、分からなくなっちまったですぅ)

なぜ、目印のひとつも残しておかなかったのか。自身の迂闊さが恨めしかった。

しかし、二人に渡す前に調べるなんて、不自然きわまりない。
『一服盛っといたですぅ』と、自白しているに等しかった。
どうしようもない。翠星石は、もう、どーでもいい気分になって……

(し、しゃーねぇです。女は度胸! なんでも試してみるもんですぅ!)

二人に雪苺娘を渡し、自分もパクっと食らい付いた。
そして、次の瞬間っ!


  ガリリッ……


小石でも噛んだような音に続いて、卒倒する水銀燈。

「あぁっ! ぎ、銀ちゃん、どうしちゃったの? しっかりするのーっ!」
「はっ! きっと熱中症ですっ! 早く、銀ちゃんをリアシートに乗せるですよ。
 エアコンで急速冷却フリーズドライにしてやるです」
「う、ういー!」




……なんて。咄嗟の機転を利かせて、なんとかその場を誤魔化した翠星石は、
再びハンドルを握って、車を転がしていた。
後部座席には、ぐったりと横たわって、目覚める気配のない水銀燈が……。
雛苺は助手席に移って、翠星石との雑談に興じていた。

いくらか走った頃、雛苺がニコニコしながら、翠星石に話しかけた。

「ねえねえ。銀ちゃんが倒れたの、翠ちゃんの仕業なのよね?」
「なな、なんのコト……です? 私には、さっぱり――」
「誤魔化したってダメなの。ヒナには、バレバレユカイなのよ?」

言って、雛苺はハンカチを取り出し、翠星石の左頬に滴った冷や汗を、優しく拭う。
あくまでも、天使のような微笑みを絶やさないままに。


「宿に着いたら、覚悟しておくのー♪」

藪をつついてワニを出す。
新たな格言が、産声をあげた瞬間だった。(民明書房刊)