※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 日記3が長くなったので改ページ。 
    とにもかくにも、滞っているものを更新していかないとなぁ。
    ここで、不定期に行われる一念発起!
    時間を見つけては、ちまちまと書き進めております。

    しか~し。
    一日一行しか書けない日もあるので、次はいつのことやら……。orz
    生暖かーく見守っていただけたら幸いです。

    今回のニコニコは懐かしソング2曲で。(またもやアイマス系ですが)

    【水の星に愛をこめて】
    カラオケでも歌いやすい曲ではないかと。森口博子は歌がうまいのう。
    ダンスはアニメ版めぐだと脳内変換しなされ。

     
    【BELIEVE IN LOVE】
    おなじみ、リンドバーグの有名な曲。カラオケの定番となっておりますぅ。
    ダンスの振り付けもタイミング合ってて、PV感覚で見られる(と思う)。

     
    -- ヘタレ庭師 (2007-10-14 02:03:56)

  • とりあえず、ここだけでも更新して生存報告を。


    「紅葉を見に行こうYO!」

    ――と、友人に誘われ(車を出したのは、何故か私でしたが……)もう一人を道連れに、
    上高地へ行ってきたのが先週の土曜日のこと。

    確かに、程良く色づいてましたよ、ええ。それはもう黄金色と呼べるほどに。
    しかし、しかーし…………少しばかり油断をしていたようです。
    あまり厚着をしていかなかった事が祟り、始終、寒い思いをすることに!
    なんだか具合が悪くなり、帰りの運転は友人に任せ、うたた寝しつつ戻ったものの……
    先週はずっと、風邪ひきさんモードでした。
    やっとこ体調がよくなってきましたが、相変わらず喉が痛い。orz

    昨日は台風接近により、思いがけずスケジュールが空いたので、
    ゆっくり休養をとりつつ、執筆をば。(今日は東京モーターショー行ってましたが)
    いやはや……久々の投下は、けっこう緊張しましたねえ。
    まるで、勝手の分からない異国の町に踏み込んだような――
    そんな心細さを感じてしまいました。


    さてさて、今回の懐かしソングは、以下の2曲。

    まずは、まさかアイマスで聴くことがあるとは……と衝撃を受けた曲。
    なかなか応用範囲が広い素材のようですね。
    侮りがたし、コラボPV! そして動画職人!

     

    でも、さすがにABBAは無いだろうな~w
    ――と、モノは試しで検索してみたら…………あったー! コーヒー噴いたっ!
    ダンスに合わせるためか、ちょっとテンポ上げてありますな。
    でもABBAの曲は『That’s me』みたいなアップテンポが良いと思っていたので、
    このアレンジはアリ! だなと。 

     
    -- ヘタレ庭師 (2007-10-28 23:04:36)

  • あ~~~~。
    気づけば早くも12月。更新も1ヶ月以上、サボっておりました。
    光陰、矢の如し――とは、よく言ったものです。

    勘が鈍らないよう、ちまちまと書いてはおりますが、なかなか……ね。
    纏まった時間を持てないのが、辛いところ。
    11月末の三連休も、社の慰安旅行で潰れ(温泉を満喫できたから、まあ許せる)、
    今月に入ったら、公私における忘年会のオンパレード。
    酒浸りで身体が保たないのも、さることながら……
    一番の問題は、出費が嵩む! と言うことですな。

    忘年会の飲み代、クリスマス、初詣、お年玉、新年会――
    おまけにガソリン代まで値上がりしっぱなしですかぁ。orz
    こりゃボーナスもらっても、冬コミ行ってる場合じゃないね、うん。


    まあ、グチはこの辺で打ち止めにしといて――
    お気に入りの整理、およびバナーを貼ってみるテストも兼ねて、
    久しぶりにリンクの方を更新しました。
    お暇な時にでも、どうぞ。


    さーて、今回の懐かしソングは、こちら。

    ヘイゼル・ディーンのTurn it into loveを、Winkがカバーしたバージョン。
    この歌、かなり流行ってましたよねえ。
    日本におけるユーロビートの走りだったんじゃないかなぁ。
    この頃はまだ、カセットテープとか普通に売ってたし、
    パナソのRX-DT9なんてCDラジカセ使ってたっけ。
    今も実家の方に置きっぱなしですけど……。
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm503215   
    こちら同じくカイリー・ミノーグによるカバーversion。
    テンポからして、まさにPWLですよねぇ。
    リック・アストリー、ジェイソン・ドノヴァン、サマンサ・フォックス……
    ドナ・サマーに、マイケル・フォーチュナティ……
    80年代後半は、ユーロビート全盛だったなぁ。
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm841008   
    -- ヘタレ庭師 (2007-12-09 01:07:54)