※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


  『アヤシイウワサ』


「あそこ、出るんだってよ? 実際に、見た生徒が居るらしい」
「やっぱり? なんだか気持ち悪いもんね、あの場所」
「しょーもない話だって、笑うかも知れないけどさ」
「いやいや……マジやばいんだって」

  ウソの様な、ホントの様な――――

「わたしも友達と、一緒に見たんだから。木から木へ飛び移る、黒い影を……」
「サルか何かを見間違えたんじゃないの?」


この薔薇学園には、最近になって怪しい噂が流布し始めていた。
レリーフの顔が笑ったとか、土の中からゾンビが出たとか。他にも、プールで……。
はっきり言えば、学校の怪談チックな馬鹿馬鹿しい内容だが、やけに真実味を帯びていた。



 「最近、学園内で持ちきりの噂話を知ってる?」

蒼星石が徐に語りだしたのは、翠星石と二人で中庭のガーデニングをしていた時の事だった。
ともすればスキャンダラスな印象を与えかねない言い方だが、色恋沙汰は感じられなかった。
翠星石は怪訝な表情で、楽しそうに話す妹を見つめた。

 「知らないですよ。噂なんか興味ないです」
 「でも、なかなか面白そうな話なんだよ?」

のほほん……と言った蒼星石の顔には、悪戯っぽい雰囲気が感じられた。
話なんて家に帰って聞けばいい。どうせ、怪談話だろう。私が怖がりなのを知ってるクセに。

翠星石は顔を逸らして、手元に意識を集中させた。

 「聞くだけ時間の無駄です。早く終わらせて、帰るですよ」
 「やれやれ……ちょっと怖い話をしてあげようと思ったのになぁ」
 「そんな話をして、どうするつもりです?」
 「ちょっと肌寒かったから、抱き付いてもらおうかなぁって」

やっぱり、そういう魂胆だったか。翠星石は溜息を吐いた。
蒼星石の考えそうな事ぐらい、簡単に察しが付く。

 「バカですか、蒼星石は。寒いなら、片付けを済ませて早く帰るです」
 「はいはい。じゃあ、帰ってから抱き付いてもらうからね」

軽口を叩きながら、道具を片付けようと二人が小屋に入った途端、扉が閉まった。

 「えっ?! ちょっ……蒼星石、悪ふざけは止めるですぅっ!」
 「ボクじゃないよ。勝手に閉まったんだ。いま開けるから……」

右も左も判らない暗黒。翠星石は、おずおずと両手を前に伸ばした。
その指が、生暖かい何かに触れる。これは…………髪?
触った感じ、丸みを帯びた形状から、人の頭部だと察しが付いた。

 「ここに居たですか。よかったぁ」
 「え? 何のこと?」

蒼星石の声は、左から聞こえた。正面ではなく――
じゃあ、いま触っている、この頭は誰……の?

――――ぺろり。
翠星石の指を、誰かが舐めた。

 「ンまぁーい」
 「うぉわひぇえぇ――――っ!!」

奇声を発しながらも、翠星石は何者かの頭部を両手で掴み、膝蹴りをかました。

 「ぶっ! ちょっと……待ったぁ」
 「は?」
 「今の……って」

なにやら聞き慣れた声だと思った矢先、小屋の扉を蒼星石が開けた。
翠星石が手にしていたのは、鼻血を垂れ流した薔薇水晶の頭だった。

 「翠ちゃん…………ヒドイ」
 「なにがヒドイ……ですかっ! 大体、なんでこんな所にいやがったです」
 「忍びの修行…………通信教育で」

はぁ? 翠星石と、蒼星石の声が重なった。なんで、そんな修行を?
そもそも、通信教育って――

 「これ……」

と、やおらパンフを取り出す薔薇水晶。
なるほど、確かに『忍者養成』通信修行講座と書いてある。
こんな講座があるなど、誰が知っているだろう。

パンフを見ると、内容はかなり濃いものだった。意外に本格的かも。

 「つまり……最近の怪しい噂は、みんな薔薇しぃの仕業だったんだね」

人気のない所で、枝から枝へと飛び移ったり……。
花壇で土遁の術を試していたり……。
プールで水遁の術を練習してたり……。

 「結局、薔薇しぃは、こんな修行してナニがしたかったですか?」
 「精神修養だとか?」
 
薔薇水晶は頬を朱に染めて、フルフルと頚を振った。

 「銀ちゃんの、ぼでぃーがーど♪ いつも一緒」

絶句する翠星石と、蒼星石。
暫しの沈黙。そして――

 「……帰ろっか、姉さん」
 「そうですね。お腹もすいたですぅ」

連れ立って小屋を出ようとする二人を、薔薇水晶の腕が繋ぎ止めた。


 「秘密を……知られたからには…………」

二人は悲鳴をあげる暇もなく小屋に引きずり込まれ、バタンと扉が閉ざされた。



この後、学園のアヤシイウワサに『人喰い小屋』なる話が加わったそうな。


一日一投ムチャ修行のSS。質の劣化は甚だしい。