※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
  ~第十四章~


およそ三日間が材料の加工に費やされ、四日目からが、本当の製造過程だった。
剣の中心である心金、峰の部分に相当する棟金、刃となる硬い刃金。
そして、剣の両面に当たる側金。
今は、棟金・心金・刃金を重ね合わせ『芯金』と呼ばれる合金を鍛えている工程だ。


工房から聞こえる小槌の音を聞きながら、真紅と水銀燈は、敷地の周りを見回っていた。
今のところ、穢れの者の気配は無い。
このまま何事もなく、完成してくれれば良いのだが……と、思わずには居られなかった。

 「こうも敵の動きがないと、却って不気味よねぇ」
 「嵐の前の静けさ――かしらね」
 「まだ気付かれてないって思うのは、楽観すぎるぅ?」
 「場を和ますための冗談としては、上出来な方なのだわ」

湯治場の戦いで、笹塚を仕留め損ねたのは痛かった。
悪知恵が働き、姑息な手を平然と使ってくる男だけに、油断がならない。
ひょっとしたら、もう町ごと焼き払う様な攻撃の手筈を、整えているかも知れなかった。
どれだけの規模で攻めてくるか……それが問題だ。

一応、襲撃に備えた布陣は、考えてある。
とは言え、穢れの者が、こちらの予想通りに仕掛けてくる保証なんて無い。
時間帯によっては、四人のうち二人が仮眠中という状況も有り得た。

 「ただ待ってるだけと言うのも、不安が募るものね」
 「そんな時はねぇ、身体を動かすのが一番なのよぉ……ふふふ」

水銀燈の口振りに、なにやら妙な思惑を感じて、真紅は横目で睨んだ。

 「なに? また、変なコトを企んでいるんじゃないでしょうね」
 「変なコトって、何よぉ? ちょっと揉んであげようと思っただけじゃなぁい」
 「揉む……って、どこを」
 「真紅の胸♪」

恥じらう様子も見せず、事もなげに、さらりと言ってのける水銀燈。
真紅は両腕で胸元を隠して、赤面しながら、キッ! と水銀燈を睨みつけた。
そんな彼女の頭を、水銀燈は平手でベシッ! と引っ叩いた。

 「……な訳ないでしょぉ! おばかさぁん」
 「痛っ! じゃあ、なんなのよ!」
 「揉むって言うのはぁ、剣の稽古を付けてあげようかって意味よぉ」
 「……紛らわしい言い方を、しないでちょうだい」
 「あはははっ。真紅をからかうのって、ほんとに愉しいわぁ」

随分とまあ、いい性格をしているのね。
真紅は心の中で文句を言いながらも、水銀燈の申し出を受け入れることにした。
これからの戦いは、ますます厳しさを増していくだろう。
鬼祖軍団の四天王とも、いずれは決着を付けなければならない。
その場面になって、みんなの足手まといになるのは、彼女の自尊心が許さなかった。

 「もうすぐ、交代の時間ね。その後で、指南してちょうだい」
 「いいわよぉ。足腰たたなくなるくらい、可愛がってあげるわぁ」
 「また、誤解を招く言い方をする……」

苦笑する真紅の背中を、ばしばし叩いて、水銀燈は笑い続けた。




芯金が鍛え上がったところで、柴崎老人は一度、呪符を刻み始めた。
鑿と槌を手に、細々とした文様を彫り込んでいく。
普段の生活では絶対に使うことのない、特殊な文字だ。
それは文字と言うよりは絵に近く、象形文字を彷彿させた。

精霊同体型の剣を造るためには、必要不可欠な工程である。
心血を注いで呪符を刻みあげると、今度は芯金を二枚の側金で挟み、火を通す。
そして、また金槌で叩き、鍛接していく。
徐々に、剣の姿が現れつつあった。

 「さて……これからが本番じゃな」

ヤットコで挟んだ刀身を、熱しては叩き、冷めては熱しなおす。
規則正しく打ち鳴らされる音が、狭い工房に反響していた。
叩きながら、微妙に形を整えていく。老人の顔は、修羅の様に険しい。


 ――この刀が完成したら、あの娘たちは遠くへ行ってしまうぞ。

 「!! ぬ、ぬう……っ!」

不意に、柴崎老人の頭で囁く、怪しい声。
あの時――妖刀『國久』を鍛えろと唆した、あの声だ……。

 ――妻や子が、お前の元を去ったように、あの娘たちもまた、お前を置き去りにするぞ。
    それでも良いのか? 誰にも相手にされない孤独に、再び苛まれたいか?

それは厭だった。誰に省みられる事もなく、自分の存在意義すら解らない日々……。
あの頃のように、目的もなく惨めな人生を送るなんて、もうたくさんだった。

 ――厭ならば、やめてしまえば良い。その刀を砕いてしまえ。

だが、それが本当に自分の望む事なのか? 
いいや、違う。柴崎老人は、即座に否定した。
確かに孤独でいることは、辛く、寂しい。
しかし、だからと言って彼女たちの信頼を裏切っていい理由にはならない。
そんな事をしたら、また、他人を不幸にするだけの妖刀を生み出しかねなかった。

 ――妻が引き合わせてくれた、あの娘たちを手元に繋ぎ止めて置きたくないのか?

 「…………黙れ」

 ――刀を折り、娘たちを殺して、庭の隅にでも埋めてしまえば良い。
    そうすれば、もう二度とお前から離れていく者は居なくなる。

 「黙れっ! 黙れ、黙れっ!」

柴崎老人は、怒号と共に傍らの鑿を掴んで、自らの太股に突き立てた。
激痛が背筋を走り、衰えた灰色の脳に、強烈な刺激となって押し寄せる。
奔流のような痛みに押し流されて、闇の声は聞こえなくなっていた。

 「……お爺さん? 今の声は、一体……あぁっ!?」

突然の喚き声を聞きつけて、顔を覗かせた蒼星石は、
老人の脚に深々と刺さる鑿を見て仰天した。
慌てて駆け寄り、一気に引き抜くと、持っていた手拭いでキツく縛った。

 「何をやってるんですか! どうして、こんな――」
 「すまない……蒼星石。また、あの声が……聞こえたんじゃよ」
 「それって、まさか――」

柴崎老人は、頷き、苦しげに口元を歪ませた。
いまだに邪悪な囁きが聞こえることを、心底から恥じているのだろう。

 「つくづく、自分が情けない。儂の心が弱いから、付け狙われるのじゃな。
  ヤツらは何度でも、儂に悪意を吹き込もうとするのじゃ」
 「誰だって、心に弱さを持っている。恥じる事なんてないんですよ」
 「蒼星……石?」
 「ボクだって、弱かった。心の弱さ故に、大好きな人を失って……多くの、
  本当に多くの人々に、悲しい想いをさせてしまった」

蒼星石は、縛った手拭いが老人の血に染まっていくのを見詰めながら、訥々と語った。

 「そして…………ボクの弱さは、ボク自身をも不幸にしてしまったんです。
  何もする気が起きず、食欲も湧かずに、ただ、死を願って眠るだけだった」
 「……儂も、そうじゃった。妻の諫言に耳を貸さず、死ぬ事ばかり考えていた。
  かずきの元に行くことだけを、切実に願っていた」
 「ボクと、お爺さんは、似てるんですね。色々なところで、とても似ている。
  だけどね……ひとつだけ、違った点があるよ」
 「それは、かけがえのない仲間が――過ちに気付かせてくれる友が、居たことじゃな」

老人の言葉に、蒼星石は無言で頷いた。
悲愴感に支配されていた自分を、親身になって想い、殴ってくれた水銀燈。
彼女に撲たれた痛みが、身体に刻み込まれている。
彼女が放った罵声が、胸に突き刺さり、今も心を疼かせている。
けれど、その痛みこそが生きている証なのだと、水銀燈は気付かせてくれた。

だから、ボクは戦う――
蒼星石は、力強い口調で、柴崎老人に決意を伝えた。

 「これ以上、大切な人たちを悲しませない為に、ボクは剣を振るおうと誓ったんです」
 「生きることは、戦うこと……か。当時の儂には、悲しみと戦う勇気が無かったな。
  それ故に、妻を悲しませて……臨終の間際、側に居てやる事もできなかった」

柴崎老人は、蒼星石の肩に手を置き、優しく叩いた。

 「今こそ、罪滅ぼしの――妻の想いに答える時じゃな。
  もう大丈夫じゃ、蒼星石。儂はもう、邪な言葉に惑わされたりはしない。
  必ずや、この剣を鍛え上げて、蒼星石に渡そう。それが、儂の闘いじゃ」

肩に置かれた老人の手に、蒼星石は自らの手を重ねた。
そして、互いの眼を見つめ合い、ひとつ頷く。
もう、言葉は不要だった。

いま、自分に出来ることを、精一杯やるだけ。
たった、それだけの事だけれど――
どれほどの人間が、それを実践しているだろうか。
蒼星石は黙って、工房から立ち去る。いま、自分がすべき事を為すために。

そして、柴崎老人も自らの人生と戦うために、小槌を手にした。
再び、工房に刀を打つ音が響き始める。
そのひとつひとつに込められた、老人の精魂が、蒼星石には感じられた。




さらに二日が経ち、夜も更けた頃――
工程は、最終段階に向かって順調に進んでいた。
鍛え上げた剣に焼きを入れて、最後の整形と調整をしていく。
特殊な鉋で表面の凹凸を削り取って、樋と呼ばれる溝を掘り込む。
それから、老職人は鑿と槌を巧みに扱って、精霊の発動機構を刀身に刻印していった。

ここまで有した日数は、五日。
昼夜を問わず鍛え続けた柴崎老人の執念が、あと僅かで結実しようとしていた。

 「なんとか……間に合いそうだね」
 「どうかしらねぇ。発動機構は、まだ半分くらいしか書き上がってないみたいだしぃ」
 「水銀燈の言うとおり、最後まで油断は禁物よ。外で、警護を続けましょう」
 「頼んだよ、みんな。ボクは、工房で護衛を続ける」

工房の外に出た三人を、皓々たる月光が迎える。
端が少し欠けた、十三夜。
しかし、くっきりと影が落ちるほど、明るい夜だった。

 「綺麗ねぇ。それとも風流と言うべきかしらぁ」
 「今度、みんなで……お月見……しよ?」
 「良いかも知れないわね。ただし――」

真紅は、徐に神剣を引き抜いた。「無粋なヤツらを、追い返してからなのだわ」

 「はぁ……まったくぅ。もう少し、ゆっくり来れば良いのにねぇ」
 「さっさと片付けて…………お月見する」

水銀燈の太刀と、薔薇水晶の小太刀が、降り注ぐ月光の中で煌めいた。



工房の外から、戦闘音が飛び込んでくる。
柴崎老人に悪意ある声が聞こえた時から、遠からず、こうなる事は予測できていた。
蒼星石は普通の刀を手に、柴崎老人を庇うため、全周囲に注意を向けた。
外で迎え撃つのは、三人だけ。
いずれ、穢れの者が工房に飛び込んでくる筈だ。

そんな緊張状態の中、老職人は、懸命に発動機構と呪符を刻み込んでいた。
残るは、あと僅か。
蒼星石の見守る中で、最後の一文字が打ち込まれ、剣は新たな命を宿した。

 「さぁ! 後は、刃を研いで、柄を取り付けるだけじゃ」
 「出来るだけ急いで。そろそろ来るよ」
 「任せておけ。ここまで来たら、儂の意地にかけて、絶対に完成させるわい」

砥石を水に浸し、剣を研ぎ始める。
黒く煤けたり、焼き色が付いていた箇所が、鋭い鋼の輝きを放ち始めた。

突如、工房内に陣笠を被った骸骨の足軽が、足を踏み鳴らして乱入してきた。
裏口を突破されたらしい。やはり、多勢に無勢か。

 「これ以上、好き勝手な真似はさせないっ!」

自分を目掛けて振り下ろされた刀を弾き、蒼星石は骸骨を両断した。
まだ一体だけだが、いずれ、押し寄せて来よう。
募る焦燥に振り返った蒼星石の瞳に、折れた剣から柄を取り外す老職人の姿が映る。
外された柄は、新しい得物へと継がれ、目釘で固定された。
残すは、銘の刻印のみ。

柴崎老人が、鑿と槌で剣に銘を刻み始めたと同時に、敵が押し寄せてきた。
今度は、かなり多い。
しかも二手に分かれて、一方が蒼星石を、他方が老職人を狙っていた。
一斉に走り出す、蒼星石と、穢れの者たち。しかし、僅かに穢れの者の方が早い。
ただ、一心不乱に銘を刻む柴崎老人に、凶刃が迫る。

 「ダメぇっ! 避けて、お爺さんっ!」
 「よしっ! 出来たぞ、蒼星石っ!」

二人の叫びが重なった。
蒼星石の悲鳴と、柴崎老人の歓声。
相反する感情が混ざり合う中、老人の身体は、三本の刀に刺し貫かれていた。

 「嫌あぁっ! お爺さんっ!」

絶叫しながら、蒼星石は老人を刺した三体の穢れを、瞬く間に破壊した。
更に踵を返して、彼女の背中に斬りかかっていた数体を、一閃で薙ぎ払った。

 「お爺さんっ! 死んじゃダメだっ! お爺さんっ!」
 「お、お……蒼……星石。こ、これ……を」

柴崎老人は、震える右腕で、蒼星石の為に鍛えた剣を差し出した。
銘は『月華豹神』。華々しい月の光を浴びた、豹の如き女神……。
それは、蒼星石のことを比喩していた。

溢れる涙を堪えきれず、蒼星石は泣き続けた。
剣の柄と、老人の嗄れた手を、しっかりと握り締める。 
滲んだ視界の向こうで、柴崎老人は、満足そうに微笑んでいた。

 「こんな……ことって!」
 「悲しまないで……おくれ、蒼星石。これは、儂が望ん……だこと。
  これで、やっと……儂は、マツと……かずきの元へ、逝ける」
 「お……爺……さん」

柴崎老人は、弱々しく左腕を伸ばしてきた。
その手が、蒼星石の頬を撫でる。涙に濡れた、彼女の頬を――
老人の瞳からも、涙が零れ落ちた。

 「おお……かずき。儂を……迎えに……来て……くれたのじゃ……な」
 「……お…………お父さん」

蒼星石の言葉に、老人は少しだけ目を見開き、涙を流した。

 「ありが……とう。蒼……せ……」

柴崎老人の身体が、ふっ……と、軽くなった。
閉ざされた瞼が開かれることは、もう無い。

 「ボクの方こそ…………ありがとう、お爺さん。
  あなた達の想いは、確かに受け継いだから。安心して眠って」

蒼星石は、静かに老人の亡骸を横たえて、袖で涙を拭った。
もう、泣かない。泣いている暇なんて無い。
老夫婦の絆が結びついた剣『月華豹神』を握り締めて、蒼星石は立ち上がった。
そして、工房を飛び出し、戦闘に身を投じた。
これ以上、大切な仲間を失わせない為に――


 =第十五章につづく