※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


  ~第三章~


長旅に必要な物を買い揃えた三人は、再び、旅の途に就いていた。
未だ見ぬ同志たちと、鬼祖軍団についての情報を得るために。
けれど、一つ先、二つ先の町で聞き込みをしても、誰一人として真相を知る者は居なかった。

もしかしたら、また夢の中で、あの声が聞こえるのではないか?
そして、残りの同志たちに繋がる情報を、教えて貰えるのでは?
そんな期待を胸に、真紅は毎晩、眠りに就く。
しかし、神剣を授かった時に聞こえた声が、再び語りかけてくることは無かった。


 「ここも、空振りだったわね」
 「元から期待なんてしてねぇです。その日その日を生きるので精一杯の町民が、
  鬼祖軍団なんて怪しい連中を知ってる訳がねぇですよ」
 「道理だね。手の甲の痣にしても、ボクたちみたいに隠していたら、
  そもそも人目に付く筈もないし」
 「とりあえず、まだ時間は有るです。隣の村まで行ってみるですか?」
 「そうね……この時間なら、峠を越えられるでしょう」

先に滞在した町で、峠を越えた所にも小さな村があると教えられていた。
昨年の大飢饉に加え、つい最近も疫病が蔓延したということで、このところ交流が途絶えているという。
行かない方が良い。町人には引き留められたが、真紅たちは敢えて向かうことに決めていた。

死……即ち、穢れ。
つい最近に広まったという疫病の原因も、真紅たちの感心を惹いていた。
のりの仕業と見るのは早計に過ぎるかも知れないが、ついつい関連を疑ってしまう。
先回りして、罠を張っているのではないか……と。




峠道は昼だというのに薄暗く、ひっそりと静まり返っていた。
真紅たち以外に、通行人は居ない。
時折、鳥が飛び立つ度に、翠星石は、びくん! と肩を震わせた。

 「な、なんだか不気味ですぅ」

心細げに呟いて、翠星石は蒼星石の腕にしがみつく。
蒼星石は、そんな姉の腕を、煩わしげに振り解いた。

 「ちょっと、姉さん。あんまりベタベタしないで。緊張感が足りないよ」
 「うぅ~。でもぉ……怖いですよぅ」
 「妙な人ね、あなた。穢れの者とは平気で戦えるくせに」
 「戦ってる間は、頭の中が真っ白になるから、何も感じないですぅ」

それはそれで物騒な性格ね。心の中で呟きつつ、真紅は神経を研ぎ澄ませた。
周囲に、異様な気配はない。空を見上げても、すっきりと晴れ渡っていた。

 「安心なさい。今はまだ、穢れの者どもは居ないわ」
 「何の動きも無さすぎて、ボクは不安になるけどね。
  今、ボクたちが置かれている状況は、奇襲に打ってつけの機会なんだよ?」
 「確かに……奇妙です」

そんな話をしていた矢先、突如として茂みが、がさりと揺れた。

 「ひぃっ! なな、何奴です?!」
 「喜びなさいな、翠星石。ヤツらが、おいでなすったみたいよ」

重々しい雷鳴を轟かせながら、空一面に暗雲が広がり始めていた。
それまでの穏やかな空気を、凄まじい悪意と殺気が呑み込んでいく。
山間の峠道に、穢れの者どもの怒号が木霊していた。

がさ……がさがさっ!
真紅の背後で、茂みを掻き分ける音がした。予想以上に、接近が早い。

 「やはり、狙いは真紅か。煉飛火っ!」
 「真紅っ! 私の後ろに隠れるですっ」

剣に精霊を宿して、蒼星石は真紅と背中合わせになった。
翠星石は右手にクナイ、左手で短刀を逆手に構えつつ、真紅を庇って前面に立つ。
陣形を整えた直後、ばさっ……と音を立てて、何者かが道に飛び出してきた。
が、その人影は一歩と進まず、ばったりと俯せに倒れてしまった。
薄紫の衣を纏い、簡素な鎧を身に着けた娘だ。左目に、洒落た眼帯をしている。
表情を苦しそうに歪ませ、彼女は肩で荒々しく呼吸していた。

 「……た……すけ、て」

彼女は真紅たちに気づくと、掠れた声を喉から絞り出し、震える腕を伸ばしてきた。

 「だ、誰です、そいつは!」
 「判る訳ないでしょう。でも、怪我をしているのだわ」
 「なるほどね。追われていたのはボクらじゃなくて、その娘だったってコトか」
 「とにかく、私が彼女を庇うから、二人は周囲の穢れを掃討してちょうだい」
 「待って、真紅。敵の罠かも知れない……迂闊に近付くのは危険だ」
 「蒼星石の言うとおりです。真紅は、安易に他人を信用しすぎるです」

間抜けで、お人好しなところは、あるかも知れない。
けれど、救いを求める者を、怪しいからと言うだけで忌避する気にはなれなかった。
今、手を差し伸べなければ、この娘は死んでしまう。

 「たとえ罠でも……私は彼女を助ける!」

真紅は少女の元に駆け寄ると、その傷ついた身体を、優しく抱き起こした。
傷が浅い割に、出血が多い。毒を塗った剣で斬りつけられたのだろうか。
一刻の猶予もないと判断した真紅は、その場で応急処置を始めた。

 「やれやれ……敵の真っ直中で、何をやってるですかねぇ」
 「ま、仕方ないよ。真紅は【義】の御魂を持つ者だからね」
 「しゃ~ねぇです。それじゃあ、ひと暴れするですよ、蒼星石」
 「了解、姉さん。ボクは、あっちを黙らせてくるよ」

言うが早いか、二人は茂みに飛び込んでいった。
鍔迫り合いと絶叫が、木々の間に響きわたる。その音は、徐々に遠ざかっていった。
姉妹は首尾よく敵の目を引き付け、駆逐している様だ。

 「流石ね。頼もしい限りだわ」

独りごちて、再び治療の手を動かし始める真紅。
しかし、その手は直ぐに、止められることとなった。
樹木の枝から、刀を手にした数十匹の骸骨が、飛び降りてきたからだ。
真紅は慌てて神剣を握り締めたが、時すでに遅く、すっかり包囲されていた。

 「ひゃはははぁ! まさか、こうも巧く事が運ぶとはなぁ」

突如として、木の間に下品な笑い声が轟いた。初めて聞く、男の声だった。
だが、周囲を見回すものの、声の主らしき姿は見付けられなかった。

 「こちらの策略どおりに動いてくれるとは、間抜けな連中だよねえ」
 「隠れてないで、出てきなさい。それとも、怖くて矢面に立てないの?」
 「ひゃはっ! 下手な挑発だね。だけど――」

木陰から生臭い風が漂い出てきたかと思った直後、真紅の正面に法衣を纏った男が現れた。
真紅の身体を、舐めるが如く無遠慮に眺め回す男の顔は、狂気に歪んでいた。

 「冥途の土産に、姿を見せてあげようじゃないか」
 「……下衆な男ね。何者?」
 「僕は『鬼祖軍団』四天王、笹塚。
  あの御方の力で、闇の司祭として生まれ変わった幸運絶頂な男さ」
 「司祭? ふ……穢れの者ごときが、分を弁えず偉そうに。滑稽ね」
 「威勢が良いねえ。いつまで、その減らず口を聞けるかな。かかれ!」
 「……くっ! 法理衣!」

真紅は傷付いた少女を抱きかかえながら、精霊を発動させた。
ばちん! と、穢れの者どもが振るう刀が、真紅の肩を打ち据える。
立て続けに、二発。法理衣の力で護られているので、切れはしない。
しかし三発目は頭を斬りつけられ、その衝撃で、真紅は目を眩ませた。

 「痛いじゃないの! この死に損ないっ!」

神剣を薙ぎ払うと、一撃で四体の骸骨が木っ端微塵に吹き飛んだ。
怯みもせず斬りかかってくる数体に向けて、もう一閃。
更に数が減ったものの、包囲網を破るには打撃力が足りなかった。

 「ひゃははは! そんな粗大ゴミを抱えてちゃあ、折角の威力も台無しだねえ」

笹塚が右手を挙げると、背後から弓足軽の骸骨が出現した。
包囲網が、少しだけ広がる。
しかし、それは射撃の邪魔にならない位置に移動しただけの話だ。
絶対的な不利は覆っていない。

 (翠星石と、蒼星石は――どこに?)

耳を澄ませども、雷鳴に遮られて、戦闘の音を聞き取ることは出来なかった。
どうすれば良い? どうするのが最善?
このまま、座して死を待つよりは、行動に移るべきかも知れない。
でも、この娘を置き去りにして、見殺しにする事で得る勝利に何の意味がある?
縦しんば笹塚を斃せたとしても、敗北したのと同義である。

 「私は――――絶対に、逃げたりしない!」
 「そうそう。そうこなくっちゃ面白くないんだよ。
  堪んないねえ、敵愾心に満ちた、その瞳。思わず、抉り出したくなっちゃうよ。
  僕はね、強がりを言いながら死んでいく君の姿が見たいんだ。哀愁を誘われるよねえ」
 「この…………外道が!」
 「ひゃはははっ。それじゃあ、ぼちぼち始めるとしようかあ」

笹塚は真紅を指さし、ねっとりと嫌らしい舌なめずりをした。
弓足軽が前衛に立ち、矢を番え、弦を引き絞り始めた。

 「さあ、運命のお時間です。念仏は唱えたかなあ?」

笹塚は右腕を、頭上高く掲げた。
あの腕が振り下ろされた瞬間、無数の矢が降り注いでくる。
真紅は身を強張らせ、神剣の柄を握り直した。思いの外、汗で滑る。
こんなところで、終わるものか。
気力を振り絞って笹塚を睨み続けるものの、心の隅は既に、絶望で占められていた。

 「さあ、これで終……っ! ぶごほぉ!」

異変が生じたのは、その時だった。
笹塚の鳩尾から太刀の切っ先が突き出たかと思った次の瞬間、
笹塚は宙へと放り投げられていた。その勢いで、彼の身体から太刀が抜ける。
そして、墜ちてきたところを、厚身の太刀で胴を両断された。

 「はん! なぁんか気色悪い馬鹿笑いが聞こえたから来てみればぁ――」
 「水銀燈っ! 貴女、何故ここに?」
 「ただの偶然よぉ。にしても、だらしなぁい。この程度の連中に遅れを取ってるなんてぇ」

穢れの者どもの注意が、新たな闖入者に向けられた。
弓足軽が一斉に振り返り、水銀燈に狙いを定める。
弓隊の後ろからは、無数の骸骨が、水銀燈へと突進を始めていた。

水銀燈は太刀を構え、一度だけ、艶っぽく唇を舐めた。

 「避けなさいよ、真紅ぅ。……冥鳴っ!」

切っ先から飛び立った漆黒の塊が、放たれた矢を呑み込み、穢れの者どもを忽ちの内に粉砕した。
真紅は印を結んで、迫り来る破壊衝動に耐えていた。相変わらず、凄まじい威力だ。
腕の中で、娘が苦痛に呻いた。今の状態で、この衝撃に晒されるのは辛いだろう。
真紅は半身を乗り出して、可能な限り、娘の身体を覆い隠した。


 きぃんっ!

甲高い金属音を残して、精霊の破壊活動は終わりを迎えた。
あれほど居た穢れの者は、一匹残らず消滅している。
水銀燈は得物を肩に担ぐと、真紅の側に歩み寄って、彼女の肩を軽く叩いた。

 「大丈夫だったぁ、真紅ぅ?」
 「一応はね。けれど、この娘は危険な状態なのだわ」
 「どぉれぇ…………ふむふむ。これは、毒の影響ねぇ」
 「そのくらい、見れば判るわ。さっき、解毒剤を投与したところよ」

毒の影響が峠を越えれば、あとは、ゆっくり休ませて栄養を摂ることだ。
問題は、それだけの体力が、この娘に残されているかと言うこと。
予断を許さない状態であることは、水銀燈にも察しが付いたのだろう。
彼女は袖の中から、小さな瓢箪を取り出し、真紅に手渡した。

 「それを飲ませるといいわ」
 「? これは――」
 「薬流湯っていう、滋養強壮薬よぉ。効き目は保証するわ」
 「解ったのだわ。ありがとう、水銀燈」
 「別に、お礼を言われる筋合いじゃないけどねぇ」

肩を竦めて、水銀燈は顔を逸らした。少し、照れ臭そうだ。
だが、二人が感じていた和やかな雰囲気は、どす黒い血溜まりを見るなり、
何処かに吹っ飛んでしまった。
両断された筈の、笹塚の身体が繋がりかけていたのだ。
しぶとい化け物め!
水銀燈が再び太刀を振るうより僅かに早く、笹塚は霞に変じて、姿を消した。

 「ちっ! 逃げ足だけは早い奴ねぇ。今度は、ただじゃ済まさないわぁ」
 「先に、この神剣で、トドメを刺しておけば良かったわね」
 「確かに……っと、向こうもケリが付いたみたいねぇ」

気付けば、山間に轟いていた怒号は静まり、青空が戻りつつあった。
どれほどの数が山中に展開していたかは判らないが、それを黙らせたのだから、
大したものだ。真紅は今更ながら、双子の姉妹と出会えた幸運に感謝した。




程なくして、二人は戻ってきた。
そして、水銀燈を目にするや、あからさまな敵意を向けた。

 「なんだって、お前がここに居るですか! さては、また剣を狙って――」
 「それとも、敵の間者として、ボクたちに紛れ込もうとしてるのかい?」
 「そ、そんな事は、有り得ないわ! 彼女は、私たちを助けてくれたのよ?」
 「信用を得る為なら、穢れの者の二、三匹、斬って見せるだろうさ」

どうあっても、信用できないらしい。
どうしたら、この姉妹は解ってくれるんだろう?
水銀燈が同志であったなら――

真紅は思い切って、隠していた左手の痣を、水銀燈の眼前に晒した。

 「これを見て。貴女には、こういう痣が無いかしら?」
 「んん? ああ……あるけどぉ?」
 「なっ、なんですとぉ?!」
 「そんなっ! ホントなの?」

ええ、と頷いて、水銀燈は左手に巻いていた滑り止めの布を外した。
そこには三人と同じ痣があり、【仁】の文字が浮かび上がっていた。




――同刻、某所にて。

 「やれやれ……酷い目に遭っちゃったよ」
 「随分と大きな口を叩いて出ていったのに、返り討ちだなんて……だらしない。
  お姉ちゃん、ガッカリしちゃったわよぅ」

這々の体で逃げ帰った笹塚に、のりの嘲笑が浴びせられた。

 「そう言う、のりだって逃げ帰ってきたじゃないか。他人のことは言えないよね」
 「なんですって…………新参者のくせに!」

あわや口論となるところに、白髪隻眼の鎧武者が、割って入る。

 「およしなさい、二人とも。御前様の前で、みっともないですわ」
 「ぬぅ……面目ない」
 「申し訳ございません、御前様」

神妙に頭を垂れる二人に、御簾の内から、凛とした声が流れ出してきた。

 「よい。それより、笹塚。例の件は、どうなっている?」
 「ははっ! それにつきましては、滞りなく」
 「それは上々。さて……あの者たち、いかに始末するか――」
 「お願いです。私に、出撃のご命令を下さい!」

そう言って進み出たのは、鮮血を思わせる緋色の甲冑に身を包んだ、黒髪の娘。

 「……もう苦しくはないの、めぐ?」
 「はい。全く問題はありません。これも御前様のお陰です。
  その恩に報いるためにも、是非、私に任せて頂きたいのです」
 「よかろう。其方の忠義に感じ入り、任せるとしよう」

ありがとうございます……と、口の端を吊り上げためぐの瞳は、
血に飢えた野獣のように、爛々と輝いていた。


  =第四章につづく