※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
ピアノが、好き? 訊ねられて、雪華綺晶は間を置かず、好きと答えた。
特に、コリンヌが奏でるピアノの音色は、大好きだった。

 
鍵盤を叩けば、誰でも音は出せる。老人でも、生まれたての赤ん坊でも。
けれど、僅かな間や力加減は、人それぞれに違う。音色の質も、そこで変わる。
本当に艶のある和音を引き出せる人間は、ほんのひと握りに過ぎない。
そして、コリンヌはその数少ない者の一人だと、雪華綺晶は常々、感じていた。

 
「マスター……あ、いえ……コリンヌの弾く旋律は、特に心地よいですわ。
 まるで、上質の羽根箒で、素肌をくすぐられているような――
 得も言えない恍惚に、私を誘ってくれるんですもの」

 
思いがけず賛辞を呈されて、コリンヌは「そんな大袈裟な」と、はにかんだ。

 
「その心地よさは、演奏者の手柄ではなく、旋律を生み出した人たちの功績よ。
 いま弾いていたのは、ラヴェルの『亡き王女のためのパヴァーヌ』という曲ね。
 他にも、サティやドビュッシーといった著名な作曲家の曲を、よく弾くわ。
 みんな、パリ音楽院で学んだ素晴らしい才能の持ち主たちなの」

 
澄んだ瞳を輝かせて、活き活きと語るコリンヌを見つめながら、
ああ、本当にピアノが好きなんだな――と、雪華綺晶は思った。
そして……彼女の言い分は、やや間違っている、とも。

 
卑近な例をあげるなら、料理と同じだろう。
どれほど素材が良かろうと、調理の仕方が拙ければ、美味しくはならないから。

 
 
 
  第七話 『今でも・・・あなたが好きだから』

 
 

 
素晴らしい演奏者が居てこそ、ステキな旋律は、最高の音楽へと昇華できる。
まだ蕾だけれど……コリンヌは確実に、才能という花を咲かせつつあった。
別の曲なら、この娘はどんな風に弾くのだろう。想像して、雪華綺晶は胸を躍らせた。

 
「コリンヌ。お疲れでないようでしたら、もう少し、聞かせてください」
「ええ、いいわよ。でも……まずは、わたしの話を済ませてからね」

 
即答に、雪華綺晶は戸惑った。話とは、ピアノの件だと独り合点していたのだ。
それが実は、本題を切り出すための緩衝材だったなんて……。
クッションを要するくらいだ。これから話されることは、それなりに痛いのだろう。
ストレートにぶつけられれば、ショックで目が眩んでしまうほどに。

 
「ねえ、雪華綺晶。正直に答えてね。約束してちょうだい」
「は、はい。誓いますわ」
「貴女……わたしの手紙、勝手に読んだでしょう?」

 
がっつん! 折角の緩衝材も、全くの役立たず。
バレていた。その事実に、雪華綺晶はクラクラと眩暈を催した。
なぜ、コリンヌに知られたのだろう? まさか……雛苺が告げ口を?

 
――有り得ない。雛苺と雪華綺晶は一蓮托生。密告したって、なんの得にもならない。
ただ……そそっかしい彼女のことだ。うっかり口を滑らすことは考えられた。

雪華綺晶の沈黙を、肯定の返事と受け取ったのだろう。
 
コリンヌは「仕方のない子ね」と、呆れたように苦笑った。
「挟んであった箇所が、1ページ違っていたわよ。すぐに、誰の仕業か判ったわ」

 
どうやら、迂闊という点では、雪華綺晶も大差ないらしい。
自分の過失を棚に上げて、一瞬でも雛苺を疑ったことを、彼女は恥じた。
 
実際には、文面を読んでなどいない。けれど、読もうとしたのは事実だ。
雪華綺晶は、雛苺のことを一切語らずに、深々と腰を屈めた。

 
「ごめんなさい。偶然に見つけて……外国郵便でしたから、そのぉ」
「差出人が気になって、つい見てしまったのね?」
「はい。さもしい真似を、してしまいました。この上は、どんな処罰も受けます。
 出て行けと仰られるならば、今すぐにでも、お屋敷を去りますから」

 
見ず知らずの雪華綺晶に、コリンヌは親切にしてくれた。
のみならず、心を開いて、お友だちとすら呼んでくれた。
それなのに……コリンヌの信頼を、雪華綺晶は裏切ってしまったのだ。

 
 
雪華綺晶は項垂れ、全身を緊張させて、断罪を待った。
きっと、屋敷を追われる。着の身着のまま、無一文で放り出される。
そしてまた、真夜中の山中を彷徨い歩いて、親切な誰かに拾われるのだろう。
或いは心ない者に捕らわれ、慰み者に堕ちるだけかも知れないけれど……
それも、天が下した罰なのだろうと、雪華綺晶は甘受するつもりだった。

 
はふぅ――
長い沈黙を破るコリンヌの深い溜息が、固まりかけていた部屋の空気をかき混ぜる。
それに対して、雪華綺晶の身体は、更に硬くなった。

 
すっかり畏縮しきった彼女に、コリンヌは、短い言葉をかけた。

 
「まあ、良いわ」
「……はい?」
「許してあげるわ。元はと言えば、本に挟んでおいたのが悪いんだもの。
 それに、コソコソと秘密にするような事でもないから」

あれから、もう二年も経つのね。
呆気にとられている雪華綺晶を余所に、コリンヌは遠い眼をして、続けた。

 
「あの人と――彼と、お知り合いになってから」
「カレ?」
「嫌ぁね、しらばっくれるなんて。手紙に書いてあったでしょう?」
「え……っと?」

 
なんだかハッキリしない雪華綺晶の受け答えに、コリンヌは小首を傾げる。
が、少女の感受性が培った鋭い洞察力は、コトの真相を的確に見抜いていた。

 
「雪華綺晶、貴女……本当は、手紙を読んでいないんじゃなくて?」
「は、はぁ……まぁ」
「もう! 正直に答えてって、最初にお願いしたでしょう」
「だってぇ。弁明できるような雰囲気じゃなかったですしぃ」

 
ムッと柳眉を吊り上げるコリンヌの前で、雪華綺晶は唇をすぼめて、
バツが悪そうに、もじもじと肩を揺すっていた。
その様子が、おかしかったのだろう。コリンヌは、やおらククッと喉を鳴らし始めた。

 
「本当に、仕方のない子なのね」
コリンヌは雪華綺晶の腰を抱き寄せ、隣りに立たせた。「この人が、彼……二葉さんよ」

 
言って、コリンヌが、譜面台の脇に置かれたフォトスタンドを指す。
その小さなモノクロームの世界を見るなり、雪華綺晶は、ハッと息を呑んだ。

 
写真の中で、あどけない顔の少女――二年前のコリンヌが、はにかんでいる。
その背後には、彼女の肩に手を置いて、柔和な笑みを浮かべる青年の姿。
それは紛れもなく、雪華綺晶が昨夜、夢の中で出逢った青年の笑顔だった。
 
 


 
 

  第七話 終

 
 
 【3行予告?!】

 
愛の日々と呼べるほどには、心は何も知っていない――
程々に。そう。何事につけても、程々が良いのかも知れない。
お料理の塩加減も、幸せも、私と彼女の距離も。だけど……私は欲張りだから……。

 
次回、第八話 『Feel My Heart』