※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



一連の騒動から、1ヶ月――

さしたるトラブルもなく、時間は滔々たる河口の流れのように過ぎて、4月。
各々が、同じような日々を繰り返し、それぞれの人生を少しずつ刻み続けていた。


大学の春休みも残り僅かとなった、第二土曜日。
雛苺は、早朝の日が射し込む自室で、イーゼルと向かい合っていた。
正しくは、イーゼルに立てかけた40号のキャンバスと、である。
そこの描かれた油絵は、完成と言って差し支えない出来映えだ。

「……うん。バッチリなの」

手抜かりがないことを確認。左下隅に自分のサインを描き込んで、満足げに頷く。
それは、スケッチブックの下絵をキャンバスに起こした、茶畑の風景画。
アルバイトを終えて帰宅した後に、こつこつと描き進めてきたものだ。
製作期間は、およそ2週間を費やした。

「あとは、これを無事に届けるだけね」

搬送手段については、昨夜のうちに、約束を取り付けてあった。
そろそろ来るかなと壁掛け時計に眼を移した、その直後――
タイミングよく、自宅前に車が停まる気配。続いて、インターホンが鳴る。
雛苺は部屋の窓を開けると、テラスに身を乗り出し、来客に向けて手を降った。

「うよーい! 待ってて、すぐ行くのよー」
「慌てなくていいわよ。時間なら、まだ余裕あるしぃ」

門扉の前に佇む水銀燈が、機嫌よさげに手を振り返してくる。
黒いレザージャケットに、ブルーデニムのジーンズ姿だ。
素が色白だからか、彼女には黒系がよく似合う。

水銀燈の後ろに停めてあるのは、あの夜とは違う車。
黒いボディーのスポーツセダン……彼女の趣味が窺える。
その助手席には、うっすらと笑みを浮かべる薔薇水晶の姿もあった。



水銀燈が、雛苺とジュンを伴って槐邸に戻ったのは、めぐの絵を描いた翌日。
あのときの会話を、雛苺はいまでも、昨日のことのように思い出せた。

それまでの非礼を詫び、正体を明かした水銀燈。
『家族ごっと』は終わり。彼女は明言しなかったけれど、言わずもがなだ。
けれど、しがみつく薔薇水晶の健気さに絆され、突き放すこともできずに――
依然として、ぬるい『家族ごっこ』を続けている。
あの頃と違うのは、水銀燈が働きに出て、家主の槐に家賃を納めだした点か。

して見ると、あれは水銀燈なりの照れ隠しではなかったかと、雛苺は思う。
奇妙な同居生活も、慣れてしまえば、安らぎを生む。
彼女なりに、受け容れてもらえる温かさを、居心地よく感じていたのだろう。
仕方ないからと言うのは、所詮、お為ごかしだ。



梱包はしないまま、雛苺はキャンバスを抱えた。
小柄な彼女にとって、40号というサイズは嵩張って持ちにくい。

「うんしょ、うんしょ……と、とと……ぴぎゃっ?!」

絵をぶつけないよう注意していたら、部屋を出る際、ドアの角に足の小指をぶつけた。
ツメが割れて、血が出たかも知れない。
視界が涙で滲むけれど、絵だけは濡らすまいと、唇を噛んで堪える。
数分をかけて、どうにか玄関を出た雛苺は、絵と共にリアシートに収まった。



車中では、お喋りに花が咲いた。娘が3人寄れば、それも仕方のないことだ。
様々な話題の中でも、とりわけエイプリルフールのことで盛りあがった。
水銀燈の発案によるドッキリ大作戦が、決行されたときの話である。

「私と先生が結婚すると言ったら、薔薇水晶ってば、すっかり信じちゃって。
 先生が演技上手だったのもあるけど、この娘も呆れたおバカさんよねぇ」

それについては、雛苺も、よく知っていた。
困惑しきって半泣き状態の薔薇水晶が、相談の電話をかけてきたからだ。
しゃくりあげ、呂律の回らない声を聞いたときには、雛苺も一緒になって狼狽えたが、
よくよく話を聞く内に、なんとなく、からくりが見えたのだった。

「ばらしーってば、すっごく動揺してて、まともに話せなかったのよ」

水銀燈と雛苺に、ニヤニヤと笑われて、当時の心境を思い出したのだろう。
薔薇水晶は顔を真っ赤にしながら、ツン、と唇を尖らせた。

「もぉ……ヒドイよ。あんなの洒落になってない」
「ごめんねぇ。先生にベッタリな貴女を見てたら、つい、からかいたくなっちゃってぇ」
「……むぅ~。あ、でも」

頬を染めたまま、薔薇水晶が照れ笑う。「銀ちゃんなら――」

「私なら、なぁに?」
「お母さまって……呼んであげても……いい、かも」
「バカなこと言ってるんじゃないわよぉ」
「えー。妹、欲しいな」
「……しょうがないわねぇ。じゃあ、私と先生の共同作業で、作ってあげるわ」
「お人形を、って言うんでしょ」
「大当たりぃ。先生お手製の人形で、我慢しときなさぁい」

すげない。愛想よく語らっていながら、取りつく島もない。
しかし、馴染むと、それでこそ水銀燈――と思えてくるから不思議なもの。
そんな彼女のひねくれた性根を、雛苺が揶揄する。

「銀ちゃんって、好きな子ほど虐めたくなる性分なのよねー」

途端、バックミラー越しに見る水銀燈の双眸が、妖しく細められた。
「ふふ……そうよぉ。お気に入りのオモチャで遊ぶのは、当然じゃなぁい」

言って、意味深長に「次のターゲットは……」なんて。
水銀燈の冷たい笑みを向けられると、なぜか冗談に聞こえない。
しかも、そこに薔薇水晶まで面白がって和するから、余計だ。

「楽しそう。言ってくれれば……手を貸す」
「それは妙案ねぇ。たまには、協力プレイも面白そうだわ」
「うよ……。2人とも、眼が笑ってないのよ?」


――などなど。
他愛ない会話をしているうちに、車は喫茶店『ジョナサン』の駐車場に滑り込んだ。
土曜日の午前中、開店から1時間も経たずに、もう3台の車が停まっている。
ますます商売繁盛しているようだった。

「あ! やーっと来たかしらー!」

仕事をこなしながらも、ちょくちょく駐車場を見張っていたのだろう。
ジョナサンのドアが開けられ、カウボーイスタイルの金糸雀が駆け寄ってきた。
その姿を認めて、水銀燈もパワーウィンドウを下げる。

「もー。遅くなるなら連絡して欲しいかしら。
 事故でも起こしたのかって、サラと心配してたんだから」
「ごめぇん、朝の渋滞に捕まっちゃってぇ。ギリギリ、アウトだったわねぇ」

口ぶりに悪びれた感じはないが、本気で申し訳なく思っているらしい。
水銀燈は、拝むような仕種をして、金糸雀にウインクを飛ばした。

「ん……まあ、仕方ないかしら。渋滞じゃ不可抗力だし。
 みんな無事に着いてくれただけでも、幸いと喜んでおくかしら」

金糸雀は、両手を腰に当てて、小さく溜息を吐いた。
本来のスケジュールでは、開店前に運び込んで、お披露目のはずだったが……
こうなっては是非もなし。お客がいるのに、模様替えなんてできない。

「ともかく、ひと休みしていくかしら。渋滞の中のドライブで疲れたでしょ。
 朝食は? ちゃんと食べて来たかしら?」
「お茶だけ頂くわぁ。真紅のところにも、顔を出さなきゃならないしぃ」
「諒解かしら。じゃあ、その絵は、閉店まで真紅の家に保管しといてね」


――しかしながら、女の子が『お茶だけ』で済ませられるはずもなく。
メニューの写真と言えども、甘い物を見れば、別腹が騒ぎ出してしまう。
結局、誘惑には抗いきれず、ケーキセットも追加して小腹を黙らせた。

その後、水銀燈と薔薇水晶は、予定どおり真紅の家へ。
絵のことは彼女たちに任せ、雛苺は急遽、別行動を取ることにした。
と言うのも、『ジョナサン』に翠星石と蒼星石の姉妹が、顔を見せたからだ。

今朝、茶畑の絵が届くと聞かされていたから見に来た――とは、翠星石の談。
搬入が間に合わず、飾られていないと知ると、双子の姉妹は残念そうに項垂れた。

「ま、しゃーねぇです。お楽しみは、閉店後まで取っておくですよ」

しかし、そこは気持ちの切替が早い翠星石のこと。
クサクサしてても仕方がないから、茶畑に行かないかと、雛苺を誘った。
無論、雛苺に異論などない。
ジュンや、めぐにも会いたいと思っていたから、渡りに船だった。

細い林道を、翠星石の運転する軽自動車で、登ってゆく。
軽トラの荷台に乗って、お尻が痛くなったことは、まだ記憶に新しい。


――あんまり、変わってないな。

春のよそおいを見せだした森に、ライム色の瞳を彷徨わせつつ、雛苺は思った。
利便性を追求するなら、もっと拡幅すべきなのだろうけど、話はそう簡単ではない。
林道とは言え、拡幅して舗装もとなると、工事資金はかなりの額となる。
その他にも煩雑な問題があって、右から左といかないのが現実だった。



約1ヶ月ぶりに訪れた茶畑は、鮮やかな緑に彩られていた。
これでも、もう新芽を収穫した後なのだと、翠星石に教えられた。
こんなに広い面積の茶樹ひとつひとつを、手摘みしたそうだ。
そのほうが、茶葉の品質を、均一にできるのだと言う。

観光気分もそこそこに、雛苺たちは管理棟に向かった。
めぐとジュンは、元気にしているのだろうか。
ジョナサンを借り切って、身内だけの披露宴が催されたのは、もう半月前になる。
雛苺は、ささやかな光景を、脳裏に甦らせようとした。

が、彼女の思索は、近づいてくる声に邪魔され、元のモヤモヤに戻った。
見れば、2匹の子犬がキャンキャン鳴きながら、転がるように駆け寄ってくる。
ピンと立った耳、くるんと丸まった尻尾、茶色い毛並み……柴犬らしい特徴だ。

「おおー、レンピカにスィドリーム! 今日も元気ですねぇ。
 インテル入ってるですぅ? あ、このハッスルぶりだと、フリスクのほうですかね?」

よく分からない呼びかけをしながら、翠星石は、嬉々として屈み込んだ。
じゃれついてくる子犬を両手に抱きあげ、満面の笑みで、もふもふと子犬に頬ずり。
子犬もよく馴れたもので、左右から、翠星石の顔を舐めたくっている。
「やめるですー」と黄色い声をあげる姉を、蒼星石は隣で、にこやかに眺めていた。

「そのワンちゃんたち、2人の飼い犬なの?」
「いや、違うよ。飼い主は、ジュン君たちさ。番犬として飼い始めたんだ」
「命名は、私たちですけ……わ、ぷ。こら、レンピカ!
 喋ってるときに、口元を舐めまわすんじゃねーですよっ」

はしゃぐ翠星石を見ても明らかだが、犬がいると、セラピー効果などが望めて都合がいい。
シカやイノシシも、犬の吠え声や臭いがすれば、不用意には近づかないだろう。
また、不審者の接近も、察知しやすい。

子犬たちの騒ぐのを聞きつけたらしく、管理棟のドアが、徐に開かれる。
そして、ひょい……と。ジーンズにフリースジャケット姿の女性が、顔を覗かせた。

「めぐさーん。遊びに来たのよー」
「あら、雛苺。いらっしゃい」
「ジュンは買い出し?」
「仕事中よ。長閑な田舎暮らしっぽいけど、これで意外に、雑用が多くて」

眩いばかりの微笑み。死を予感させる翳りなど、片鱗も見出せない。
めぐは、生き生きとしていた。張りのある肌の血色も良く、生命力に溢れている。

「元気そうなのね。安心したのよ」
「おかげさまで、どうにかね。毎日が充実してるから、かな」
「発作は、起きてないの?」
「不思議なことに、緊急入院するほどの発作は、あれ以来、一度もないわ」

あれ以来――とは、あの絵が描かれてからを指しているに相違ない。
「適度な運動をするようになって、心臓が鍛えられてるのかもね」

冗談めかしているが、めぐの言うことも、あながち間違いではないように思える。
だが、なによりの要因は、生きたいという彼女自身の意欲なのだろう。
溌剌として見えるのも、内面的な健全さが現れ出たものだ。

「ま、とにかく入って。お客さんに、お茶くらい出さなきゃ失礼だものね」
「ありがたいですが、私と蒼星石には、おかまいなくですぅ」
「先に、茶畑の様子を見回ってきたいからね。お昼ごろに、寄らせてもらうよ」
「ん、わかった。じゃあ、後でね」

随分と仕事熱心なことだ。いかにも、管理主任らしい。
それだけ自分たちの仕事を愛し、誇りをもって携わっているのだろう。
翠星石と蒼星石は、朗らかに笑って手を振り、立ち並ぶ灌木の中へと消えていった。
そんな彼女たちの後ろを、2匹の子犬が、跳ねるように追いかけてゆく。
見送る雛苺の口元も、自然と綻んだ。


「お、来たな」

ドアを潜るなり、かけられた親しげな声。気心の知れた仲ならではの挨拶だ。
ジュンは、リビングのソファに座って、防虫ネットの破れ目を繕っていた。
早くも、夏に向けての準備を始めているらしい。

「うよーい。ジュンも元気そうね」
「いつもどおりだよ。幸い、身体のほうは無駄に丈夫なんでな」
「それって、すごく贅沢なコトよね。そう思わない?」

めぐがキッチンに向かいがてら、口を挟む。
持病を抱える彼女からすれば、普通に生活できることが、贅沢に感じられるのだろう。
健常者には理解しがたい憧憬が、2文字に凝縮されている様子だった。

「……まあな」

通り過ぎる彼女の背に相槌を打つと、ジュンはネットを脇にやって、仕事の手を休めた。
「それじゃあ、ここらで少し、勤労感謝の時間とするか」

なんだか、体よく休憩の口実にされてしまった感があるが、そこはそれ。
彼なりの気づかいなのだろうし、雛苺は勧められるまま、テーブルを挟んだ席に座った。
それを待って、徐に、ジュンが口を開いた。

「歩いてきたのか、おまえ」
「まさか。ジョナサンで、翠ちゃんたちと会ったから、送ってもらったのよ」
「ああ……だよな、うん」
「ジュンたちも大変なのね。週に一回くらい、麓まで買い出しに行くの?」
「いや。毎日、誰かしらは畑の手入れに来るからな。頼んでおけば、翌朝には運んでくれるよ。
 工場とここを、荷物運搬用のロープウェイで結ぶ計画も進んでる」
「めぐさんは、どうやって病院に?」
「見てないのか? このすぐ近くに、ヘリポートを新設したんだ」

有栖川大学病院には、医療用ヘリでの救急搬送システムがある。
万一の際は、それで病院まで運んでもらえるよう、設備を整えたのだと言う。
「真紅は、よくしてくれてるよ」と、ジュンは締め括った。

「今更だけど、この1ヶ月、ホントにお疲れさまだったのよ」

まあな、と。雛苺の労いに、ジュンが鼻で吐息して、口の端を吊り上げる。
就職先への内定辞退、結婚、この管理棟での新生活……
彼にとって、これまでの人生で、最も繁忙激動の3月ではなかったか。

「勤めるはずだった会社の人事部長、随分と僕を気に入ってくれてたらしくてさ。
 新人研修が始まるって寸前の辞退に、すごい剣幕で怒鳴られたよ。ふざけるなって。
 でも、ちゃんと理由を話したらさ、分かってくれたんだ。 
 別れ際に、しっかりな……って。僕の肩を掴んで、励ましてくれたよ。
 ポケットマネーで、ご祝儀までくれたんだ。たかが新卒の青二才にだぜ?」

だから――と、ジュンは続ける。
「これしきで音を上げてなんか、いられないさ。もっともっと、僕は頑張るよ」

そこに折りよく、三つのティーカップを乗せたトレイを携え、めぐが戻ってきた。
彼女の左手の薬指には、銀色の薔薇が、輝きを放っている。
いまの会話を聞いていたらしく、めぐはカップを置きながら、ジュンに話しかけた。

「頑張るのもいいけど、ほどほどにね。身体を壊したら、元も子もないわ」
「そりゃ、僕の台詞だろ。あんまり無理するなよ」
「私はいいのよ。元から壊れてるんだし」

さらっと質の悪い冗談を口にしてしまうのは、さびしんぼうの名残りなのか。
めぐが、『しまった』と言わんばかりの顔をする。
ジュンは、そんな彼女の手を握って引き寄せ、隣りに座らせる。
そして、優しく微笑みかけた。

「大丈夫だよ。きみは、壊れない」
「…………そうね。あなたが守ってくれるから」

またぞろイチャつく2人に、「お邪魔してますなのよー」と。
雛苺はジト~っと白い目を向けつつ、嫌味を言った。
しかし、当の本人たちには、どこ吹く風。意に介した様子もない。
諦めて、雛苺はキョトキョトと周りを見回して、話題を変えた。

「ところで、あのパステル画は、どこかに飾ってあるなの?」
「ああ。アレなら、2階の寝室にあるよ」
「朝起きて、すぐ眼にとまる場所がいいと思ってね」

寝室とはまた、気が利いているのか、いないのか。
まあ、2人で夢を見たり、希望を語らう場所だし、飾るには相応しいのかも。

「そうそう。雛苺が来たら、訊こうと思ってたのよ」

ティーカップを手に、そう切り出したのは、めぐ。
彼女は、見えるはずもない絵を眺めているかのように、天井を仰いだまま続ける。

「私に絡みついてる骸骨だけど……あれ、女の子でしょ?」
「うい! 大正解なのよ」
「え? そうなのか」

毎日、眼にしているにも拘わらず、ジュンは気づいていなかったらしい。
「なんで解ったんだ」と訊ねる彼に、めぐは自分の腰のあたりを、指差して見せた。

「骨盤はね、男女の違いがハッキリ判る部分なの。あの骨は、女性のものよ」
「……へえ。よく、そんなこと知ってたな」
「長く入院してるとね、そういう知識も、自然と増えるものなのよ。
 入院患者は暇を持て余してるから、すぐ病気自慢とか始めちゃうわけ。
 手術痕とか、見せっこしたりね」

めぐは懐かしむように、穏やかな笑みを湛えながら、そう語る。
けれど一転、対座する雛苺を、挑むような眼差しで刺した。

「あれは、もう一人の私なのよね。死にたがりの、わたし――」

前途に望みはなく、いつ来るとも知れない苦痛に怯えて……
いつしか、めぐは夢なんて単語さえ、くだらないと思うようになっていた。
考えるのは、美しく散り逝くことだけ。

「彼女はね、いつも私に囁きかけてきたわ――


  ねえ、あなた。いつまで、こんな牢獄に繋がれっぱなしでいるの?
  生きてたって苦しいだけ。辛いわよ。誰も、あなたを救ってはくれない。
  みーんな離れていくの。彼らにとって、あなたは役立たずの重石。
  お為ごかしを口にしながら……白々しく気づかう素振りなんかして……
  その実、哀しげな顔の裏では、あなたを疎んじているのよ。
  厄介払いしたいって、誰もが思っているのよ。彼だって、もう来やしない。
  みんなウソばっかり。なんて寂しい。なんて虚しい。哀しすぎるわ。

  でも、わたしは違う。ずぅっと、そばにいてあげる。
  あなたと一緒に、死んであげる。
  ここに縛られているのも、もう飽き飽きでしょ? さあ、自由になるのよ。
  そうよ。死は甘美な誘惑。一度きりしか味わえない、甘い果実。
  一緒に食べてしまいましょう。やりきれない生活なんか捨てちゃって。
  わたしたち、死んでも一緒よ。寂しいコトなんて、なにもないわ。


 ――ってね。
 私も、その気になってた。いつ死んだっていいわ……なんて。
 いまにして思えば、『小人閑居して不善をなす』ってヤツよね」

けれど、めぐは、その結末を選ばなかった。誘惑に乗らなかったのは、なぜ?
それは多分、本当の自分をさらけ出せるほど気を許せる存在に、巡り逢えたから。
ココロに鬱積した寂しさと悲しさを吐き出しても、黙って受け止めてくれる親友に。

「水銀燈との語らいは、冥冥として何も見えない世界で、たったひとつの道案内だった」

めぐと、水銀燈。どこかで共鳴し合っていた2人。
つまるところ、それは相互依存と呼べる仲なのだろう。癒されるための。

洗いざらいを吐いてしまうと、世界が違って見えた……と、めぐは言った。
なにもかも、曲解。感傷で曇り、歪んだレンズを透して写された、虚像。
見捨てられた? とんでもない。差し伸べられる手を、自分から遠ざけていただけ。
寂しくて、縋りつく腕を求めていながら、他人の想いを信じ切れずに……
死を条件にしてまで、相手の純粋さを試さずにはいられなかった。その結果の孤独だ。

「それで」ジュンが小首を傾げて、呟く。「僕に、メールを?」
めぐは頷いた。

「ええ。冥路の出口で逢えたのは、あなただったから。
 ……なんて言うのは、都合のいい脚色だけれど、それに近い夢を見たのはホントよ。
 だから、目を醒ますなり、携帯電話を掴んでた」
「どんなメール、送ったなの?」
「それは、ナイショ」
「僕たち2人だけの秘密だ」

まったくもって、2人の間に好きはあっても、隙がない。
ぴったりと合わさった、インカ帝国の石垣のようだ。
それだけ意気投合できている……ココロの深い部分で繋がり合っている、と言うことか。

2人はきっと、数多ある選択肢の中の、ごく僅かな正解に、辿り着けたのだろう。
雛苺は、そんな彼らの関係を、羨ましく感じていた。


  ~  ~  ~

夕方、雛苺は翠星石らと共に、帰路についた。
通い慣れた道とは言え、夜の林道を走るのを嫌ってのことだ。

麓へは、ものの30分で着いた。
しかし、寄る予定だったジョナサンは夕食の時間とあって、えらい混雑ぶりだ。
金糸雀と、アルバイトと思しい女の子が、キリキリ舞いしているのが見えた。

「いま立ち寄るのは、遠慮しといてやるですかね。武士の情けですぅ」

キミは、いつから武士になったのさ――なんて蒼星石の指摘は、馬耳東風。
翠星石の運転する車は、ひとまず、真紅の邸宅へと向かった。


  ~  ~  ~

「そう言えば――」

真紅の家に集った6人で、和気藹々とテーブルを囲んでいるとき、
ちょっとした会話の切れ間を縫って、蒼星石が雛苺に話しかけた。

「あの、不思議なパステル……いまも使ってるのかい?」

みんなの視線が、チラと壁に掛かる真紅のパステル画へと走り、
ブーメランのように、雛苺の顔に戻ってきた。

「うと、ね」妙な雰囲気に圧されながらも、雛苺が口を開く。
「あれはもう、ヒナの手元にないのよ。あげちゃったから」

雛苺の語るには、3日前、絵のモチーフを探して街を歩いていたら――

「曲がり角でね、若い男のヒトと、ドシン! って、ぶつかっちゃったのよ。
 そのヒト、荷物を抱えてたんだけど、弾みで車道に落っことしてね。
 運悪く、ちょうど走ってきた車に、踏みつぶされちゃったなの」

男性が持っていたのは、36色セットのアクリル絵具。
これから会いにゆく友人――恋人への、誕生日プレゼントだったと言う。
雛苺は平謝りに謝って、弁償すると申し出たらしいのだが……

「そのヒト、『僕も不注意でしたから、どうかお気になさらず』って言うのよ。
 だけど、ヒナ、ホントに申し訳なくって、泣きたくなっちゃって」
「それで、あのパステルを変わりに、と?」

真紅に問われて、雛苺は首肯した。

「うい。せめてものお詫びにって、押し付けるみたいに渡しちゃったなの。
 3回の魔法は使い切っちゃったし、もう普通のパステルだもの」

確かに、そうだ。もう悪用されるおそれもない。
誰が使おうと、ただのパステルにすぎないのだから。

「彼女さんと、幸せになってくれてたら嬉しいのよー。えへへ……」

満面の笑みで話す雛苺に、呆れたような視線が注がれる。
けれど、それもすぐ、温かい眼差しに変わっていた。
らしいと言えば、欲のない雛苺らしい。

「きっと、貴女の願いは叶ったのだわ」

真紅が、予言者のように瞑目して告げたのと、ほぼ同時。
玄関のほうから、金糸雀とサラの賑々しい会話が、夜風に乗って流れてきた。

愉しい週末のパーティーは、これからが本番。
彼女たちが織りなす物語もまた、始まったばかりだった。



  ~  ~  ~

「やあ。どうだい、調子は?」

片手を挙げ、軽い調子で話しかけてきた青年を見るなり、その乙女は破顔した。
年端もいかない幼女のように、嬉々として、可憐な唇から言葉を紡ぐ。

「ようこそ、白崎さん」

実際、彼の訪れを待ち侘びていたのだろう。
彼女の瞳には、恋をしている者に特有の熱が、秘めやかに宿っていた。

「毎日、お仕事帰りに、私のような者のところへ立ち寄るなんて……
 ずいぶんと奇矯なご趣味ですのね」
「いやはや。困ったことに、僕は極度の暇人なもので」
「深く打ち込める趣味の、ひとつふたつ持てばいいのに」
「君に会いに来るのが唯一の趣味……と言うのは、キザすぎですかねえ」
「いささか難あり、かと。歯が浮きすぎて抜け落ちます」

冷ややかに言いつつも、乙女の顔に浮かぶ喜色は、さらに濃くなる。
白崎と呼ばれた青年は、愛想よく微笑んで、スーツの上着を脱いだ。
そして、ワイシャツの袖を捲りながら、彼女が向かっている机へと歩み寄る。

「それで、雪華綺晶。今日は、どこから手伝えばいいのかな」
「では……この原稿のペン入れから、お願いします」

言って、彼女――雪華綺晶は、数枚のマンガ原稿を差しだした。
それを恭しく受け取りながら、白崎が訊ねる。「締め切りに、間に合いそうかい?」
雪華綺晶は、形のいい顎に指を当てて、うーんと唸った。

「今回はフルカラー原稿なのでキビシイですけど、なんとか、ギリギリ……」
「意地を張らずに、アシスタントの1人2人、雇っちゃどうだい」
「ダメです。まだ印税だけで食べていけるほど、売れっ子じゃないんですから。
 それに――」
「――それに……なに?」
「いえ、なんでも」

雪華綺晶は、ぷいっと白崎から顔を背けて、描きかけの原稿と向き合う。
「そんなコトしたら、あなたが来てくれなくなるじゃありませんか」
なんて、口の中でモゴモゴ呟きながら。

「ん? なんか言ったかい?」
「い、いえいえいえ! なにも言ってませんよ?」
「……はて? モゴモゴと、声が聞こえた気がしたんだけどな」
「なんでもありません! 欠伸を噛み殺しただけですっ!」 
「どうして怒るの」
「怒ってないからっ。さあ、早く作業に取りかかってくださいっ。さあさあさあ!」
「はいはいはい」

空とぼけているのか。それとも、本当に聞こえなかったのか。
飄々とした白崎の態度からは、どうにも判別が付かない。
雪華綺晶は顔を紅くして、頭から湯気を上げながら、ペンを持つ手を震わせた。
しかし、その手で線を描き損じてしまう前に、

「ああ、ところで――」

白崎が、如才なく話を変えた。「あのパステル、使ってみてくれたかな」
それは数日前、雪華綺晶の誕生日に、彼がプレゼントした物だ。

「ええ。試しに、トビラ絵を塗ってみました。なかなか、使い勝手のいい品ですね」
「そりゃよかった。残りのページも、徹夜でガンガン塗ってもらわないとね」
 明日は日曜日だし、張り切っていこうか。今夜は寝かせないから、そのつもりで」
「白崎さん……担当さんより鬼です」

嬉しいのか、哀しいのか、判らなくなる。雪華綺晶は頬杖を突いて、小さく吐息した。
とは言え、結局のところ一緒にいられるだけで、彼女は満足だったのだけれど。



小一時間ほど過ぎた頃、再び話しかけられ、雪華綺晶は現実に引き戻された。
椅子に座ったまま半身を捩ると、背骨がコキコキ鳴る。
振り返れば、ちゃぶ台で作業する白崎が、原稿を片手に雪華綺晶を見ていた。

「なにか、変な箇所が見つかりました?」
「いやいや。次回は、なかなかキナ臭い展開なんだな……と、思ってね。
 これから本格的に、アリスゲームもバトルモードに入っていくのかい?」
「それはヒミツですよ。アイデアも商品の内ですので」
「だよね。こりゃ失礼」

アッサリと引き下がって、白崎はまた、ちゃぶ台に広げた原稿と格闘し始める。
そんな彼に、ふ……と微笑を投げかけて、雪華綺晶が腰を上げる。

「……ですが、まあ。白崎さんになら、教えてあげても――」
「ほう。それは光栄だね。しかし、一体どういう風の吹き回しかな」

白崎の、切れ長の眼差しに、好奇が満ちる。
雪華綺晶は、ちゃぶ台の前に正座して、彼と向かい合った。

「ちょっとした打算、でしょうか」
「と、言うと?」
「アイデアにも、好不調の波がありましてね。たまに、行き詰まっちゃうの。
 いわゆる、スランプですか」
「僕に、今後のストーリー展開を教えるとは、つまり――」
「ネタに困ったら、私と一緒に考えてください……という意味です」

それに、こういう約束をしておけば、声を聞きたいとき電話する口実になるでしょう。
――なんて、雪華綺晶は俯いて、唇を手を隠しながら、ごにょごにょと口ごもる。
白崎は怪訝な顔で、わずかに身を乗り出した。

「なんだい?」
「い、いえいえいえ! 別に、なにも」
「……いま、なにか言ってたじゃないか」
「なんでもありませんっ!」 
「どうして怒るの」
「怒ってないからっ。さあ、休憩は終わりですっ。さあさあさあ!」
「はいはいはい」

ついさっきも、同じやりとりをした。
それに気づいて、どちらからともなく笑みを零す。

「まぁ、僕でよければ、相談くらい乗るけど」
「ホントに! いつでも?」
「もちろん、いつでも」
「きっとですよ。約束ですからね」

雪華綺晶は念を押しながら、ぴょんと跳ねるように立ち上がって、再び机に向かった。
鼻歌まで唄って、とにかく上機嫌だ。
そのハイテンションは、明け方、彼女が机に突っ伏して眠るまで続いた。


  ~  ~  ~

「はてさて、これは意外な流れになったものです」

寝息を立てる雪華綺晶の背にコートを掛けながら、白崎は独りごちた。
彼の双眸は、机の隅に置かれたパステルの木箱へと注がれている。

これが雛苺の手に渡るよう、周到に根回ししたのも。
偶然の事故を装い、彼女の手から、これを回収したのも。
すべては、白崎の退屈しのぎ。賢しい思惑によるものだった。

「傍観者のままでいるつもりでしたが……
 物語を綴る側に立ってみたら、また違った趣があるかも知れませんね」

利用し、利用される。情けは人の為ならず。
持ちつ持たれつが、この世の常。

「前のお嬢さんは、我欲に狂うほど世俗にまみれていませんでした。
 あなたは、どうなのでしょうね……雪華綺晶」

覗き見る雪華綺晶の寝顔に、邪な印象はない。
けれど、外見に似合わず狡猾な一面を隠していることを、白崎は知っている。
手を加えずとも、雛苺のケースとは異なる結末を、迎えられるだろう。
しかし、白崎の影響力で、雪華綺晶を操れるとしたら――

「力尽きて倒れるまで、激しく踊り狂わせてみるも一興。
 よしんば、その逆だったとしても……それもまた面白い。
 くくっ……いましばらく、愉しませてもらいましょうか。美しいお嬢さん」

含み笑って、白崎はまた、原稿に手を着け始めた。
これから始まる新たな劇を、どう演出していくか思案しながら――




          イーニー ミーニー マイニー・モー
          神様の言うとおり……



                           Das Ende ……?