※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



好きになれない――
タオルで撫でるように濡れ髪を拭きながら、彼女は憂い顔で言った。

「だって、この湿気で、髪もお洋服も重たくなってしまうんですもの。
 泥水が跳ねたりして汚れるし……毎年、この時期になると憂鬱で」

そりゃあ、足元まである長いウェービーヘアならば、当たり前だろう。
どんなに広い傘をさしたって、吹きつける雨を完全には遮れやしない。
あれだけ髪のボリュームがあると、アップにするのも限界があるだろうし。

「うーん。それって、ラーメンの縮れ麺にスープが絡みやすいのと同じ原理だよねー」

にこやかに切り返したら、きらきーちゃんに顰めっ面された。

「どういう発想ですの、それ?」
「やーまぁ、なんて言うか。きらきーちゃん、美味しそうだなぁって」
「それはそれは。お褒めいただき恐悦至極ですわね」

きらきーちゃんはニッコリ笑ってタオルを投げ捨てるや、むにに、と私の頬を摘んだ。
「――なんて言うワケないでしょう。
 もう梅雨ですものね。貴女の脳にも、カビが生えてるのではなくて?」

うわぁー言う言う。しかし、このアッサリ毒味の軽口は、なかなか癖になる。
不肖このマゾッ子みっちゃんの脊髄に、ゾクゾク電気が流れたわよ。痺れちゃったわよ!

「ハァハァ……いいわ…………もっと罵って」
「ちょっと。呼吸が乱れてますけど、平気ですの? 救急車を呼びましょうか?」
「あ、心配しないで。いつもの発作だから、平気へっちゃら屁のカッパ」
「いえ、発作なら尚のこと――」
「キニシナイ、キニシナイ。ひと休み、ひと休み」

私は一休さん気取りで笑いながら、手をひらひらさせた。窓の外の雨模様に目を向ける。

「で、唐突に話は変わるんだけど。私は割と好きよー、雨」
「マイナスイオンで癒される気分になるから?」
「それもあるけど、なんて言うのかな……アニミズム的な、そんな感じなんだけど」
「……はあ」

よく分からない。きらきーちゃんの顔には、そう書いてある。
だから、私は言葉を並べるよりも唇に指を当てて、彼女に静粛を促した。

「聞こえるでしょ」

きらきーちゃんは、「なにが?」とは訊かなかった。
なぜなら、スタジオ内に響いている音は、雨だれしかなかったから。

窓や屋根を軽やかに打つ水滴の音は、クラリネット。
ごうごうと樋を落ちる水流の呻りは、ティンパニ。
走り抜ける車のタイヤに割られた水面の叫びは、コントラバス。
それらが演じるフーガに、しばし、私たちは耳を傾けていた。

「――ね?」
「と、水を向けられましても、どう答えていいものやら」
「雨が織りなす妙なる調べも、なかなか乙でしょ……ってコトよ」
「まあ…………悪くはない……かも知れませんわね」
「なーに、その回りくどい言い方は。テンション低いなぁー」
「草笛さんが無駄にテンション高すぎるだけでしょう」

溜息を吐く、きらきーちゃん。
湿った服を着続けていることで、すっかり鬱モードになっているらしい。

まあ、分からなくもないけど。靴がグジュグジュに濡れるのは気持ち悪いし。
生乾きの服を替えられないのは、ある意味、拷問だものね。
どういうワケか、自分の体臭にまで過敏になって、気力もゲロ萎えだったり。

とまあ、共感ばかりしてても始まらない。
被写体の気持ちと表情が曇りっぱなしじゃあ、こっちとしても困る。
カメラマンとして、ムードメイキングは必須のスキルだよねー。

「♪ Raindrops keep fallin’on my head ♪」

徐に私が口ずさむと、きらきーちゃんは『おや?』という風に小首を傾げた。

「その曲、よくラジオなんかで耳にしますね。有名な歌なんですか?」
「この歌? 『雨にぬれても』ってタイトルよ。
 有名なのは『雨に唱えば』なんだけどー、私は『ぬれても』の方が好きなのよね」
「雨に、ぬれても……」
「スローテンポで、だけど軽妙なテンポで、あんまり雨の歌って感じじゃないでしょ」
「ですね。なんだか気持ちがウキウキしてきます」
「うんうん。雨の日だってね、気の持ちようで愉しくもなるってコトよ」

そう。結局は、そうなのだ。人生ポジティブにいかなきゃね!
嫌なことさえ楽しみに変えてしまう。それが自在にできるなら、最高に幸せだ。

「気の持ちよう……」

きらきーちゃんは雨に煙る景色を眺めながら、なにやら考えている。
そして、決心したように、ひとつ頷いた。
「草笛さん。今日のグラビア撮影ですけど……屋外でしませんか?」

ちょっとは、好きになれるかもしれない――
濡れ髪を指で梳きながら、彼女は歌うように言って、照れ笑った。
私としても、ライトよりは自然光の下で撮りたかったから、二つ返事で承諾した。


撮影は大成功。きらきーちゃんはズブ濡れだったけど、素晴らしいカットが何枚も撮れた。
濡れた白い肌に、ブラウスやスカートがピッチピチに張りついて……
透けブラとか、ショーツのラインとか……おっと、不覚にも鼻血が。
……失礼。とにもかくにも、実に艶めかしく、扇情的だった。


てなワケで! ネット通販しちゃいます。

薔薇乙女写真集 第3弾 『雪華りん★エヴォリューション』

今回はなんと、ばば~んと限定1000部! きらきーちゃん直筆サイン付き!
A3版、全50Pフルカラー。税込み価格10万円ポッキリ!
お求めの際にはワッフルワッフルとコメントしてくださいねー♪

第1弾 『カナリアンナイト』 限定500部 完売 再販の予定なし
第2弾 『紅天女』      限定500部 完売 再販の予定なし


そして予告。

薔薇乙女写真集 第4弾 『妖獣マメヒナ』

ロリィでキュートで、ちょっぴりエッチな魅力を余すことなく紹介しちゃいまーす。
(仕様は予告なく変更される可能性があります)



「ふふふ……感じる! 感じるわ! 大儲けの予感が、この脊髄にビンビンとっ! みっちゃん幸せ~」
「草笛さん。ちょっと」
「あら、きらきーちゃん。なーに?」
「1000部にサインしたら腱鞘炎になってしまいました。
 立派な労災ですわよね、これって。
 はい、治療費の明細です。それから、慰謝料も払ってくださいね」
「え? …………フギャー!? なにこの金額っ!」
「払ってくださいね」
「ちょ、ま、待ってよ」
「払 っ て く だ さ い ね ♪」

いや、そんな――にこぉ~、と無垢な笑顔で言われましても。
今回の売り上げの9割は持ってかれる計算なんだけど……。
ボッタクリ! ボッタクリよ、これ! マジ有り得ない!
誰っ? いま『おまえが言うな』って笑ったのは!

ああ、でも無視することもできないし……。美味い話にゃ御用心ってワケね。
儲けどころか大赤字だわ、これ。


そのとき、私の心はドシャ降りだった。
バケツをひっくり返したように、とめどなく涙の雨が降りしきっていた。
溺れそうになりながら、私は震える声で歌う。クリスタルキングの『大都会』を。


――こんな俺でも、いつかは光を浴びながら、きっと笑える日が来るさ。


【雨の】【歌声】

 〆