※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


  『川の流れは絶えずして』


★そして、僕らは交際を始めた。

「実はさ、いま、とっても後悔してるんだ」
「……何を?」
「どうして僕は、もっと早くに、気持ちを伝えなかったんだろうって」
「うふふ……そうだね~。ジュンってば奥手なんだもん」

――でもね。
と、彼女は僕の左胸を、細くしなやかな人差し指でつついた。

「それが、あなたの良いところだよっ♪」
「……ばか」(こういうのって、なんか照れるな)
「えへへっ。私はね、いま……世界で一番、幸せよ」

バカップルって呼ばれてもいい。僕は、薔薇水晶が大好きだ。
世界中の、誰よりも。



★一年後:僕らの幸せに、怪しい影が落ちた。

「具合……どうなんだ」
「今は平気。ごめんね……心配かけちゃって。ただの……貧血だと思う」
「……そっか。この頃、忙しかったもんな。出産の支度とか、いろいろ。
 僕がもっとシッカリしてれば、君の苦労を減らしてあげられたのに……ゴメン!」
「……謝らないで。私なら、大丈夫。きっと……元気な赤ちゃんを産むから」
「…………ありがとう」

こんな時、気の利いた台詞を言えない自分に腹が立った。
もうすぐ父親になるっていうのに、僕は――――相変わらず、ダメな奴だ。



★三年後:僕らの間に産まれた太陽でも、怪しい影を消せはしなかった。

「ママー!!」
「こらこら、雪華綺晶。病室では、静かにしなきゃダメだって」
「ふふっ……。お見舞いに来てくれたの? ありがと、雪華綺晶」

僕と彼女の娘、雪華綺晶は、やたらとママに懐いている。
一緒にいる時間は、僕の方がずっと長いのに……なんでだよ?

娘の面倒は彼女に任せて、僕は主治医の元に向かった。
病状は、思わしくない。彼は、そう宣告した。
妻の退院は、まだ先延ばしになりそうだ。
ちょっとだけ……寂しい。



★五年後:影は徐々に大きくなっていく。

「おはよう、薔薇水晶」
「おはよ。……雪華綺晶は?」
「幼稚園だよ。それより、調子はどうだい?」
「いつもよりは…………ちょっとだけ、マシ」
「そっか。安心した」
「今日は、一緒に居られる?」
「ゴメン……これから仕事なんで、もう行かなきゃいけないんだ」
「そう――――ガンバってね」

寂しげに微笑む彼女に見送られて、僕は病室を後にした。
本当は、僕だって彼女の側に居たい。
彼女を蝕んでいるのは、脳の病気。だんだんと記憶を失っていくのだと言う。



★八年後:僕らは闇に閉ざされていた。

「おはよう」
「……」
「今日も、いい天気だよ」
「……」
「雪華綺晶も、小学生になったんだ。結構、成績が良いんだぜ。君に似たのかもな」
「……」

「最後まで、ジュンのこと忘れないよ」
その約束どおり、薔薇水晶は最後に僕の名を呟いて、記憶を失い尽くした。
今の彼女は、ただ呼吸しているだけの、温かい人形。
横たわる薔薇水晶の澄んだ瞳に、僕の顔が映っている。
ははは……なんだよ、間抜けな面してるなあ。

僕の頬を伝い落ちた涙が、彼女の頬を打つ。
だけど、薔薇水晶は反応してくれない。



★十年後:疲れた。僕はもう、生きることに疲れ切っていた。

ひと気のない病室で、僕は――

「……薔薇水晶。今…………楽にしてあげる」

痩せ細った彼女の首に、ロープを巻き付けた。
ゆっくり……ゆっくり……締め上げていく。

「…………」

彼女は顔色ひとつ変えずに、黙って、僕のなすが儘になっている。
違うっ! 僕は、こんなコトをしたいんじゃない!
これじゃあ、自分が楽になりたいばかりに、厄介払いしてるだけじゃないか。

 あんなに、愛していたのに――

堪えきれず、僕はロープを手放し、頭を抱えて泣き喚いた。



★十年後の翌日:僕は決断した。

「長い間、お世話になりました」

車椅子に座らせた薔薇水晶を伴い、僕は病院を後にした。
いままで、間違っていたんだ、僕は。
大好きな彼女のことを、他人任せにしてきた自分が、信じられない。
結婚の約束をした、あの日――僕は、誓ったじゃないか。

 ――どんな時でも、一緒に居ると。

彼女の看病をするため、僕は会社を辞め、自宅で出来る仕事を始めた。
暫くは経済的にキツかったけれど、友人達の協力もあり、なんとか暮らしている。
苦しいけれど…………今は家族三人で、幸せだ。



★十一年後:この歳になって、初めて気付いた。明けない夜はないってことに。

「おはよう、薔薇水晶」
「お母様、おはよう。今朝は、私がご飯つくったのよ」

僕らが、にこやかに話しかける先で――


「……ホン……ト? お……いし……そうね」

彼女は、ぎこちなく微笑む。まだ、身体を思い通りには動かせないみたいだ。
でも、僕の愛妻は、ゆっくりとだけど記憶を取り戻し始めている。
そもそも、記憶って失われないものらしい。
脳内の神経ネットワークの繋がりかた次第で、ド忘れしたり、思い出したりするんだってさ。
もしかしたら、本当に薔薇水晶を蝕んでいたのは、彼女の寂しさだったのかも知れない。
それを癒せる特効薬は、僕だけが持っている。

「今日も綺麗だよ、薔薇水晶」

娘の前だろうと構わずに、僕は彼女にキスをした。
だから、いつも雪華綺晶にからかわれている。
でも、愛してる気持ちは…………止められないから。

「愛してる」
「……アイ……シテル」

魔法の言葉を唱えあって、僕たちは再び、唇を重ねる。
さあ! 今日も、幸せな一日を始めよう。



  終わり


とあるSSに刺激を受けて即興書き。