※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


 1.

その瞬間、思わず息を呑んでいた。
ありがちなドラマのワンシーンみたいに。

息を弾ませ、控え室であるホテルの一室に飛び込んできた、可憐にして鮮烈な印象の乙女。
予想だにしていなかった衝撃で、言葉は疎か、瞬きさえも忘れてしまった僕は、
ただただマヌケに口を開いたまま、彼女の美しさに見惚れるばかりだった。

足元が覚束ないのは、立ち眩みだろうか。
それとも、この胸に感じる、締めつけるような鈍痛のせい?

「あ……えっと」

泳いでいた彼女の瞳が、僕を捉えた。躊躇いがちに、ぎこちなく笑いかけてくる。
奥ゆかしく、初々しい。けれど、どこか得体の知れなさを感じさせる仕種だ。

「すみません。あの……こちらに行くよう言われて……来ました」
「あ、ああ。待ってたよ。僕は――」
「知ってます」

彼女は、歯切れよく続ける。「現在、注目度ナンバーワンのJaMさん、ですよね」
そして、たった今パウダーブラシで塗ったように、サッと頬を上気させた。

正しくは、僕ひとりを指す名前ではない。いわゆる、ブランド名だ。
僕らが立ち上げたファッションブランド【JaM】は、ここ最近で、かなり知名度をあげている。
ファッション雑誌の取材も増えたせいで、写真を撮られる機会も多くなった。
この娘も、そんな内の一冊から、僕の顔を見知ったに違いない。

だが、まあ、そういった世間話は後にしよう。
今は、悠長に構えていられない。すべきことが山積して、時間の余裕がなかった。

「着いた早々で悪いけど、すぐ準備してくれ。とにかく急いでるんだ。
 おい、柏葉! この子の着替えとメイク、手伝ってあげて」

近くにいた女性スタッフに指示を出して、腕時計を睨む。
ギリギリか? 間に合ってくれよと独りごちて、僕は他のモデルの最終チェックを始めた。
なんとしても、あのドレスを……。有終の美を飾るのは、あのドレスでなければダメなのだ。



どうして、こんなに慌てているのか。その発端は、今朝のことだ。
数日前から体調を崩し気味だった専属モデルのフランス娘が、緊急入院した――
その電話連絡を受けて、僕は愕然としたし、大袈裟ではなく頭も抱えた。
ここのところ、体調が優れない様子だったから危ぶんではいたが、よりによって今日だとは。

普段ならば、ここまで困りはしない。こっちだって、プロの看板を掲げている身だ。
病気が日を選んでくれないことなど、百も承知。準備に抜かりはない。
不測の事態に備えて、【JaM】でも現在、3名の女性モデルと専属契約していた。

だが、今回のラストを飾る予定の一着は、特別な――いわゆる、着る人間を選ぶタイプ。
この新作ドレスが似合うモデルは、病に倒れたオディール嬢だけだった。
しかも、悪いことは重なるもので、お披露目できるのは今日しかない、ときている。

幾つもの大手ブランドが、数日間にわたって新作を発表してきた、このクリスマス・コレクション。
その最終日である今日、勝負を賭けて、一気に注目を集める作戦だったのに……
いまさら、一着だけ出品を取りやめるなんて、絶対にしたくない。
国内外を問わず、情報通の著名人たちが、今年最後となるショーをチェックしているのだから。

新進気鋭の僕ら【JaM】ブランドにとって、マーケットを広げる大きなチャンスだった。
だからこそ僕は、僅かばかりでも成功に近づくために、電話をしたのだ。
共同経営者にして、いまや人生のパートナーでもある彼女に――



――そして、彼女の手配で来てくれた助っ人が、件の娘というワケだ。
しかし率直なところ、僕は、ほとんど期待していなかった。
どうせ都合がつくのは、人材派遣会社の契約スタッフだろう……
自分のイメージにカチッと嵌まる女の子など、そうは居ないと高を括っていた。

ところが、どうしてどうして。
訪れた娘は、僕の予想の一切合切を、根底から覆してくれる逸材だった。
まず眼を惹くのが、緩いウェーブのかかった、艶やかな鳶色のロングヘアー。
くっきりとした顔立ち。深く澄んだ青い瞳。そして、均整の取れたスタイル。
妖しい色香のヴェールを秘やかに纏った、神秘的な魅力を匂わせる女の子だ。


「チーフ。着付け、これでいいかな。チェックしてください」

柏葉に請われて、ドレスを纏った乙女の周りを、ぐるり。
さすがに几帳面な柏葉だけあって、いつもながら手抜かりがない。
僕は頷くと、続けてメイクを急ぐように言った。

それにしても、モデルの娘も慣れているのか、堂々としたものだ。
若い男に、息がかかるくらいの間近で眺め回されているのに、狼狽えもしない。
どこをとっても、合格点だ。まったくもって申し分ない。
あとは、ステージでの歩き方など、即席で教え込めばいけそうだ……。



 2.

「――いやはや、間一髪だったよ」

ショーは来賓の熱気と惜しみない拍手喝采に送られながら、静かに幕を下ろした。
関係者たちの【JaM】に対する反応も、まずまず、と言ったところ。
僕が相棒に成功を伝えたのは、雑誌社の簡単な取材に応じた後のことだ。
メールでもよかったけれど、彼女の声を聞きたかったから、電話をかけた。

「来てくれた娘が、見事に代役を務めてくれたからね。嬉しい誤算だった」
『お疲れさま。あたしも、今度ばかりは肝を冷やしたわよー。
 でも、概ね好評でよかった。あなたの頑張りが、成功を引き寄せたのね』
「どっちかって言うと、優秀なスタッフのお陰だよ。僕ひとりの成果じゃない。
 だから、全員で掴んだ成功だな、うん」

謙遜でもなく、僕は本心から、そう思っていた。
しかし、彼女はそれを、優等生の模範解答だと言う。

『あなたが統率したからこそ、みんなも個々の力を発揮できた――とは、思わない?』
「僕は、そんなに面倒見よくないって。成功することしか、頭になかったし。
 もっと面白くなりそうだってのに、こんなところで躓いてられないからね」
『へぇえ……』
「なんだよ?」
『ちょっと、ね。あたしの旦那さまも、随分と、野心家になったものだなぁーって』

もしかして、あたしの影響なのかしら? 
茶化す彼女に、「そうとしか考えられないね」と。
冗談半分に切り返して、僕は腕時計に目を落とした。そろそろ、時間だ。

ホテルの広間――ショー会場の隣室を借りての、アフターパーティー。
こういう席も、顧客や業界人と繋がりを作るための、貴重な営業の場だ。
ショー自体が展示即売会みたいなものだし、この場で購入を耳打ちされることも、少なくない。
さらに広い世界を目指す者にとっては、決して疎かにできない式典だ。

「帰りが遅くなるだろうし、先に休んでていいよ。
 場合によっては、このままホテルに泊まるつもりだからさ」

それだけ伝えて、僕は通話を切った。



食事は、和洋折衷のビュッフェ形式。
飲み物やデザートも、いろいろ取り揃えてあって、目移りさせられるのだが……
ひっきりなしの社交辞令に忙殺されるあまり、僕は殆ど料理に箸をつけられずにいた。

こんな時、相棒の彼女が傍に居てくれたら――
表向きは笑顔で談笑しつつも、肚裏では、そんな弱音を吐いてしまう。
でも、彼女は、今が大事な時期だ。甘えっぱなし、頼りっぱなしじゃいられない。


挨拶の人波が落ち着くと、僕はシャンパングラスを手に、窓際のソファに座った。
ずっと喋ってばかりだったから、口の中が乾ききって、ちょっと喉も痛い。
ソファの背もたれに肘を乗せ、ガラス張りの窓の外に広がる夜景を横目に、
ゆっくりとグラスを傾け、肺腑に澱んでいた重い息を吐き出した。

「あの……ぉ」

不意に、か細い声が、会場の喧噪に呑まれまいと足掻きながら、僕の耳にしがみついた。
誰だろう? 条件反射的に愛想笑って、声のした方へと振り返った。


「あれっ? きみは――」

ソファの前に立って、不安そうに僕を見おろしていたのは、鳶色の髪の乙女。
僕のデザインしたライトグリーンのドレスに身を包んだ、あの助っ人モデルの娘だった。

白くほっそりした両腕に、ちまちまと料理を盛りつけた紙皿を携えて――
少しばかり、くたびれた面持ちをしている。
僕と同様、つい先程まで十重二十重とカメラに囲まれていたから、気疲れたらしい。
紙皿の一方を、おずおずと差し出しながら、彼女は緊張で震える声を絞りだした。

「お料理……いかがですか? 適当に、取り分けてきましたけど」

やっと人混みから解放されて、これから軽く食事をするところか。
僕としても、なにか腹に入れたいと思っていたので、素直に腕を伸ばした。

「ありがとう。けどさ……手掴みで食べるのかい、これ」
「えっ? あ、あっ、お箸わすれたっ!」
「取ってくるよ。きみは、座って待ってて」

近くのテーブルから二人分の箸と、飲み物のグラスを持って、ソファに引き返す。
よほど自分の失態が恥ずかしかったのか、彼女は耳まで赤くして、俯いていた。

「お待たせ。飲み物は、烏龍茶でよかったかい」
「は、はいっ。すみません。なんだか、却って気を遣わせてしまったみたいで」
「気にしなくていいよ。恩人には、礼を以て尽くすものだし」
「え?」
「今日のこと。あのドレスを出せなかったら、不本意な結果で終わってたはずだ。
 大成功に漕ぎ着けられたのは、きみのお陰さ。本当に感謝してる」
「そんな……ヨイショしすぎですぅ~」

あまり褒められ慣れていないのか、彼女は頬に手を当てて、へにゃへにゃと笑った。
ステージに立っているときは、堂々としていて、貫禄すら感じたけど……
こうして見る限り、素は内気な娘らしい。

「偽らざる本音だよ。そう思ってるのは、たぶん、僕だけじゃない」

ソファに腰を降ろして、僕は、手にしたグラスを差し出す。「きみの魅力に」
「……キザなのね」彼女は鼻を鳴らして、頬を上気させた。「ショーの成功に」

「――乾杯」

そっと控えめに……。挨拶がわりのキスのように軽く、ふたつのグラスが触れ合う。
堅く澄んだ音が、ひとつ。傾けられた彼女のコップの中で、氷がくるりと回った。
僕はシャンパンで、彼女は烏龍茶で口を湿らし喉を潤して、箸を手にする。
二人が最初に口に運んだ料理は、奇しくも、ほんわりと湯気の昇る小籠包だった。

「ああ、そう言えば――」

火傷しないように小籠包を嚥下して、僕は切り出した。
いきなりではないつもりだったが、隣で「ぅんっ?!」と……
意表を衝かれたかのような呻き声が上がった。
見れば、彼女は小籠包を頬張った状態で、目を白黒させている。

「ナニやってんだよ。そんなに慌てて食べなくたって……ほら、飲み物」

身を乗り出し、彼女の醜態を覆い隠しつつ、僕は、烏龍茶のグラスを手にする。
しかし、慌てた彼女は、箸を放り出すや別のグラスをひっ掴んで、一気に飲み干してしまった。
それ、僕の飲みかけのシャンパン……って言っても、もう手遅れ。
酒を呑まそうと企んで烏龍茶を取りあげたわけじゃない、とだけ釈明しておく。

「――はふぅ。危うく死んじゃうところでした。貴方は命の恩人です」
「えっと……まあ、アレだ。不慮の事故だよな、事故……ははは」
「ホント、お餅を喉に詰まらせる事故って、毎年、お正月に聞きますよね」
「そうじゃなくて……いや、まあ……いいや、なんでも」
「ん? あ、ところで、さっき何か言いかけてませんでしたっけ」

問われて、今度は僕が、言葉を呑み込んでしまった。
なんの話だっけ? 首を傾げ、思案に沈むこと、暫し――突如として思い出した。
たぶん、そのときの僕は、頭の上に電球を灯したようなマヌケ顔をしてたはずだ。

「そうそう。自己紹介が、まだだったなぁって。僕の名前は……」

言って、ブレザーから名刺を取り出そうとした手を、彼女の手が、そっと遮る。

「知ってますよ。桜田ジュンさん……でしょう?」
「うん。雑誌のインタビュー記事かなにかで、僕の写真を見たの?」

彼女はニッコリ微笑んで、首を横に振った。

「もっと、ずぅっと前から。そう……貴方がデビューするより昔から、です」
「本当かい? きみの勘違いじゃなくて?」
「ええ。ホントですよ」

貴方は、忘れてしまったのかしら。
彼女の深い碧瞳が、語られなかった言葉の続きを、投げかけてくる。

だけど、僕は思い出せなかった。
どれだけ回想しても、この娘を記憶の中で捕まえることが、できなかった。


  つづく