※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




強風に煽られ、大粒の雨に打たれているのに……
ナニか薄膜のようなモノが、私の身体を優しく包み込んでいた。


 『王子さまに会うために、人魚姫は、魔女と取引をしたのよ。
  そして、自分の美声と引き替えに、人として生きるための両脚を得たの』


なぜだか、ふと、とある物語が思い出された。
聴いたのは、ずっと昔。ああ……そうそう。私たちが出逢って、すぐの頃だ。
私はベッドに入っても、悪夢に魘されてばかりで、ちっとも眠れなかった。
そんな私を見かねて、お母さま――真紅が、絵本を読んでくれたのだ。

8歳にもなった私に『人魚姫』なんてと、いまなら笑えてしまう。
けれど、あの頃の私は、童話なんて知らなかった。字さえ満足に読めなかったし。
だから、彼女が語ってくれる物語は、すべてが新鮮で、面白くて――
いつしか、夜の訪れを待ち遠しく思うようになっていた。


 『人魚姫の願いは叶ったわ。彼女は、彼女なりのやり方で、幸せを求めたのね。
  人間として……普通の女の子として、王子さまと暮らしたかったのだわ』


でも、人魚姫を待っていたのは、悲しい結末だった。
失恋の痛みに打ちひしがれた彼女は、海に身を投げて、泡と消えたと言う。

海の泡になる。なんだか、今の私も似たような境遇かも……なんて。
思いついたそばから、そんなコトないと、即座に打ち消した。

人魚姫と比べたら、私はまだ幸せだった――
それだけは、自信を持って言える。
だって……私は少なくとも、好きになった人たちと、一緒に暮らせたから。
束の間でも、至上の愛情に満ちた時間を、過ごせたんだもの。

 「私、幸せだったよ」

瞼を閉ざし、呟いた直後、顔が水に浸かり、口の中がしょっぱくなった。
ようやくにして、私の身体は、海に落ちたようだ。
あれこれと思い返す暇があったから、かなり長いこと宙に浮いていた気がしたけれど、
実際のところは、5秒にも満たない間だったろう。

海の中は、温かかった。
台風の影響か。あるいは外が寒すぎたから、相対的に温かく感じているのか。

まあ、どっちでもいい。どうせ、私の物語は、もう幕引きだもの。
私の身はこの海原に抱かれ、泡と消える。普通の女の子になった、人魚姫のように。
どうせだったら、遙かな沖まで流されて、深い海の底に沈んでしまいたい。
そうしたら……ひょっとしたら、人魚の国に辿り着けるかも知れないから。


生まれ変わるならネコがいいと思ってたけれど、人魚も、なかなか悪くないかも。
こんな風に荒れた海で、いつか、運命の人に出会えるものならば――
私は喜んで、その生涯を受け容れよう。
そして、人魚姫よりずっと巧く、コトを運んでみせる。すべてを擲ってでも。



大きな波が、十重二十重とうねり、私をもみくちゃにする。
呑み込まれては浮かび、浮かんでは、また海中に呑み込まれて……
そうこうする間に、耳に水が入って、右も左も、天地も、よく判らなくなる。
私の三半規管は、もはや正常に機能していなかった。


  ああ……溺れるときって、こんな感じなのか。


海中に沈んでいると、ごぼごぼ……。
周りは、アタマに響くほどの潮騒で溢れていた。浜辺で聴くソレとは大違いだ。
そう言えば、水は空気よりも音を伝えやすいと、学校で習ったっけ。
――学校かぁ。なんだか、とても昔のことみたい。

ぐるぐると、暗い水中で攪拌されて、浮かび上がれない。息継ぎもできない。
真っ暗……なにも……砕けた水泡さえ見えない。
じわじわと、胸の中に、今更ながら恐怖が広がってきた。
こんな闇にまとわりつかれて今際を迎えることに、強烈な嫌悪感を催していた。


  イヤ……怖いよ――

息が苦しい。水圧に胸が締めつけられる。肺腑が空気を求めて、私に口を開かせる。
吸い込んだ海水で、鼻の奥がツンとして、脳天に痛みが突き抜けた。
喉が痛い。アタマが痺れて、なにがなんだか判らない。胃に海水が流れ込んでる。
もう、意識が……薄れて……。


  おと…………さ……ま。






 『みっともないわね。しっかりなさい』


誰かに、ぴしゃりと頬を叩かれた。
目の前は明滅を繰り返していて、その中を、ちかちかと星が散らばっている。

いや……本当は、なにも無かったのかも知れない。
ただ寝惚けて、そう感じただけで。
だけど――

 『目を醒ましなさい! 薔薇水晶』

今度は名前を呼ばれて、曖昧模糊とした私の意識は、完全に正体を取り戻した。
この声……凛とした、懐かしい響き。
驚きのあまり見開いた目の、その先に、彼女は佇んでいた。
真っ赤なドレスが、真っ白な、ミルクのような世界の中で映えていた。

 『真紅――お母さま』

呼びかけると、にこり……。『元気そうね。それに、随分と背も伸びて』
彼女は聖女のように柔らかく微笑んで、後ろを振り返り。

 『さ、貴女も、ちゃんと挨拶するのだわ』

――と、スカートの陰に隠れていた、小さな女の子を前に押し出した。
雪のように白くて、清らかな感じの、可愛い娘だ。
ふっくらとした面差しは、なんとなく、幼かった頃の私と似ていた。

ゆるやかにウェーブしたロングヘアーも、艶やかな白。髪飾りも、白い薔薇。
どういうワケか、右眼にまで白薔薇の眼帯をしているけれど……
それはむしろ、貴重なアクセントとして、あどけない可愛らしさを引き立てている。

少女は、両手でお母さまのスカートにしがみついて、私のことを上目遣いに窺っていた。
私が子供の頃も、こんな風に、お父さまの背中に隠れてたっけ。
そんなことを思いつつ、見つめ合っていると……
女の子は根負けしたように、おちょぼ口を作って、ひょいと右手をあげた。

 『おぃっす』
 『え? あ……おっす』
 『貴女たち! なんて不躾な挨拶をするの。お行儀の悪い子たちね』

女の子に釣られて、つい同じポーズをしてしまった私にも、お母さまの叱責が飛んできた。
そうそう、この感じ。昔は毎日、礼儀作法がなってないと怒られてたのよね。
当時は煩わしく思ってたけど……今は、なんだか嬉しい。
私が成長して、叱られることも愛情表現のひとつだと、解るようになったからかな。

白い女の子は、お母さまにコツンと拳骨をもらっていた。
撲たれたところを両手で押さえ、『あいたー』と戯けて、ぺこりと頭を下げた。

 『はじめまして、おねえさま。わたし、あなたの妹です』
 『妹? じゃあ、あなた――お父さまたちの?』
 『そうよ、薔薇水晶。私たちの娘。貴女にとっては、妹なのだわ』
 『おなまえは、きらきしょーっていうの。きらきーって呼んでね』
 『ホント……に? 妹……私の?』

いきなりのことで、戸惑ってしまったけれど、不思議と納得もしていた。
この子は、紛れもなくお父さまたちの娘で、私の妹なのだ。



私の過ちで、失われてしまった、ふたつの命。
その2人が、今、私の前にいる。
お母さま――真紅は、変わらず美しいまま。
生まれ出ることもなかった妹は、こんなにも可愛らしい少女となって……。

話しかけたい衝動が、私の顎をこじ開け、舌を躍らせる。


 『……ごめんなさい』

けれど、私の口を衝いて出たのは、その一言だけ。
自分でも、もっと他に話すコトがあるだろうと苛立ってしまう一方で、
罪の意識に竦んで、赦しを請うことしかできない自分の存在にも、また気づいてしまって。

 『ずっと謝りたかった。言葉だけで許されるなんて、思ってないけど……
  それでも、どうしても、お母さまたちに謝りたかったの』

また、涙――
8年間も泣かずに生きてこられたのに、今夜の私は、やたらと泣いてばかりだ。
封印の眼帯を外して、自己暗示が解けてしまったから、かな?
ぼろぼろと涙が零れ、粘りけのない鼻水が、ぽたぽたと垂れてくる。

 『わ! おねえさま、ばっちいー』

くしゃくしゃに歪んだ私の顔を見て、きらきーが指をさして、からかう。
幼心に、気を遣ってくれているのだろう。
私は鼻を啜り、しゃくりあげながら、無理に笑みを作った。
お母さまも、そんな私を見て、呆れたように肩を竦め、苦笑う。

 『まったく……ひどい顔なのだわ。いいこと、薔薇水晶。
  レディーはいつでも、気高く、美しくあるべきよ』
 『だって……お母さま……
  お父さまと暮らしていたかったでしょ? 幸せになりたかったでしょ?
  きらきーだって、産まれてきたかったよね? 友だち、欲しかったよね?
  それなのに、私――』

のうのうと生きてきたのよ。あなたたちの未来を奪っておきながら。
続くはずだった言葉は、しかし、声が詰まって言えなかった。
……ううん。仮に声を出せたとしても、話せなかった。
なにしろ、お母さまがハンカチで、私の顔をゴシゴシ拭くんだもの。

 『仕方のない子ね。いくつになっても、世話が焼けるんだから』

涙と鼻を拭いてもらった私は、すっかり童心に還っていた。
初めて、お父さまたちに逢った場面が、昨日のコトみたいに思い出される。

ちょうど、この港町に流れてきた日だったっけ。
当座の資金と、少しの食べ物を目当てに、盗みに入った家……それが、あの工房だった。
だけど、疲労と空腹で意識が散漫になり、私はドジを踏んで取り押さえられた。

大柄なお父さまに抑え込まれたら、子供の私など、身動きも取れない。
もうダメだ。絶望のあまり自棄になって、泣き喚き、暴れた。
そんな私の顔を、あの時も……お母さまは、こんな風に、荒っぽく拭いてくれた。
そして、言ったのだ。「貴女、私たちの娘になりなさい」と。

 『お母さまっ!』

再び会えたことが嬉しくて……本当に、本当に嬉しくて、私は真紅に抱きついた。

 『ありがとう、お母さま。私を、あなたたちの娘にしてくれて!』
 『ああ、もう……せっかく拭いたばかりなのに』

――なんて言いつつ、真紅の声も湿っている。
私を包み込むように抱きしめて、ぽんぽん……と、背中を叩いてくれた。
きらきーは、少し離れたところで私たちの様子を眺めて、羨ましそうに指を銜えている。

 『あなたも――』

だから、私はお母さまから離れ、初めて逢えた妹を、ギュッと抱きしめてあげた。

 『ありがとう、きらきー。私に、会いに来てくれて』
 『うん。わたしもね、おねえさまに会えて、とってもうれしいよ』
 『私も嬉しい。これからは、ずっと一緒にいられるね』

この真っ白な世界は、期待してた人魚の国じゃなかったけれど。
ここの方が、断然いい。お母さまや、きらきーがいるから、とても居心地がいい。
安らげる場所を、どこに求めようとも、それは私が望んだ結果。


私も、きらきーも、はしゃいでいた。
なにして遊ぼうか……とか、これからのことばかり話をしていた。
また別れることになるかもなんて、考えもしないで。

ただ1人――お母さまだけは、それを知っていた。
だから、きらきーを私から引き離し、強い口調で、私たちの間に見えない障壁を作った。

 『ダメよ。貴女は帰りなさい』


 『そんな……お母さま、どうして?』

私には、理解できなかった。私は溺れて死んで、ここに来た。
だのに、どうして追い返されなければ、ならないのか。

 『ここは死後の世界なんでしょ? だったら、私も――』

ここで暮らす資格があるはずだ。
そう告げた私に、お母さまは『いいえ』と、頭を振った。

 『薔薇水晶。貴女は、思い違いをしているわ。
  ここは死後の世界とは、少し違う。《九秒前の白》という、泡沫の世界よ』
 『九秒前の……白?』
 『ええ、そう。無意識の海の、底の底に、ぽつりぽつりと点在するエアポケット。
  行き場を失った者たちが、そっと身を寄せ合って、思い出を語り合うところよ』

それがつまり、死者の群れ集う場所……すなわち《あの世》ではないのか。
私は、よくないアタマをフル回転させて、食い下がるけれど。

 『ここには、私たちしか居ないわ。私たちしか入れないのよ』

――なぜだか解る?
すぐに新たな質問を浴びせられて、答えに窮してしまう。
こんなの、ずるい。答えを求めているのは、私の方なのに。

 『どうしてっ! 私、なんで居ちゃいけないの? お母さまっ!』

縋りつこうと駆け出した途端、私はガラスのような障壁にぶつかって、弾き返された。

私は、尻餅をついたまま、呆気に取られていた。
なにが起きたのか、ちっとも解らなかった。
お母さまや妹に、もう触れられないという事実の他には、なにも。

 『立ちなさい、薔薇水晶。そして……引き返しなさい』
 『私――どうしても、帰らなきゃダメなの?』
 『ええ。落ち着くには、まだ早すぎるわ。貴女は生きて、歩き続けなさい。
  そして、此処を守るのだわ』

ここを、守る? この泡沫の世界を? 私が生きることで、ここが守られる?
……意味が解らない。やっぱり、私ってバカだ。
でも、抗えなかった。彼女の深く青い瞳が、私を射竦めたから。
凛とした、常識も良識も兼ね備えた、母親の眼差しで。

お父さまが、あなたをココロの拠りどころにしているのも、解る気がした。
過酷な人生を経てきたとは言え、私なんか、たかが18の小娘。
まだまだ、この人には敵いそうもない。

了承の印に『解った』と頷いた私に、真紅は『いい子ね』と頷き返してくれた。
2人とも、満面の笑みで、見送ってくれようとしている。
だから、行かないと。彼女たちのためにも、歩き出さないと。

 『薔薇水晶。しっかり生きなさい。そして……彼――槐のこと、よろしくね』
 『げんきでね、おねえさまっ!』 
 『お母さま……きらきー…………ありがとう』
 『私たちこそ、ありがとう。久しぶりに貴女に会えて、嬉しかったのだわ』
 『ありがと、おねえさま。またきてね』

ありがとう。



その言葉は、私に、この身が震えるほどの勇気をくれた。
卑屈に赦しを求めるだけだった私に、もう一度、歩きだす気力を与えてくれた。
お父さまにも、このことを伝えたい。ありがとうって、言ってあげたい。


 『いつか……また』

私の呟きは、再会の約束。
いつのコトになるかは判らないけれど、きっと。




彼女たちに背を向けて、一歩を踏み出すと、膜のようなナニかを抜ける感覚があった。
それが、なんだったのかは判らない。
いきなり急激な水流に呑まれて、それを考える暇もなかった。

けれど、荒れた海に戻ってきたのかと言うと、そうではない。
ここは確かに海だけれど、現実の海とは、また違った。
ワケも分からず、水の勢いに翻弄されるがまま。
したたかに水を飲んで、私はまた、気を失いかけた。


朦朧とする意識。思うに任せない身体。
起きているのか、夢を見ているのか、その境界さえ曖昧で。
ただただ、漂うだけ。ほとんど人形状態の私。

そこに、いきなり、力強いナニかが押し込まれてきた。
2度、3度、それが繰り返されて……肺が、まるで風船のように膨らまされる。
もしかして、これは――

思った直後、アタマの奥に、プチノイズが生じた。
それは意識の繋がった音だったのか。私は断続的に、胃に溜め込まれた海水を吐いた。
喉がヒリヒリする。噎せ返って苦しくなり、また嘔吐を繰り返す。

そんな私の半身を、誰かの力強い腕が、抱き起こしてくれた。
目が霞んで、おまけに暗い中なので、相手の姿がよく見えない。
だけど、私には判っていた。私を支えてくれる大きな手が、誰のものか。

 「薔薇水晶! 薔薇水晶! しっかりするんだ。目を開けておくれ」

必死になって呼びかけてくれる声を聞いて、私の意識は、急速に目覚めていった。

 「……お……と……さま」
 「あぁ、薔薇水晶! よかった。気がついてくれて……本当に、よかった」

私たちはまだ、防波堤の中程にいた。
打ち寄せる波は届かないけれど、大粒の雨には、打たれっぱなしだ。
私はもちろんのこと、お父さまも、全身ずぶ濡れだった。

 「私……どうして」
 「きみは、こんな時化の海に飛び込んだんだ。まったく……なにを考えてる。
  もう少し、ぼくが来るのが遅れていたら、助からなかったかも知れないんだぞ」

身を投げたバカな私を、お父さまは懸命に、助けてくれたのね。
自分も溺れてしまうかも知れないのに、海に飛び込んで――
気を失った私を防波堤まで引き上げ、人口呼吸まで、してくれたなんて。

 「ごめんなさい、お父さま。あの…………ありがとう」
 「――困った子だ」

頬を緩めて、お父さまは、冷え切った私を抱っこしてくれた。「さあ、帰ろう」

帰る。そう、私は帰ってきた。
お母さまに――真紅に諭されて、お父さまの元へと。

お姫さまみたいに抱き上げられながら、私は回想していた。
あの妙にリアルで、摩訶不思議な夢のことを。
九秒前の白。お母さまと妹が居た世界。

 『彼――槐のこと、よろしくね』

別れ際の、彼女の爽やかな声が、耳に甦る。
私は、さっきまで見ていた夢について、つまびらかに語った。

 「不思議な話だね」

聞き終えたところで、お父さまが唇を開く。
その口元には、魅せられたような、浮ついた笑みがあった。

 「それが本当なら、ぼくも、娘に――雪華綺晶に会ってみたいな」

轟々と吹き荒れる風の中で、その言葉だけが、不自然にハッキリと聞き取れた。
それは、直後に起きることへの、注意を促す暗示だったのか。
びょぉう……。風が裂ける叫びが、やけに近く聞こえた、次の瞬間――

 「危ないっ!」

お父さまの絶叫。投げ出され、濡れたアスファルトに叩き付けられた、私。
雷鳴にも似た、耳を聾する音が打ち鳴らされ、地面が重々しく揺れた。




いったい、なにが起きたの?
激痛で軋む身体に鞭を打って、私はやっと、半身を起こした。
そして――


 「お……父さ……ま?」

私が目にしたのは、強風に煽られて倒れた電柱と。
その下敷きになった、お父さまの姿だった。


 「あ、あ、あぁ…………お父さま! お父さまっ!」

呼びかけ、這うように近づくけれど、お父さまは俯せたまま、ピクリとも動かない。
コンクリート製の電柱は、お父さまの胴を、がっちりと路面に挟み込んでいた。

 「お父さまっ! イヤ……お父さまっ! お父さまぁっ!」

電柱をどかそうとしたけれど、私だけじゃ動かせっこない。
圧迫された腹部に――シャツに、夜目にもわかる紅い染みが広がっていく。
私は、ただただ狼狽えるばかりで。


 「誰か――お願い! 誰でもいいから手を貸して!
  お父さまを助けてっ! お願いだから――」


嵐の中、腰が抜けたように座り込み、お父さまの手に縋り付いて叫んでた。
そんなことしか、私には……できなかった。