※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
生まれ変わった、僕の大切な一人娘だ――

 
 
雪華綺晶の中で、あの人形師が吐いた言葉が、コールタールの如くどろりと渦巻いている。
自転車に飛び乗り、頭痛を堪えて必死にペダルを漕いでいたときも。
総身、冷や汗まみれになりながら、這々の体で屋敷に戻ってきたときも。
使用人部屋のベッドに、着の身着のままで倒れ込んでから、寝ても覚めても、ずっと。

 
かなり眠っていたらしい。窓の外は、夜の闇で満たされていた。雨も降ったようだ。
雪華綺晶は深く息を吐いて、額に貼りつく髪を掻きあげた。
コリンヌに薬を飲ませてもらったのに、頭痛は幾らも収まっていない。
そればかりか、右眼の奥底に、虫が這い回るようなムズ痒さを感じるほどだ。
どうにも不快で、彼女は苛立たしげに眼帯を毟りとると、瞼をぐしぐし擦った。

 
それにしても……この突発的な変調は、何だというのだろう?
あの山小屋と、人形師の青年と、薔薇水晶という名を思い返しただけで、
泥土の底から濁り水が滲みだしてくるように、新たな痛みが全身を蝕んでゆく。

 
私は、だぁれ? ――分からない。……解らない。
コリンヌと出逢う前のことなど、憶えていない。何ひとつとして。
私は本当に、薔薇水晶なの? ――やっぱり、判らない。
イライラが、チリチリした痛みに変わってゆく。
とにかく、なんでもいい。確かなものが欲しかった。自分が自分であり続ける証が。

 
ベッドを抜け出すと、雪華綺晶は寝汗を吸って重たくなった服を替えもせず、部屋を出た。
常夜灯の薄明かりに浮かぶ柱時計の針は、23時を指そうとしている。
しんと寝静まる屋敷を抜けだし、彼女は自転車の置いてある納屋へと向かった。
その様子を、屋敷の窓から窺っている人影があったことなど、つゆ知らずに。

 
 
 
  第十一話 『Rescue me』

 
 
 
同じ部屋に寝起きする雛苺は、雪華綺晶が起き出した際に、目を覚ましていた。
その時は、てっきりトイレに行ったのだと思っていた。
……が、彼女は戻ってこない。
訝しんでいたところに、勝手口のドアが開け閉めされる微かな音を、聞きつけたのだ。
雪華綺晶は雛苺に気づかず、そぼ降る煙雨の中、自転車に跨って屋敷の門を出ていった。

 
「きらきーったら……こんな真夜中に、どこ行くつもりなの?」

 
彼女の目的など、見当もつかない。が、若い娘が夜中に彷徨くなんて、危険すぎる。
騒動でも起こそうものなら、雪華綺晶は問答無用で、屋敷を追い出されてしまうだろう。
そうなれば、歳の近い友だちができて喜んでいたコリンヌも、悲しむに違いない。
もちろん、雛苺だって、その場になれば泣いてしまうだろう。

 
早く連れ戻さないと!
雛苺はカーディガンを羽織って、部屋を飛び出した。

 
 
  ~  ~  ~

 
 
日付が変わって更に2時間後、雪華綺晶は漸く、あの人形師の住まいに辿り着いた。
途中、道を間違えてしまったために、予定よりも、かなり遅い到着だった。
おまけに、霧雨の中を走ってきたものだから、服も髪もズブ濡れで寒い。
思わず放ったクシャミは、深夜と言うこともあって、殊更に大きく響きわたった。

 
慌てて口元を手で覆ってから、彼女は「バカみたい」と自嘲する。
もう眠りに就いているだろう青年を、叩き起こしにきておきながら、今更……。


ログハウスの玄関口に、明かりなど灯されていない。多分、室内も同じだろう。
……と思いきや。よく見れば、仄かな光が、窓の奥に弱々しく揺らめいていた。
作業台にランプを置いて、あの人形を修理してくれているのかも知れない。

 
雪華綺晶は意を決して、ドアをノックすると、返事も待たず、そっと開いた。
猫のように、僅かな隙間から身を滑り込ませた彼女を、甘く秘やかな声が出迎える。


「……おかえり。足音で、すぐに君だと分かったよ。
 きっと戻ってくれると、信じていた」

青年は、テーブルの端に座らせたあの銀髪の人形と、向かい合っていた。
慣れた手つきで、だが決して事務的ではない指づかいで、人形のドレスを整えている。
仕上げに襟元のリボンを結び直すと、青年は漸く、満足そうに柔らかく微笑んだ。
なんて優しい眼差しなのかしら。雪華綺晶は少しだけ、緊張を和らげた。

 
「見てごらん、この子を。綺麗に直って、穏やかな寝顔をしているだろう」

 
確かに、ちゃんと修理してもらえたようだ。コリンヌも、きっと喜ぶだろう。
だが、彼女の唇から漏れたのは、安堵にほど遠い重い息。

 
「でも、お金がまだ……」
「そんなもの、気にしなくたっていい」

 
金に興味などない。そんな口振りだ。
彼は雪華綺晶に椅子を勧め、奥の作業机に向かった。

 
「まだ名乗っていなかったね。僕は、槐。生業は、見てのとおりだ。
 その人形は、僕の師匠が手がけた薔薇乙女シリーズの第一作『水銀燈』だよ。
 師匠の娘たちが、モデルになっているんだ」

 
世間話ともつかないことを口にしながら、彼は何かを手にして戻ってきた。
乾いた音を立てて、それが雪華綺晶の前に置かれる。
手製らしい、白樺のフォトスタンドだった。

 
ランプの灯りを映すガラスの奥には、セピア色の世界が、こぢんまりと広がっている。
その中では、薔薇を模した眼帯で左眼を隠した髪の長い女の子が、
悪戯っぽく微笑みながら、若い男性と腕を組んでいた。
シャッターを切る寸前、抱き付かれたのだろう。男性の驚いた顔が、真相を物語っている。

 
トクン――色褪せた四角い世界を食い入るように見つめる雪華綺晶の胸が、一拍した。
写真の中の娘は、確かに、雪華綺晶と似ていた。それこそ鏡写しと呼べるくらいに。
けれど、真に彼女を驚かせたのは、一緒に写っている男性の方――
それは紛れもなく、つい最近、コリンヌに紹介されて知ったばかりの人物だった。

 
「日本の貿易商の、結菱二葉くんだ。かれこれ……もう2年来の交流になるか。
 彼は足繁く、アンティークドールの買い付けに、ここを訪れてくれてね」
 
槐は遠い眼をしながら、雪華綺晶の小さな肩を、そっ……と、大きな手で包み込んだ。

 
「薔薇水晶は、花も恥じらう年頃の17歳。二葉くんは壮健な18歳だった。
 お互いに一目惚れだった――と、僕は思っている。とても仲が良くってね。
 彼と逢う毎に、僕の娘は綺麗になっていったものさ。本当に、恋は最高の化粧品だよ」

 
二年前と言えば、結菱二葉がフォッセー邸に身を寄せていた時期と合致する。本人に相違あるまい。
では、彼の気持ちは、コリンヌと薔薇水晶、どちらに傾いていたのだろう?
少なくとも、薔薇水晶が彼を慕っていたことは、写真を見ても明らかだった。
だって、ほら……こんなにも嬉しそうに、幸せそうに笑っているのだから。

 
雪華綺晶は喉元に手を当てて、写真の中の、溌剌とした若者たちに魅入っていた。
汗ばむ掌の下――濡れた服の裏、胸の奥で、得体の知れない何かが疼き始めている。
気管から胃の辺りが焼けるように熱く、ヒリヒリと痛むほどだ。
自覚のないままに呼吸は荒くなり、不意に訪れた火照りに、ただ戸惑うばかりで――

 
「私は、なぜ……? この気持ちは、なんなの?」

 
いつの間にか、彼女の琥珀色の瞳は、熱い液体の底に沈んでいた。

 
 
「許しておくれ――薔薇水晶」
 喉の奥から呻くように絞り出して、槐は嗚咽する雪華綺晶の肩を、力強く抱き寄せた。
「僕が未熟だったばかりに……きみを、護れなかった」

 
どういう意味なの? それ以前に、私はどうして、何も憶えていないの?
訊くべきでは、ないのかも知れない。けれど、雪華綺晶は震える声で問い返していた。
自分が何者なのか、それを確かめたいがために、夜も構わずここまで来たのだから。

 
 
長い沈黙を経て、槐は苦渋を濃く滲ませた声で、決然と囁いた。

 
「今度こそ、きみの苦しみの全てを、取り除いてあげる」
 
 


 
 
  第十一話 終

 
 
 【3行予告?!】

 
もう一度、僕を愛して。思い出は欲しくない。貴女を、取り戻したい――
きみの帰りを待つ……それだけの為に、僕はこの二年間を、祈りながら生きてた。
蔑まれてもいい。あの頃みたいに、愛くるしく笑っておくれ。一度きりでも、構わないから。

 
次回、第十二話 『Pray』