※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


寄り添いながら、パーティー会場を出て、エレベーターに向かう。
覚束ない足取りの彼女を支えているため、どうしても身体が密着しがちになる。
鼻先を、コロンの甘い薫りにくすぐられて、僕はクシャミをひとつ放った。

「普段から、あんまり飲まない方なのかい?」
「……んふぅ。実は、そうなんでぇ~すぅ」
「だったら、やっぱり、やめておこうか」
「うぅん。構いませんよぉ。今夜は、めいっぱい飲みた~い気分ですからぁ」

とても愉しいから、メチャクチャに酔ってしまいたいの。
じっくり噛みしめるように呟いて、彼女は白い腕を、僕の腰に絡みつかせた。

「連れていって。ね? もう少し、楽しくお喋りしましょぉ」
「――しょうがない娘だな。ま、誘ったのは僕だし、トコトン付き合うよ」

からっぽのエレベーターに乗り込んで、上へのボタンを押す。
僕らの目当ては、ホテルの最上階にあるスカイバー。
心地よいBGMに包まれながら、煌めく夜景を眼下に、グラスを傾ける――
たまには、そんな洒落た雰囲気を嗜むのもいい。感性が豊かになるから。

ふわり……と、小舟が波に持ち上げられるような、独特の浮遊感。
途端、膝が力を失ったらしく、ハイヒールを履いていた彼女は、小さな悲鳴を上げて仰け反った。

「おっと。危ない」
「――あ! ふわぁ……」

咄嗟に伸ばした僕の腕は、彼女の細いウエストを、しっかり抱き寄せていた。
密着する、ふたつの身体。期せずして間近に迫った、二人の顔。
見つめ合った瞳の虹彩さえも、違わず数えられそうな距離だ。


「大丈夫か?」

訊くと、彼女は眼をパチクリさせながら、小さく頷いた。
なにか言いたげに唇は動くけれど、巧く声が出せないらしい。
その様子が、なんとも初々しくて、僕は優しく微笑みながら腕の力を抜いた。

「すぐに着くから。ほら、ちゃんと立って」
「……はぁい」

返事は、なぜか不承不承な響き。
もしや、なにか期待するところがあって、わざと蹌踉めいて見せたのか。
いやいや――ただの気のせい……だよな?

考えている間に、浮遊感は穏やかに収束して、澄んだベルの音が終息を告げる。
静かに滑るドアの隙間から、ピアノの音色が忍び込んできて、二人を出迎えた。
それは、いつかどこかで、耳にした憶えのあるメロディー。

「あ……私、この曲、知ってます」
「確かに、聞いたことあるな。なんていう曲だっけ?」
「亜麻色の髪の乙女。ドビュッシーです」
「そっか……クラシックなんて、あんまり聴かないからなぁ」
「たまには、贅沢に時間を使ってみるのも、いいものですよ」
「うーん。興味はあるけど、それをするには、今の僕は余裕が無さすぎだな」

まだ、夢の途中。二人三脚で向かう先は眩しく霞んで、終着点など見えやしない。
だから、足を止めたくなかった。幸せな時間が、どれだけ残されているか分からないから。

「行こうか、鳶色の髪の乙女さん」
肘を差し出すと、彼女は遠慮がちに指を掛けて、照れ笑った。


 4.

窓辺に設えられた『止まり木』と呼ばれるシートに腰を落ち着けて、注文を済ませる。
ほどなく運ばれてきたカクテルグラスを、僕らは目元に掲げた。
降り注ぐブルーライトの下、薫香を放つ液体が揺れて、蠱惑的な煌めきを振り撒いた。

「ステキな眺め……とっても綺麗です。それに…………美味しい」

はふ、と艶っぽく吐息して、酔いどれ乙女は、右隣に座る僕に目を流してきた。
「いつも、こんな風に、モデルの女の子たちを誑し込めてるんですか?」

ぐぽっ!? 飲みかけのリキュールに喉の奥を直撃されて、噎せ返る。
彼女は、ころころと笑いながら、咳き込んだ僕にハンカチを差し出した。

「こぉんな冗談で慌てるなんて、なぁんかアヤシイ~」
「か、勘弁してくれよ。してないって、そんなこと」
「ホントですかぁ~?」
「当ったり前だろ。こう見えても、妻子持ちだぞ」

ハンカチで口元を拭うたび、僕の薬指のリングが、潔癖を証すように鋭利な輝きを放つ。
彼女は「知ってますよぉ」と。とろんとした眼差しを、指輪に注いでいた。

「貴方の記事が掲載されてる雑誌は、すべて買い揃えてますから」
「そりゃまた、随分と熱心に応援してくれてるんだね。僕が、元同級生だから?」
「まぁ……ねぇ。でも――」
「ん? なに」
「い、いえ。なんでも」
「……ふぅん?」

なんとなく、微妙な空気。僕らは仕切り直しとばかりに、宝石のような液体を、口に含んだ。
甘い口当たり。それは、喉に仄かな火照りと、鼻孔に芳香を残していく。
気持ちよく耳をくすぐるピアノの旋律も、タイミング良く変わった。
バダジェフスカの『乙女の祈り』だと、彼女が教えてくれた。

それなりに良いムードのところに、適度な酔いの勢いも手伝えば、
元同級生という間柄、理性の防御壁も低くなるもので――
僕らは、どちらからともなく肩を寄せ、眠ることを知らない街の夜景を眺めていた。

煌めくネオン、行き来する車のヘッドライトとテールランプが、光の川を描いている。
それは儚げに瞬きながら、凸凹の黒い地平から訪れ、また彼方へと消えていった。

「ホントに綺麗……。私、バカだから、陳腐な表現しかできませんけど――」

――夢みたいです。
はにかんだ彼女の、朱に染まる肩へと、僕はさも当然のように腕を回した。

「夜は、夢を見る時間だからね。きみが望むだけ、素敵な夢に浸らせてあげるよ」
「……貴方って、昔っからこんなにキザでしたっけ?」
「男は誰でも、かっこつけたがりだよ。可愛い娘の前では、特にね」
「だから、今夜は特別キザなの?」
「うん、そう。きみだから――なのかな」
「そかそか。さしずめ、私だけの催眠術師さん、ってとこかぁ」

彼女は僕の肩に頭を預けて、くすくすと笑った。
それは、心から楽しんでいる者だけが作りだせる表情。
一夜だけの催眠術師……か。そういうのも、案外、悪くない。

「こんなに素敵な夢なら、いつまでも見てたいなぁ。ずぅっと……」
「それだと、ありがたみが薄れちゃうよ。たまにしか見れないから、貴重なんだ」
「ふむぅ~。まあ……そうですよねぇ。だったら――」

また、誘って頂けますか?
呂律の回りきらない囁きに、僕は「もちろん」と即答。

「――嬉しい」

グラスの縁を、人差し指でなぞりながら呟かれた彼女の声は、喜色そのもの。
僕の左肩にかかる彼女の頭の重みが、とても、愛おしく感じられた。
もっとも、その淡い想いは『旧友との親睦』の域を出ないものだったけれど。

「あ――」やおら、彼女が思いだしたように頭を上げる。

「そう言えば、私の名前……そろそろ思い出してくれましたか?
 いつか誘ってくださるなら、そのくらいは憶えていてもらわないと」

彼女の、期待に満ちた眼差しに晒されて、僕は思わず顔を引いてしまった。
さっきも、いくら考えたところで思い出せなかったと言うのに、
だいぶ酔いが回った今となっては、悩み悩んだ挙げ句に寝落ちしかねない。

「あのさ……名刺、もらえるかい」
「持ってるワケないでしょぉ、そんなもの。ただのフリーターですしぃ」
「――そっか。なあ、意地悪しないで、きみの名前を教えてくれよ」
「やぁ~よ。頑張って当ててみて。ほら! よぉーく、思い出してくださいっ」
「そうは言うけどな。あの頃、僕は留年回避の特別措置に合格するため、
 三学期だけで、一年分の学習内容を詰め込んでたんだぞ。寝る間も惜しんでさ。
 とてもじゃないけど、勉強以外のことなんて、憶えてる余裕なかったよ」
「えぇ~。ホントに……まったくもって記憶にございませなんですかぁ?」
「なんなんだ、その妙ちきりんな喋り方は」

僕は眉を八の字にしながら、鼻の頭を掻いた。

「まあ――全然ってことは、ないと思う……んだけど。
 せめてヒントをくれよ。そうすれば、思い出せるかも知れない」

きみだって、あの頃とは変わってしまったから、分からなくて当然だと言ったじゃないか。
僕が、そう続けたら、彼女は「そうでしたね。ええ……確かに」と、口元を綻ばせた。

「じゃあ――」

彼女は、カクテルグラスが敷いていた、ホテルのロゴ入りコースターを抜き取って、
焦らすように、ゆっくりと……自分の左眼に重ねた。


「これが、ヒントです」

左眼を隠した少女――
その瞬間、時間が目まぐるしく巻き戻されて、17歳の三学期に放り出されていた。


  しんと静まり返った、授業中の教室。僕の席は、一番うしろ。
  教師が背を向けた隙を衝いて、隣の席から、白く細い腕がニュッと伸びてきた。
  そこにあったのは、手の平サイズの、綺麗にラッピングされた小箱――
  「あげる」と。唇だけ動かして、その女の子は微かに笑った。
  2月14日……初めて、家族以外の女性からもらったチョコレート。


あの頃は、どうして授業中に渡してくるのかと訝しんだ。
今にして思うと、他の生徒たちに見られて、からかわれたくなかったからだろう。

「きみは……まさか、薔薇水晶なのか? 隣の席だった、あの?」

彼女――薔薇水晶が、パッと表情を輝かせた。

「あはっ。やっと、思い出してくれた」
「いや、だってさ……髪とか、瞳の色が違うし……話し方だって、もっと――」
「カラーコンタクトよ。髪は、染めてるんです。
 職場によっては、うるさかったりするから。地毛の色だと、敬遠されちゃって」
「……そうだったのか。参ったなあ。本当に、まったくの別人だよ」
「だから言ったでしょう? カムフラージュです……って」

論より証拠とばかりに、薔薇水晶は、右眼のコンタクトを外して見せる。
そして、あの高二の三学期と同じ琥珀色の瞳を、ひた……と、僕に注いだ。

「私はね、あの頃も、今も……いつだって、カムフラージュしているんです」
「それは、どうして?」
「本当の私は、とても臆病で、弱いから。泣き虫で、内気で、人見知りで――
 ありのままの自分をさらけ出したりなんて、とてもじゃないけど……
 こうして酔っ払ったりでもしなければ、無理です」
「だから、高校生のときも、ずっと眼帯を着けていたのかい?」

こくり。頷いて、カラーコンタクトを瞳に戻し、薔薇水晶は続けた。

「口数が少なくて、引っ込み思案な子は、なにかとイジメ易いんでしょうね。
 小学校、中学校と、私はイジメられっ子でした。泣かない日なんて、なかった。
 そんな私に、お父さまがあの眼帯をくれたんです。高校進学を機に」
「イメージチェンジか。その効果は覿面だったわけだ」
「ええ。あれを着けている間、私は別人みたいに、強く振る舞えました。
 いつも、お父さまが傍に着いててくれるようで、勇気が涌いてきたんです」

高校時代の薔薇水晶は、近寄りがたい雰囲気を、常に纏わりつかせていた。
並外れた美貌と、眼帯の取り合わせが、衆目には異質で威圧的に映ったからだろう。
僕も当初は、訥々とした彼女の語り口調を、ぶっきらぼうに感じていた。
席が隣にならなかったら、きっと今も、クールな娘としか見なしてなかったはずだ。

「いいお父さんだな」
「はい。とても……私なんかには勿体ないくらい、素晴らしいお父さまでした」
「おいおい。でした……って、なんだよ。もう居ないみたいじゃないか」
「…………そうです」
「えっ?」
「お父さまは、もう居ません。三年前に……亡くなりました」

あまりの事に、言葉を失った。三年前と言えば、僕が家庭を築いた年だ。
自分が幸せに浸っていたとき、この娘は不幸に見舞われていたなんて……。

「そうだったのか。ごめん。知らなかったとは言え、辛いこと思い出させたね」
「いいんです。以前に比べたら、だいぶ胸の痛みも薄れましたから」

そう言いながらも、薔薇水晶は僕の肩に頭を凭せ、一粒だけ、涙を流した。
健気だな、きみは。僕は彼女の髪を撫でて慰めながら、胸裏で呟いた。
身内の不幸は、そんな簡単に割り切れるものじゃないだろ、と。

「悲しい気持ちまで、カムフラージュすることなんて、ないんじゃないか。
 そんなに素直な自分を押し込めてばかりじゃ、本当のきみが可哀想だ」
「……ん。そう、かな?」

髪を滑る僕の手の温もりに、幾ばくの癒しがあったのかは分からない。
けれど、薔薇水晶はいつしか、うっとりと表情を和らげていた。

「じゃあ、今から思いっ切り泣いちゃっても――いい?」
「今すぐに、かい?」
「そ。いますぐ」
「ここで、か?」

つい、周りを見回してしまった。僕にも、世間体というものがある。
この状況で号泣されようものなら、誤解されること間違いなし。
僕に悪意を抱いている者が、この客の中に、いないとも限らない。
僕らの仲を邪推して、ウェブ上に、有ること無いこと書かれるかも。
そうなれば【JaM】ブランドとしても、少なからずイメージダウンになる。

どうしよう。言い訳を探す僕を横目に、薔薇水晶は、くくっ……と喉を鳴らした。
「ウソ、ですよ。ハラハラしましたか?」

また担がれたらしい。僕は口をへの字にして、小さく頭を振った。
さっき、薔薇水晶に言われたことは、案外、正鵠を得ているようだ。
繊細で多感かどうかは疑わしいけれど、他人に影響されやすいのは、確からしい。

「スリルありすぎだよ。どう逃げようか、真剣に悩んだぞ」
「ひどぉい。そこまで分別のない子供じゃありませんよ、私」
「本当かぁ? 実は、半分くらい本気だったんじゃないか?」
「半分だなんて、とんでもない。九割九分、泣くつもりでした。本気で」
「うわ……もっと質が悪いだろ、それ」
「では、交換条件といきましょうか。叶えてくれたら、泣き喚くのは止めてあげる」
「どういう恫喝だよ。ウソじゃなかったのか?」
「悲しみまでカムフラージュするなと言ったのは、貴方ですよ?」

そこで言質を取られると、二の句が継げない。もはや、破れかぶれ。
酔った勢いもあって、多少の無理難題は大目に見るつもりで、僕は訊ねた。
でも、彼女が提示した条件は、身構える必要もないくらい、簡単なものだった。

「もう少しだけ――ほんの数分で構わないから、私の頭を、ナデナデしてて」
「そんな程度で、いいのか」
「……うん。貴方の掌は、とても温かくて……心地好いから」

お安いご用だよ――と、鳶色に染められた長い髪を、優しく梳いてゆく。
僕の指先がうなじをくすぐると、薔薇水晶は「はふ」と、鼻に掛かった吐息を漏らした。

お父さま……。
薔薇水晶は、恍惚とした面持ちで、掠れた囁きを紡いだ。
もう二度と取り戻せないものへの彼女の渇望が、ありありと表れていた。

そのとき、僕の中で、同情とは違う想いが大きく膨らむのを感じた。
僕は薔薇水晶を慰めながら、彼女の耳元に囁いていた。
【JaM】の専属モデルに、なってくれないか? と。

うっすらと、彼女の瞼が開く。
けれど、それは一秒と経たず、静かに閉ざされた。

「ダメ、です」
「どうして? 一カ所には、束縛されたくない?」
「……ううん。でも……今は、ダメなの」

僕には、薔薇水晶の気持ちが、よく解らなかった。
僕のココロは17歳の少年に戻りっぱなしで、気の利いた台詞のひとつも、口にできない。
ただただ、彼女の求めるがままに、頭を撫で続けるだけだった。


  つづく