※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
無給でも構わないから、側仕えさせて欲しいだなんて。

 
コリンヌは、そんなつもりで雪華綺晶を保護した訳ではなかった。
出会いがあまりにも唐突すぎて、思わず、雰囲気に流されただけ。
本当に、ただ、それだけのことだった。

 
 
「……ダメよ、そんなの。なにを言い出すの?」

 
シャワーを止めたコリンヌは、バスタオルを胸に巻くと、
バスタブに身を浸したままの雪華綺晶に、あがるよう促した。
けれど、雪華綺晶は子供みたいにイヤイヤをして、立とうとしない。

 
はてさて、困ったものだ。意外に、つむじ曲がりな一面があるらしい。
コリンヌは、雪華綺晶の濡れた肩に両手を添えて、ぐっと顔を近付けた。

 
「お友だちを困らせるなんて、いけないわ。そうでしょう?」
「……私なんかに付きまとわれたら、あなたは迷惑?」
「そういうことじゃなくって――」

 
どうも、お互いの意地が、真っ向ぶつかり合っている。これでは埒が開かない。
潤んだ瞳で、真っすぐに見つめ返してくる雪華綺晶の真摯さにも絆されて、
コリンヌは「わかったわ」と、雪華綺晶の頬を優しく撫で上げた。

 
「お風呂から出たら、お父様に訊いてあげる」

 
 
 
  第四話 『NECESSARY』

 
 
 
それからはもう現金なもので、雪華綺晶はシャワーをひと浴びするや、
独りでさっさと着替えまで済ませてしまった。
途絶えることのない微笑みが、機嫌の良さを如実に物語っている。

 
「ちゃんと、髪を乾かさないとダメよ。ちょっと待ってて」
「はぁい」

 
雪華綺晶は、右眼を覆う白薔薇の眼帯を玩びながら、素直に返事をする。
そんな彼女の様子を、コリンヌは困り顔で眺めていた。

 
入浴するというのに、雪華綺晶はペンダントと眼帯を外したがらなかった。
これを外すくらいなら、お風呂になんか入らないと我を張るものだから、
とうとうコリンヌの方が折れて、現在に至っている。

 
「右眼のところも、ちゃんとタオルで拭いたのかしら?」
「拭きましたわ~」

 
雛苺とはまた違う明るさで戯ける雪華綺晶は、とても可愛らしい。
まるで、天使。コリンヌの唇にも、自然と笑みが広がった。

 
「さあ……服を着たら、次は身だしなみね。わたしのお部屋に、いらっしゃい。
 髪をブラッシングして、リボンで結ってあげるわ」

 
言って、彼女は雪華綺晶の背に腕を回した。
そっと抱き寄せれば、生乾きの髪からシャンプーのいい香りが、ふわり……。

 
「本当にステキよ、貴女。嫉妬しちゃうくらいにね」

 
コリンヌは満足げに頷いて、雪華綺晶の耳元で、惜しみなく褒めそやした。

 
 
部屋に戻って、丹念に髪を梳った後――
コリンヌは色とりどりのリボンを持ち出して、雪華綺晶の前に並べた。
長さは、ほぼ均一。幅は、広いものから紐状のものまで、揃っている。

 
「両耳の上あたりで、結ってあげる。貴女って、どんな色が好きなのかしら」
「私は…………えぇとぉ……そうですわねぇ」

 
暫し、並べられたリボンの上を彷徨っていた雪華綺晶の指先が、ひたと止まる。
「……これ。この色が良いです」

 
彼女が選んだのは、幅の狭い、紅いリボンだった。
清純な白に、鮮烈な紅。もっと落ち着いた、おとなしい色を選ぶかと思いきや、
なかなかどうして、自己顕示が強い性格らしい。

 
「雪華綺晶って、赤系の色が好きなの? どうして?」
「理由を訊ねられると、困ってしまいますけど…………変、でしょうか?」

 
正対照の色というものは、大概において、互いを最も引き立て合う。
無垢なイメージの雪華綺晶が、毒々しい深紅(あるいは漆黒)のドレスを纏ったら――
きっと男女の区別なく、多くの者を虜にすることだろう。
コリンヌは「いいえ」と頭を振って、雪華綺晶の髪を一房、手に取った。

 
「とても、いい感性よ。貴女に彩りを添えるなら、原色こそが相応しく思えるわ。
 少しくらい派手な色じゃないと、貴女の美貌に負けてしまうもの」
「そんな……照れてしまいますわ。私なんて――」
「もっと自信を持ちなさい。貴女は、わたしの知る限りにおいて、誰より美しいわ」

 
ありがとう。雪華綺晶は、蚊の鳴くような声で呟き、頬を染める。
本当に可愛い。コリンヌは、その上気した桃色の頬に、親愛のキスをした。

 
 
――さて。件の相談に対する、コリンヌの父親の返事は、どうだったのか……。

 
その答えは、雪華綺晶の表情が物語っていた。
コリンヌに寄り添い、しなやかに細腕を絡める彼女の顔には、満面の笑み。
屋敷の庭園を歩く二人の足取りも、どこか軽やかだ。
紅、黄、白――庭園には、色も鮮やかな薔薇が咲き誇って、芳香を漂わせていた。

 
「うふふ……。まさか、あんなにアッサリお許しいただけるなんて」
「ホント言うと、わたしも意外だったわ」

 
どれほど美しかろうと、雪華綺晶は真夜中の山中で拾った、素性の知れない娘。
そんな怪しい者を、タダ働きとはいえ、愛娘の側に仕えさせるだなんて――
常識では考えにくい。猛反対されることは勿論、追い出せと言われることすら、
コリンヌは覚悟していた。その時には、雪華綺晶を連れて家を出よう……とも。

 
「でも、良かった。わたしたち、まだ、お友だちでいられるのよね」
「ダメです、公私混同なんて。私たちはもう対等ではなく、主従なのですわ」
「イヤぁね。変なところで、堅苦しいなんて」

 
ぷっと噴き出したコリンヌは、少しトゲに苦戦しながら、手元の白薔薇を手折った。
それを、雪華綺晶の髪を結ったリボンに、つと刺し添える。左右に、一輪ずつ。

 
「立場なんて、関係ないの。ずっと……わたしのお友だちで居てね。ずっとよ」
「はい、マスター」
「もぉ……ダメよ。名前で呼んでちょうだい。ふたりっきりの時だけは、ね?」
「解りましたわ。コリンヌ」

 
よろしい。ご褒美とばかりに、コリンヌは雪華綺晶を、優しく抱擁した。
石鹸とシャンプーと、薔薇の芳香が、繭のように二人を包み込んでいった。
 


 
 
第四話 終

 
 
【3行予告?!】

 
きっと、何年たっても……こうして、変わらぬ気持ちで――
貴方への想いを込めて、貴方への手紙をしたためた、あの夜。
時が経って、便箋は黄ばみ、文字は掠れようとも……私の想いは、色褪せない。

 
次回、幕間1 『恋文』