※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

  『心の扉を開けて……』



最近、ジュンが素っ気なくなったと、真紅は感じていた。

周囲の目には、相も変わらず主従関係の幼馴染と映っているだろう。
実際、普段の高校生活において二人は大概、そのように行動していた。
今までどおりの、なにも変わらない関係。
けれど、真紅には解っていた。ジュンの様子が、少し変わったことに……。

 「ジュン、今日は、一緒に帰れるのかしら?」

真紅がそう切り出したのは、放課後の清掃時間のことだった。
しかし、ジュンは――

 「え……あ~。今日は、ちょっとなぁ」

歯切れの悪い返事。今までなら、良否に拘わらず、こんな反応は示さなかった。
真紅が求めている返事は二つだけ。


  『いいよ。一緒に帰ろう』
  『ごめん。用事があるから、先に帰ってて』


その、どちらかだ。ジュンも、それは承知している筈なのに。
――やはり、様子がおかしい。

いつも身近にいるからこそ、どんな僅かな変化も鋭敏に感じ取れる。
けれども、その理由までは推し量れなかった。
真紅は、ジュンの横顔を暫し見詰めて、小さく息を吐いた。

 「そう……残念ね。
  今日は、帰りがけに喫茶店でお茶でもしようと思っていたのだけれど」
 「悪いな。また今度、誘ってくれよ」
 「……解ったわ。それじゃあ、また明日ね」


清掃が終わり、掃除当番だった生徒達が一斉に帰り出す。
ジュンもまた箒を片付けるなり、鞄を手にして、そそくさと教室を後にした。
一体、何を急いでいるのだろう?
他人のプライベートを詮索するなんて下品だと思いながらも、気付けば、
真紅はこっそりとジュンの後を追っていた。


ジュンが、階段に差し掛かる。上か、下か――
真紅が見ていることなど全く気付かずに、ジュンは階段を登っていった。

 (上? 何をしに行くのかしら?)

放課後に、何の用事が有るというのだろう。ジュンは帰宅部だった筈だ。
上の階は一年生のクラスになる。後輩に知り合いでも居る、と?
そんな話は、聞いた憶えが無かった。

上の方で、聞き慣れた音がした。
屋上への扉が開かれる音…………。
確証は無かったが、真紅は直感的に、ジュンが出ていったのだと思った。

足音を忍ばせて、真紅は屋上の扉前までやってきた。
ジュンは、屋上で何をしているのだろう? もしかして、誰かと待ち合わせ?


――私の誘いを断ってまで、待ち合わせている相手とは、誰?


まさか……彼女が出来たなんて事は?
さっきから疑問ばかりが頭をよぎり、思考が纏まらない。
一体、どうしたと言うのだろう。
真紅は、不意に自分の心を襲った、得体の知れない不安に苛立った。

 (何をウジウジと悩んでいるの、私は!)

答えを得ることなど簡単だ。この扉を開いて、ジュンに直接、訊けばいい。
そう……至って単純なことなのだ。悩む必要も無いほどに。

 「この、扉さえ開いてしまえば……」

ノブに伸ばす右手が、緊張で震える。
手首に左手を添えて、真紅は漸く、ドアノブを握り締めた。
静かに回して、ゆっくりと押し開ける。

ふと、風に乗ってジュンの声が届いた。
耳を澄ます真紅。彼は、誰かと喋っている。なんと言っているの?


 「ジュン。あのね…………私と、付き合って欲しいの。ダメ?」
 「……いいよ。僕で良ければ」

真紅の視界が、一瞬にしてブラックアウトした。

 (今……ジュンは…………なんて言ってた?)

――水銀燈。
私の幼馴染にして、いつも私の前に立ち塞がってきたライバル。
その彼女が、今また自分から大切な存在を奪っていこうとしている。
阻止しなければならない。それだけは、どうしても……。

二人の間に乱入するべく、一気に扉を押し開けようとした真紅の脳裏に、
最近の記憶が去来した。
この頃、ジュンが素っ気なくなったのは、私に愛想を尽かせたからではないの?

今の関係が、ずっと続いていくものと思っていた。
彼は私を、ずっと見守り、支えてくれるものと信じていた。
でも、それは独り善がりでしかなかったらしい。
ジュンはもう、私との関係に疲れてしまったのだろう。
だから、私の甘えと慢心を嘲るように、彼の心は水銀燈へと傾いてしまったのだ。

――こんな傲慢な私に、ジュンと水銀燈の仲を引き裂く権利なんてない。

ジュンも、水銀燈も、真紅にとって無二の親友だった。
だからこそ、自分の我を通して、二人を不幸にする事が許せなかった。

 「…………お幸せに、二人とも。ジュン……今まで、ありがとう」

真紅は音を立てないように気を付けながら扉を閉めると、階段を駆け下りた。




真紅は必死に、口元を押さえていた。
そうしていないと、嗚咽が漏れてしまうから。

胸が張り裂けそうに痛い。青い瞳から止めどなく溢れ出す涙。
どうして、こんな事になってしまったの?
考えたところで、答えなど見付からない。見付けたくもない。
そもそも、考えたくもなかった。

泣きながら教室へ戻って鞄を掴み、それから、何処をどう走ったのか……。
真紅は学園裏の、城址公園に辿り着いていた。
誰も居ない、夕暮れの公園。
真紅は胸の奥から、今まで堪えていたものが怒濤の如く溢れてくるのを感じた。
もう、呑み込むことなどできなかった。

 「うわあぁぁぁぁぁ――――っ!!」

絶叫に近い嗚咽。感情を押し止められない。
真紅はただ、広い公園の真っ直中に立ち尽くし、幼子の様に泣きじゃくった。
園内の木立に、真紅の泣き声が響く。
辺りは夜の帳が降り始めて、街灯がちかちかと灯りだした。

真紅はその場に頽れ、両手で顔を覆い、ただただ泣き続けた。




どれだけ、泣き続けていたのだろう。真紅は泣き疲れて、しゃくり上げていた。
まだ、胸が痛い。あれだけ泣いたというのに、涙は溢れ続けた。

 (辛いの……苦しいのよ、ジュン)

心の中で、ジュンに救いを求めてしまう。側にいて欲しいと、願ってしまう。
この甘えが、破局を招いたと言うのに……。
辛さから逃れる術は、ただひとつ。それは、ジュンへの想いを断ち切ること。
恋心を捨て去って、今までどおりの親友同士に戻ること。

真紅はハンカチを取り出して、ぐいっ……と目元を拭った。

 (しっかりしなさい真紅! こんなの、私らしくないのだわ)

深呼吸を繰り返す。しゃくり上げていたのが、徐々に静まっていく。
そうそう、その調子。落ち着きなさい……落ち着くのよ、真紅。

涙が止まり、続いて、身体の震えが止まった。
胸はまだ苦しいけれど、それも直ぐに収まるだろう。

真紅は星空を見上げて、心の扉を閉じた。


 「さようなら、ジュン」




翌日も、普段どおりの日常が待っていた。
変わった事と言えば、ジュンと水銀燈が交際を始めたことぐらいだ。
勿論、学園中を賑わす大スクープとなったのだが、心の扉を閉ざした真紅は、
そんな事で感情を掻き乱されたりはしなかった。

 「おめでとう、二人とも。遅すぎたくらいなのだわ」

報告に来たジュンと水銀燈に、真紅はにこやかに応じ、祝福した。
二人には、幸せになって欲しい。それは本心からの願いだった。

通学途中で、偶然に出会っても。
共に、屋上で摂る昼食でも。
教室で雑談している時も。
二人揃って、遅刻してきたり。

どこで二人の仲睦まじい姿を目の当たりにしても、真紅は笑い続けていられた。

 「貴方たちは、本当にベストカップルだわ」
 「見せ付けてくれるのね、お二人さん」
 「私がヤキモチを焼くとでも思っているの?」
 「うふふ……本当に、仕方のない人たちね」

親友達と、からかったり、ふざけ合ったりする。
その日常は、とても居心地の良い時間であり、空間だった。
真紅が自らの心を犠牲にしてまで求めた安らぎが、そこにある。


――そう。これで良かったのよ……これで、ね。




そんな、ある日のこと。
授業の合間の休み時間。真紅は何とはなしに、窓の外を眺めていた。
そこに、ジュンが真紅に話しかけてきた。

 「なあ、真紅。今日、ちょっと時間あるかな?」
 「? なんなの、いきなり」
 「うん……放課後に、屋上に来てくれないか」
 「どういった用件で? 私、あまり暇ではないのよ」
 「それは、ちょっと……」

言い淀むジュンに冷ややかな視線を向けて、真紅は肩を竦めた。

 「まあ、五分くらいなら構わないのだわ。それで充分?」
 「充分だよ。それじゃ、頼んだからな」

それだけ言って、ジュンは再び水銀燈との会話に戻っていった。
待ち合わせだなんて、どういう事だろう。

 (貴方には、私なんかに構ってられる時間は無い筈だわ)

その時間を、水銀燈とのデートに割り振れば良いものを。
本当に、要領が悪いところは治らないのね。
水銀燈も、よく不満を漏らさないものだわ。

真紅は二人の様子を眺めながら、そんな事を思った。




放課後、屋上に赴いた真紅は、ジュンの姿を認めて声を掛けた。

 「待たせた?」
 「いや……全然」
 「そう。で? 私を呼び出した用件はなに?」
 「えっと…………これ、なんだけどさ」

差し出される小箱。奇麗にラッピングされている。
これは一体、なんなのだろう? 心の扉が、どん! と叩かれた気がした。

 「今日って、真紅の誕生日だっただろ?」

どん! 再び、心の扉が叩かれる。

 (イヤ……叩かないで)
 「こんな事するのは、どうかと思ったんだけど」

どん! どん! 

 (やっと、閉じこめたのよ。思い出させないで)
 「水銀燈に言われてさ。プレゼントしようと――」

どん! どん! どん!

 (イヤ! イヤっ! イヤぁっ! もう止めてっ!!)
 「誕生日、おめでとう。真紅」
 「イヤああぁぁぁっ!!!」

ばぁん! 真紅の中で、心の扉が開いてしまった。
ジュンを愛しく想う気持ちが、胸一杯に広がっていく。
溢れだす涙を、止めることが出来ない。口から発せられるのは嗚咽だけ。
真紅は両手で耳を塞ぎ、その場にしゃがみ込んでしまった。
そして、戸惑うジュンに、途切れ途切れの言葉をぶつけた。

 「止めて……よ。どう……して……今更、こんな」
 「真……紅」
 「閉じ込めていたかったのに…………忘れていたかったのに!!」
 「…………真紅」
 「このまま…………貴方への愛を……消し去ってしまいたかったのに」
 「そんな……真紅、ホントなのか、それ?」

泣き喚く真紅に、ジュンは愕然としていた。
代わりに話しかけたのは、別の人物。


 「やっと、本音を口にしたわねぇ……真紅ぅ」

給水塔の影から現れたのは、生涯のライバルである水銀燈だった。

 「す、水銀燈! これは――」
 「聞いてのとおりよぉ。真紅は、ジュンのことが、だぁい好きなの」

水銀燈の嘲るような口調に、真紅の神経が逆撫でされた。
今までは押し殺されていた感情が、さながら火山の噴火の様に、
出口を求めて吹き出そうとしていた。

真紅は頭を上げて、突き刺さるかと思える程の、鋭い視線を水銀燈に向けた。

 「水銀燈! 私は、貴女が憎い! 私からジュンを奪った、貴女が憎い!」
 「そぅお? なら……私を殺してでも、ジュンを奪い返してみればぁ?」

水銀燈は、蹲る真紅を尻目に、ジュンの側に歩み寄って抱き付いた。

 「貴女は負け犬よぉ、真紅ぅ。心を閉ざして、引きこもる事しかできない」
 「違うわ! 私は貴方たちの幸せを――」
 「願ってくれる、と? おこがましいわねぇ」

水銀燈は、真紅を見下して、くすくす……と笑った。

 「無様だわぁ……貴女。こそこそ逃げ回ってるだけの、敗北者だものぉ」
 「――――っ!!」

真紅は、弾かれたように跳ね起きて、屋上から走り去った。
その後ろ姿を茫然と眺めていたジュンの頬を、水銀燈が抓った。

 「ほぉら、ボサッとしてないで、真紅を追い掛けなさいよぉ」
 「えっ?」
 「ジュンだって、本当は真紅の事が好きなんでしょ?」
 「でも、水銀燈の気持ちは……」
 「いいのよ。私の事は……構わないで良いの」
 「バカ言うなよ。そんな真似、僕には出来ない」
 「あ~もうっ! つべこべ言わずに、さっさと行きなさい! 苛つくわねっ! 
  アンタみたいな愚図は大っ嫌いなのよ! 別れてやるわ!!」
 「ゴメン、水銀燈…………本当に、すまない」

それが水銀燈の強がりだと言う事は、ジュンにも解っていた。
けれど、これ以上、彼女の気持ちを傷付けることは出来ない。
ジュンは真紅の後を追って、走り出した。




ジュンの背中を見送りながら、水銀燈は溜息を吐いた。

 「本気の恋だったのになぁ……私ってホント、おばかさぁん」

でも、心を閉ざしてしまった親友を、放ってはおけない。
フライングを犯したのは、自分なのだ。
真紅の気持ちを犠牲にしてまで、自分の幸せを追求することは出来なかった。

 「私って、いっつも貧乏クジねぇ。イヤになるわぁ」
 
戯けた口調で呟く水銀燈の頬を、一筋の涙が零れ落ちた。




ジュンは全力で、真紅の後を追っていた。
意外に真紅の脚が速くて、距離が縮まらない。
だが、ブロンドが目印となるので、見失うことはなかった。

 「真紅っ! 待ってくれっ!」

呼びかけても、真紅は止まらない。声は届いているだろうに。
階段を駆け下り、廊下を横切り、靴も履き替えずに玄関を飛び出していく。
ジュンも、躊躇いなく追い掛け、走り続けた。

学園の裏へ走り去る真紅。城址公園へ行くつもりらしい。
だいぶ息が上がっていたが、ジュンは脚を止めなかった。

長い長い石段を駆け上がっていく二人。
真紅に疲れが見え始めた。明らかにペースが落ちている。
追うジュンの脚も鉛のように重くなっていたが、徐々に差が縮まっていく。
そして――――

石段を登りきった所で、ジュンは真紅の身体を抱き留めた。

 「やっと…………捕まえ……たぞ」
 「…………ジュン……ごめ……んなさい」

息も絶え絶えの二人は、その場にバッタリと倒れ込んでしまった。
それから暫くして息が元に戻った頃、寝転がったまま、ジュンは口を開いた。

 「水銀燈にフラれちゃったよ」

苦笑しながら話すジュンの顔に、未練がましさは無かった。
失恋の辛さは、当然ある。しかし、安堵を覚えていたのも事実だ。
ここ最近の真紅は、表情が乏しくなる一方だった。
人形の様になっていく彼女を見ることは、水銀燈だけでなく、ジュンもまた苦しかったのだ。

 「水銀燈が、本気でそんな事を言う筈がないのだわ。だって彼女は――」
 「分かってる。だけど、これだけは言わせてくれ」

言わなければ、ジュンも、水銀燈も、真紅も、惨めなままで終わってしまう。
このままでは、友情そのものが破綻してしまう。

 「僕は…………真紅が好きなんだ」
 「じゃあ……どうして、水銀燈と付き合ったりしたの?」
 「不安だったんだよ……真紅の気持ちが、ちっとも見えてなかったんだ」
 「そうね……幼馴染みという関係に甘えて、私も気持ちを伝えていなかったわ」

ジュンは起き上がると、真紅に手を差し出した。

 「真紅……今更だけど、僕と正式に付き合ってくれないか?」
 「今はまだ、答えは出せないわね。仕切り直しよ、お友達から――」

真紅は清々しい笑顔を浮かべて、しっかりとジュンの手を握った。




石段の下で、水銀燈が待っていた。
彼女の表情も、晴れ晴れとしている。

 「戻ってきたわねぇ、負け犬さぁん」
 「バカ言わないで。私が、いつ負けたと言うの?」

開口一発目から毒舌を放った水銀燈を、真紅はびしっ! と指差した。

 「今回は戦略的撤退をしただけよ。勝負は、これからなのだわ!」
 「いいえぇ。次に勝つのも、私の方よぅ」

負けじと、水銀燈はジュンにウインクしてみせた。

 「今、ジュンの心を掴んでいるのは、私だものぉ」
 「ふざけないで。ジュンの心は、まだ誰も掴んでいないのだわ」
 「あぁら? 諦めが悪ぅい」
 「油断しないことね、水銀燈。足元を掬われるわよ」

ばちばちと熾烈に火花を散らし合う二人。
いま、彼女達は同じスタートラインに立っていた。
再び戻った、幼馴染みの、微妙な三角関係。
いつかは答えを出さなければならないけれど……今はまだ、この関係を続けたい。
それが、三人に共通した想いだった。


ただ、誰も口には出さなかったが、三人は心の中で誓い合っていた。



――今度こそ、誰も後悔しない答えを出そう……と。