※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
――温かい。

 
 
身体の内――ローザミスティカから、絶えず不可思議な熱と力が湧いてくる。
それは全身へと、彼女を蝕む激痛を駆逐しながら、伝播してゆく。
すごい。他に形容のしようがない。それほどまでに、効果は覿面だった。
指先、爪先、髪の先にさえ火照りを感じながら、雪華綺晶は、ぽぅ……っと。
およそ経験したことのない恍惚に、身もココロも包まれ、溺れきっていた。


「どうだい、気分は?」
「とっても……いい気持ちですわ。あぁ……なんてステキ」
「それは、なによりだ」


短くとも、はち切れんばかりに感情を詰め込んだ槐の声が、真上から降ってくる。
もうすぐ愛しい娘を取り戻せる。その期待が、一言半句にも滲み出していた。
子供のように歓喜を露わにする彼の様子が、なんとも愛おしくて――
雪華綺晶は微笑みながら、胸に募った想いを、瞳から溢れさせた。


「これで……元に戻れるのね。二年前の、あの日に還れるのですね」
「そうだよ。僕らは、また……ここで一緒に――」


槐の瞼から落ちた雫が、雪華綺晶の頬を流れる涙と、ひとつになる。
まるで、父娘の失われた歳月を取り戻すための呼び水であるかの如く、流され続けた。
おかえり、薔薇水晶。槐の震える唇が、声にならない言葉を紡ぐ。
途端、雪華綺晶のココロが、胸を突き破りそうなほどの叫びを上げた。


――お父さま! お父さまっ!

 
 

  第十三話 『Time goes by』

 
 
 
自分の身体の中で、小さな女の子と思しい声が、絶えることなく響いている。
これは――なに? 戸惑う雪華綺晶の脳裏に、ぼやけた映像が滲みだしてきた。
目が痛くなるオレンジと、頻りに目の隅をチラつくブラック……。
それが、夕陽と、自分の手が創り出した影だと判るまで、少しの時間を要した。


『おとうさまぁ……どこ? おとうさまぁ……』


少女は両手で目の下を擦りながら、嗚咽まじりに父を呼び続ける。
たった独り、夕暮れの畦道をトボトボ歩きながら。
どれだけ両手で拭っても、彼女の頬が乾くことはなかった。


――ああ。そう言えば、こんなことがあったっけ。
雪華綺晶は、思い出した。薔薇水晶として生きていた、幼い日のことを。
あの頃は、夕暮れが怖かった。火焔地獄にも似た、あの紅い世界が。
いつの間にか、ひっそりと……意志ある者のように伸びてくる影が。


全ては、なんてことない自然現象。日が傾けば、あらゆるモノの影は長くなる。
でも、子供心には恐ろしくて、陽が落ちるまで、いつも父の脚に縋りついていた。
この映像は、この胸に響く涙声は――槐の庇護を求めていた時のものだ。


今、薔薇水晶のココロは再び、父を求めている。優しく抱いて、護ってくれる存在を。
その欲求は津波のように、後から後から押し出されてきて、喉元を越えようとする。
我慢することなんてない。薔薇水晶の望みは、雪華綺晶の望みでもあるのだから。
彼女は真っ直ぐに槐の顔を見上げて、こみ上げる想いのままに、唇を動かした。


「お……と、う……さま。お父さま…………お父さまっ!」


もっと触れて。あの頃みたいに、しっかりと抱きしめて。
雪華綺晶は、父を呼びながら咽び、泣きながら笑みを浮かべて、腕を伸ばした。
濡れて光る、槐の青白い頬に、掌を重ねるために。
 
 
――だが、その手は目的を果たすことなく、宙で止まる。
雪華綺晶が、自らの意志で止めたのではない。びくとも動かせなくなってしまったのだ。
どうして? 考える暇も与えられず、ビクンッ! 彼女の胸が波をうった。
その躍動はたちまち、激しい痙攣となって雪華綺晶を呑み込んだ。


「ばっ! 薔薇水晶っ!」
「く、あ……おと……さ……たす、け……あっ……あ、が……ぁあぁっ!」


雪華綺晶が絶叫したと同時、彼女の汗ばんだ白皙に――顔に、腕に、脚に――
肌という肌に、幾条ものミミズ腫れが浮き上がった。
紐状のナニかが、彼女の皮膚の直下を、ひっきりなしに這いずり回っている。
目を見開く槐を嘲笑うように、雪華綺晶の下腹部が、モゾモゾと蠢いた。
まるで、彼女の胎内を蹂躙した寄生生物が、己が存在を誇示しているかのようだ。


雪華綺晶の右眼を覆っていた眼帯が、むくり、むくりと盛りあがる。
芽生えた種子が土を割るように、何かが外に出ようとしている。
そして……ちゅぽ、と。あまりにも間抜けな音と共に、彼女の眼窩から、眼球が押し出された。
それは、真っ黒い触手に支えられて蕾のように天に伸び、生々しい音を立てて花開いた。
紅い蜜を花弁から滴らせる、一輪の白薔薇に。


「あああぁぁぁっ! 痛いぃっ!」
「や、やめろ! もう、僕の娘を穢さないでくれっ!」
「お……父……さま……痛……い。た……す……けて」
「くっ! 待っていなさい。絶対に、助けてあげるから!」


言って、寝室を飛び出した槐は、ナイフを握りしめて戻ってきた。
もう一刻の猶予もならない。もたもたすれば、それだけ薔薇水晶は病魔に破壊されてしまう。
助けたい。その一心で、彼は雪華綺晶の下腹部に、刃を突き立てた。
麻酔も使わず腹を裂かれる激痛に、彼女は頭を仰け反らせて、声にならない悲鳴をあげた。

痛みを取り除くためとは言え、更なる痛みを与えることに、槐の胸は痛んだ。
でも、やらなくては。娘の身体に潜んでいる諸悪の根源を、摘出しなければ!
意を決して、槐はドス黒い液体が滲み出す切開部に、左手を突き入れた。
右手には、しっかりとナイフを握り締めたまま。


彼が、ぬらぬらとした生暖かさを、手に感じたの直後――
ソレは噴き出してきた。
目にも留まらぬ速さで、彼の左腕を這い上がって、絡みついてきた。
躱すことなど不可能。反応さえできずに、気づいた時には身体の自由を奪われていた。


「くっ! なんだ、これはっ」


幾重にも、四肢に巻きついたソレは、無数の鋭い棘を生やした触手……
よくよく見れば、乾いた血のように黒い荊だった。


たかが荊。どうにかしてナイフを使おうと足掻くも、彼の右腕は、まったく動かない。
どうなっている。歯噛みする彼に、真っ平らで無機質な声が、そっと絡みついてきた。
それは、この場に独りしか居ない娘の唇から、紡がれたもの。
茫乎とした金瞳で、ひたと彼を見据えている雪華綺晶の声だった。


「あなた…………だぁれ? 私……は?」
「正気に戻るんだ、薔薇水晶っ! 思い出してくれ!」
「ば、ら? ――違う。私は……そんな名前じゃないわ」


ぎちり。荊の締め付けが強まり、槐は肺から空気が絞り出される。
「やめて!」また、誰かが叫んだ。それを放ったのは、やはり雪華綺晶だった。


「お願い、もうやめて! お父さまを傷つけないでっ!」
「違う……お父様なんかじゃないっ! どこ? 私のお父様は、どこなのっ」


独り芝居を演じるみたいに、雪華綺晶の口から、懇願と要求が交互に吐き出される。
いったい彼女の中で、なにが起きているというのか。

槐の、酸欠で痺れ始めた脳裏を、ある記憶が掠めた。彼の師と、銀髪の娘のことが。
まさか、あのローザミスティカには――


(師匠…………貴方は、まさか)


けれども、その予想を確信に換える猶予は、彼に与えられなかった。
一瞬で、苦悶の叫びさえあげさせず、黒い荊は槐を細切れの肉塊に変えてしまった。
――ごとり。目を見開いた彼の頭が、鮮血を撒き散らしながら床に落ち、転がった。



  ~  ~  ~



「嫌ぁぁぁぁぁ――っ!!」


雨がそぼ降る夜のしじまを、鋭い悲鳴が切り裂いた。
それは、自転車に乗っていた彼女――雛苺の耳にも届き、凍えた頬を更に強張らせた。


「あの声は、きらきーに間違いないの! やっぱり、ここに来てたのね」


なにか、のっぴきならない状況になっているらしい。
雛苺はペダルを漕ぐ脚に、ありったけの体力を注ぎ込んだ。
車輪に踏み散らされた泥水が、夜の闇へと溶けていった。

 
 


 
 
  第十三話 終

 
 
 【3行予告?!】

 
もう一度だけ、夜を止めて。あの日を、このまま抱きしめたい――
どうして、私は……ここに居るの? あなたは今、どこに居るの?
逢いたくて、こんなにも胸が苦しいのに――私はただ、愛して欲しいだけなのに。


次回、第十四話 『Someday,someplace』