※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
  『絵のココロ』
 
 
 
雪華綺晶は、ゴールデンウィークの連休を利用して、別荘を訪れていた。
ただ、趣味のためだけに。
普段は忙しくて、なかなか打ち込むことが出来ない、彼女の趣味。

それは、油絵を描くことだった。

別荘のベランダからの眺望は、絶景の一言に尽きる。
緑豊かな森と、山々の懐に抱かれた、小さな湖。
彼女は、小さな頃から、この景色が大好きだった。

 「さて、と。少し休んだら、デッサンに行きましょう」

部屋の隅に荷物を置いて、スケッチブックとペンケースを取り出す。
ペンケースの中には、様々な芯の鉛筆が収められている。
どの芯も、先が鋭く削られていた。

 「今日は、湖の畔まで歩いてみようかしら」

ベランダ越しに、煌めく水面を見遣る。
すると、湖の岸辺に、小さな人影が見えた。
遠い上に、陽光の反射で良く判らないけれど、髪の長さから女の子らしいと見当が付いた。
その子は、膝くらいまで湖に入り、立っている。

はしゃぐでもなく、動き回るでもなく……。
ただ、その場に立つ尽くすのみだった。

あの子は、何をしているのかしら?
雪華綺晶は、興味をそそられた。不思議な魅力を感じた。
そして気付けば、スケッチブックを広げて、さらさらと湖に立つ少女を描いていた。

ラフスケッチながら、なかなかの出来映え。
これを元にして、後でキャンバスに描いてみましょう。
会心の笑みを浮かべながら、もう一度、湖に目を向ける雪華綺晶。
けれど、そこにはもう、あの少女の姿は無かった。

 「近所の子供かも、知れませんわね」

だったら、その内に、また会える。
今度は、近くで描かせて貰おう。心の底から、そう思った。




湖の畔まで、散歩がてらの二十分。
意外に、歩き出がある。五月の陽気でも、全身、汗でびっしょりだった。
イーゼルやキャンバスを担いで来るには、少しばかりキツい。

スケッチブックで顔を扇ぎつつ、周囲を見回すと、お誂え向きの場所を見付けた。
木陰のベンチ。しかも、周りに人は居ない。
雪華綺晶は、そそくさとベンチに座って、眼前に広がる光景にココロを解き放った。


――風のそよぐ音。揺れる木立のざわめき。
――波立つ水面が、岸辺でちゃぷちゃぷと砕ける音。

有りとあらゆる自然現象が、雪華綺晶の創作意欲を掻き立ててくれる。

スケッチブックに、鉛筆を走らせる。
時折、目の前の風景に目を遣り、再びデッサンに勤しむ。
そんな事を、どのくらい続けていただろうか。

 「お姉ちゃん……絵……上手だね」

いきなり背後から声を掛けられ、雪華綺晶は胸から心臓が飛び出すくらい驚いた。
振り返ると、薄紫のドレスを着た女の子が、木にもたれかかっていた。
右眼には、お洒落なデザインの眼帯。
近くで、仮装パーティーでも有ったのかしら?
にしては、何処かで会ったような……無いような。
雪華綺晶は既視感を覚えて、少女をじろじろと眺め回していた。

 「…………失礼じゃない?」

徐に言われて、雪華綺晶は我に返った。確かに、失礼だ。
初対面の人を観察してしまうなんて。

 「ごめんなさい。悪気は無かったのよ」
 「…………」
 「ただ、以前にも、お会いしてたかしら……と」

雪華綺晶が告げると、少女はくすくす……と笑った。

 「会ったこと……ある……かもね」
 「貴女、お名前は?」
 「……薔薇……水晶」

薔薇水晶? 口の中で、何度か呟いてみる。
記憶を辿っても、そんな名前の子は知らなかった。
そもそも、目の前の少女は、どう見ても小学生高学年から中学生くらい。
その年齢の子に、知り合いは居なかった。

 (本当に、以前に会っているのでしょうか?)

雪華綺晶の戸惑いを、表情から読み取ったのだろう。
目を細めて笑った薔薇水晶は、雪華綺晶の手にあるスケッチブックを指差した。

 「さっき…………描いてくれてたでしょ」
 「え? ……ああっ!」

『さっき』というキーワードを得て、雪華綺晶はスケッチブックを手繰った。
別荘の部屋から、衝動的に描いてしまったラフスケッチ。
あの時は、後ろ姿しか描いていない。
けれど、改めて見直してみると、確かに少女のドレスと、絵の中の少女の服は似ていた。

 「私がスケッチしていた事が、分かったと言うの?」

そんな筈はない。だって、湖畔から別荘まで、徒歩で二十分もかかるのだもの。
それだけの距離が、隔たっているのに……。
雪華綺晶の戸惑いを余所に、薔薇水晶は、にこにこと無邪気に笑っていた。

 「ねえ、お姉ちゃん。もっと……私の絵……描いて?」
 「え、ええ。良いですわよ、勿論」

薔薇水晶に促されるまま、雪華綺晶はスケッチブックに、少女の似顔絵を描いた。
柔らかそうな髪、なだらかな頬のライン。
髪飾りの紫水晶と、洒落た眼帯は、いいアクセントになる。

しかし……。
不思議なことに、彼女の右眼を描くことに、強い抵抗を覚えた。
画竜点睛ではないけれど、これでは完成しない。
さんざん迷った挙げ句、雪華綺晶は少女の右眼を、閉じた状態で描いた。

 「はい、出来ましたわ」
 「どれどれ……わぁ……上手上手」
 「お粗末様ですわ。でも、喜んで頂けたなら、描いた意味がありましたわね」
 「ねぇねぇ……今度は……もう少し、大人っぽく描いてみて?」

――大人っぽく? また、おかしな注文が付いたものですね。
おそらく、少女が抱く、大人の女性への憧れを具体化して欲しいのだろう。
雪華綺晶は「そうですわねぇ」と微笑しながら、少女の成長した姿を想像した。

女子高生の薔薇水晶。髪は、長いまま。面差しを、今よりも細めに描く。
そこで、初めて気が付いた。この娘……将来、スッゴイ美人になる。
けれども、いざ完成の段になると、やはり右眼を描くことに抵抗を感じた。

何故なのだろう?
今まで、人物画は何枚も描いてきた。
しかし、一度だって、こんな気持ちになった事など無かった。

結局、この絵も右眼を閉ざした笑顔にして、描き上げた。

 「はい、おまちどおさま」
 「わぁい。スゴイスゴイ……カッコイイなぁ」

薔薇水晶は、大人になった自分の絵を見て、夢見がちな目になった。
雪華綺晶には、薔薇水晶の気持ちが解った。
自分にも、同じような時期があったから。
将来の自分に、根拠のない妄想を重ね、勝手に憧れて……自己嫌悪に陥ったり。

 「でも、どうして、目が閉じてるの?」
 「その方が、可愛らしいからですわ」

――ごめんなさい。嘘つきました。
本当は、描きたくなかったからだ。今日は、どうしてしまったのだろう。
もしかしたら、旅の疲れが出たのかも知れない。

 「お姉ちゃん……もっと、描いて?」
 「ごめんなさい、薔薇水晶ちゃん。今日はもう、疲れてしまったの。
  明日で、構わないでしょうか?」
 「しょうがないなぁ…………じゃあ、明日ね? それと、私を呼ぶ時は、
  薔薇しぃ――で良いから」
 「え、ええ。それじゃあ、薔薇しぃ。また、明日ね」

別れの挨拶を交わすと、薔薇水晶は脱兎の如く駆け出し、木陰に消えた。
本当に、不思議な少女だ。
彼女をモデルに絵を描くのも、決して厭ではなかった。
ただ一点――眼を描き入れたくない事を除けば。

 「明日も……来てくれるのでしょうか?」




東の空が、白々と明るみ始めた早朝。
山奥の清々しい空気を満喫しながら、雪華綺晶は別荘のベランダで、軽い食事を摂っていた。
とても優雅で、贅沢な気分だ。

 「今日も、納得のいく絵が描けたら良いですわね」

良い絵が描けるとき……。
それは、大概、今朝のように寝覚めが良く、気分がスッキリと優れている時だ。
雪華綺晶は、昨日の少女、薔薇水晶に想いを巡らした。
今日は、あの子の眼を描き込んであげられるだろうか?

昨夜は疲れからか、スケッチを見直す間もなく、眠りに就いてしまった。
スケッチブックに手を伸ばした雪華綺晶は、湖の湖畔に立つ人影に気付いて、視線を向けた。

 「……薔薇しぃちゃん?」

薔薇水晶は、昨日と同じように、湖に足を浸して立っていた。
違いを挙げれば、今朝は、こちらを向いている――と言うこと。

 「随分と早起きなのね、あの子」

素早く身支度を整え、雪華綺晶はキャノンデールのマウンテンバイクに跨ると、
まっしぐらに湖畔を目指した。




雪華綺晶が湖畔に着くと、昨日のベンチに、薔薇水晶が座っていた。
けれど、その姿は小学生ではなく、自分と同い年くらいに成長していた。
一瞬、別人かと思ったほどだ。

 「おはよう…………お姉ちゃん」
 「薔薇しぃ、貴女……何故、大きくなっているの?」
 「お姉ちゃんが……描いてくれたから……お姉ちゃんのお陰」
 「わたしの、お陰?」

狐に摘まれた様な顔をする雪華綺晶に、薔薇水晶は突拍子もない事を語り始めた。

 「私は……この湖の……精霊だよ」
 「……はい?!」
 「信じなくても良いよ。でも……ホントのことだから」
 「わ、解りましたわ。とりあえず、続けて下さいな」

落ち着いて返事をしたつもりだったが、雪華綺晶の声は、緊張で戦慄いていた。
なにを怖がっているのだろう。こんな事、有り得るはずがないのに。
そんな彼女を和ますように、薔薇水晶は湖の水面の如く穏やかな笑みを浮かべた。

 「私は……もうすぐ消えるの」

そう前置いて、薔薇水晶は、つらつらと身の上を話し続けた。
人々の信仰心が薄れるにつれて、力を失い、実体化が難しくなったこと。
もうすぐ消えゆく運命だと悟って、せめて自分の存在した証を残したかったこと。
絵を描いてくれる人を、一日千秋の想いで、ずっと待ち続けたこと。
でも、誰も自分の存在に気付いてくれなかったこと。

 「だからね……お姉ちゃんが気付いてくれて……
  私を描いてくれた時は、とっても嬉しかったんだよ♪」

言って、薔薇水晶は満面の笑みを、雪華綺晶に向けた。
彼女の瞳が、潤んでいるのが分かった。
ベンチから立ち上がって、薔薇水晶は両腕を広げ、雪華綺晶の前で、くるりと回って見せた。

 「ねぇ……あと一枚だけ……私を描いてくれない?
  私が、消えてしまう前に……。あと……一枚だけ」
 「……喜んで……描いて差し上げますわ」

知らず知らずの内に、雪華綺晶は涙を流していた。
これでは描けない。しっかりするのよ、私。
雪華綺晶はハンカチで目元を拭い、ベンチに腰掛けて、深呼吸を繰り返した。
スケッチブックを開いて、意識を集中する。


一期一会……この出会いを描く為に、全身全霊を注ぐ。

薔薇水晶は愉しそうに笑いながら、膝まで湖に入って、はしゃいでいる。
無邪気な笑顔。
その一瞬を、雪華綺晶は切り取って、スケッチブックの中に貼り付けた。

そして最後に、描けなかった想いを――
薔薇水晶の右眼を、しっかりと描き込んだ。

 「出来ましたわ……薔薇しぃ」

雪華綺晶の絵を、薔薇水晶は穴が開くほど、じっくりと見詰めた。
そして、満足そうに、ニッコリと笑った。

 「ありがとう。すごく、ステキ」

薔薇水晶の頬を、水晶の様な雫が、ぽろりぽろりと滑り落ちる。

 「貴女の絵には……ココロが宿ってる。それは、とても素敵なことよ」
 「そんなに褒めても、なにも出ませんわ」

そう応じた雪華綺晶の瞳からも、宝石を想わせる涙が、溢れては落ちた。

 「お姉ちゃん……本当に…………ありがとうね。
  私、これで…………何も思い残すことなく、消えてしまえるよ」
 「……」
 「そんな顔、しないで。私が消えてしまう事は、なにも気にしなくていいの。
  それが、時代の移り変わりと言うものだから……誰のせいでもないの」
 「だけど……薔薇しぃが……」
 「私に会いたくなったら、その絵を見れば良いのよ。
  言ったでしょう? 貴女の絵にはココロが宿る……って。
  私はここで消えるけれど、ココロはいつも、貴女と共にあるから」

山間から、やっと朝日が射してきた。
眩い光の中に、薔薇水晶の姿が薄れ、溶けて行く。

 「お姉ちゃん、ありがとう…………さようなら」
 「薔薇しぃっ!」

薔薇水晶は、微笑みだけを残して、消えてしまった。




別荘から自宅に帰り着くなり、雪華綺晶はキャンバスに向かい、一心に絵を描き始めた。

  タイトルは 『湖に戯れる乙女』

薔薇水晶が存在した証を、みんなに教えるために、ひたすら絵筆を走らせ続けた。




朝が昼になり、夜が訪れ、再び、東の空に太陽が昇る頃――
雪華綺晶は、キャンバスの左下に、自分のサインを描き入れた。
絵の中の薔薇水晶は、温かい眼差しをしている。

 「……出来た。これで、貴女のことを、みんなが忘れずにいてくれますわ」

緊張の糸が切れて、雪華綺晶は急激に、身体の重さを感じた。
旅疲れに加えて、久しぶりに徹夜までしたので、酷く眠い。
雪華綺晶はベッドに倒れ込むと、直ぐに寝息を立て始めた。




――ふと、誰かに揺り起こされる感覚。

誰? 申し訳ないけれど、今は眠っていたいの。

一度は気付かないフリをしたが、二度、三度と揺すられて、彼女は諦めた。
誰なの? この時間、両親は家に居ない筈なのに……。
雪華綺晶が瞼を開くと、そこには絵の中の娘が、にこにこと微笑みながら立っていた。

 「えへへ……なんか解らないけど……戻ってきちゃった」
 「ば……ら……」
 「素敵な絵だね。色が着くと、尚更――」
 「薔薇水晶っ!」

雪華綺晶は、薔薇水晶にしがみついて、誰憚ることなく嗚咽を漏らした。
そんな彼女の身体を、薔薇水晶も、しっかりと抱き締めるのだった。

 「もしかしたら、お姉ちゃんの絵が、私を呼び戻してくれたのかもね」
 「どうでも良いですわ、理由なんて! 
  貴女が戻ってくれさえすれば、私は、それだけで嬉しいのですから」
 「そっか……そうだよね。ありがとう」

抱き合って、再会を喜び合う最中、雪華綺晶は薔薇水晶に訊ねた。

 「これから、どうするの?」
 「分かんない。何をすべきか……どうすれば、良いのか」
 「そう。じゃあ……私の妹にならない?」

突拍子もない提案だという事は、雪華綺晶とて承知している。
しかし、折角また巡り会えた彼女を、厄介払いする気にはなれなかった。

 「私の妹として暮らして……一緒の学校に通って……いろいろな事を学べば良い。
  これからの事は、ゆっくりと決めれば良いのですわ。
  焦る必要なんて、無いのですから」
 「そうね。それじゃあ……お願いします、お姉ちゃん」
 「はいはい。あ、でも、お父様とお母様には、どう伝えれば良いのでしょうか」 
 「それなら、任せて。精霊の力は、伊達じゃない」




夏休みが終わって、二学期が始まる頃。
教室で、担任が、転校生の女の子を紹介していた。
転校生の美貌に、男子生徒ばかりか、女子生徒まで驚嘆の声を上げている。

ただ一人、雪華綺晶だけは、鼻高々に教壇に立つ女の子を見詰めていた。

――彼女の名前は、薔薇水晶。
  私、雪華綺晶の、大切な妹ですわ。

その声が聞こえたのかと思えるタイミングで、薔薇水晶も、ニコッと微笑した。