※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
『彼女』は、相も変わらず霧雨そぼ降る夜空を見上げ、瞼を細めた。
急がないと。夜が明ける前に戻れなければ、スケジュールが台無しになる。
 
「うゅ……お、終わった……のよ」
「そう。ご苦労さま」
 
いつまた暴力を振るわれるかと怯える雛苺に、『彼女』は、ねぎらいの言葉を向けた。
掘り返された柩は、きちんと蓋をされ、埋め戻されている。
その仕事ぶりを確かめて、『彼女』は満足げに頷き、血塗れの顔をニタリと歪めた。
 
「とりあえず、手と顔を洗って、着替えた方がいいわ。あなた、泥だらけよ」
「は、はいなの」
「ふふ……いい返事ねぇ。聞き分けのイイお利口さんって、好きよぉ」
 
そんな安っぽい褒詞を、額面どおりに受け取ることなど、雛苺にはできない。
涙ぐんだ双眸を、グッと見開いて、『彼女』の一挙一動を警戒していた。
実に健気なものだ。言いなりにはなるが、魂まで売り渡す気はないらしい。
――ならば、それ相応に利用するだけ。用が済んだら、処分すればいい。
『彼女』は雛苺の頬を両手で挟むと、顔を近づけ、鼻先を触れ合わせた。
 
「さっきは手荒な真似して、ごめんなさいねぇ。でも解って。仕方なかったのよ。
 あなたが私を手伝ってくれる限り、もう危害は加えない。約束するわぁ」
 
この世は持ちつ持たれつ、でしょ? 聖女のような無垢を、『彼女』は満面に貼りつけている。
けれど、それは事実上の脅迫。
秘密を知った弱者に許される選択肢は、言いなりになるか、抗って殺されるか。
雛苺が選んだのは、したたかに生き残る道だった。
 
たとえ、『彼女』の傀儡になり果てるとしても。
 
 
 
  第十五話 『All along』
 
 
 
家の裏手にある井戸の前で、『彼女』たちは、生まれたままの姿になった。
そして、寒さに震えながら、肌や髪にこびりついた血泥を冷水で洗い流した。
真夜中とは言え、どこで、誰が見ているか分からない。
血泥に塗れた姿で、フォッセー邸の周りを彷徨くわけには、いかなかったのだ。

荊や内臓がはみ出してこないよう、傷口にタオルを当て、コルセットで締めあげる。
仕上げに、タンスにあった薔薇水晶の服を着て、『彼女』の準備は完了。
血で汚れた二人の服や下着などは、残らず暖炉に放り込んで、燃してしまった。
寝室の床ばかりは、拭いている暇などないので、そのままにせざるを得なかったが。
 
「さあ、急いで帰るわよ」
 
現在、午前3時――ここに来るときは、道に迷って2時間を費やした。
迷わなければ、1時間半くらいで戻れるだろうか。
最悪、2時間を要したとして、午前5時。ギリギリのラインだ。
なんとしても、夜明け前に。『彼女』は、今夜に拘っていた。
 
「善は急げ……ってねぇ」
 
 
  ~  ~  ~
 
 
ぬかるんだ道はタイヤを取られやすく、こと夜中ともなれば、かなり走りづらい。
それでも4時半には、どうにか、寝静まるフォッセー邸に帰り着けた。
朝の早い使用人たちも、まだ起き出していないようだ。
 
「穴掘りまでしたから、疲れたでしょう。あなたは、もう休んでいいわ」
「……うい。あのぉ――」
「なぁに」
「き……きらきーは、寝ないの?」
「ちょっと用事を済ませてから、ね。解るでしょう?」
 
ちょっとした用事。雛苺は、それを小用――つまり、トイレのことだと独り合点した。
『彼女』の機嫌を損ねないためにも、余計な詮索はしない。
雛苺は素直に、使用人部屋に戻った。
お利口さん。遠ざかる背中に囁いて、踵を返した『彼女』が向かった先は――
 
 
ドアノブを握り、音を立てないように回す。施錠は、されていない。
些細なことも含め、『彼女』は、すべてを知っていた。部屋の位置も、なにもかも。
いまや、この身体は『彼女』の意のまま。記憶もまた、かくの如し。
 
薄くドアを押し開け、真っ暗な室内へと、滑るように身体を滑り込ませる。
いかにも若い娘の部屋らしい仄かな薫香に、鼻先をくすぐられた。
後ろ手にドアを閉ざし、身動きを止めて、耳をそばだてる。
ベッドの中で規則ただしく繰り返される健やかな寝息は、途切れる気配がない。
ここまでは順調。ほくそ笑んで、『彼女』はドアの鍵をかけた。
 
シャツのボタンを外し、前をはだけて、コルセットを外す。
湿ったタオルを捨てると、腹の裂け目から、凝固しかけた血が、どろり……。
それに続いて、黒い荊も、不快な疼痛を生みながら、ずるずると這い出してきた。
 
(もうすぐよ。この気持ち悪さも、もう暫くの辛抱だわ)
 
『彼女』は、擦り足でベッドに近づき、無防備に眠る娘を見おろした。
コリンヌ・フォッセー。資産家の一人娘。16歳の可憐な少女。
容姿も、境遇も、教養も、文句の付けようがない。
父を探すための広い人脈さえも、おまけで付いてくる。まったくもって申し分ない。
 
「この瑞々しい身体さえ、手に入れれば――お父様に会いに行ける」
 
バケモノ植物に寄生されて、もうすぐ腐り落ちるジャンク。
こんな身体に、未練などあろうものか。
 
『彼女』はベッドに上がり――コリンヌの腹に跨って、両腕で肩を押さえつけた。
黒い荊が、『彼女』の意を汲んだように少女の両脚を束ねる。
腕に巻き付いた荊は、そのまま左右に伸びて、ベッドの足に結びついた。
さながら、コリンヌは十字架に固定された状態だった。
 
棘に肌を刺される痛みと、胸苦しさが、少女に速やかな覚醒を促す。
コリンヌは目を覚まし、馬乗りになっている人影を目にして、喉を鳴らした。
 
「うっふふふ……こんばんわぁ。お目覚め?」
「その声っ!」
 
『彼女』を突き飛ばそうとして、腕も脚も動かせないことに気づき、コリンヌは戦慄した。
 
「なんの真似なの、これは! ふざけないで! すぐに放し――」
 
怯えを隠し、人を呼ぶ目的もあって、コリンヌは語気を強めた。
――が、乙女の柔らかな唇は、『彼女』の唇で塞がれ、貪るように蹂躙される。
コリンヌは、せめてもの抵抗とばかりに首を振って暴れ、噛みつこうとした。
それを寸前で躱した『彼女』は、見せつけるように、濡れた唇を舐めた。
 
「んふ。気が強いのねぇ。その方が、征服する愉しみがあって面白いけどぉ」
「どうして……こんな」
「私のものにしたいからよ。あなたの全てが欲しいの」
 
「なっ、なに言って――」コリンヌが、上擦った声をあげる。
『彼女』の口振りと、この状況から、卑猥な想像が頭をよぎったのだろう。
まさか『意識の器』としての身体を欲しているだなんて、夢にも思わなかったに違いない。
 
「いいでしょ? ねぇ……私に、ちょうだぁい」
「や、やめなさい! やめてっ」
「いやぁよ。もう時間がないもの。もう……我慢できなぁい」
「や……っ! ダメっ、ダメぇっ!」
 
暴れるコリンヌを組み敷いて、『彼女』は少女の白い首筋に、舌を這わせた。
自由になった両手で、イヤイヤをする頭を押さえ付け、そして――
コリンヌの細い喉に吸いつき、唾液でヌラつく歯を、焦らすように食い込ませていく。
 
「あっ! あ、あっ……ぉ、ぁおっ、ぅおっ、ぁおおおぉっ!」
 
少女らしからぬ獣のような叫びが、『彼女』を昂らせ、理性を麻痺させる。
コリンヌの下半身に絡められた『彼女』の白い脚は、獲物を締める大蛇のようでもあった。
 
 


 
  
  第十五話 終
 
 
 【3行予告?!】
 
もしも、あなたと会えずにいたら……。私は、何をしてたでしょうか――
あなたと過ごした日々は、私の存在そのもの。
だから、誰にも汚させない。私自身のためにも。
 
次回、第十六話 『出逢った頃のように』