※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
――1932年 南フランス。
夜……雲が月を遮って、いつもより暗い夜。煤煙を撒き散らしたような、漆黒。
陰鬱たる森の静寂を、無粋なエンジン音で破りながら疾駆する黒塗りの車が、一台。
1929年のパリ・モーターショーで華麗にデビューした、プジョー201だ。

 
山間の閑散とした田舎道に立ちこめた夜霧は、いつになく濃い。
それが為だろう。通い慣れた道であるにも拘わらず、薄気味悪くて仕方がなかった。
運転手も不穏な気配を感じているのか、普段より更に、飛ばしている。
いくら煌々とヘッドライトを灯したところで、夜霧を消せる訳もないのに……
こんなに早く走ったりして、危なくはないのかしら?
轍とか、張りだした根に車輪を乗り上げて、横転したりはしない?
僅かでも不安を抱いてしまうと、それが呼び水となって、更なる不安に苛まれる。

 
「ねえ……霧が深いから、怖いわ。どうせ家に帰るだけだもの。
 ゆっくり、安全運転で行ってちょうだい」

 
革張りの後部席に、ちょこんと納まっていた娘――コリンヌ・フォッセーは、
彼女の家のお抱え運転手に、緊張しきった声で頼んだ。

 
車が速度を落とすと、コリンヌは安堵の息を吐いて、暗い車窓に眼を戻した。
相変わらず、夜霧は暗い木々の間から、ひたひたと押し出されてくる。
まるで、イタズラを企てた妖精が、霧のヴェールを纏って忍び寄ってくるみたい。

 
――妖精だなんて、おとぎ話の世界じゃあるまいし……。
コリンヌが白い霧の中に幽かな変化を見たのは、小さく自嘲した直後のことだった。

 
 
 
  第一話 『Face the change』

 

 
 
今のは、なに? 少し眠るつもりで閉じかけた瞼を、コリンヌは見開いた。
ゆるゆると後方に流れ去った景色に、ほんの一瞬――
彼女は確かに、視界の隅で捉えていたのである。

 
ねっとりとした夜霧から、吐き出されるように現れた人影を。

 
「停めてちょうだい!」

 
彼女の鋭い声に驚いた運転手が、加減を忘れてブレーキを踏み込んだ。
車が急停止して、コリンヌの華奢な身体は慣性に抗いきれず、
ぐいと前のめりになって、運転席のシートバックに押しつけられた。

 
胸が圧迫された息苦しさを感じたのも、一瞬。
コリンヌは「ここで待ってて」と、ドアを開け、夜闇へと飛び出していた。
車中から、運転手の制止する声が追いかけてきたが、耳を貸そうともしない。
濃い霧で5メートル先も見えない状況ながら、彼女はさっきの人影を探した。

 
……しかし、見当たらない。
当然だ。ランプも持たずに夜霧に包まれれば、方角すらも見失いかねない。
事実、振り返ったコリンヌは、もう車を見出すことが出来なくなっていた。

 
 
(どうしよう……)

 
この段になって漸く、彼女は前後の見境なく行動した迂闊さを悔やんだ。
車で待つ運転手と呼び合えば、その声を頼りに、引き返せるだろう。
だが、これ以上さっきの人影を探すことは、困難そうだった。
目の錯覚、或いは本物の幽霊だったなら、まあいいと笑って済ませられる。
けれど、もし遭難者だったとしたら――助けなければ、死んでしまうかもしれない。

「……もう少しだけ、探してみましょう」

 
コリンヌは独りごちて、慎重に足を踏み出した。
車のヘッドライトを目印に森を這い出てきたのなら、まだ近くに居るはずだ。

 
五歩くらい進んだところで「誰か居ませんか」と、霧の中に囁いてみる。
彼女の声に応えるのは、ホゥホゥというフクロウの、遠い声だけ。
やっぱり、こんな夜中の山道に、人なんて歩いているわけがない。
よくよく考えたら、付近には民家どころか、山小屋すら無いはずの場所だった。

 
 
「嫌ね。見間違いだったんだわ、きっと」

 
言って、車に戻ろうと踵を返した彼女は、その直後――
ヒィッと喉を鳴らして、腰を抜かさんばかりに驚いていた。
いつの間に近づいていたのか、コリンヌの背後には、若い娘が立っていたのだ。

 
コリンヌと同い歳くらいか。娘は茫乎とした表情のまま、ただ棒立ちしていた。
白痴のように唇をポカンと開けて、意志のない瞳を宙に彷徨わせている。
娘の髪は、夜目にも判るほど真っ白で、右眼を白薔薇の眼帯で隠していた。

 
なにより驚くべきは、その娘の服装だった。
この冷え冷えとした山中にあって、身に纏っているのは泥汚れたシュミーズのみ。
露わになった肌の至るところに擦り傷が刻まれ、泥が付着していた。

 
「貴女っ! どうして、こんな――」

 
どう考えても、ただの遭難者とは思えない。
もしや不逞の輩にかどわかされ、山中で陵辱された上、置き去りにされたのでは。
 
躊躇いもなく、コリンヌは娘の腰を抱き寄せた。饐えたような臭いが、鼻を突く。
よほど疲れていたのか、娘はコリンヌの腕に、ぐったりと体重を預けるなり、
そのまま気を失ってしまった。娘の肌は汗でベタつき、冷え切っている。

 
コリンヌは運転手に声を掛けて、彼の声を辿り、車まで戻った。
彼女が連れてきた小汚い娘を見るや、運転手は驚き戸惑ったが、キニシナイ。
後部シートに娘を乗せると、コリンヌは毅然と指示した。「車を出して」

 
 
――なんとも不思議な客を乗せて、車は再び走りだす。
得体の知れない娘は、コリンヌに抱きかかえられて、昏々と眠り続けている。

 
(どういう子なのかしら、この子?)

 
この辺りでは、見かけない娘だった。
身元を辿る手懸かりは? 差し当たって、コリンヌは、娘の両手を調べてみた。
だが、指輪などのアクセサリはしておらず、指先は泥だらけだ。
素手で、穴でも掘っていたのだろうか? さっぱり解らない。

 
結局、個人を特定できそうな手懸かりは、なにも無し。
コリンヌは溜息を吐いて、ばさばさに乱れた娘の髪を、そっと撫でた。
ひとまず家に連れて帰って、目を覚ましてから、詳しい話を聞くしかないだろう。

 
娘の喉が、ひく……と動いたのをキッカケに、コリンヌは娘の首筋に目を遣った。
すると、その時になって始めて、娘がペンダントをしていることに気づいた。
車内は暗かったし、シュミーズの下に隠れてもいたので、見落としていたらしい。

 
コリンヌは、娘を起こさないように、そっと……手に取ってみた。
それは、ガラスのように青く透きとおる、雪の結晶を象ったペンダントだった。
 
 


 
 
  第一話 終

 
 
 【3行予告?!】

 
迷子の迷子の仔猫ちゃん。貴女のおうちは、どこですか――
身元の分からない娘を屋敷に連れ帰って、私は一生懸命、彼女の看護をしました。
でも、彼女は……大切なモノを失っていたのです。

 
次回、第二話 『Graceful World』