※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
なんとしても、喉から手が出るほどに、この身体が欲しい。
それも、なるべく綺麗な状態で。
故に、『彼女』は、このまま喉を噛み続けて、縊る手段を選んだ。
 
ナイフで急所を突いたり、喉笛を斬るなんて、まったくもって問題外。
手や荊で絞め殺すのも、頸に一生モノの痣が残ってしまうかもしれない。
その点、ちょっとくらいの噛み傷なら、数日もすれば癒えて、目立たなくなろう。
喉元なら、チョーカーなどのアクセサリで隠すことも可能だ。
 
程なく、コリンヌが痙攣を始めた。
肌に食い込ませた歯に、なにかが喉を駆け上がってゆく蠕動が伝わってくる。
密着させた下腹部にも、温かい湿気が、じわり……。
嘔吐と失禁――窒息から死に至る際の、典型的な兆候だった。
ここまでくると酸欠で脳が麻痺するので、苦しみはもう感じず、むしろ気持ちいいのだとか。
 
実に上々。もうすぐ、コリンヌの息吹は永久に絶えて、理想の器が手に入る。
あまりにも思惑どおりに運びすぎて、どうしても、『彼女』の頬は緩んでしまう。
 
「くっ……うふっ」
 
我慢できずに、つい噴き出してしまった、その一瞬――
吐瀉物で詰まっていたコリンヌの喉が、僅かな隙間を得て、ひゅうと鳴る。
そして、少女はひどく咽せながら、短く……嗄れた声を吐いた。
たった一言。しかし、『彼女』たちにとっては、大きな意味を持つ名詞を。
 
途端、内側から胸を強打されて、『彼女』はホウセンカの実が弾けるように仰け反った。
それでも、突然の動悸は止むことを知らず、『彼女』の呼吸を妨げつづけた。
 
 
 
  第十六話 『出逢った頃のように』
 
 
 
息ができない。喘ぐのに必死で、涎を垂らすことさえ、羞恥と感じなかった。
鬱血のためか、闇に慣れた彼女の視界が、さらに濃い黒へと収束する。
それは圧倒的な重力を持つブラックホールのように、『彼女』を引きずり込んだ。
どこまでも真っ黒な、原油を彷彿させる、無意識の溜まりへ――と。
 
ふと気づくと、『彼女』は闇の淵のほとりに、ぽつんと立ち尽くしていた。
ここに至って、『彼女』は初めて、底知れない怖れを抱き、震える歯を食いしばった。
早く逃げなければ。そう思うのに、根を張ったみたいに、足が竦んでいる。
ばかりか、いつの間にか、黒い荊が身体に絡みついて、『彼女』の動きを妨げていた。
それなのに、胸裡からの殴打が、先へ……闇の淵に踏み込めと強いる。
 
ぷかり……。黒の水面に、小さな白い瞬きが、ひとつ。
それを端緒に、幾つもの水泡が生まれては消え、その数だけ白い波紋を描きだした。
『彼女』は、頬を引きつらせた。来る! あいつが来る! 全てを奪い返しに来る!
絶望という盤石に押し潰されて、ココロの深淵――無意識の中に沈んだ娘が。
 
冗談じゃない。気合い負けを嫌うように、揺らぐ深淵を睨み、『彼女』は毒づいた。
名前を呼ばれたぐらいで、性懲りもなくしゃしゃり出てくるなんて……
 
(ばかじゃないの! まるで犬ね。この娘のペットってわけぇ?
 だったら、今度から『シロ』とか『ユキ』とでも、呼んであげましょうか!)
 
果敢な罵詈も、怯えを滲ませていては、ただ嘲弄を誘うだけ。
けれど、白の自己(ゼルブスト)は黙っていた。嗤う代わりに、スピードをあげた。
『彼女』への圧迫が強まる。動悸も、より速く、激しいものへ。
急激な血圧の変化が、眩暈を引き起こし、『彼女』の意識を白く染めてゆく。
なにもかもが霞みゆく中で、『彼女』はココロの深淵に、闇の雫を滴らせる白い腕を見た。
 
そして――背中を打たれた痛みで、『彼女』が我に返った時……
目の前に、白の自己が居た。『彼女』は押し倒されて、馬乗りに抑え込まれていた。
完全なマウントポジション。優劣の逆転。
今や、『彼女』が狩られる側となったのは、歴然にして明白だった。 
 
……が、『彼女』の強すぎるプライドが、無様な敗北を許さない。
どうせ捨てる身体の主と言えども、いや、不要なゴミと見なしていたからこそ。
生意気にも刃向かい、僅かでも畏れを抱かせた存在に、温情をかけようとは思わなかった。
精神までも徹底的に壊して、それで生ける屍と化しようが、知ったことではなかった。
 
けれど、それも所詮は強がり。土壇場での大逆転劇など、虚しい妄想にすぎない。
『彼女』は承知していた。押し戻すだけの余力が、もう自分に残されていないことを。
 
「私は、どうなっても構いません。でも――」白の自己、雪華綺晶の意志が迸る。
それは、『彼女』による支配の終焉を告げる、審判の鉄槌。「コリンヌは渡さない。私だけのものだから」
 
決別の言葉が振り下ろされ、雪華綺晶の右手が、『彼女』の左胸を穿った、直後。
現実世界では、黒い荊の一束が、雪華綺晶の左胸を貫いて突き出していた。
粘っこい血を滴らせたその先端に、弱々しく明滅する結晶――ローザミスティカを携えて。
 
 
コリンヌと、雪華綺晶。
二人の間を満たす淡紅色の光によって、凄惨な光景がさらけ出される。
右の眼窩から伸びる、紅い蜜を滴らせた白薔薇。裂けた腹部から這い出した、黒い荊。
酸欠で朦朧としていたコリンヌも、それを目にして、完全に覚醒した様子だった。
 
「な……に、こ……れ?」
 
雪華綺晶は、問いかけた掠れ声から逃れるように、顔を背けた。
それ以上の追求を、暗に拒絶したのか。あるいは、醜く変わり果てた姿を恥じたのか。
緩慢な動作でベッドを降りるときも、ずっとコリンヌを見ようとしなかった。
 
「なんなの、これ? どうして、こんなっ」
 
やはり、答えは返ってこない。雪華綺晶は、なおも遠ざかってゆく。
普通に訊ねるだけでは、答えは返ってこない。コリンヌは一計を案じた。
 
「――いいわ。それなら、主人として命じます。雪華綺晶、すべてを話しなさい。
 貴女は、なんの理由もなく、こんなコトする娘じゃないわ。そうでしょう?」
 
毅然とした声に背中を叩かれて、やっと、雪華綺晶の歩が止まった。
あんな恥辱を受けてなお、コリンヌは、自分を信じてくれようとしている。
ならば……信用には、誠意をもって応えなければ。それが人の世の礼節と言うものだ。
雪華綺晶はベッドに向きなおり、へたり……と、腰を落とした。
 
 
  ~  ~  ~
 
 
それから、彼女の口から、洗いざらいが告白された。
二年前に、この世を去った存在であること。
ローザミスティカに操られて、槐という人形師を――父を殺してしまったこと。
この身体が、あと数日で朽ち果てることさえ、包み隠さずに。
コリンヌは雪華綺晶の話を聞くあいだも、聞き終えても、頻りに頭を振っていた。
 
「信じられない……そんな話、信じられっこないわ」
「でも、事実なのです。ほら。私の……この醜いさまを、ご覧になって」
 
その言葉は、容赦なく、惨酷な事実を突きつける。
雪華綺晶を家族の一員のように想っていたコリンヌには、到底、受け入れがたい現実を。
だから、彼女は顔を伏せるに留まらず、両手で目を覆って、イヤイヤをした。
幼子が駄々をこねるように、ずっと。
 
雪華綺晶は、絶え間ない激痛に苛まれながらも、呻きひとつ漏らさずに立ち上がり……
ベッドに歩み寄って、コリンヌの頭を愛おしげに抱き寄せ、艶やかな金髪に鼻を埋めた。
 
「叶うものなら、出逢った頃に戻りたい。私だって……いつまでも、コリンヌのそばに居たい」
「じゃあ、そばに居てよ! これからも、一緒に暮らしましょう。ね?」
「……できませんわ。私は、まぼろし。この身は、二年前に死んだ娘の蜃気楼。
 あなたは、束の間の仮寝をしていただけ。夢の中で、私と戯れていただけ。
 そして、悪い夢も、楽しい夢も……どんな夢も、すべからく醒めるべきものなのです。
 ――ほら。窓の外を、ご覧になって。空が白み始めています。
 あなたと私の、夢の劇場も……そろそろ、幕を引く時間ですわ」
「それなら、わたしは眠り続けたっていい! 貴女を失わないで済むのなら」
「わがまま……ですのね」
 
仕方のない人。雪華綺晶は淋しげに微笑み、コリンヌの柔らかな頬に、そっと口づけた。
そして、雪の結晶を模したネックレスを外して、少女の手に預けた。
 
「ふたつだけ、私のお願いをきいてください。あなたにしか、頼めないことなの。
 これを……私の代わりとして。いつも、ね。片時も離さず、身に着けていて。
 そして、どうか、あの人と……二葉さまと、幸せになって。私の分まで、いっぱい。
 私が、この胸で温めていながら孵せなかったら想いを、あなたが叶えて、育ててください」
「待って、雪華綺晶っ! わたし、イヤよ! こんな物いらない!」
「……では、捨ててくださいな。夢のカケラなんて――」
 
くるり、と。コリンヌに背を向けた雪華綺晶は、足早に窓に向かい、開け放った。
夜露を吸った重たい風が、部屋の中に流れ込んできて、雪華綺晶の長い髪を靡かせる。
彼女は、そこでもう一度だけ、涙顔の微笑みを、コリンヌに向けた。
 
「私を……私なんかを、お友だちと呼んでくれて……本当に、嬉しかった。
 あなたと出逢い、普通の女の子として過ごせた日々は、本当に、楽しくて――
 いつまでも、このままで……って、ずっと祈っていたのですけれど」
「主人の命令よ、雪華綺晶っ! 待ちなさいっ! 戻ってきてっ!」
「お別れ、です。
 
 いつか、また、夢で逢えたのなら――
 もう一度、可愛がってくださいね。マスター。
 
 ――好き、でした」
 
少女の悲痛な叫びも、雪華綺晶を繋ぎ止める楔とは、なり得なかった。
窓辺に白い影だけを残して、彼女は、朱に染まりだした世界へと身を投げ出していた。
 
 


 
 
  第十六話 終
 
 
 【3行予告?!】
 
もしも願いが叶うなら、吐息を白い薔薇に変えて――
還るべき場所を思い描きながら、私は今日も、彷徨い続ける。
いつか、花咲き乱れる楽園に辿り着けると淡く期待しながら、歩き続けている。
 
次回、幕間4 『Old Dreams』